吉田修一のタグまとめ

吉田修一」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには吉田修一に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「吉田修一」タグの記事(5)

  1. 怒り - 紙ひこうき 日和(和風洋食屋紙ひこうき)

    怒り

    紙ひこうきのホームページができました。【お願い】紙ひこうきは共同店舗のため駐車場に限りがあります。駐車場がいっぱいでも空席の時も多々ございます、駐車できる場所のご案内をいたしますので一度お電話をいただけると嬉しく思います。団体様などはできる限り乗り合わせてのご来店お願いいたします。TEL  055-277-988011月のお知らせは↓↓↓・人を信じることの難しさ。人を信じ切ってしまうむなしさ...

  2. それは哀しいことではなく。 - 糸のない凧

    それは哀しいことではなく。

    『 大切なものは、  増えていくのではく、減っていくのだ 』         — 怒り(小説:吉田修一氏著)より引用 —削って、削って、削って。それでもまだ残るもの。私たちは手放すことを学ぶために、ここに生まれてきたのかもしれない。

  3. 猫も、杓子も。 - ネコと文学と猫ブンガク

    猫も、杓子も。

     NHKEテレの「- ネコメンタリー 猫も、杓子も。 」を見た。以下、番組HPより抜粋。http://www4.nhk.or.jp/P4383/3/https://ameblo.jp/michaelmoco/entry-12260581422.html 「『村山由佳ともみじ』大反響の猫と作家の物語、秋の新作二本目。なに故、作家は猫を愛するか?作家・村山由佳が愛猫・もみじとの日々を書き下ろしで...

  4. 新聞小説を読む 「国宝」第十一章 22 吉田修一 - 羊と猫と私

    新聞小説を読む 「国宝」第十一章 22 吉田修一

       272話【羊の要約】  彰子からの電話を抱えて台所へ行き水を飲む喜久雄に、その姿が見えているかのように彰子が花にも水をあげてくれ、ジョーロは冷蔵庫の横にかけてあるから、とテキパキ指図する。鉢植えは彰子が揃えたのだ。 彰子は声を落として言う。「このまえの話なんだけど、やっぱり一日でも早いほうがいいと思う。今朝もちょっと達夫さんの話になって」「俺はもう覚悟決めてるよ。もし富士見屋の小父さん...

  5. 新聞小説を読む 「国宝」第十一章 悪の華 20  (2017/10/4) - 羊と猫と私

    新聞小説を読む 「国宝」第十一章 悪の華 20 (2...

    270話【ひつじの要約】  バスに間に合わない、と母の桂子が階下から叫ぶ。吾妻千五郎の娘の彰子は髪を整え終えて階段を駆け下りる。牛乳を飲んでいけ、と桂子はおせっかいを焼き、逆さのグラスに注いでこぼしたりして一人大騒ぎしている。庭でにいた千五郎が、呆れて顔を出したついでに、彰子に聞く。「最近、達夫さんとは会ってんのかい?」 あいまいな返事の彰子を千五郎がとがめると、婚約したのだから、もう先方の...

1 - 5 / 総件数:5 件

似ているタグ