吉田松陰のタグまとめ

吉田松陰」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには吉田松陰に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「吉田松陰」タグの記事(28)

  1. 復興の品質品質管理Vol.284 - シーエム総研ブログ

    復興の品質品質管理Vol.284

    皆様、明けましておめでとうございます。本年も宜しくお願い致します。第97回箱根駅伝。今回は見どころ満載でした。初出場から6年目の創価大学が往路初優勝で総合2位。駒澤大学が、最後の10区21キロ付近で3分19秒差を逆転し、13年ぶり7度目の優勝。昨年の覇者、青山学院大は、往路で12位と出遅れるも、意地の復路優勝。視線は来季に向いています。沿道の応援は、自粛を呼びかけれれて85%減でしたが、感動...

  2. 吉田松陰からのメッセージ(6) - 地球を愛の星へ

    吉田松陰からのメッセージ(6)

    怠け心、精進を怠った気持ち、それをもっていかなる夢もかなわぬ。人は、その自分の生きる場所を知り、おのが使命を知り、おのが夢を信じそれに向かい、命のあらん限り努力精進をし、最後の瞬間まで生き続けた時にこの社会を変え、この地上すべての価値観を変えていく大いなる仕事ができる。それをもって「革命」と称する。あなた方がやろうとしているのは、精神的な革命。神の世界に変えていくための、霊文明に変えていくた...

  3. 吉田松陰からのメッセージ(5) - 地球を愛の星へ

    吉田松陰からのメッセージ(5)

    何のものでもそうだ。あとで名が残っていく者たちは生きている時に自分たちの仕事が後世評価を残し名前が残るかどうかなどということは考えもせずに真摯な仕事をした者たちなのである。その結果名前が残る者もいれば残らぬ者もいる。一生懸命生きたけど、名前が残っていない者もいる。でも、そんなことはどうでもいいのである。必要なことは人の評価を気にすることなくこれこそが我が命の燃え尽きらんがために生まれてきた場...

  4. 吉田松陰からのメッセージ(4) - 地球を愛の星へ

    吉田松陰からのメッセージ(4)

    ここに座るということがどれだけたいへんなことであるか。今あなた方を誹誇中傷している者たちを見ると、皆ここに座りたいのである。座りたいけれども、座ることはもうかなわぬ。だから子どもが駄々をこねるように、泣き叫ぶように、怒りをぶつけてあなた方に文句を言っているだけのことなのだ。でも、この場に座ることは、やはりそれなりの境地というものが要求される。当たり前である。神仏の言葉を直で受ける場所にいられ...

  5. 吉田松陰からのメッセージ(3) - 地球を愛の星へ

    吉田松陰からのメッセージ(3)

    天上界に帰って来てこちらの世界に帰って来て知らされたことではあるけれども我らがこの明治維新の革命をするために降りていった者たちがいる。この者たちは、なにゆえあの時日本に大挙して出ていったかというと今日この計画を日本に降ろすこの場所としてこの場所を整えるためにその使命を受けて神よりその使命を受けて、あの明治の時に降りていった。封建時代に終わりを告げさせ、新たな文明の文明国の仲間入りをしていく精...

  6. 吉田松陰からのメッセージ(2) - 地球を愛の星へ

    吉田松陰からのメッセージ(2)

    吉田松陰です。今日再びこのような場にわたくしをお呼びいただき、光栄至極に存じます。あなた方のように偉大なる使命を持たれこの地上にて呼び集められたおのおの方の魂の価値を思うと我が松陰のやったことなど爪の先にも及ばぬほどの内容であったとわたくし自身はそのように思っております。しかれども、あなた方のような偉大な魂の者たちが今この地上に降りて行かれこの神々の大いなる計画を地上に行わんがために頑張られ...

  7. 吉田松陰からのメッセージ - 地球を愛の星へ

    吉田松陰からのメッセージ

    そなたたちのこれからやろうとしていることは我らがあの時代に命を張り新たなる時代をつくらんがために、精進したことに、とても似ている。しかれども、そなたたちのやらんとする仕事は我らが仕事の規模と視野の高さ、広さそしてその価値は、はるかに我らが仕事を超え、この地球神霊のご意思ご意思の計画そのものである。我らは、その命を張り、刺客の追っ手に常に命を狙われそれでも日本国の未来を夢見、新たなる志と希望を...

