合併症のタグまとめ

合併症」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには合併症に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「合併症」タグの記事(84)

  1. 術前リンパ球減少と待機的手術後の死亡や合併症罹患:系統的レビューとメタ分析 - 麻酔科医の日々

    術前リンパ球減少と待機的手術後の死亡や合併症罹患:系統...

    ・一般成人集団において、リンパ球減少は感染による入院や感染関連死のリスク増加と関連している。様々な種類の手術での周術期リンパ球減少と死亡/合併症罹患に関するエビデンスの質や関連性の強さはこれまで系統的レビューやメタ分析で検証されてこなかった。・MEDLINE・Embase・Web of Science・Google Scholar・Cochraneデータベースを創刊から2020年6月29日ま...

  2. 産科患者の偶発的硬膜穿刺後における脊髄くも膜内カテーテル使用:文献レビューと臨床的管理の推奨 - 麻酔科医の日々

    産科患者の偶発的硬膜穿刺後における脊髄くも膜内カテーテ...

    ・偶発的硬膜穿刺がおきたときのひとつの選択肢として、カテーテルを挿入して脊髄くも膜内カテーテルとして使用する、ということがある。これにより、さらなる注入の必要性を回避でき、無痛分娩や帝王切開麻酔を迅速におこなうことができる。しかしながら、脊髄くも膜内カテーテルの管理に関する推奨がないため、臨床の現場では大きなばらつきがある。脊髄くも膜内カテーテルの管理をあやまれば、運動ブロックを増強し、高位...

  3. 周術期輸液管理と患者転帰の関連性:多施設後向き研究 - 麻酔科医の日々

    周術期輸液管理と患者転帰の関連性:多施設後向き研究

    ・術後合併症は入院日数を延長して患者死亡率を増加させる。適切な周術期輸液管理は患者合併症を減少させるだろう。この研究では、輸液量と非心臓手術の患者転帰の関連性を大規模多施設米国手術集団で検証した。・非心臓手術を2012年1月1日から2017年12月31日にうけて術後在院期間が24時間以上である成人が台規模な米国電子健康記録データベースから抽出された。患者を記録された周術期輸液量にもとづいて第...

  4. 乳癌に対する胸筋神経ブロック:メタ分析 - 麻酔科医の日々

    乳癌に対する胸筋神経ブロック:メタ分析

    ・胸筋神経ブロック(PECSブロック)は乳癌手術をうける患者での興味深い新しい区域麻酔法である。・このメタ分析の目的として、乳癌をうける女性において、治療なし・みせかけの治療・他の区域麻酔法とくらべた、PECSブロックの術後疼痛転帰と有害事象を検証しようとした。・無作為化比較試験(RCTs)の系統的レビューをメタ分析とともに、バイアスリスク評価をおこなった。・データベースである、MEDLIN...

  5. 主治医の言葉。 - 自由空間の間取り

    主治医の言葉。

    本日木曜日は、二カ月に一度になった、糖尿病内科検診日でした。今回はいつもよりも1本多い、血液検査が4本でしたが。後から主治医の先生に伺ったところ。「白血球の数値が知りたかったから。」とのことでした。何度かあったのですが、白血球の数値が自分。低くなっていることがあるらしくて。白血球の数値が低いと、抵抗力が低くなってしまい、風邪などひいてしまったら治りにくくなってしまうそうです・・。(;^_^A...

  6. 末期腎疾患患者におけるスガマデクスの使用:後向きコホート研究 - 麻酔科医の日々

    末期腎疾患患者におけるスガマデクスの使用:後向きコホート研究

    ・スガマデクス(SGX)は末期腎疾患(ESRD)患者での使用は認可されていないが、こうした患者集団での投与は報告されている。我々はこの研究で、SGXを投与されるESRD患者の全ての症例をレビューし、その臨床的転帰を詳述しようとした。・この後向きコホート研究では慢性腎疾患ステージ5の患者219人を対象とし、同じ大学医療システム内にある3つの病院のうち1つでSGXを投与された。データ収集は201...

  7. 歩きやすくなりましたね。 - 自由空間の間取り

    歩きやすくなりましたね。

    秋の気配が感じられてきましたね。歩行訓練。ついこの前迄は本当にきつかった・・。(;^_^A頑張って。歯を食いしばりながら歩き回ったのが本音だった・・。意地でも歩きとおし貫いた自分でした。自分で自分を褒め称えたい。これ。マジでそう思います。きつかったなぁ・・・。(;´Д`)何度も倒れそうになりながら。唯々意地でもい歩き回って、血糖値を下げて。ヘモグロビン値を下げたいが為に歩き回った夏の季節。暑...

