史跡・社寺のタグまとめ

史跡・社寺」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには史跡・社寺に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「史跡・社寺」タグの記事(54)

  1. 謹賀新年 - kenのデジカメライフ

    謹賀新年

    本年もどうぞよろしくお願いいたします。「東京鉄道遺産100」達成まで残すところ4ヵ所。早期達成目指して頑張ります。ご覧の皆さんにとって良い一年でありますように

  2. フォト散歩紅葉の秩父・金昌寺 - kenのデジカメライフ

    フォト散歩紅葉の秩父・金昌寺

    秩父市の金昌寺に紅葉と石仏を撮りに行こうと、写真仲間に誘われて初めて訪れた。池袋から西武特急で西武秩父まで約1時間20分、さらに駅前からバスで約15分、それから歩いて5分を要した。都心からでは、ちょっとした小旅行だ。山のふもとにある古いお寺で、「埼玉県指定文化財秩父札所四番石仏群」の石柱が立っていた。また、秩父市の「市指定史跡」でもある。山門くぐり、山へ向かむ。宝永年間より信者による奉納され...

  3. フォト散歩~亀戸天神梅まつり - kenのデジカメライフ

    フォト散歩~亀戸天神梅まつり

    江東区の亀戸天神社で、2月9日(土)から3月10日(日)まで、梅まつりが開かれている。境内には、紅白の梅が約300本以上植えられているそうだ。菅原道真を祭っている。菅原道真を祭る本社・九州福岡の太宰府天満宮と同じように太鼓橋の男橋と女橋がつくられている。上写真は、太鼓橋(男橋)の上から撮影。上写真は、太鼓橋の男橋を東側から撮影。橋の下奥に梅の木が見え、池面に映している。こちらが、女橋で小さい...

  4. フォト散歩~成田詣で - kenのデジカメライフ

    フォト散歩~成田詣で

    はじめての成田詣で。上京7年目を迎え、ちょっと遅い初詣に成田新勝寺を訪ねた。年末、カメラ仲間との酒席で、初詣の話になり、成田にまだ行っていないというと、それではみんなで行こうとなった。天気を心配したが、その懸念はなく3月の気温となるとの予報通り、絶好の天気になった。駅から暫し歩くと、成田山表参道に入った。この参道は「日本遺産」に認定されていると、観光ガイドパンフレットに書かれていた。建物も昔...

  5. 名古屋観光④徳川園とガーデンレストラン - 風の彩り-2

    名古屋観光④徳川園とガーデンレストラン

    徳川園は尾張徳川の2代藩主の隠居所として造営されたとのこと。短い名古屋滞在の日程から、江戸文化が感じられると思い、ここを選びましたよ^^ホテルより地下鉄で駅に着いて、歩きました。こんな興味深いオブジェを潜り抜け・・・徳川園を囲む長い塀に到着、塀沿いに歩いて入り口に向かいます。入園料を払って広い庭園に着きました。入り口からすぐの大きな池には鮮やかな色合いの鯉が泳いでいました^^今にも降り出しそ...

  6. 新緑耀く青龍山吉祥寺⑤石仏 - 風の彩り-2

    新緑耀く青龍山吉祥寺⑤石仏

    境内にさりげなく佇む仏さま。初夏の光の中で、気持ちよさそうに見えました。圧倒的に半跏思惟像が多かったように思いましたが、何か理由があるのでしょうか。特に説明も見当たりませんでした。魅力的な石仏でしょう?弥勒菩薩半跏思惟像は特に好きな仏像です。物思いにふける姿に親しみを感じます(*^^*)石仏に詳しかった叔父が生きていれば、この記事を見て何か言ってくれたことでしょう・・寂しさが募ります。今日も...

  7. 新緑耀く青龍山吉祥寺④境内の花 - 風の彩り-2

    新緑耀く青龍山吉祥寺④境内の花

    四季折々に花の咲くという吉祥寺ですが、訪れたときは以下のような花が咲いていましたよ^^シャガ黄梅シラネアオイ原種サクラソウシャガシラネアオイシラネアオイは今が花盛りという印象でした。光の当たり具合が丁度良くて、いくつか撮りましたよ^^明日は、境内のあちこちに佇んでいた石仏をご覧いただきますね。また来てくださいね(*^^*)*今日も暑かったですね。冬物や寝具を何度も洗濯し、衣替えを進めています...