  8. 「生野の変」ゆかりの地を訪ねて。その4<山田顕義終焉之地> - 坂の上のサインボード

    「生野の変」ゆかりの地を訪ねて。その4<山田顕義終焉之地>

    「その3」のつづきです。生野の変ゆかりの地とは少し違うかもしれませんが、JR生野駅の駅前広場に、「山田顕義終焉之地」と刻まれた石碑があります。山田顕義は元長州藩士で、明治新政府軍の参謀や政府の要職を務めた人物ですが、前稿で紹介した生野の変の強硬派の中心人物として自刃した河上弥市(南八郎)の再従兄にあたります。 山田顕義はあの吉田松陰の松下村塾の門下生で、入門当時は15歳。松蔭にとっては最年少...

  9. 東京徒士組の会主催歴史散歩吉田松陰旧跡と旗本屋敷などを訪ねて⑤ - 東京徒士組の会

    東京徒士組の会主催歴史散歩吉田松陰旧跡と旗本屋敷などを...

    東京メトロ日比谷線で南千住へ移動。ここは松尾芭蕉が奥の細道へと旅立った地点。駅前には「矢立て初め」の記念像が立っています。すぐそばには回向院があります。昼食後のあとにうかがいました。あとは写真とチラシをご覧ください。整然と並ぶ吉田松陰の弟子たちの墓石。吉田松陰の墓石は中央奥に正座しているかのように落ち着き払ってたたずんでいました。吉田松陰墓石橋本左内墓所コブラツイストなどの技を編み出しプロレ...

  10. 東京徒士組の会主催歴史散歩吉田松陰旧跡と旗本屋敷などを訪ねて④ - 東京徒士組の会

    東京徒士組の会主催歴史散歩吉田松陰旧跡と旗本屋敷などを...

    ・小伝馬町牢屋敷人形町をそぞろ歩いて小伝馬町へ。日曜日だったのでお店は休業のところがほとんど。大倉喜八郎と安田善次郎が創建した大安楽寺は処刑された人々の霊を慰めています。本堂の中央付近が処刑場だったといわれています。牢屋敷の井戸跡と発掘調査の解説十思スクエア内には牢屋敷の模型が展示されています。吉田松陰の慰霊碑「吉田松陰先生終焉之地」「吉田松陰先生来歴」吉田松陰先生辞世の句「身はたとひ武蔵の...

  11. 東京徒士組の会主催歴史散歩のご案内吉田松陰没後160年記念 - 東京徒士組の会

    東京徒士組の会主催歴史散歩のご案内吉田松陰没後160年記念

    吉田松陰没後160年慰霊の徒歩きの行程が決まりましたのでご案内いたします。集合時間、場所、参加費等の詳細は参加者の方へ別途お知らせします。ブログからの申込・問い合わせはコメントからお願いします。日時令和元年10月27日(日)全日9時から15時行程日本橋小伝馬町牢屋敷跡→👣→箱崎公園松陰坐像→🚋→南千住→👣→回向院松陰墓地...

  12. ~萩・歴史の町~ - My  Photo  Life

    ~萩・歴史の町~

    多くの志士たちを輩出した萩。大地と人が共に歩んできた歴史が体感できる場所です。萩の三角州を中央に、左右は笠山と指月山を配し上部は長門狭の景観を描いている。初めて訪れた山口県・萩市には日本を変えた素晴らしい志士たちが集まっていたことを改めて深く知りました。旧萩駅舎大正時代末頃の建築様式を今に伝える建物。東京・京橋のたもとに日本最初の電話ボックスが登場しなぜか、その復元。(右側のボックス)蒸気機...

  13. 松蔭神社狛犬山口県萩市 - 北海道photo一撮り旅

    松蔭神社狛犬山口県萩市

    「松蔭神社」です。幕末の思想家「吉田松陰」を祀った神社です。明治維新を遂行するに至った多くの優れた人材を輩出した私塾「松下村塾」を主宰し安政の大獄で二十九歳で斬罪、これにより明治維新が五年以上遅れたとも云われています。境内には、この地に在った「松下村塾」が残されおり、塾内を見れば、若き日の高杉晋作や伊藤博文、山縣有朋、久坂玄瑞、品川弥二郎などが学んだ事を思い、明治維新の胎動は、この地から伝播...