  8. 産後患者の硬膜穿刺後頭痛に対する局所翼口蓋神経節ブロックと硬膜外ブラッドパッチの比較 - 麻酔科医の日々

    産後患者の硬膜穿刺後頭痛に対する局所翼口蓋神経節ブロッ...

    ・硬膜穿刺後頭痛(PDPH)は偶発的硬膜穿刺の重度で衰弱させる合併症である。PDPHの標準化された治療法は硬膜外ブラッドパッチ(EBP)であるが、重大な合併症である髄膜炎や麻痺をおこす可能性のある侵襲的な介入法である。我々が思うに、これが初めての17年間におよぶ後向き診療録レビューで、産後患者のPDPH治療に対する翼口蓋神経節ブロック(SPGB)とEBPの有効性を比較しようとした。・我々がお...

  9. HHTと妊娠:文献レビュー - オスラー病に関する国内外の文献紹介

    HHTと妊娠:文献レビュー

    論文:Hereditary haemorrhagic telangiectasia and pregnancy: a review of the literature(Dupuis et al. Orphanet Journal of Rare Diseases (2020)15:5)目的:・HHTの妊娠合併症に関するReview方法:2019年4月までに報告された文献(PubMed and...

  10. 喫煙者における腹部手術の周術期合併症 - 麻酔科医の日々

    喫煙者における腹部手術の周術期合併症

    ・この研究では喫煙と腹腔鏡下腹部手術の周術期合併症との関連性を検証し、こうした合併症が術前4週間以上の喫煙で減少するかどうかを調査した。・合計555人の患者が胃と結腸直腸の癌手術を全身麻酔下でうけて以下のような群に後向きに区分けされた:喫煙歴のない290人(NS群)・過去の喫煙者144人(術前8週以上前に禁煙、PS群)・現喫煙者121人(CS群)で術前禁煙が4週未満(CS1群、n=76)か4...

  11. COVID-19患者でのCOPDと喫煙と関連した有病率・重症度・死亡率:迅速におこなった系統的レビューとメタ分析 - 麻酔科医の日々

    COVID-19患者でのCOPDと喫煙と関連した有病率...

    ・コロナウィルス感染症2019(COVID-19)は新興感染症で、2020年の早期に世界中へまたたくまに広がった。慢性閉塞性肺疾患(COPD)患者でのCOVID-19による重症度や死亡率のリスクを要約した研究はいまだなく、ここで喫煙者での情報をアップデートする。・系統的に、創刊から2020年3月24日までの電子データベースを検索した。データ抽出は2人の独立した著者らでおこない、系統的レビュー...

  12. 直接経口抗凝固薬(DOACs)は股関節骨折患者の手術延期・入院日数延長・転帰不良をもたらすか? - 麻酔科医の日々

    直接経口抗凝固薬(DOACs)は股関節骨折患者の手術延...

    ・股関節骨折患者における直接経口抗凝固薬(DOACs)の周術期転帰は十分に調査されていない。この研究の主要な目的として、DOAC使用者は非使用者とくらべて手術延期となるかどうかを検証しようとした。副次的に、入院日数・死亡・再手術・出血合併症がDOACの使用によって影響をうけるかどうかを調査した。・股関節骨折で2016年から2017年に単一の外傷センターで手術した314人の患者の診療録を評価し...

  13. 三叉神経痛に対する3回のガンマナイフ放射線治療の結果 - 麻酔科医の日々

    三叉神経痛に対する3回のガンマナイフ放射線治療の結果

    ・ガンマナイフ放射線治療(GKRS)は内科的治療抵抗性の三叉神経痛(TN)によく使用される手技で、疼痛が再発する症例には通常、GKRSが繰り返される。疼痛再発の症例で3回のGKRSの結果は詳述されていない。この研究で著者らは、TNに対して3回のGKRSで治療された患者の、現在までで最も大きな集団を報告する。・当施設の電子診療録とGKRSのデータベースを後向きにレビューし、2010年から201...

  14. 硬膜外麻酔は膀胱全摘術患者での合併症増加と関連する:NSQIP分析 - 麻酔科医の日々

    硬膜外麻酔は膀胱全摘術患者での合併症増加と関連する:N...

