吹田市のタグまとめ

吹田市」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには吹田市に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「吹田市」タグの記事(108)

  1. 駅前散歩 - Life with Leica

    駅前散歩

    Nikon D7200 SIGMA 10-20mm F3.5 EX DC HSMJR岸辺駅付近。

  2. 中華そばえぐち中華そば - 拉麺BLUES

    中華そばえぐち中華そば

  3. 金久右衛門江坂店なにわブラック - 拉麺BLUES

    金久右衛門江坂店なにわブラック

    仕事で江坂の出先で勤務したときのランチタイムに訪れた。金久右衛門江坂店って一時SNSでかなり叩かれていた。本店と味が違うという理由で。でも近年は社長の息のかかった店長が腕を振るっていて社長も今一番信頼できる店長とお墨付きをつけていた。確かにその言葉は本当だった。この時期まだコロナの影響が残っていて客が少なかったこともあるがそれゆえに丁寧な調理が施されて麺の固さといいスープの出来と言い本店に劣...

  4. 松阪牛麺吹田店松阪牛麺 - 拉麺BLUES

    松阪牛麺吹田店松阪牛麺

    この見た目だけではこれがラーメンであるとは思いもしないであろう。だがこの下には茹でられた麺が隠れていて、それを熱々の魚介や昆布のだしで温めて食べるのである。まるでしゃぶしゃぶであり牛鍋だ。メインは牛で麺は腹を満たすために入れられているようなもの。麺もスープにどっぷりつかっているわけではないので少々固い。しかしこれはなかなか美味しい。牛もうまいが出汁もうまい。牛のカスも入っていてそれもうまいし...

  5. 南吹田駅 - ブルーアワーの街の情景

    南吹田駅

    南吹田駅は2019年(平成31年)3月のおおさか東線北区間開業(全線開業)時にオープンした2面2線の相対式構造の駅です。計画時では(仮称)西吹田駅という駅名でしたが、所在地に忠実であり吹田市最南端の駅となることから南吹田駅という駅名に決まりました。デザインコンセプトは「神崎川と水路の風景」で、新駅周辺は神崎川の水資源を生かした水田、くわいの栽培地であった地域の歴史・風土のあるまちであることか...

  6. らーめん彩哲~isato~醤油 - 拉麺BLUES

    らーめん彩哲~isato~醤油

    名門「豊中麺哲」からの独立店。麺もスープも麺哲仕込みではあるがスープは意外と優しくて麺も平打ちで口当たりがよい。口の広い器はスープが冷めやすいのかややぬるさを感じる。チャーシューは薄切りでこれも豊中と比べると優しさを感じる。いい具合に麺哲から脱却しているといえようか?麺哲と言えばなにかと高圧的なものを感じさせるがここはそういうことがなくて緊張することなく食べられるのがいい。

  7. WonderExperienceイルミナイト万博2019 - 時の流れに身を任せ…

    WonderExperienceイルミナイト万博2019

    万博記念公園で、冬恒例の「Wonder Experienceイルミナイト万博 2019」が開催されます。太陽の塔北側の黒い太陽を中心に、アーティストの長谷川章氏による「永遠の万華鏡」プロジェクションアートデジタル掛軸が上映されます。100万枚におよぶデジタル画像が、地球の回転速度と同じくらいのスピードで、ゆっくりと変化してゆくプロジェクションマッピングです。偶然の連続で創りだされる映像は、ひ...

  8. 旧中西家住宅秋の特別公開2019 - 時の流れに身を任せ…

    旧中西家住宅秋の特別公開2019

    建物は国の登録有形文化財、庭園が国の登録記念物(名勝)に登録されている「旧中西家住宅(吹田吉志部文人墨客迎賓館)」で「秋の特別公開」が開催されます。江戸時代には大庄屋を勤めていた中西家は、敷地に入る門をくぐると、重厚な構えの建物は当時の姿のままで、まるで江戸時代にタイムスリップしたかのような風景が、目の前に広がります。「秋の特別公開」では、紅葉が美しい庭園のほか、普段は非公開の離れ座敷や、茶...

  9. EXPOCITYイルミネーション2019 - 時の流れに身を任せ…

    EXPOCITYイルミネーション2019

    日本最大級の複合施設「EXPOCITY」では、2019年も12月25日まで、高さ8mのツリーが空の広場に登場します。日本一の大観覧車「Redhorse OSAKA WHEEL」にも、新たに特別なカラーライトアップが施され、クリスマスシーズンにふさわしい華やかな装いに変身します。正面エントランスから空の広場へと続くケヤキ並木のイルミネーションは、バレンタインシーズンまで続きます。所在地:〒56...