  14. 伝馬町牢屋敷跡・処刑場跡(吉田松陰終焉之地) - 坂の上のサインボード

    伝馬町牢屋敷跡・処刑場跡(吉田松陰終焉之地)

    東京メトロ日比谷線伝馬町駅を降りて地上に上がったところに、何やら古い石碑と説明板があります。石碑を見つけるとついつい足を止めてしまうわたしですが、そこには、「吉田松陰先生終焉地」と刻まれた文字が。 東京に土地勘のないわたしですが、「伝馬町」という地名には何となく聞き覚えがあったのですが、石碑を見て思い出しました。そうだ、処刑場があったところだ!・・・・と。この日わたしは別の目的で伝馬町駅を降...

  15. 『吉田松陰』は、2018年の高校の日本史から削除されてしまったのでしょうか? - 画狂老人卍 好きのブログ

    『吉田松陰』は、2018年の高校の日本史から削除されて...

    『吉田松陰』は、2018年の高校の日本史から削除されてしまったのでしょうか?そのようなことがニュースになってしまったことに非常は残念に思います。『志をてて以て万事の源と為す』という、人生をどのように組立てるべきかという根本的なことを、論理的に述べている人物を簡単に教科書の削除対象に挙げられてしまったというのは、日本の公的教育機関における人材育成という役割に危険信号が灯った証拠ではないかと感じ...

  16. 人さまざま「東京骨灰紀行」(小沢信男) - 梟通信~ホンの戯言

    人さまざま「東京骨灰紀行」(小沢信男)

    夜中に寒くて目が覚めたので(かけ布団の塩梅がむずかしい)、朝は眠かったが頑張って起きた。眠ければ寝ていてもいいのだが、陽射しの強い時間を洗濯物のために確保しないと夕方半乾きになってしまう。もっとも、さあ、寝てろといわれても実際にはウトウトするくらい、眠れるもんじゃない高齢者だ。ギリギリまで干して、洗濯物を取り込むと、その日が落ちるまでに「いつもの木」を撮らないと、、これで隠居も忙しいのだ。「...

  17. 花燃ゆ - 歴史と、自然と、芸術と

    花燃ゆ

    [副題]2015年NHK大河ドラマ特別展 [見学日]2015年7月20日(月祝) [会場]江戸東京博物館・1階特別展示室 2015年のNHK大河ドラマ『花燃ゆ』は、視聴率は高くなかったが、しっか...

  18. 「大獄西郷青嵐賦」(葉室麟著)を読了 - 東金、折々の風景

    「大獄西郷青嵐賦」(葉室麟著)を読了

    雨で午後のテニスが中止になったので、読みかけていた「大獄西郷青嵐賦」(葉室麟著)を取り出し、夕方までに読み終えた。全325ページの大作。吉田松陰や橋本左内、梅田雲浜などの多くの有能な憂国の士が犠牲になった安政の大獄。その2年後には大獄を主導した井伊直弼が殺害される。小説は井伊直弼が暗殺された後、奄美大島に流されていた西郷吉之助が藩主・島津久光から許されて、故郷の鹿児島にもどる場面で終る。幕末...

  19. 萩に行きたい - 画狂老人卍 好きのブログ

    萩に行きたい

    吉田松陰の松下村塾を生でこの目で見てみたい。そこで交通手段を調べてみた。これが一番安い。防長交通東京発→萩着詳細はまだ決めていないが、11月2日に予約したいと思うが1か月前からしか予約できないようだ。10月2日まで待つことにする。今年は、真田昌幸の上田市に行ったのでこれで、2か所目になる。

  20. 幕末京都逍遥その82「吉田松陰拝闕詩碑」 - 坂の上のサインボード

    幕末京都逍遥その82「吉田松陰拝闕詩碑」

    「その80」で紹介した平安神宮の大鳥居の西側、京都府立図書館の敷地に、吉田松陰が詠んだとされる詩碑があります。松蔭と京都の縁はあまり印象にないですが、この碑に刻まれた詩は、松蔭の著『長崎紀行』によれば、江戸から長崎へ向かう道中の嘉永6年10月2日(1853年11月2日)、京都御所を拝したときに詠んだものだそうです。嘉永6年といえば、ペリー提督率いる黒船艦隊がはじめて浦賀に来航した年。松蔭はそ...

総件数:28 件

似ているタグ