吉備津彦神社のタグまとめ

吉備津彦神社」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには吉備津彦神社に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「吉備津彦神社」タグの記事(14)

  1. 吉備津彦神社節分祭 - 気ままな Digital PhotoⅡ

    吉備津彦神社節分祭

    今年も行ってきました最初の出会いは鬼との記念撮影

  2. 神社巡り2020 - ひとりあそび

    神社巡り2020

    昨日は吉備津神社と吉備津彦神社へ行った。今年初めてなので初詣なのだが、なぜか毎年この時期に行きことになるのである。お正月の参拝客も一段落し、比較的人が少なくなったであろうと思うのだ。けれど、昨日は私的には早く出発したつもりだったが、ちょうど人の出盛り時間になってしまった。おかげで、吉備津神社も吉備津彦神社も駐車場に入る車の列ができていた。私は吉備津神社の横を素通り、いつもの山道を通ってまず吉...

  3. 吉備津彦神社 天皇御即位奉祝神事 - 気ままな Digital PhotoⅡ

    吉備津彦神社 天皇御即位奉祝神事

    大燈籠は本殿向かって左右に一つずつあります

  4. 吉備津彦神社 天皇御即位奉祝神事 - 気ままな Digital PhotoⅡ

    吉備津彦神社 天皇御即位奉祝神事

    大燈籠にプロジェクションマッピングされると言うので初めて行ってきました他にも神楽とかいろいろありましたが私は大燈籠だけ撮って帰ってきました

  5. 日比津彦神社 - Plum Crazy of Going Out

    日比津彦神社

    2019年8月中旬吉備津彦神社吉備津神社へお参りの次は吉備津彦神社へ参りました。近くにありますので方参りではなく両方お参りしました。岡山桃太郎伝説のお話が語り継がれています。神域に邪悪なものが入るのを防ぐ”随神門”。入る前に通り方を確認しましょう。拝殿御神木の樹齢千年”平安杉”。岡山へ行くときはまたお参りに参ります。少し勉強してゆっくりとお参りしたいと思います。スナップマート / SNAPM...

  6. 6月の花嫁 - つれづれ日記

    6月の花嫁

    夏至の次の日、満開になった紫陽花を見に吉備津彦神社へ行ってみました。吉備津彦神社では、夏至の日は社殿真正面から太陽が昇り鳥居を通り神社の鏡を照らすそうです。拝殿から元宮と呼ばれる磐座のある竜王山がを撮ろうとしたら新郎新婦が降りてくるところでした。生憎の小雨模様ですが 「6月に結婚する花嫁は幸せになれる。」と古くからヨーロッパでは言われていますね。樹齢千年以上とされる御神木です。「この大杉に龍...

  7. 神社巡り2019 - ひとりあそび

    神社巡り2019

    昨日の成人の日は、お天気も良く暖かなお出かけ日和となった。祭日は人が多いことは承知で、つい吉備津神社と吉備津彦神社へ行くことに。今年初めての参拝なので初詣である。まず吉備津神社へ行くと、案の定、駐車場までたどり着くのに並ぶ羽目になった。ふと、先に吉備津彦神社に行ってみようと思いつき、駐車場には入らずいつもの裏道から行くことに。けれど、ナント!吉備津彦神社もまた駐車場まで長い行列ができていたの...

  8. 吉備津彦神社から龍王山へ - つれづれ日記

    吉備津彦神社から龍王山へ

    今週の日曜日は吉備の山全山縦走大会でリタイアしてしまった「吉備の中山」へリベンジを果たしに行ってきました~。麓から山全体を見上げます。この山、意外と家から近くて登山口のある吉備津彦神社まで歩いても1時間程ということがわかりました。吉備津彦神社へは11時頃着きましたがここに来てすぐに出発するはずもなく夫は20分間の自由行動とそそくさと、鉄道写真を撮りに行きます。境内はお庭が綺麗なので七五三の晴...

  9. 吉備津神社&吉備津彦神社 - ひとりあそび

    吉備津神社&吉備津彦神社

    昨日の午後、急に吉備津神社と吉備津彦神社へ初詣に行った。例年になく、寒さと空気の冷たさが身に染む一日だった。吉備津神社土曜日のせいか、寒さにもかかわらず大勢の人出。長い回廊は、なぜか冬の冷たい空気が良く似合う。吉備津彦神社吉備津神社から裏道を通って車で5分ばかり、吉備津彦神社へも行くのが恒例。吉備津彦神社もまた、陶器市の最中で人出は多い。吉備津彦神社の前庭の池が、午後にもかかわらず氷が残って...

  10. 新年の初参り - ズームでバッチリ

    新年の初参り

    仕事始めの5日に、会社のみんなで、新年の初参りに行きました。いつも、岡山にある、吉備津彦神社に参ります。岡山には「吉備津神社」と「吉備津彦神社」と「彦」が付くか付かないかの2つの神社があります。私たちは「彦」の付く方に行きます。ここの獅子は「備前焼」でできています。岡山と言えば備前焼ですね。後ろの方に新しい建物ができていました。森に囲まれて、荘厳な感じです。絵馬に願い事を書きました。社長には...

  11. 吉備津彦神社~難波王藤内~ - 難波一族

    吉備津彦神社~難波王藤内~

    難波王藤内は吉備之国の田使首でしたが、近隣地域の長として各地の祭祀のすべてを取り仕切り、吉備信道の元祖であったとされています。吉備津彦神社の祠官を難波氏が務めていたと前述しましたが、確実な資料が存在するのは諸説ありますが難波一族を先祖とするとされる難波王藤内(大森氏)が祠官を務めたという記録からの様です。1190年代に大藤内隆盛が祠官を務めたのを皮切りに大森氏は代々吉備津彦神社の祠官を務めて...

  12. 吉備津彦神社 - 難波一族

    吉備津彦神社

    吉備の中山の麓に社を構える吉備津彦神社はかつて難波一族が神職を務めていたと伝わる神社です。当時は吉備の穴海と呼ばれる程に岡山県の南部は内海が広がっており、この吉備津彦神社周辺まで海が来ていたようです。この辺りの海域は波が渦巻き、難所として有名だったようで、難波という地名がつけられたとされています。この地の付近(今の岡山市北区西辛川高室地区辺り)は難波郷と呼ばれ難波のルーツの場所の一つとされて...

  13. 吉備津彦神社 節分祭 2017 - 気ままな Digital PhotoⅡ

    吉備津彦神社 節分祭 2017

    後楽園の芝焼の帰りに寄ってみましたここでもイメージしたような写真は撮れませんでした

  14. 2017年新春初参り - ズームでバッチリ

    2017年新春初参り

    今日から、当社の新年の初顔合わせです。朝の珈琲を飲みながら、社長の年頭の挨拶の後、各自の抱負を発表しました。その後、岡山の神社に、みんなで初参りに行きました。毎年恒例の岡山市にある吉備津彦神社です。備前焼きの獅子でしょうか。獅子の足や口の中にも賽銭が入っています。本殿の後ろにも建物が続いています。酉年の大きな絵馬です。おみくじは中吉でした。吉備津彦神社で、賽銭箱にお賽銭をいくらいれようかと考...

総件数:14 件

似ているタグ