    ・目的として、全身麻酔で管理された膀胱全摘術患者における短期的転帰の差と再入院率を、全身麻酔と補助的な硬膜外麻酔でおこなった患者とくらべて、同定しようとした。・米国全国手術の質入院プログラムのデータベースを利用して、膀胱全摘術を回腸導管で2014年から2017年におこなった患者を対象とした。患者をさらに追加の麻酔方法で細分化した;全身麻酔 vs 全身麻酔と硬膜外麻酔。傾向スコアマッチングを使...

  15. 出血が続く心臓手術患者への濃縮フィブリノゲン製剤は血栓塞栓性合併症や死亡リスクを増加させない - 麻酔科医の日々

    出血が続く心臓手術患者への濃縮フィブリノゲン製剤は血栓...

    ・我々は、出血している患者への濃縮フィブリノゲン製剤投与が血栓塞栓性合併症や死亡リスク増加と関連しているかどうかを検証した。・連続した、はじめて心臓手術をサルグレンスカ大学病院で2009年から2014年にうける全ての患者を対象とした。濃縮フィブリノゲン製剤を投与された患者を、濃縮フィブリノゲン製剤を投与されなかった患者と比較した。主要評価項目は、術後1年以内の血栓塞栓性合併症や死亡の複合体、...

  16. 膵十二指腸切除術後の遷延する重症術後低血圧は炎症反応増加と関連する - 麻酔科医の日々

    膵十二指腸切除術後の遷延する重症術後低血圧は炎症反応増...

    ・大きな手術中の低血圧はよくあることで、麻酔後回復室での観察や血管収縮薬や輸液を含めた治療の必要性が増加する。しかしながら、大きな手術直後の術後回復期での重症低血圧は合併症罹患や死亡の増加と関連するものの、根本的なリスクファクターは確率されておらず、予防と治療の進展の妨げとなっている。・我々は後向き研究をおこなって、重症遷延低血圧(SPH)(SPH:術後翌朝の平均動脈圧(MAP)65.0mm...

  17. 痛風の合併症 - 痛風&高血圧

    痛風の合併症

    gout【痛風】は生涯の友…20191124兄ブログへ「痛風兄弟ブログの誕生」を告知しました!Gout 君 (痛風) は友達さ! from 琉球 Gout痛風とは足の痛みとの死闘です。激痛発作との調和と協調。痛風、糖尿病、高血圧ほか。食事と薬と治療と改善策。たまに琉球情報も。早くから女性の痛風に注目。TPP推進による医療崩壊を懸念。・痛風兄弟ブログが誕生です~『 gout【痛風】は生涯の友…...

  18. 小児麻酔におけるリドカインを併用したケタミンの効果 - 麻酔科医の日々

    小児麻酔におけるリドカインを併用したケタミンの効果

    ・我々のおこなった無作為化臨床試験では、補助薬剤のリドカインがケタミンで鎮静された小児患者の有害事象頻度を減少させるかどうかを検証しようとした。・この症例コントロール研究では、586人の麻酔を必要とする連続した小児患者を対象とした。そこでは、収縮期血圧・心拍数・呼吸数・血液酸素飽和度が観察された。アラニンアミノトランスフェラーゼ(ALT)・アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ(AST)・尿...

  19. 鉄欠乏は心臓手術をうける患者のより高い死亡率と関連する:前向き研究 - 麻酔科医の日々

    鉄欠乏は心臓手術をうける患者のより高い死亡率と関連する...

    ・鉄欠乏は心臓手術をうける患者でよくあることである。しかしながら、鉄欠乏の関連性は明確でない。それゆえに、我々の研究の目的として、鉄欠乏(フェリチン100µg/L)が併存する貧血の有無に応じて心臓手術後の臨床転帰におよぼす影響を検証しようとした。・この前向き観察研究では、待機的心臓手術をうける患者が、鉄の状態と貧血にしたがって4群に割りあてられた。死亡率・重症有害事象(SAEs)・大きな心脳...

  20. 手術中の赤血球輸血:米国における2011年から2016年までの輸血傾向の観察研究 - 麻酔科医の日々

    手術中の赤血球輸血:米国における2011年から2016...

    ・ガイドラインによれば、制限赤血球輸血戦略を推奨している。我々のおこなった観察研究では、米国における周術期赤血球輸血の頻度が2011年1月1日から2016年12月31日という期間中に減少しているかどうかを検証した。すべての外科系手術から、4,273,168人の患者を対象とした。以下にあげるものの頻度も並行して検証した:術前の輸血;易出血疾患や凝固障害の有病率;最小侵襲手術。集団や手術での変化...

総件数:84 件

似ているタグ