吉田修一のタグまとめ

吉田修一」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには吉田修一に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「吉田修一」タグの記事(7)

  1. 新聞小説を読む 「国宝」第十一章 22 吉田修一 - 羊と猫と私

    新聞小説を読む 「国宝」第十一章 22 吉田修一

       272話【羊の要約】  彰子からの電話を抱えて台所へ行き水を飲む喜久雄に、その姿が見えているかのように彰子が花にも水をあげてくれ、ジョーロは冷蔵庫の横にかけてあるから、とテキパキ指図する。鉢植えは彰子が揃えたのだ。 彰子は声を落として言う。「このまえの話なんだけど、やっぱり一日でも早いほうがいいと思う。今朝もちょっと達夫さんの話になって」「俺はもう覚悟決めてるよ。もし富士見屋の小父さん...

  2. 新聞小説を読む 「国宝」第十一章 悪の華 20  (2017/10/4) - 羊と猫と私

    新聞小説を読む 「国宝」第十一章 悪の華 20 (2...

    270話【ひつじの要約】  バスに間に合わない、と母の桂子が階下から叫ぶ。吾妻千五郎の娘の彰子は髪を整え終えて階段を駆け下りる。牛乳を飲んでいけ、と桂子はおせっかいを焼き、逆さのグラスに注いでこぼしたりして一人大騒ぎしている。庭でにいた千五郎が、呆れて顔を出したついでに、彰子に聞く。「最近、達夫さんとは会ってんのかい?」 あいまいな返事の彰子を千五郎がとがめると、婚約したのだから、もう先方の...

  3. 読んだ本記録 『怒り』 - ♪アロマと暮らすたのしい毎日♪

    読んだ本記録 『怒り』

    2017年読み終わった本33冊目。 『怒り(上)』『怒り(下)』吉田修一この本は、すべてをスポーツクラブで読みました。バイクをこぎながら、またはスタジオでレッスンが始まるのを待つ間など、細切れの時間に細切れで読んだ。そんなにめくるめく展開しないのでそれがちょうどよかったのです。1月に入会してから今月頭まで、8ヶ月をかけて少しずつ読み進めたのでした。上巻はつまらなくて、最後まで読めるかな、とい...

  4. Mパターン B1705「スタンドオフカラーシャツ」 - 日々是お針子

    Mパターン B1705「スタンドオフカラーシャツ」

    今年から野球部ママになられたブロ友ataroさんに、先輩ぶって「暑さは慣れだから~」なんて言ってたくせに、今年もしっかり熱中症になりました。37℃の日。サッカー同行で、毎年3回ほど発症してしまうのだけど、今年のは、意識飛んだーーーなんか目の前が白いな、気持ちわるいなと思ってた30分ほどの記憶がない。その30分の様子を周りに聞くと「ご機嫌でコーチの口真似しとったやんー」というから恐ろしい。日陰...

  5. 「怒り 上下」吉田修一 - のりのり27

    「怒り 上下」吉田修一

    八王子の夫婦殺害事件。殺人現場には、血文字で「怒」と書かれていた。犯人・山神が逃亡してから丸一年になる。 房総の漁港で暮らす父と娘、新宿で出会った若いふたりの男、名古屋から沖縄・波留間島に渡った母と娘…、この人々が、犯人・山神とどう繋がっていくのか。山神の手配写真が、公開捜査番組で全国放送された。どこの誰か、ワケありで前歴を話さない、その人の過去がわからない。でも、目の前にいる今ここにいるこ...

  6. 吉田修一 「怒り・下」 読了 - ミニとベスパの4速アソビ

    吉田修一 「怒り・下」 読了

    .吉田修一 「怒り・下」 読了_______________________________________..「怒り・下」を一気に読み終えた僕の中でくすぶっていた”怒り”が少しだけ落ち着いたような気がして、読んで良かったように思える執拗なまでにもあの市橋事件をイメージさせ、作者の主題を明確にとらえるよりも映画としてのエンターテインメントを重視した脚本には腹が立つが、原作であるこの本は作品と...

  7. 吉田修一 「怒り・上」 読了 - ミニとベスパの4速アソビ

    吉田修一 「怒り・上」 読了

    吉田修一 「怒り・上」 読了旬を過ぎたこの作品を僕がなぜ読んだのか?もちろん、僕は図書館で予約した本の順番が回ってくるのが遅くて、旬を逃したタイミングで読むこともあるけど、本書は中古本を買って読みはじめたそれは昨年映画「怒り」を観たあとに感じた僕自身の”怒り”の行き場を探していたからかもしれないでは何に怒りを感じたのか‥2017年4月に僕読んだ村上さんの本「みみずくは黄昏に飛びたつ」この本の...

1 - 7 / 総件数:7 件

似ているタグ