司馬遼太郎のタグまとめ

司馬遼太郎」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには司馬遼太郎に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「司馬遼太郎」タグの記事(10)

  1. 幕末京都逍遥その98「浄福寺(薩摩藩屯所跡)」 - 坂の上のサインボード

    幕末京都逍遥その98「浄福寺(薩摩藩屯所跡)」

    西陣にある浄福寺を訪れました。ここは薩摩藩ゆかりの寺で、薩摩藩の屯所として利用されたと伝わります。 写真は東門です。見てのとおり朱塗りの門で、地元では赤門と呼ばれ、寺の名称も赤門寺と呼ばれたりするそうです。 浄福寺と薩摩藩との縁は、天正20年(1592年)、豊臣秀吉の朝鮮出兵に反対して自害に追い込まれた島津歳久の首が、ここに葬られたことに始まります。鹿児島の竜ヶ水にて自害した歳久の首級は、肥...

  2. 【空海開基・東長寺の「地獄図」参観】 - 性能とデザイン いい家大研究

    【空海開基・東長寺の「地獄図」参観】

    本日は休日につき、非住宅ネタであります、それもおっかない地獄の阿鼻叫喚図についてであります(笑)。現代社会では「科学」という人間の価値判断基準が支配的になっています。ごく当然だとそのことを思ってしまいますが、こういうことは歴史的に見るときわめてごく最近、人類が経験していること。科学的概念が広がる以前には、ひとはどう生きて考えたらいいか、多くの場合、宗教がそのことにもっとも大きく関与していた。...

  3. 街道をゆく(島原・天草の諸道)。 - 青い海と空を追いかけて。

    街道をゆく(島原・天草の諸道)。

    島原・天草の諸道。2018春@熊本天草。

  4. 幕末京都逍遥その68「薩摩戦死者墓」 - 坂の上のサインボード

    幕末京都逍遥その68「薩摩戦死者墓」

    前稿で紹介した長州藩士の墓は相国寺の西側の墓地にありますが、同じく相国寺の東側には、薩摩藩士の墓があります。ここは、相国寺塔頭・林光院の境外墓地で、相国寺東門を抜けて40mほど東にあります。 玉垣に囲われた広い敷地の墓所は、門扉に鍵がかかっていて中には入れません。 敷地内には、中央に大きな墓石が一基あり、その後ろの玉垣の向こうには、たくさんの小さな墓石が見えます。 中央の墓石には、「甲子役戊...

  5. 兜梅 - ハッピーラッキョ

    兜梅

    どーも、ラッキョノスケです。天草市の延慶寺境内にある「兜梅」を見にきているよ。いらっしゃいませ~。樹高3m、枝張り東西約11m、南北約6m、樹齢約500年。別名「臥竜梅」と呼ばれる熊本県指定の天然記念物なんだって。1589年、天草一揆の時に、天草方の客将であった木山弾正の奥さん“お京の方”は、亡きご主人の兜を身に付けて男装して奮戦したんだ。だけど、兜の緒が臥龍梅にからまって討ち取られちゃった...

  6. 【関西圏、どこへ行っても歴史だらけ】 - 性能とデザイン いい家大研究

    【関西圏、どこへ行っても歴史だらけ】

    さてきょうは更新がすっかり遅れました。出張が続いていたので、雑務やらで平常回帰するのに時間がかかる(笑)。きのう、写真上のように大判の地図を購入してきました。縮尺50万分の1というヤツだそうですが、行動してきた範囲を再度確認しながら「土地勘」を磨くべく、壁に貼って常に眺めようと思う次第であります。今回は西は姫路から東は滋賀県栗東市くらいまで、さらに南北は北は京都市から南は和歌山県田辺市までの...

  7. 【関西圏、どこへ行っても歴史だらけ】 - 性能とデザイン いい家大研究

    【関西圏、どこへ行っても歴史だらけ】

    さてきょうは更新がすっかり遅れました。出張が続いていたので、雑務やらで平常回帰するのに時間がかかる(笑)。きのう、写真上のように大判の地図を購入してきました。縮尺50万分の1というヤツだそうですが、行動してきた範囲を再度確認しながら「土地勘」を磨くべく、壁に貼って常に眺めようと思う次第であります。今回は西は姫路から東は滋賀県栗東市くらいまで、さらに南北は北は京都市から南は和歌山県田辺市までの...

  8. 司馬遼太郎 「ビジネスエリートの新論語」 - 4速MTアソビ

    司馬遼太郎 「ビジネスエリートの新論語」

    ビジネスエリートの新論語20年ぶりの新刊司馬遼太郎の幻の書サラリーマン時代に本名である福田定一で刊行したサラリーマンや新聞記者に捧げる役に立つお話平成の今でも十分通用する話なので、社会人にこれからなる人、もうすでに社会人になった人もぜひ読んで欲しい

  9. 坂の上の雲ミュージアムへ行ってみた - 新 LANILANIな日々

    坂の上の雲ミュージアムへ行ってみた

    先月の松山弾丸旅行のレポのつづき数年前のNHKドラマ坂の上の雲を、夢中になって見ていたのでついつい熱く(笑)書いちゃってます興味のない方はスルーしてくださいね。朝から道後温泉へ行き、ホテルに戻って朝食のあとはチェックアウトし、ホテルに荷物を預けて、坂の上の雲ミュージアムへ入り口へ向かうゆるやかなスロープ初夏のような日差しで影のコントラストが面白かった前日に案内してくれたサユリさんは歴史にはあ...

  10. 竜馬がゆく - makotoday

    竜馬がゆく

    実家に帰った際に、ふと手に取ってみた。大学時代に読み、大きな影響を受けた。思えば、旅に出るなんてことを思いついたのもこの本の影響があった。『自由』に憧れて、目の前にある『不自由』『窮屈』さにばかり目を奪われて。そこでの成長を疎かにしていた。ただ間違いなく、その時にしか出来ないことをやった。

総件数:10 件

似ているタグ