  10. 秋の例大祭特殊神事「どんじ」2019 - 時の流れに身を任せ…

    秋の例大祭特殊神事「どんじ」2019

    紫金山に鎮座する吉志部神社の例大祭(秋祭)では、吹田市の無形民俗文化財に指定されている特殊神事「どんじ」の奉納行事が行われます。唐櫃(からひつ)に詰めたお供え物や幟を携えて町内を練り歩き、神社に奉納します。どんじの行列には、着物に縄の帯、サンドラという藁の輪をかぶったお稚児さんも参加します。宵祭では太鼓だし巡行、本祭では子ども神輿なども催されます。境内には露店が並び、賑わいます。※露店は、1...

  11. 万博記念公園コスモスフェスタ2019 - 時の流れに身を任せ…

    万博記念公園コスモスフェスタ2019

    センセーションや人気のチョコレートコスモスなど、22品種約20万本のコスモスが、万博記念公園の「花の丘」に咲き誇ります。大阪、神戸、京都からのアクセスもよく、気軽にコスモスを楽しむことができます。所在地:〒565-0826大阪府吹田市千里万博公園開催期間:2019年10月5日~11月4日9:30~17:00(入園は16:30まで)※期間中無休開催場所:万博記念公園自然文化園花の丘交通アクセス...

  12. 万博記念公園ひまわりフェスタ2019 - 時の流れに身を任せ…

    万博記念公園ひまわりフェスタ2019

    万博記念公園の自然文化園内にあるチューリップの花園に、22種約1万株のヒマワリが咲き誇ります。おなじみの花だけでなく、開花とともに芯がオレンジ色に変化する「サンリッチフレッシュオレンジ」や、花弁も芯も赤いヒマワリ「ルビー」、花弁のグラデーションがきれいな「ソーラーパワー」のほか、八重咲きなどの珍しい品種も含め、さまざまなヒマワリが楽しめます。所在地:〒565-0826大阪府吹田市千里万博公園...

  13. ウクレレ教室のおさらい会のご紹介です - ココカラ館のブログ

    ウクレレ教室のおさらい会のご紹介です

    ぜひ演奏をお聴きくださいウクレレ教室の大迫先生からのメッセージですおさらい会には、お1人が急な欠席となり、7名が出演しました。初めて 人前で演奏した方、毎年経験してる人も みんな良い緊張感をもって 挑めました。これからも沢山の経験を積んで 成長されることと思います。メインイベントのcocolele の3人は、落ち着いて見事な演奏を披露してくれました。半年間 練習を重ねて、素晴らしいパフォーマ...

  14. みんぱく散歩 - Life with Leica

    みんぱく散歩

    OLYMPUS PEN-FOLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6みんぱくである。みんぱくといっても、普通の家をホテル代わりにする民泊ではない。吹田市にある国立民族学博物館のことである。4月に、特別展「子ども/おもちゃの博覧会」というのが見たくて久しぶりに訪れた。特別展以外の普通の展示も当然ながら充実しており、ここは広くて見るべきものがたくさんある。そ...

  15. みんぱく散歩 - Life with Leica

    みんぱく散歩

    OLYMPUS PEN-FOLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6お、タイのトゥクトゥクがある、と思ったら説明板にはインドのオートリキシャとあった。名前は違っても、三輪の小型自動車をつかったタクシーという点でほとんど同じものである。リキシャという名の語源は日本語の人力車である。人力でなくエンジンで走るのでオートリキシャというわけだろう。「原動機付自転車...

  16. みんぱく散歩 - Life with Leica

    みんぱく散歩

    OLYMPUS PEN-FOLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.62013年、青森県の道路ですれ違ったのはこれ。

  17. みんぱく散歩 - Life with Leica

    みんぱく散歩

    SONY RX100 III金融庁の三井秀範企画市場局長は14日の衆院財務金融委員会で、老後資産の報告書が批判を集めている問題について「配慮を欠いた対応で、このような事態を招いたことを反省するとともに深くおわびする」と謝罪した。(6月14日共同通信)老後の生活費が2千万円不足するとした金融庁の報告書をめぐり、野党の追及の矛先が、年金制度を所管する厚生労働省にも向かっている。2千万円と計算する...

  18. みんぱく散歩 - Life with Leica

    みんぱく散歩

    SONY RX100 IIIモンゴルではゲル、中国ではパオと呼ばれる遊牧民の家(テント)である。昔、学生時代の友人と中国のその友人と会えばそのときの話が出る、実にいい旅であった。もう20数年も前で、ずいぶん昔のことのようながら、しかし考えてみればそれは「昭和」ではなく「平成」の時代の話ではあった。平成も遠くなりつつある。

  19. みんぱく散歩 - Life with Leica

    みんぱく散歩

    OLYMPUS PEN-FOLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6

  20. みんぱく散歩 - Life with Leica

    みんぱく散歩

    SONY RX100 IIIバリ島のバロンという獅子(?)の仮面である。その昔、バリ島で、これを付けて踊るバロンダンスというのを見たことがある(

総件数:108 件

似ているタグ