合唱のタグまとめ

合唱」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには合唱に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「合唱」タグの記事(37)

  1. ラブリーホール合唱団 2019 ロ短調ミサ 第14回 - noriさんのひまつぶ誌

    ラブリーホール合唱団 2019 ロ短調ミサ 第14回

     8月11日(土・祝)、LA FENICEの練習の後に、30分ほど遅れてラブリーホール合唱団の練習に行った。19回の練習の内、14回に出席しているので、出席率は、74%となる。 中村先生の指導で、第17曲Crucifixusを最後まで歌った。音を準備しておく、ずり上げない、喉を締めない、言葉の意味や状況を考えて、歌い方を変える、すなわち、おごそかにとか、非難する気持ちとかである。  今日はテ...

  2. LA FENICE ヨハネ受難曲 第7回 - noriさんのひまつぶ誌

    LA FENICE ヨハネ受難曲 第7回

     8月11日(土・祝)、山の日で休日の昼から、堀江アルテで、LA FENICE の練習があった。SGT先生の指導で、今までに練習したところをおさらいした。ボイトレペアのOSDさんの横に座った。バスが少なくて、テノールが手伝っていた。 15Choral、16b、16d、17Choral、18b、21b、21d、2b、2dと歌っていった。各パートで歌ったり、いくつかのパートを合わせてみたりして、...

  3. 8/19日 ゼーヴェストコール 単独公演 エール by 中日新聞 - ゼーヴェスト・コール ブログ

    8/19日 ゼーヴェストコール 単独公演 エール by...

    2018/08/10付 中日新聞 湖西版全員ドイツ語判読に忙しく華麗な指揮者を見る余裕がない!これでは見応えがないので(聴きごたえの響きは定評あるのだが)あと10日、ゼベゴン一同、ケッパンベー!!

  4. LA FENICE ヨハネ受難曲 男声練習 第2回 - noriさんのひまつぶ誌

    LA FENICE ヨハネ受難曲 男声練習 第2回

     8月5日(日)、LA FENICEの男声パートだけの練習があった。心斎橋のFUN HOUSEで、10時から2時間練習した。ヨハネ受難曲の第21bをリズム読みから始めて、少しずつテノール、バスに分かれて歌った。休みなしで、21bを最後まで歌った。終わってから、すぐ近くのレストランで、昼食を取った。

  5. ラブリーホール合唱団 ロ短調ミサ 第13回 - noriさんのひまつぶ誌

    ラブリーホール合唱団 ロ短調ミサ 第13回

     7月28日(土)、西宮で、「魔弾の射手」を見たあと、ラブリーホール合唱団の練習に行った。サイン会や写真を撮ったので、40分遅刻した。河田先生の指導で、第16曲を歌った。パート別に「ロロロ」で歌い、複数のパートで合わせて、言葉を入れて歌うというのを繰り返して、最後まで歌った。 正確に音が取りにくいところを指摘された。徐々に音が上がるところは、低くなりがちで、徐々に音が下がるところは下がりにく...

  6. ツリーハウスにおいで & 明日もきっと - 雲の行く先

    ツリーハウスにおいで & 明日もきっと

    小学校向けの、学校行事・授業のための新教材集「ツリーハウスにおいで」が出ました(教育芸術社より)。ぜんぶで21の楽曲が収められています。私の作詞は、曲集のタイトルにもなっている「ツリーハウスにおいで」と、「明日もきっと」の2曲です。「ツリーハウスにおいで」は、春畑セロリさん作曲(← セロリさんのHP、ぜひ訪問してみてください。いろいろなことをされてて楽しいので、つい長居してしまいます)。ずっ...

  7. ラブリーホール合唱団 ロ短調ミサ 第12回 - noriさんのひまつぶ誌

    ラブリーホール合唱団 ロ短調ミサ 第12回

     7月21日(土)、ラブリーホール合唱団の練習に行った。6時から団長さんの指導で、音取りの練習をした。 河田先生の指導で、第14曲を一通り歌った。ある程度歌える箇所だが、細かい所はまだ曖昧で、他の人の歌っているのやピアノを頼りに歌った。 バスが遅れがちになる、高い音は歌いにくいので短くなりやすい。重要な単語は、2拍目であっても強くなり、その前の1拍目が弱くなることがある、同じ3度の動きでも、...

