向田邦子のタグまとめ

向田邦子」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには向田邦子に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「向田邦子」タグの記事(5)

  1. 向田邦子「思い出トランプ」 - 4速MTアソビ

    向田邦子「思い出トランプ」

    向田邦子「思い出トランプ」_______________________________________目を見張る構成力と文章短編という短い制約の中に人生が詰め込まれているからその筆力に驚く作品それぞれに個性をもった人物設定がなされているのも特徴で、「だらだら坂」に登場する妾は、言われなければなにもしないが、言われただけのことはする女。とされる「はめ殺し窓」に登場する美津子は一緒に暮らして面...

  2. 向田邦子 おしゃれの流儀 - おしゃれを巡る冒険

    向田邦子 おしゃれの流儀

    『向田邦子 おしゃれの流儀』(向田和子 かごしま近代文学館編 新潮社刊)2015年5月30日初版前から気になっていた本で、一度目を通したいと思っていた。本書は1981年8月に51歳で亡くなった作家の向田邦子さんのおしゃれに触れた本。妹さんの和子さんとかごしま近代文学館編となっているのは、向田さんが幼少の頃2年間を過ごした鹿児島を「故郷もどき」と呼んで愛し、一部の遺品がかごしま近代文学館に常時...

  3. ドラマ「寺内貫太郎一家」 - アイデアの価値は0円

    ドラマ「寺内貫太郎一家」

    脚本/向田邦子、プロデューサー/久世光彦、出演/小林亜星(作中歌の作詞も多い)、西城秀樹、浅田美代子、樹木希林(当時は悠木千帆)などなど放送学科で勉強していたころ、ドラマ脚本の手法の基本だとされていた作品。全部DVDで持ってます。棚ひとつとっても、棚についた傷からお父さんが怒りっぽい性格を読み取れたり(ちゃぶ台返しに起因する)、棚を開けっぱなしにするお兄ちゃんからお兄ちゃんの大雑把な性格を読...

  4. 僕は小説家以上に随筆家に憧れていたのだ - 札幌日和下駄

    僕は小説家以上に随筆家に憧れていたのだ

    学生アルバイトにアイスクリーム売りをしたのは、昭和23年の夏であった。当時、父の転勤で我が家は仙台に引っ越しており、私と弟は麻布市兵衛町の母の実家から学校へ通っていた。応分の仕送りはあったのだが、新円切り換えになって間もない時分でもあり、本を買ったりスバル座でアメリカ映画を見たりするには、お小遣いが足りなかったからである。「学生アイス」向田邦子(1978年)「アンドプレミアム」で向田邦子の文...

  5. シフォンとビロード - おしゃれを巡る冒険

    シフォンとビロード

    あなたはシフォンとビロードではどちらが好きですか?私はビロードです。・・・と、意味不明な質問をしますが、これはイントロと思って下さい。向田邦子さんの原作を今風にリメイクしたドラマ「イノセント」を見ました。このドラマは4部作になっていて、1部が寺島しのぶ主演の「隣の女」、2部が中越典子主演の「きんぎょの夢」、3部が森山巻子主演の「三角波」、そして4部が原田美枝子主演の「愛という字」なんです。こ...

総件数:5 件

似ているタグ