吾亦紅のタグまとめ

吾亦紅」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには吾亦紅に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「吾亦紅」タグの記事(32)

  1. 晴れもよう - 高山ケンタ「日々の珈琲」

    晴れもよう

    思ってたより近くにあった・・・script data-ad-client="ca-pub-9128737881608869" async src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js"/script

  2. 秋のいろ - 長い木の橋

    秋のいろ

    海の傍の公園散歩から

  3. 10月12日  「芭蕉忌」「時雨忌」 - 煎茶道方円流~東京東支部~

    10月12日 「芭蕉忌」「時雨忌」

    今日 10月12日は、江戸時代の俳諧師・松尾芭蕉の忌日。「桃青(芭蕉の別名)忌」「翁忌」とも呼ばれます。松尾芭蕉は、寛永21年(1644年)に三重県伊賀市で生まれ、元禄7年(1694年)10月12日に亡くなる間際まで、俳句を詠み続けました。芭蕉は19才の頃から俳句を嗜み始めたと言われており、その記録に残る最初の句は、19才の立春の日に詠んだ句で、「春や来し 年や行けん 小晦日」(はるやこし...

  4. 草むらの中の彼岸花 - あだっちゃんの花鳥風月

    草むらの中の彼岸花

    昨日、多摩川の土手にツルボの花を撮りに行った時、土手の川側の草むらに、彼岸花が咲いていました。土手の道から15mぐらい、草むらの中に咲いています。つる性のアレチウリがビッシリ生えています。刺がないので、中に入って行って、彼岸花を撮りました。白く小さいのが、アレチウリの花です。少し、アップで撮ります。右側の黄色い花は、キクイモの花です。アレチウリの花も、意外と可愛い。土手を降りて、そばにある団...

  5. 重陽の節句 - Good Time

    重陽の節句

    脅威の台風10号各地に被害をもたらしています。年々酷くなっているように感じます。ニュースなどで見る度に心が痛みます。早い回復を願います。台風からは遠い静岡県でも今日は突然の大雨や雷でした。*****少し時間があったので~玄関の靴箱の上が金魚さんだったので😅秋の花に~吾亦紅花言葉は変化移り行く日々愛慕もの思い明日への期待あこがれ大好きな花です。少し秋を感じる玄関になりま...

  6. 足音 - + anything goes +

    足音

    少しづつ夏が去りつつ大きな足音を立てながら大型台風がやってきます南の皆様ご安全に

  7. 8/25 庭の花達の様子 - ひとりごと

    8/25 庭の花達の様子

    毎日暑いのですが^^;花達にはゆっくりと秋が近くまで来ているようです(^-^)吾亦紅コムラサキシキブ頂いたハイビスカスの花少し花が止まっていましたがまた、開花始まりました(^-^)どの子も少しヤケてしまっていますが元気にしてくれています。

  8. 秋の気配⁉と花への思い - 猫とウサギとPちゃんと

    秋の気配⁉と花への思い

    夕方6時を過ぎても気温30℃まとわりつくような熱気と蝉の大合唱がさらに暑さを増長させる朝6時前は20℃まで下がって秋の気配がしたと思ったのにねそれでも季節は秋に向かっている吾亦紅が咲き出しましたじっくり拡大してみたことはなかったけど改めてみるとこんな花だったんだ花というより実のような感覚で思っていたけど案外渋くて素敵な花ヘクソカズラもまだ咲き始めたばかりだけど…この花はとてもかわいいと思うオ...

  9. 極暑の中にも秋の気配が - 蝶鳥写楽

    極暑の中にも秋の気配が

    2020.08.09撮影ミヤマチャバネセセリ桔梗で吸蜜写さんと回り込んでいる間に小飛してしまったコオニユリで口吻を伸ばしたミヤマチャバネセセリゴマシジミ狙いは開翅撮影だったがこのポイントで見られた唯一の個体それもワレモコウに一瞬止まっただけだった女郎花で吸蜜するクロシジミ♂シロツメグサで吸蜜するくクロシジミ♀萩で吸蜜するギンイチモンジセセリ第2化?ススキの葉上で開翅コオニユリに吸蜜に飛来した...

  10. 休日は庭散策 - 風の吹くまま

    休日は庭散策

    午後からゆっくり過ごして、夕方庭散策吾亦紅の姿が少しだけ楽しめました2回目の開花が始まりました葉っぱの間から可愛い蕾があいみょんを思い出しますオミナエシも開花が近いようです先日のあの狭い庭に今は色々咲き始めています。今夜から雨が心配な状況が続くようです。準備だけはしておこう

  11. 吾亦紅野原に生きる一筋に篤人 - 渡部あつし

    吾亦紅野原に生きる一筋に篤人

    吾亦紅野原に生きる一筋に篤人

  12. 『吾亦紅』 - 『ヤマセミの谿から・・・ある谷の記憶と追想』

    『吾亦紅』

    露に濡れる草径こみちをゆく。薄い霧が流れてくる。日が在りかを示す。「代々を山家の暮らし吾亦紅」鈴木伊都子 「白壁に影点点と吾亦紅」中川濱子「吾亦紅立ち添ふわれも霧囲ひ」岡田貞峰「吾亦紅無縁の供華に加えたり」武田ともこ「吾亦紅の紅何色に譬ふべき」久保晴子「山影にむかしの色の吾亦紅」西村操「仄暗き一隅に挿す吾亦紅」金森恭子「里山の遠き人声吾亦紅」中村茂子虫のなく露の草叢を歩きすすんでゆく。(ふい...