  8. 合唱指揮者になった作曲家 - ハッピーミュージック

    合唱指揮者になった作曲家

    この項での合唱指揮者とは、3の意味でのそれである。19世紀から20世紀前半にかけてヨーロッパに起こった各種の合唱運動は、作曲家に2つの仕事をもたらした。1つはもちろん合唱団への作品提供であり、もう1つは合唱指揮である。19世紀にはシューマン、ワーグナー、リスト、グノー、ブルックナー、ブラームスなど、20世紀にはホルスト、アルヴェーン、ヴェーベルンなどがこの仕事にたずさわった。作曲家にとって合...

  9. 練馬児童合唱団第39回演奏会 - しまむら・ユニクロ・ときどきGAP

    練馬児童合唱団第39回演奏会

    この記事は、ダンナの担当です。第39回練馬児童合唱団演奏会に行って来ました。この合唱団は、レコーディングなどする児童合唱界では一流の団体なのですが、わたしがこの合唱団を昔からこよなく愛しているのは、①歌のみで勝負していること②児童合唱曲から宗教曲まで、幅広い曲に対応できることなどなど、挙げればきりがありません。中でも一番は、昔わたしが所属していた合唱団で、3回ほどご一緒させていただいた時の、...

  10. 学校音楽コンクール小学校の部課題曲2018 - しまむら・ユニクロ・ときどきGAP

    学校音楽コンクール小学校の部課題曲2018

    ダンナの担当です。音楽ネタです。「教育音楽」という雑誌があります。以前にも何回か買ったことはあるんですけど、5月に娘が参加した、ラフォルジュルネのワークショップが、記事になっているというので、久しぶりに買う気になりました。なーるほど、娘も楽しそうに写真に収まっています。話は変わって、今年度のNHK学校音楽コンクールの課題曲は、「出発」という曲です。発表されたときに、NHK東京児童合唱団の演奏...

  11. 日本語をうたう その七 堀江アルテ - noriさんのひまつぶ誌

    日本語をうたう その七 堀江アルテ

     7月15日(日)、LA FENICEの男声練習と昼食のあと、喫茶店でコーヒーを飲んで、数人で堀江アルテのコンサートに行った。LA FENICEの母体であるANKAAが主催する日本語をうたうというシリーズである。うたうたい日本語をうたう ~その七~2018.7.15(日)午後2時半堀江アルテ1部 あ・ら・か・る・と「父の唄」から3曲 渡邊 守「二番目に言いたいこと」から5曲 鈴木恵美子「千原...

  12. LA FENICE ヨハネ受難曲 男声練習 - noriさんのひまつぶ誌

    LA FENICE ヨハネ受難曲 男声練習

     7月15日(日)、LA FENICEの男声だけの練習が初めてあった。10時から心斎橋のFUN HOUSEに10人が集まった。バスが1人にテノールが9人だったので、テノールもバスを歌ってみたが、こういう練習も面白い。第16bとdを一通り歌った。パートマネージャーのSKGCさんが、初めに発声練習として、音階を歌っていくのを指導された。 昼食をすぐ近くのレストランで10人が揃って取った。UCHS...

  13. ラブリーホール合唱団 ロ短調ミサ 第11回 - noriさんのひまつぶ誌

    ラブリーホール合唱団 ロ短調ミサ 第11回

     7月14日(土)、ザ・シンフォニーホールのコンサートを聴いて、ラブリーホール合唱団の練習に行った。小ホールで6時から、団長さんの指導で、第21曲を歌ったが、予習をしていないので、ほとんど歌えなかった。 練習は、辞められたK先生の代理として、河田早紀先生がされた。私は初めてだが、以前にラブリーホール合唱団の指導をされたことがあるとのことである。そして、ピアノ伴奏のOKBYS先生のご主人である...

