吹きガラスのタグまとめ

吹きガラス」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには吹きガラスに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「吹きガラス」タグの記事(62)

  1. 2019 新年あけましておめでとうございます - うつわと暮らしの「からくさ日記」

    2019 新年あけましておめでとうございます

    新年あけましておめでとうございます。今年は新入りを含めた、年末に準備していた器たちを使ってお正月の料理を盛りつけました^^数の子・黒豆・蕪の甘酢漬は1人ずつ梅山窯さんの唐草の「角銘々皿」に盛り付けることに。人数分揃えた、村上恭一さんの「ひとくちビールグラス」もセッティング。香川漆器の大皿を使ってみたところ、艶やかで豪華な雰囲気に♪“磁器”と“吹きガラス”と“漆器”という異素材の組み合わせはお...

  2. 2019 新年のための“砥部焼”たち - うつわと暮らしの「からくさ日記」

    2019 新年のための“砥部焼”たち

    2018年も残りわずかとなりました。元日の親戚の集まりに向けて器の準備。いつも使っていたお皿やグラスなどに艶がなくなってきたので2019年は新しい器たちを少し揃えることにしました^^取皿は数年前から定番で愛用している山中窯さんの「角皿」。お刺身用の小皿は、梅山窯さんの「赤太陽の平小皿」にして箸置きも同じ“赤太陽”で揃えることに。グラスは、村上恭一さんの「ひとくちビールグラス」。上品なグラスな...

  3. 喜・怒・哀・楽有松啓介吹きガラス作品展 - ひとりあそび

    喜・怒・哀・楽有松啓介吹きガラス作品展

    我家のガラス食器と器は倉敷ガラス、小谷真三さんのものがほとんどである。特にガラス食器はコップ、お皿、鉢類など日常的によく使って愛用している。また、水差しや花瓶などは棚に飾ってはいるが、必要な時は花を生けたりに使う。でもそれとは別に、有松啓介さんの吹きガラス、特に干支の置物や遊び心溢れた作品が大好きである。そんなわけで今日、ぎゃらりぃしおりで開催中の作品展に行ってきた。時期が時期だけに、食器類...

  4. うまくいかない日々。 - glass cafe gla_glaのグダグダな日々。

    うまくいかない日々。

    もう注文を受けてから一年くらい経ってしまっているのにも関わらず、辛抱強く待ち続けてくれている札幌の裏参道にあるレストラン SIOの佐藤陽介シェフ。いくらなんでもそろそろやばいよな。ということで作り始めると、思いの外スイスイスイ〜〜って感じで作れていく。おうおう!なんだか余裕だな〜と思っていたのも束の間、どうしても最後の一枚がうまくいかない。ありゃ?ちょっと待てよ。なんて考えると、余計にうまく...

  5. 様々な亥年の干支飾り - じばさんele

    様々な亥年の干支飾り

    234日からスタートしている『亥年の干支飾り』おすすめをご紹介^^ガラス細工須磨張り子丹波焼丹文窯小さいタイプは一輪挿しにもなります!出石焼同じ物が2つとない干支飾り。是非お好みの1点を選んでみてくださいね^^◇◆◇◆◇12月8日(土)➀10:30~➁13:00~ご好評により満席となりました!ご希望の方はキャンセル待ち受付中です。12月開催丹文窯の器にお正月のフラワーアレンジメントレッスン◇...

  6. 今年最後の展示ですー冬ノオト。春ノオトー - くわみつの和み時間

    今年最後の展示ですー冬ノオト。春ノオトー

    今年最後の展示会です。ガラス作家だけの冬のクリスマスから春のひな祭りにかけて華やかなガラス作品が揃います。Glassworks冬ノオト。春ノオト2018年12月8日(土)~12月25日(火)11:00~18:00会期中無休ー参加作家ー有松啓介(岡山)天野澄子(北海道)小林亮二(広島)平田友美(香川)藤本匠紀・奈々(広島)山崎葉(山梨)HPはこちら↓

  7. 安土草多さんの波ガラスのランプシェード・味わいを増していくもの達 - 時を刻む革小物 Many CHOICE~ 使い手と共に生きるタンニン鞣しの革

    安土草多さんの波ガラスのランプシェード・味わいを増して...

