吉田博のタグまとめ

吉田博」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには吉田博に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「吉田博」タグの記事(8)

  1. まだ、試行錯誤中! - A hokusai manga / 阿呆苦斎 漫画

    まだ、試行錯誤中!

    2年前、近所の書店に行ったら、「買ってちょうだい」とばかりに目の前に現れたのが「吉田博」さんの画集でした。当時聞いたこともない人ながら、中を見ると素晴らしい〜!!で、買っちゃいましたよ。その数ヶ月後、同じ書店に行ったら、またも「買ってちょうだい」と、今度もよく知らない「川瀬巴水」さん。でも、素晴らしい〜!!で、買っちゃった。全部いいんですけどね、特に夜の絵に惹かれました。そういえば、師匠のサ...

  2. 猿沢池 - 大隅典子の仙台通信

    猿沢池

    奈良の学会からの帰路、どうしても寄りたいところがありました。会場から近鉄奈良駅までタクシーで移動する途中で、猿沢の池に立ち寄ってもらいました。以前に見た吉田博の版画の風景がどのようなものだったのかを見たかったのです。ほぼ同じアングルという場所を見つけられました。この版画が作成されたのは戦前のことと思いますが、吉田博もこの場所からの風景を眺めたのでしょうか。季節は、版画の中には桜が見えるような...

  3. ヴェニスの運河 - 大隅典子の仙台通信

    ヴェニスの運河

    夏目漱石の『三四郎』に出てくる美禰子は、なんとも不思議な女性。昨年、二人が「丹青会」という展覧会で見たという絵が、実際には1908年の太平洋画会に出品された吉田博の油絵『ヴェニスの運河』ということを知った。でも個人的にはこちらの版画の方が好き。そのあたりの話がちょうど「サライ」のweb版に載っていた。漱石の心も動かした風景画家・吉田博の回顧展より長い引用が載っているのはこちら。生誕140年 ...

  4. 吉田博の版画展を見てきました - アメリカ輸入のシール♪住所/名前/お好きな文字を印刷してお届け♪アドレスラベルです。

    吉田博の版画展を見てきました

    こんにちは!先月末、東京は新宿吉田博展へ行ってまいりました。版画で有名な吉田博さんですが元々風景を描いた水彩画をたくさん描かれていて、それを持って海外に渡り、評価されたのが本格的な画家人生のスタートのようです。現代だとかなり驚きなのですが、持参した絵を美術館に持ち込み、展覧会が決まるという展開の速さ!実際、それらの水彩画は日本人の私でさえ「この国行ってみたい!」と思うようなものでした。吉田さ...

  5. 美しき水彩画 吉田博展 - Atelier Charmant のボタニカル・水彩画ライフ

    美しき水彩画 吉田博展

    またもや伊藤若冲に続く海外で高い評価を受けていたこんな人がいたのか!と思わせるのが ダイアナ妃もコレクションしていたことで有名なこの吉田博という人黒田清輝と闘った細密な水彩画は海外で高い評価を受けその後この時代によくこんな所までと感心するくらい旅に旅を重ね世界の名勝を訪れて制作に没頭しています中でも独自の版画スタイルを模索し同じ版木で色を変え朝昼夜と刷り分けたものは見事です高い完成度を追及し...

  6. 素晴らしい近代版画を見れた・・・ - 九峰の備忘録

    素晴らしい近代版画を見れた・・・

    多分、毎日倦まずたゆまず作業し精進を続ける職人などは、年をとっても生命力が衰えることはあっても、ボケることは無いのだろう。先日いの町紙の博物館にあるギャラリーボタニカで、川瀬巴水と吉田博の版画を観ることができた。なかなか素晴らしかった。まさか、こんな近くでゆっくり見ることができるとは・・・。彼等はそれほど長生きではなかったようだ。小林清親も余り長生きとは言えない。天才は、たいてい長生きしない...

  7. 吉田博展@名古屋ボストン美術館 - うまこの天袋

    吉田博展@名古屋ボストン美術館

    きれいな版画のパンフレットを見つけたので今日、時間を見つけて行ってきました。寡聞にして吉田博という画家を今まで知りませんでした。川瀬巴水、小林清親以外にも近代浮世絵画家がいるのね、くらいの認識だったのですが、行ってみると、なかなかすごいんですね。しかも色彩がなんとも言えず、胸きゅんもの。お客さんも結構入っています。若い女性が多いんですね。ひょっとして今、人気?絵の細かさと迫力は・・・なんか、...

  8. 2010年2月20日 - 川越画廊 ブログ

    2010年2月20日

    昨年碌山美術館で買ったカモミールの種を蒔いたら、たくさん生えてきた。黄色い花は自然に生えた違う種類の花。今日は春を感じるよい天気となりました。来月の今頃には桜の便りも聞かれることでしょう。吉田博の「喜多院の桜」という木版画を買ってくださった方が喜多院に寄贈されるとのこと。この作品は1935年の桜八題の中の一点。他には京都の知恩院(2点)、嵐山、横浜三渓園(2点)、吉祥寺、弘前城などがある。桜...

総件数:8 件

似ているタグ