  14. LA FENICE 2019 ヨハネ受難曲 第6回 - noriさんのひまつぶ誌

    LA FENICE 2019 ヨハネ受難曲 第6回

     7月8日(日)、LA FENICEの練習に行った。西成区民センターで、6時から辻本先生の指導で、第39曲を練習した。中村先生がこられて、第39番を続けて練習したあと、2bと2dを歌った。 休憩中にSGMTさんと話をした。2017年の天地創造の打ち上げの時に、FBのお友達になったが、あまり話す機会がなかった。それが、FBで、30年程前に、同じ会社にいて、私が講義をしたときの生徒さんだったこと...

  15. ラブリーホール合唱団 ロ短調ミサ 第10回 - noriさんのひまつぶ誌

    ラブリーホール合唱団 ロ短調ミサ 第10回

     7月7日(土)、ラブリーホール合唱団の練習に行った。前回休んだので、事情がよくわからないが、以前から言われていたように、指導のK先生が、降りられることになって、本番のソリストも変更になるという。団長さんから経緯の説明があった。 6時からの自主練の後、HSD先生が臨時ということで、第1部の最後の「Cum Sanctus」をラララと言葉を入れて最後まで歌った。前回、言葉の練習をしたということだ...

  16. 招待状 - design room OT3

    招待状

    歌や音読が大好きな、小2の末っ娘。春から津幡町の『シグナス少年少女合唱団』に参加しています。とても性に合ったようで、自宅でも譜面を開いてうれしそうに歌っています。それどころか、同じく春から参加した陸上教室は「もう合唱だけでいい」という始末(笑)その合唱団にて、はじめてのコンサート出演が8月にあるようです。さっそく招待状を作って、各方面に広報活動を行っています。 翠建築設計室〒929-0327...

  17. 軽井沢・教会音楽の日2019 ♫ - 愛・喜び・平和~今日、この日に感謝をこめて~

    軽井沢・教会音楽の日2019 ♫

    軽井沢・教会音楽の日2019が、次のように決まりましたとき 2019年5月10日(金)~11日(土)ところ 御聖体の宣教クララ修道会・中軽井沢修道院協力司祭 塩田泉(さいたま教区)講師 鈴木優(合唱)・山田早苗(オルガン)グレゴリオ聖歌、ルネサンスからロマン派、現代までの合唱曲、ワーシップソングなど神を賛美するために歌い継がれる音楽の宝庫から、ふさわしい曲を選び共に学び、祈り、典礼を祝います...

  18. ラブリーホール合唱団 ロ短調ミサ 第9回 - noriさんのひまつぶ誌

    ラブリーホール合唱団 ロ短調ミサ 第9回

     6月17日(日)、ラブリーホール合唱団の練習に行った。練習の始まる30分前に、音取りの練習を団長さんの指導でしているのに初めてでた。本来なら個人で予習しておくべきなのだろうが、全体に練習のペースが遅れているので、こういう時間を取るのもやむをえない。 中村先生の指導で練習をした。

  19. 発声講習会♪ - 愛・喜び・平和~今日、この日に感謝をこめて~

    発声講習会♪

    日曜日に、発声講習会がありました 先月は軽井沢修道院へ行ったので、教会に集うのは2ヵ月ぶり発声講習会では、「教会音楽の目的である神の栄光と信者の聖化」(第二バチカン公会議典礼憲章112)のために研鑽を積んでいます。「教会は、グレゴリオ聖歌をローマ典礼に固有な歌として認める。したがってこれは、典礼行為において、他の点からは差異がないものとすれば首位を占めるべきものである。他の種類の教会音楽、と...

  20. LA FENICE 2019 ヨハネ受難曲 5回目 - noriさんのひまつぶ誌

    LA FENICE 2019 ヨハネ受難曲 5回目

     6月14日(木)、LA FENICEの練習に行った。2年間指導された本山先生が、今シーズン初めて、臨時で指導されることになった。仕事を終わってから車で、十三にある淀川区民センターに駆け付けて、後半だけ参加できた。指揮と声で、団員の勢いを引き出そうとされるのは上手である。団員がどんどん引き込まれて声がでるようになる。 杉田先生に指揮の仕方をデモンストレーションされるのを見ると、プロの厳しさと...

1 - 20 / 総件数:37 件

似ているタグ