吉沢亮のタグまとめ

吉沢亮」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには吉沢亮に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「吉沢亮」タグの記事(18)

  1. 青天を衝けの主役は? - yume_misatoのつぶやき

    青天を衝けの主役は?

    昨晩、「青天を衝け」の8話まで見ました。大河ドラマは、コンスタントに見ないと録画がたまってしまい見るのが面倒になってしまいます。「麒麟が来る」も4話ぐらいまで見ましたが、録画がたまるし岡村はでるし、麦ちゃんは「麒麟が来る」ばかり言うし離脱しました。(総集編で内容は理解した)今回は大河ドラマは、主役の吉沢亮がイケメンでお顔を見ているだけで幸せです…が気張りすぎというか空回りな印象。血洗島での出...

  2. 合理的思考の持ち主! - 大阪の弁護士大川一夫のブログ

    合理的思考の持ち主!

    14日のNHK大河ドラマ『青天を衝け』を見ていると、吉沢亮扮する主人公渋沢栄一が、姉の縁談が「憑き物がいる」との迷信的な理由で反対されふさぎ込み、心配した親戚が修験者を呼んでお祓いをしようとするとき、合理的な思考のもと、栄一がそのインチキを見破るという、実に痛快なシーンがあった。直ちに思ったのが「これは実話なのか」ということである。何故なら、ときは1855年。栄一15歳である。さてその70年...

  3. 青天を衝けキャスト&プロローグ - 坂の上のサインボード

    青天を衝けキャスト&プロローグ

    明後日、今年の大河ドラマ『青天を衝け』が始まります。主人公は「日本資本主義の父」と称される渋沢栄一。次の1万円札の肖像の人ですね。幕末には農民の出でありながら最後の将軍・徳川慶喜に仕える幕臣となり、明治維新後は大蔵省に入って簿記法の整備や全国測量、新通貨を円とする貨幣法、国立銀行条例の実施など、生まれたばかりの近代国家日本の財政制度の礎を築き、その後、下野してからは、第一国立銀行(現・みずほ...

  4. 刈谷日劇と吉沢亮主演「AWAKE」 - 緑区周辺そぞろ歩き

    刈谷日劇と吉沢亮主演「AWAKE」

    刈谷日劇は、1954年に開業した県内で一番古い映画館です。当初は洋画専門館としてスタートしましたが、現在は単館系のミニシアターとしていろいろなジャンルの映画を上映しています。スクリーンはふたつ。現在主流のデジタル映写機の他、昔懐かしいアナログ映写機(いわゆるフィルム映画)での上映も行う国内でも数少ない映画館のひとつです。今回見たのは、吉沢亮主演「AWAKE」です。この映画は、2015年に行わ...

  5. 新木優子インスタ動画VOGUE GIRL - 新木優子 画像・動画

    新木優子インスタ動画VOGUE GIRL

    新木優子さんのインスタの動画で、昨日のもので、かなり最新なんですが、吉沢亮さんも、その動画の中には、いましたよ。DiorのHoliday Campaignのスペシャル・ムービーが公開されたそうです。今年も吉沢亮さんと出演していて、VOGUE GIRLの特設サイトからフルバージョンの動画や写真も見れるそうなんで、本人いわく、ぜひチェックしてください!との事です。インスタの動画は下記になります。...

  6. 流星鼻梁鼻白 - tuki-note / 月ノオト / tuki-no-oto

    流星鼻梁鼻白

    『青天を衝け』の劇中シーンの公開に堤さん登場。馬上の徳川慶喜公と平岡円四郎役。以前に「麒麟がくる」に出演している大河ドラマ常連の馬が紹介されていた。常連の理由は大人しく気性が優しくも賢い馬とのこと。個体識別としては竜星鼻梁鼻白。正しくPR動画に登場する慶喜公が乗る御馬さんだ。超売れっ子ベテランさんなんだね。それにしても役柄とは云え、堤さん立ち姿が凛々しい。

  7. 一度死んでみた - はっちのブログ【快適版】

    一度死んでみた

    とにかく出演者が豪華です。ちょい役なのに妻夫木さん、佐藤健さん、でんでんさん、古田新太 さんなど錚々たる顔ぶれ。話はとってもわかりやすく、若返りの薬を開発していた過程でできた2日間死ねる薬を飲んで周囲の反応を俯瞰する変人社長・計(堤真一)に会社買収を画策するライバル会社のドタバタコメディ。93分と短いながらも十分笑えて楽しめました。コメディですが親子の絆や世の中の不条理を俯瞰するというテーマ...

  8. NYLON JAPAN NO.183 - Sugri Official Blog

    NYLON JAPAN NO.183

  9. キングダム - はっちのブログ【快適版】

    キングダム

    ヤングジャンプに連載中らしいですが一切読んだことはありません。番宣のみで鑑賞。それなりにお金をかけて作られた平均的対策法が映画でした。(個人的には長澤まさみさんのアクションシーンを観たかっただけです)コミックが50巻近く出版されていることを考えると2時間強でこの作品の良さや人気を表現することは到底無理なのでしょう。私にはまったく響くところがありませんでした。【作品情報】週刊ヤングジャンプに連...

