呂布のタグまとめ

呂布」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには呂布に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「呂布」タグの記事(10)

  1. 2021/03/15 神戸「串乃家」の串揚げ - 太鼓持の「続・呑めばのむほど日記」

    2021/03/15 神戸「串乃家」の串揚げ

    まことに有り難いことだが、お歳暮に食品のギフトカタログをくださる方がいる。毎年楽しみにそこから食材を選び、美味しくいただいている。三月が申し込みの締め切りである。さっさと選べばよいものを、いつも年が明けるまで、そしてこの時期まで引っ張ってしまう。その中から時々取るのが、神戸の「串乃家」の串揚げだ。冷凍なので日持ちがするし、味良く、量も夫婦二人にちょうどである。揚げものは重いイメージだが、串乃...

  2. 2021/03/03 夫婦の会話 - 太鼓持の「続・呑めばのむほど日記」

    2021/03/03 夫婦の会話

    「近所のセブンがセルフレジになってた。今日入ったんだって。『ワタシラもまだよく分かりませんわー』って店長が言ってた。ワタシはnanacoだからいいんだけど、支払方法がいっぱい出てきて選ばないといけない」「オレも今日はココイチで食べたけど、まず楽天の画面出す。ポイント付くから。それからPayPayの画面出して払う。顔認証だからマスク取ってやらなきゃならん。今日は手仕込みとんかつにほうれん草。千...

  3. 2020/09/14 鯵フライ - 太鼓持の「続・呑めばのむほど日記」

    2020/09/14 鯵フライ

    静岡では鯵フライは定番総菜で、居酒屋のメニューに必須だし、スーパーの揚げ物コーナーにも必ず置いてある。今宵のは家人の手料理。てか一昨日は鯵の刺身を食べたし、このところなんか鯵ばかり出るな、ウチの食卓には。旬は過ぎていると思うのだが。さて、フライに何をかけるかというハナシになるが、ワタクシは醤油をかける。ポテトフライ、コロッケ、メンチカツ、そして静岡ならではのはんぺん(もちろん「黒」)のフライ...

  4. 2020/09/07 赤柄 - 太鼓持の「続・呑めばのむほど日記」

    2020/09/07 赤柄

    里芋の赤柄(あかがら)が出回り始め、家人が煮物にしてくれた。里芋には多くの品種があるが、赤柄は静岡県遠州地方の特に小笠地区の名産。何で赤柄というのかイマイチよくわからないが、赤芽大吉のように芽の部分が赤いセレベスの系統とは別もの。赤柄は白芽である。赤柄は美味しい里芋だ。甘さのある味わいで、身質は極めてねっとりとして艶めかしい。食べると、口の中に纏わりつくような食感である。そういう意味ではやや...

  5. 2020/09/06 自家製おでん - 太鼓持の「続・呑めばのむほど日記」

    2020/09/06 自家製おでん

    家人が作る自家製おでん、もちろん具材は出来合い。味付けは静岡ならでは、牛スジ基本。しかし出汁はその都度作るので澄んでいる。静岡市内のおでんやのように、黒濁して透明度がゼロということはない。だから一部を除いて串に刺してない。ワタクシも子供の頃から駄菓子屋でおでんを食べていたが、思うにあれが串に刺してある理由は、ひとつには皿や箸が不要なところ。これは駄菓子屋で食べるのには重要なことだ。そしていま...

  6. 2020/09/03 沈滞している - 太鼓持の「続・呑めばのむほど日記」

    2020/09/03 沈滞している

    どうにも意気があがらん。三大障害に見舞われていて、それは新型コロナ、天候、政治情勢(国内外)であり、最後が結構効いていたりする。鬱に近い感じかもしれぬ。そしてそういう状態になると、人々と行き交うに、みんな馬鹿に見えるから始末が悪い。朝から通勤していて気に入らぬ。電車の乗り方、クルマや自転車の運転の仕方、さらには歩き方まで、ことごとく他人のそれらが気に食わない。そして、そのように感じている自分...

  7. 2020/08/30 この週末は歩いた - 太鼓持の「続・呑めばのむほど日記」

    2020/08/30 この週末は歩いた

    仕事を休んだ金曜日。朝からエアコンを入れた家の中より一歩も出ることなく、ダラダラと終日カラダを休めたのであった。これが回復に効いたようである。土日は一転、ウォーキングで結構な歩数を歩いている。土曜日は田んぼが広がるあたりまで歩いて、稲の様子を観察した。静岡市内は田植えが遅く、当然稲刈りも同様。温暖で秋になっても霜が降りる心配がないため、敢えて時期を後ろにずらしているのだろうか。田によってバラ...

  8. 2019/07/23 浜松へ行く - 太鼓持の「続・呑めばのむほど日記」

    2019/07/23 浜松へ行く

    十数年前に東京から静岡の会社へ転職し、今でもお世話になっているそこで責任ある役職を与えられた際、社内全事業所、部署で四半期ごとにレヴューを行う制度を自ら設けた。そして、現在でもこれは続いている。今はワタクシ、グループ会社へ出たのだが、本社でも一応の役に就いており、その役目のひとつが同レヴューに参加することである。連日本社、または各事業所でそれは行われ、概ね二週間続く。このほど四月から六月まで...

  9. 2019/07/10 薩州 赤兎馬 - 太鼓持の「続・呑めばのむほど日記」

    2019/07/10 薩州 赤兎馬

    先日紹介した焼酎「薩州 呂布」の姉妹品、てか、その表現で言えば相当年長で社会的地位も名声も得ている姉、といった位置付けの「薩州 赤兎馬」である。言わずと知れた芋焼酎の名酒だ。製造は、呂布の項でも紹介した鹿児島県いちき串木野市の濱田酒造株式会社だが、数多くの銘柄を抱え、売上高百数十億円を誇る大規模な会社だ。サントリーと提携関係にあり、本格焼酎「黒丸」を同社から発売している。ということで、濱田酒...

  10. 2019/07/05 薩州 呂布 - 太鼓持の「続・呑めばのむほど日記」

    2019/07/05 薩州 呂布

    この酒の名から、かの名酒「赤兎馬」の姉妹品と気付いた方は「三国志」を良く知っていらっしゃる。そう、「人中有呂布 馬中有赤兔(人中に呂布あり、馬中に赤兎あり)」と謳われた馬と乗り手である。稀代の名馬で、一日に千里を駆けることができたと言われる赤兎馬(せきとば)」。最初の主人は董卓(とうたく)であったが、その後、呂布(りょふ)のものとなった。弓馬に秀で、武勇名高い武将である。鹿児島県、濱田酒造株...

総件数:10 件

似ているタグ