  8. 新緑耀く青龍山吉祥寺③庭園 - 風の彩り-2

    新緑耀く青龍山吉祥寺③庭園

    吉祥寺には美しい庭園がたくさんあります。今日はそれをご紹介しますね^^本堂に面したところにある「臥龍庭」です。禅寺鎌倉建長寺を本山とする寺らしく、本格的な枯山水の庭でした。本堂の縁から見た「臥龍庭」です。少しの間、この縁に座ってまったりしました(*^^*)正面の建物は釈迦堂です。本堂の縁を巡ると今度は大規模に石を積んだ庭が見えてきました。流れているのは「昇龍の滝」です。水量がごく少なかったの...

  9. 新緑耀く青龍山吉祥寺②山門 - 風の彩り-2

    新緑耀く青龍山吉祥寺②山門

    5月5日に訪問した、川場村青龍山吉祥寺の続きです。今回はここの見どころの一つ、山門をご覧くださいね^^↓この山門は1815年に再建されたとあります。由緒ある作りで各所に歴史を感じます。上記の通り、楼上の額には「青龍山」と書かれており、後光厳天皇の勅筆とのことです。山門の一対の仁王像。眼の中の玉石が迫力を醸し出していました。裏手から見ると門の奥行きを感じることができるでしょう。この階段を上って...

  10. 新緑耀く青龍山吉祥寺① - 風の彩り-2

    新緑耀く青龍山吉祥寺①

    ゴールデンウィークの半ば、かねてから行ってみたかったお寺、川場村の吉祥寺を訪ねました。新緑萌え出ずる中、由緒ある素晴らしいお寺を堪能しましたよ!!まずは山門です。六地蔵が出迎えてくれました。いたるところに趣のある石仏が・・・枯山水の庭床の間から見える庭園と水面への映り込みは額縁効果を出していますね。岩の上に置かれた小さな焼き物の六地蔵。今日はこのお寺の概観です。こんな山里にこんな素晴らしいお...

  11. 深大寺詣で - kenのデジカメライフ

    深大寺詣で

    初めて、深大寺に参拝した。よく、耳にし、目にして、いつか行ってみようと思っていた処。ようやく、好天気に誘われて出かけた。古いお寺で、昔のまま保存されているといった趣で、いい感じ。まず本堂に参拝。続いて、元三大師堂へ。一瞬、「大三元」と読みそうになった。「賓頭盧尊者」、悪いところをなでると病気平癒の霊験があると古くから言われているという。参拝者が撫でてツルツルに、出っ張たところは黒光りしていた...

  12. 香取神社の勝矢祭 - kenのデジカメライフ

    香取神社の勝矢祭

    江東区で一番古い神社・香取神社の勝矢祭が本日行われた。香取神社の兼務社・亀出神社から香取神社までの約2kmを、平安時代の鎧兜の装束や陣羽織を着た武者たちの行列がおこなわれた。亀出神社での出陣式。出陣の勝鬨をあげる武者たち。毎年5月5日に行われる勝矢祭は、平将門が乱を起こした天慶の乱(940年)を平定した俵藤太秀郷(藤原秀郷)が、弓矢を奉納し「勝矢」と命名した故事に因んだお祭り。先頭は、3人の...

  13. 亀戸天神社の藤まつりで、初撮り! - kenのデジカメライフ

    亀戸天神社の藤まつりで、初撮り!

    毎年この時期に、訪れている亀戸天神社。お目当ては、藤祭り。今年は、ちょっと遅い訪問。早朝にもかかわらず、カメラを抱えた諸兄を至る所で見かけた。「早咲きは藤は萎んでいたが、遅咲きの藤がまだ見ごろ」という開花状況だった。この木は、遅咲きなのかボリュームたっぷりだ。天神社の藤には、赤い欄干が映える。藤の新緑も綺麗。昨日の雨で、木や花の埃を洗い流して、色鮮やかだった。逆光に映える梅の木。葉っぱと梅の...