  10. 日本ワークシステムが評判の人気芸能人をご紹介!「吉沢亮」 - 日本ワークシステム株式会社のブログ

    日本ワークシステムが評判の人気芸能人をご紹介!「吉沢亮」

    こんにちは日本ワークシステム株式会社です本日ご紹介する人気と評判の芸能人は…「吉沢亮」吉沢さんは2009年にデビュー。『仮面ライダーフォーゼ』(テレビ朝日・2011-2012)朔田流星/仮面ライダーメテオ役で注目を浴び、昨年は映画『銀魂』で演じた沖田総悟役が話題になった人気急上昇の俳優さんです。今年は朝ドラにも出演されるそうで、目が離せませんね!本名吉沢亮生年月日1994年2月10日出身地東...

  11. 現在のマイブームは… - ハミルトンめぐり

    現在のマイブームは…

    相変わらずリンのTwitterはちょこちょこ読んでいるんですけど、以前みたいに舐めるようにというほどではありません。自分でも寂しいなぁと思うんですけどね。「ハミルトン」とリンが好きで好きで誰かに伝えたくて始めたブログなのに、書くことがないなんて。まぁ、でも、自分のブログなんだし(リンに関係なくても)自分の好きなこと書いていいのかなぁとも思ったり。つか、タイトルは「ハミルトンめぐり」なんですけ...

  12. 日本ワークシステムが評判の人気芸能人をご紹介!「吉沢亮」 - 日本ワークシステム株式会社のブログ

    日本ワークシステムが評判の人気芸能人をご紹介!「吉沢亮」

    こんにちは日本ワークシステム株式会社です本日ご紹介する人気と評判の芸能人は…「吉沢亮」今や人気イケメン俳優として大人気な吉沢亮くん。【芸能界デビューのきっかけ】2009年母親が応募した「アミューズ全国オーディション」で、応募者31,514名の中から、Right-on賞を受賞し、芸能界入りを果たす。ちなみにこの時のグランプリは野村周平でした。2011年には仮面ライダーフォーゼで2号ライダーの仮...

  13. 銀魂2 - がつたま便り

    銀魂2

    もう1回行っちゃおうかなぁ~って思うぐらい面白かった。もちろん、賛否両論あるだろうけど(笑)。1の方が、少しシンプルだったかなぁ。色気がでたともいうべきなのか(笑)。

  14. 久々にライブのチケットゲット! - ハミルトンめぐり

    久々にライブのチケットゲット!

    じかにパフォーマンスを見るのって、2年とちょっと前の「ハミルトン」以来です。あれ以来有名無名を問わす芝居もコンサートも行ってない。吉沢亮さまのおかげで映画館に行く機会は格段に増えたんですけどねぇ。「銀魂2」なんかもう3回も見ちゃって、自分でも信じられないです。なにやってんだ・・・3回目はライブビューイングっていって、亮くんも出演した舞台挨拶(の中継)を見るのが目的でした。せっかくだから、監督...

  15. とうとう7月はまったくブログを書かなんだ・・・ - ハミルトンめぐり

    とうとう7月はまったくブログを書かなんだ・・・

    7月19日にはリンが「Tick, Tick…BOOM!」で映画監督デビューするというビッグ・ニュースもあったんですけどね~。「Tick, Tick…BOOM!」は「レント」のクリエイターであるジョナサン・ラーソンの作品。もともとはソロミュージカルだったんだけど、彼の死後三人芝居に書き改められ、オフブロードウェイで上演されたんだそうです。2014年、リン自身もジョン役で(カレン・オリヴォとレス...

  16. 最近のリン - ハミルトンめぐり

    最近のリン

    サッカーに限らずスポーツ全般に興味がないため、テレビを見ながらあるいは競技場で「ニッポン!」と叫んだことが人生でまだ一度もないわたくし。そんなわたしでも、大好きなリンが日本の映画について触れてたりすると、やっぱうれしかったりします。6月は2本の映画について言及してて、まずは「となりのトトロ」リンの息子のセバスチャンが大好きらしくて、週に数回見てるとか。Vacation viewing: To...

  17. 映画「イン・ザ・ハイツ」公開予定日決定(つっても、アメリカでの公開だけど) - ハミルトンめぐり

    映画「イン・ザ・ハイツ」公開予定日決定(つっても、アメ...

    皆様ご存知のように元々このミュージカルの映画化権は、ハーヴェイ・ワインスタインの会社が手に入れたんですよね。でも、彼の悪行三昧が白日の下にさらされたことを受け、脚本担当のキアラ・アレグリア・ヒュディスやリンが映画化権の返却を求め、この5月に改めてオークションが行われ、ワーナーブラザーズが落札したそうです。ワーナーのほかにもフォックス、パラマウント、ソニー、ディズニー、ネットフリックス、アップ...

  18. 私の中のこのブームはいつまで続くのだろうか - ハミルトンめぐり

    私の中のこのブームはいつまで続くのだろうか

    "Helpless" by The Regrettes長いことこのブログを更新していませんでした。「ハミルトン」から完璧に関心がそれていまして、心ここにあらずなことを書いてもしょうがないなぁと思いまして。「ハミルトンめぐり」というタイトルに自分で勝手に縛られているというか。自分でも自分の変わりようにびっくりしています。映像関係でいうと、もう何年もリンのインタビューや昨今の...

総件数:18 件

似ているタグ