吉野敬子のタグまとめ

吉野敬子」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには吉野敬子に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「吉野敬子」タグの記事(7)

  1. 吉野敬子作・黒唐津沓形ぐい呑 - やきものギャラリー文居 雑記

    吉野敬子作・黒唐津沓形ぐい呑

     今回は吉野敬子作・黒唐津沓形ぐい呑をご紹介させていただきます。沓形に変形された酒杯。側面、見込み共に降灰を多大に受け、変化に富んだ景色を楽しむことができる。吉野敬子作・黒唐津沓形ぐい呑 径7.0-9.0cm 高さ4.5cm 共箱 10,800円(税込) 吉野敬子 陶歴1972年 伊万里市に生まれる1996年 父、吉野靖義の元、櫨ノ谷窯にて修行2003年 有田窯業大学校にてろくろの技術を学ぶ...

  2. 吉野敬子作・斑沓形盃 - やきものギャラリー文居 雑記

    吉野敬子作・斑沓形盃

     今回は吉野敬子作・斑沓形盃をご紹介させていただきます。沓形に変形させられた平盃。鉄分の多い陶土に斑釉を掛けられているため、青みを帯びて発色する。見込みは胎土部分、釉薬部分、青みの発色と変化に富んだ景色で、見込みを肴に酒が進みそうである。吉野敬子作・斑沓形盃 径7.3-9.1cm 高さ4.3cm 共箱 10,800円(税込) 吉野敬子 陶歴1972年 伊万里市に生まれる1996年 父、吉野靖...

  3. 吉野敬子作・朝鮮唐津流し掛け山盃 - やきものギャラリー文居 雑記

    吉野敬子作・朝鮮唐津流し掛け山盃

     今回は吉野敬子作・朝鮮唐津流し掛け山盃をご紹介させていただきます。外側は斑釉と鉄釉の流し掛けが施され、見込みは斑釉に鉄釉の流れが2筋見られ、中央で混ざり合う。鉄分の多い陶土を使われているため、斑釉が青みを帯びて発色する。吉野敬子作・朝鮮唐津流し掛け山盃 径8.5cm 高さ4.3cm 共箱 10,800円(税込)吉野敬子 陶歴1972年 伊万里市に生まれる1996年 父、吉野靖義の元、櫨ノ谷...

  4. 吉野敬子作・朝鮮唐津流し掛け茶碗 - やきものギャラリー文居 雑記

    吉野敬子作・朝鮮唐津流し掛け茶碗

     今回は吉野敬子作・朝鮮唐津流し掛け茶碗をご紹介させていただきます。 2018年2月、やきものギャラリー文居にて開催した「吉野敬子展 ~流し掛け~」のテーマ作品として制作していただい茶碗。正面は朝鮮唐津の掛け流し、裏面は鉄釉のみの景色と変化に富んだ景色がおもしろい。吉野敬子作・朝鮮唐津流し掛け茶碗 径13.5cm 高さ8.0cm 共箱 54,000円(税込) 吉野敬子 陶歴1972年 伊万里...

  5. 吉野敬子作・黒唐津鎬小徳利 - やきものギャラリー文居 雑記

    吉野敬子作・黒唐津鎬小徳利

     今回は吉野敬子作・黒唐津鎬小徳利をご紹介させていただきます。 光沢のある黒唐津の小徳利。やや広めに面取りが施され、やや角の立った鎬手の胴となる。容量は約1合。吉野敬子作・黒唐津鎬手小徳利 径7.2cm 高さ10.3cm 共箱 10,800円(税込) 吉野敬子 陶歴1972年 伊万里市に生まれる1996年 父、吉野靖義の元、櫨ノ谷窯にて修行2003年 有田窯業大学校にてろくろの技術を学ぶ20...

  6. 吉野敬子作・朝鮮唐津掛け流しぐい呑 - やきものギャラリー文居 雑記

    吉野敬子作・朝鮮唐津掛け流しぐい呑

     今回は吉野敬子作・朝鮮唐津掛け流しぐい呑をご紹介させていただきます。 2018年2月にやきものギャラリー文居にて開催した「吉野敬子展 ~流し掛け~」のテーマ作品として制作していただいたぐい呑。吉野敬子作・朝鮮唐津掛け流しぐい呑 径6.0cm 高さ6.7cm 共箱 10,800円(税込) 吉野敬子 陶歴1972年 伊万里市に生まれる1996年 父、吉野靖義の元、櫨ノ谷窯にて修行2003年 有...

  7. 吉野敬子作・無地唐津立ち山盃 - やきものギャラリー文居 雑記

    吉野敬子作・無地唐津立ち山盃

     今回は吉野敬子作・無地唐津立ち山盃をご紹介させていただきます。 糸切り高台のオーソドックスな無地唐津の山盃。梨肌とまではいかないが、やや、ざらっとした質感が心地よい。シンプル飽きの来ない盃かと思われます。吉野敬子作・無地唐津立ち盃 径7.7cm 高さ4.7cm 共箱 8,640円(税) 吉野敬子 陶歴1972年 伊万里市に生まれる1996年 父、吉野靖義の元、櫨ノ谷窯にて修行2003年 有...

1 - 7 / 総件数:7 件

似ているタグ