  13. 白馬八方池から唐松岳1/2トレッキング - 花の自由旋律

    白馬八方池から唐松岳1/2トレッキング

    白馬へ、1週間のトレッキングの旅に行ってきました。今回は1週間全て好天気に恵まれました。3年前?は兎平で大雨警報が出て足止めされたり、色々と思い出の多い場所です。9月14日ホテルで朝食をとって8時に出発。先ずは白馬八方池を目指します。ゴンドラに乗って、リフトに乗ってスタートです。牛さんが牧草を食べています。リフトを降りると雲海です。白馬三山がきれいに見えます。第二ケルンです。別名息(ヤスム)...

  14. 《野をゆけば・・・・「吾亦紅」》 - 『ヤマセミの谿から・・・ある谷の記憶と追想』

    《野をゆけば・・・・「吾亦紅」》

    秋天往野。虫声聴頻草花覆原吾亦紅亦「ワレモコウ」漢字表記『吾亦紅』には諸説があり、一説によると、「われもこうありたい」とはかない思いをこめて名づけられたという。また、命名するときに、赤黒いこの花はなに色だろうか、と論議があり、その時みなそれぞれに茶色、こげ茶、紫などと言い張った。そのとき、選者に、どこからか『いや、私は断じて紅ですよ』と言うのが聞こえた。選者は「花が自分で言っているのだから間...

  15. 暑い9月 - blancheの日記

    暑い9月

    毎日、暑くて、暑くて、9月とは思えない気温の高さ!庭いじりをしたいけれど、この暑さでは外に出る気すらおこりません!こんなに暑くても、ユーカリがすくすく。立てにばかり伸びてます。もう少し、ワサワサとして欲しいな~娘が授業でお花をもらってきました。「今日は草しかないよ。」と言うので、花袋を開けてみると、吾亦紅が。草って・・・お嬢さん、お花の名前は習わんのんか~い!真夏のようなお天気が続いてますが...

  16. 源氏物語にも登場する吾亦紅(ワレモコウ)をドイツの野原で摘む - ドイツの森の散歩道 

    源氏物語にも登場する吾亦紅(ワレモコウ)をドイツの野原で摘む

    夏のピークを過ぎると、近所の野原で吾亦紅が見られます。たっぷり摘んできて活けました。やはり森で拾った、松ぼっくりの枝を合わせて。こちらは野原の別のお花や野ばらの実と合わせました。玄関飾りに。この「ワレモコウ」、wikepediaによるとワレモコウ(吾亦紅、吾木香、吾妹紅)は、バラ科・ワレモコウ属の植物。日本列島、朝鮮半島、中国大陸、シベリアなどに分布しており、アラスカでは帰化植物として自生し...

  17. もう秋? - 金沢犀川温泉 川端の湯宿「滝亭」BLOG

    もう秋?

    玄関のところのお花です♪まだまだ暑い日が続いていますが、暦の上ではもう秋!そんな訳で、吾亦紅(われもこう)など秋のお花を活けています1日ワンクリック、よろしくお願いします!

  18. 庭の花 - 風の吹くまま

    庭の花

    庭に今年もヒオウギが咲き出しました。この花を見ると梅雨明けも近い感じです。睡蓮吾亦紅も小さな花が見えますか?クリックしていただくと拡大できると思います。明日から、台風の影響で梅雨前線が刺激され大雨の心配が。皆さん十分気をつけて下さい。

  19. 秋の花と音楽と - まほろば日記

    秋の花と音楽と

    昨晩の、外出先からの帰り道。空はどんより曇っているし、とても肌寒く、バッグに忍ばせていた薄いウールのショールを首に巻き付けて、足早に帰宅を急ぐ。歩きながら、久しぶりに会って話をした知人に最近起こった出来事を何度も頭の中で反芻する。いろいろと物思いにふけりながら歩いているとふと花屋が目にとまり、秋の花を選び持ち帰った。帰宅してすぐにざくっと活けて、リビングに飾る。ダリア、吾亦紅、フジバカマこれ...

  20. 吾亦紅の森の満開の下で - mitsukiのお気楽大作戦

    吾亦紅の森の満開の下で

    連日の猛暑もどこへやら、吾亦紅が咲きカーデガンを羽織らなければ肌寒い季節がやってきました。もう秋ですね。吾亦紅というと多くの歌人に詠まれ、美しくない花の代名詞のように扱われていますけど、秋の七草のひとつにも数えられお月見には欠かせない尾花(ススキ)にしても、それほど美しいとはいえません。というか両方とも云われなければ花だとは分からない人も多いんじゃないのでしょうか。まあ、秋桜とか彼岸花とか桔...

総件数:32 件

似ているタグ