吉田松陰のタグまとめ

吉田松陰」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには吉田松陰に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「吉田松陰」タグの記事(13)

  1. 松蔭神社狛犬山口県萩市 - 北海道photo一撮り旅

    松蔭神社狛犬山口県萩市

    「松蔭神社」です。幕末の思想家「吉田松陰」を祀った神社です。明治維新を遂行するに至った多くの優れた人材を輩出した私塾「松下村塾」を主宰し安政の大獄で二十九歳で斬罪、これにより明治維新が五年以上遅れたとも云われています。境内には、この地に在った「松下村塾」が残されおり、塾内を見れば、若き日の高杉晋作や伊藤博文、山縣有朋、久坂玄瑞、品川弥二郎などが学んだ事を思い、明治維新の胎動は、この地から伝播...

  2. 伝馬町牢屋敷跡・処刑場跡(吉田松陰終焉之地) - 坂の上のサインボード

    伝馬町牢屋敷跡・処刑場跡(吉田松陰終焉之地)

    東京メトロ日比谷線伝馬町駅を降りて地上に上がったところに、何やら古い石碑と説明板があります。石碑を見つけるとついつい足を止めてしまうわたしですが、そこには、「吉田松陰先生終焉地」と刻まれた文字が。 東京に土地勘のないわたしですが、「伝馬町」という地名には何となく聞き覚えがあったのですが、石碑を見て思い出しました。そうだ、処刑場があったところだ!・・・・と。この日わたしは別の目的で伝馬町駅を降...

  3. 『吉田松陰』は、2018年の高校の日本史から削除されてしまったのでしょうか? - 画狂老人卍 好きのブログ

    『吉田松陰』は、2018年の高校の日本史から削除されて...

    『吉田松陰』は、2018年の高校の日本史から削除されてしまったのでしょうか?そのようなことがニュースになってしまったことに非常は残念に思います。『志をてて以て万事の源と為す』という、人生をどのように組立てるべきかという根本的なことを、論理的に述べている人物を簡単に教科書の削除対象に挙げられてしまったというのは、日本の公的教育機関における人材育成という役割に危険信号が灯った証拠ではないかと感じ...

  4. 人さまざま「東京骨灰紀行」(小沢信男) - 梟通信~ホンの戯言

    人さまざま「東京骨灰紀行」(小沢信男)

    夜中に寒くて目が覚めたので(かけ布団の塩梅がむずかしい)、朝は眠かったが頑張って起きた。眠ければ寝ていてもいいのだが、陽射しの強い時間を洗濯物のために確保しないと夕方半乾きになってしまう。もっとも、さあ、寝てろといわれても実際にはウトウトするくらい、眠れるもんじゃない高齢者だ。ギリギリまで干して、洗濯物を取り込むと、その日が落ちるまでに「いつもの木」を撮らないと、、これで隠居も忙しいのだ。「...

  5. 花燃ゆ - 歴史と、自然と、芸術と

    花燃ゆ

    [副題]2015年NHK大河ドラマ特別展 [見学日]2015年7月20日(月祝) [会場]江戸東京博物館・1階特別展示室 2015年のNHK大河ドラマ『花燃ゆ』は、視聴率は高くなかったが、しっか...

  6. 「大獄西郷青嵐賦」(葉室麟著)を読了 - 東金、折々の風景

    「大獄西郷青嵐賦」(葉室麟著)を読了

    雨で午後のテニスが中止になったので、読みかけていた「大獄西郷青嵐賦」(葉室麟著)を取り出し、夕方までに読み終えた。全325ページの大作。吉田松陰や橋本左内、梅田雲浜などの多くの有能な憂国の士が犠牲になった安政の大獄。その2年後には大獄を主導した井伊直弼が殺害される。小説は井伊直弼が暗殺された後、奄美大島に流されていた西郷吉之助が藩主・島津久光から許されて、故郷の鹿児島にもどる場面で終る。幕末...

  7. 萩に行きたい - 画狂老人卍 好きのブログ

    萩に行きたい

    吉田松陰の松下村塾を生でこの目で見てみたい。そこで交通手段を調べてみた。これが一番安い。防長交通東京発→萩着詳細はまだ決めていないが、11月2日に予約したいと思うが1か月前からしか予約できないようだ。10月2日まで待つことにする。今年は、真田昌幸の上田市に行ったのでこれで、2か所目になる。

  8. 幕末京都逍遥その82「吉田松陰拝闕詩碑」 - 坂の上のサインボード

    幕末京都逍遥その82「吉田松陰拝闕詩碑」

    「その80」で紹介した平安神宮の大鳥居の西側、京都府立図書館の敷地に、吉田松陰が詠んだとされる詩碑があります。松蔭と京都の縁はあまり印象にないですが、この碑に刻まれた詩は、松蔭の著『長崎紀行』によれば、江戸から長崎へ向かう道中の嘉永6年10月2日(1853年11月2日)、京都御所を拝したときに詠んだものだそうです。嘉永6年といえば、ペリー提督率いる黒船艦隊がはじめて浦賀に来航した年。松蔭はそ...

  9. 幕末京都逍遥その78「尊攘堂」 - 坂の上のサインボード

    幕末京都逍遥その78「尊攘堂」

    前稿と同じく京都大学キャンパス内に、「尊攘堂」という名称の洋館があります。ここは、元長州藩士で子爵となった品川弥二郎が、師の吉田松陰の遺志を継いで建造したものに由来します。 「尊攘」とは、言うまでもなく「尊皇攘夷」のことですね。吉田松陰は生前、京都に尊攘堂を建てて勤王の志士を祀り、人々の心を奮い立たせようという志を抱いていましたが、それを果たせずに刑死します。松蔭は死を前にして、その志を門人...

  10. 幕末京都逍遥その29「佐久間象山寓居之跡」 - 坂の上のサインボード

    幕末京都逍遥その29「佐久間象山寓居之跡」

    木屋町通り三条と木屋町御池の間に、佐久間象山寓居之跡があります。現在はビルとビルの間にある有料駐車場の入口脇に石碑が建つのみとなっています。写真のとおり、看板と店舗の壁の間にあって、見つけるのに苦労しました。 文化8年(1811年)、信濃国松代藩士の家に生まれた佐久間象山ですが、後世には松代藩士としてのイメージはあまり知られず、幕末きっての知識人として高名ですよね。象山は、儒教を東洋の道徳、...

  11. 今日の格言♪♪ - point100ptのブログ

    今日の格言♪♪

    吉田松陰の格言『学問の上で大いに忌むべきことは、したり止めたりである。したり止めたりであっては、ついに成就することはない。』毎日継続することが大切だー

  12. 今日の格言♪♪ - point100ptのブログ

    今日の格言♪♪

    吉田松陰の格言『宜しく先ず一事より一日より始むべし』志を立てたなら、まずその日にやるそして、集中してやる僕は『明日やろうは、バカ野郎だ』って母親から言われてきましたわら

  13. 今日の格言♪♪ - point100ptのブログ

    今日の格言♪♪

    今日からライフスタイルだけじゃなくて、僕が出会った『格言』も載せてこうと思いまーす吉田松陰の格言『人を信ずることはもちろん 遥かに人を疑うことに勝っている』人を信じることって、素敵ですね

総件数:13 件

似ているタグ