    和室のランプシェードも方方探しました。寝室なので、眩しすぎず寝転がった時も和み美しいランプを。そして重要なのが、昼間でも美しいか?なんです。そこで見つけた安土草多さんのランプシェード(特大)。昼間は、空間を雨のように優しく歪めてくれます。夜は眩しすぎないように10w電球を入れてあります。ゆらぎの光が天井や壁に。温かみにある手仕事。真似は所詮真似、似たようなランプを見かけますが、やっぱりこれが...

  8. 吹工房・村上恭一さんの作品たち - うつわと暮らしの「からくさ日記」

    吹工房・村上恭一さんの作品たち

    「吹工房」村上恭一さんの吹きガラスは8月に新入荷した作品も含めて在庫切れや在庫僅かのもの多くなっておりましたが先日から随時再入荷しております^^糸島の店舗「karakusa」でも吹きガラスが少なくなっていたので、展示のための準備。こうやって並べてみると、改めて陶磁器にはない美しさを感じます。吹きガラスは夏のイメージが強いですがクリスマスやお正月などのセッティングに取り入れると上品な豪華さを演...

  9. 1点モノガラスの花器 - じばさんele

    1点モノガラスの花器

    お客様より花器のお問い合わせをいただく事がありますが今回、ガラスの花器が入荷しました。初めて見る作品で、中をついついのぞき込んでしまう。どうなっているのだろう…と、時間を忘れるくらい見入ってしまいました。内側線状にガラスが張ってあり、花留めの効果もあるそうです。藤原ガラスspace 花器8,000円+税サンポールや食器用の漂白剤で簡単にお手入れもできちゃいます。1点モノのガラスの花器になりま...

  10. ガラス受注製作 - petit verre journal

    ガラス受注製作

    先日、ガラス工房再開致しましたが...まだガラス温度が万全でなく、気泡が多く形成にも悪戦苦闘でした。少しずつ様子を見ながらの製作活動です。受注製作は、今しばらくお待ちくださいませ。よろしくお願い致します。すみだガラス市10/6-7私は、7日朝からラストまでお店番です。皆さまのお越しをお待ちしております。

  11. メンテナンス作業によるお休みのお知らせです! - 吹きガラスぽかぽか日記

    メンテナンス作業によるお休みのお知らせです!

    9月も下旬となり、ようやくすこ~し涼しい日もあったりしますが、まだまだガラス工房は、こんなもんじゃぁ涼しくなんかありません!!さて、毎年恒例、年に1度のツボ交換によるお休みのお知らせです。ガラスを溶かしているツボの交換作業に専念するため、全ての業務をお休み致します。下記期間中、メール、FAX、お電話等全てのご対応ができません。9月26日(水)~10月5日(金)10月6日(土)より通常営業とな...

  12. 思わず - 藍屋

    思わず

    この夏のあまりの暑さと個人的な事情でしばらく更新をさぼってしまいましたが相変わらずどうでもいいものを嬉々として購入しております。思わず「かわいい!」と1オクターブ高めの声で手にとってしまったこの子たち。丸い薄い手吹きガラス売り手の方によると大正から昭和初期の「シャンデリア的な照明器具の部品」つまり電球のカバーに作られた硝子ドームらしいです。切り口はちょっとざらついて大小の気泡が入って不純物が...

  13. ガラスボウル - じばさんele

    ガラスボウル

    日常から特別な日まで、様々なシーンで使って頂けるガラスの器。吹きガラス作家・藤原三和子さんが作られるガラスの器は涼しい季節はもちろん、通年使って頂ける器もたくさん。艶やかなガラスの器に、落ち着いた色味も入り、フォルムもとても美しいです。インカルモボウル5,000円+税スタッフ内でも、この色味が好き…と好評♪オーバーレイボウル4,000円+税その他、色とりどりのガラスのアイテムを、常設展示して...