  14. 亀戸天神社で満開の梅を鑑賞!2019 - kenのデジカメライフ

    亀戸天神社で満開の梅を鑑賞!2019

    気がつけば、カレンダーは3月に入っている。亀戸天神社の梅まつりは今月10日までで、終盤に差し掛かっている。開花状況を調べるとほぼ満開状態で見ごろと書かれていた。重い腰をあげて、亀戸へ向かった。境内入口の梅の木の花は少ない。かなり散っているようだ。本殿右側には紅梅。本殿左側には白梅が植えられいる。太鼓橋(女橋)から男橋へ向かう参道の景色。両側は梅の並木になっている。境内西側の梅。満開で綺麗なピ...

  15. 日だまり散歩甘楽町長厳寺 - 風の彩り-2

    日だまり散歩甘楽町長厳寺

    暖かかった数日前、日だまりの中、ウォーキングを兼ねてお寺を訪ねました。公園を通り抜け、川沿いに歩いて着いたのは長厳寺(ちょうごんじ)です。のんびりと冬日スケッチをしながら境内を歩きました。入り口にある六地蔵。なぜか惹かれるお地蔵様は逆光でやわらかく撮りました^^山門をくぐります。この木彫りの像の由来はよく分かりませんが、特徴的なお顔です。またもや優しい顔立ちの半跏思惟像が佇んでいました。冬日...

  16. 笑門来福 - 風の彩り-2

    笑門来福

    神社の巫女さん、素敵な笑顔を見せてくれました^^この後、私も同じお守りを買ってきましたよ。早速バッグにつけて、今年の幸運を祈りました!巫女さんの笑顔から、「福」を分けてもらったような気がします(*^^*)私もできるだけ笑顔で過ごしたい!*この冬一番と思われるような寒さの中、ホームセンターの花苗売り場で寄せ植え用の花を買ってきました。屋外の売り場で、あまりの寒さにそそくさと選びましたが、明日、...

  17. 絹笠神社(咲前神社内) - 風の彩り-2

    絹笠神社(咲前神社内)

    咲前神社の敷地内にもう一つ小さなお社がありました。行ってみると「絹笠神社」でした。真ん中の三方の上には絹糸が束になっており、両側にも絹糸を巻き取った道具(名前は何というのでしょうか?)がありました。絵馬には白蛇が描かれています!この絹笠神社と白い蛇の由来が詳しく説明されていました。”こちら西上州は古くから養蚕が盛んでしたが、その「蚕の神様」として、絹笠神社は養蚕に従事する人々に信仰された。そ...

  18. 咲前神社を歩く - 風の彩り-2

    咲前神社を歩く

    お参りを終えて、神社の境内を歩くことにしました。さほど広くはないのですが、由緒がありそうです。まずは見上げるほどの狛犬です。遠くを見渡して、人々を邪悪なものから守っているようです。アングルを変え、斜め逆光で見上げてみました。それから社殿をぐるっと回ることにしました。中では祈祷を上げている様子で、祝詞の声が響いています。裏手にはいつの時代の物か分からない狛犬?大分風化していましたが、歴史を感じ...

  19. 咲前神社参拝 - 風の彩り-2

    咲前神社参拝

    元旦は、初詣に咲前神社に行きました。参拝者が行き交う中、鳥居をくぐり境内に入ります。手を浄めて・・・手水舎は、いつも撮っていますが被写体として私の気持ちを引き付けます^^光と水、そして清澄な雰囲気のためでしょうか。参拝者の列に並びました。昼近いこの時間、列はさほどには長くなくてよかったです。今年の干支、大きな亥の絵馬がありました。さて、私たちの番です。お賽銭を入れて伽藍を鳴らし、作法に従って...

  20. 本年もどうぞよろしくお願い致します。 - 風の彩り-2

    本年もどうぞよろしくお願い致します。

    平成最後のお正月、皆様いかがお迎えでしょうか?我が地方は穏やかで暖かい元旦となりました。私は、初日の出を見に行くこともなくゆっくりと朝を迎え、昼近くになってから初詣に行きましたよ^^家内安全と健康を祈り、お参りしてきました。5月から新年号となる今年は、色々な意味で変動の年となりそうです。どうか、孫たちの生きる未来が平和でありますように、そのために今年も平穏な1年になりますようにと願わずにはい...

総件数:54 件

似ているタグ