  14. 山崎葉さんのぐいのみ - うつわ楓店主たより

    山崎葉さんのぐいのみ

    雨の降り方が強く激しくなってきました。ドアを閉めると店内はいつもよりも静かに感じられます。山崎葉さんのぐいのみを窓辺に置いてみました。一年ほど前にお願いをしていたぐいのみは、ご自身で吹いたガラスにエナメル顔料で絵付けを施しています。クレマチス口径63xh71ミリ14040円野バラ口径57xh60ミリ11880円へびいちご口径56xh61ミリ10800円酒器に描かれた鮮やかで瑞々しい赤や緑の植...

  15. 夏の朝のお楽しみ - g's style day by day ー京都嵐山から、季節を楽しむ日々をお届けしますー

    夏の朝のお楽しみ

    連日、炎天下では息も苦しくなるような猛暑が続く京都ですが、今朝は、ほんの少し気温が低く感じることができました。と思えば今日は立秋。24節季では、暑さも和らぎ暦の上では、秋に近づいていく入口の日。秋の気配を感じるには、ほど遠い暑さですが、それでもちょっとでも気温が下がるのは、今夏は特に有り難く感じますね。このガラスの器には、絶対朝顔を生けたいと思い、購入したガラス鉢。やっぱりピッタリでした。き...

  16. アキノヨーコさんの一合片口とぐいのみ - うつわ楓店主たより

    アキノヨーコさんの一合片口とぐいのみ

    アキノヨーコさんに制作をお願いしていたALM一合片口が届きました。暑い時の吹きガラス制作大量の汗をかかれたのではないかしら・・・アルミ箔を丸く焼き付けた片口は一合用です。お揃いのぐいのみに調度3杯分です。お水を注ぐと箔がキラキラと華やぎ魅力が増します。片口は両面に箔を焼き付けてあり、ぐいのみは片面だけです。水(お酒)の向こう側にみえる箔のゆらゆらと輝く様子が楽しめます。左箔の焼き付け面右箔が...

  17. お酒以外にも。ガラスのぐい呑みをご紹介。 - じばさんele

    お酒以外にも。ガラスのぐい呑みをご紹介。

    本日も真夏日、午後からは不安定な天候になるそうです。昨日もすっかり夏!の暑さでしたね、皆様夏バテにはご注意ください。夏になると活躍するのがガラスのうつわ。昨夜はお豆腐用にちょうどいい小鉢がなく、、ガラスの『ぐい呑み』に無理やり盛り付けたところ、なかなか良いかもしれない結果に。ぐい呑みって・・・便利かもしれません。SAWAKO FUJIWARA glass worksぐい呑み¥3,000+税そ...

  18. 村松学展はじまりました! - y u y u j i n - n e w s

    村松学展はじまりました!

    食卓を彩る村松さんのガラスの器これからの季節におすすめです!■7月8日(日) まで11:00-19:00(日11:00-18:00) ■yūyūjinとなりのスペースにてWEBSHOPy@yuyujin.comhttp://www.yuyujin.comhttp://yuyujin.exblog.jp/ [Twitter]followme !http://twitter.com/yuyuj...

  19. 小林亮二ガラス展~やさしいしろ~ - くわみつの和み時間

    小林亮二ガラス展~やさしいしろ~

    小林亮二ガラス展~やさしいしろ~2018年6月27日(水)~7月13日(金)11:00~18:00会期中無休溶けたガラスに原料を入れてぐるぐるかき混ぜると白い泡ガラスがう生まれます。その泡ガラスを中心にいろいろなうつわを作ってみました。透明なガラスと違ったフワッと優しい感じのガラスです。

  20. ガラス - じばさんele

    ガラス

    梅雨に入り、じめじめした日が続いています。じわじわと気温も上がり、冷たい飲み物をグイッと飲みたい季節。見た目にも涼し気なガラス藤原三和子さんの作品のご紹介です。涼を求めたくなる季節でもありガラスアイテムをご覧になられるお客様も増えています。先日も、お酒が好きなお父様へと、ギフトで選ばれたお客様もいらっしゃいました。氷点ビアジョッキシンプルなデザインで、ググっとたっぷりと飲みたい方にオススメ。...

総件数:62 件

似ているタグ