告別式のタグまとめ

告別式」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには告別式に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「告別式」タグの記事(19)

  1. 母の告別式はオンラインで - がちゃぴん秀子の日記

    母の告別式はオンラインで

    17日に母が90才で亡くなりました。4月まではずっと週に3日、デイサービスに行ったり大家族の洗濯物をたたんだりしていたのですが急に意欲が無くなり、病院で検査を受けたところ末期の癌で2~3か月しかもたないことが分かりました。弟たち夫婦がコロナの時期、病院だと面会も出来ないので訪問看護に来てもらい、家で見ることにしてくれました。退院してからはほとんど毎日のようにラインのテレビ電話でいろいろ話すこ...

  2. ふき味噌 - from the nest

    ふき味噌

    今日のお弁当の主役は「ふき味噌」。地味だけど滋味、この季節限定の美味しさは大人にしかわからないお楽しみ。昨日の告別式では式が始まる前の15分程度故人に会わせていただき、お焼香、親族の皆さんにご挨拶して帰宅しました。義母としては告別式から火葬場、最後のお見送りまでしたかったようですが、ここ数ヶ月めっきり食が細く体力の衰えも目立つようになりとても体力が持たないということでお先に失礼しました。立派...

  3.  【PARIS】【サンジェルマン界隈】2021年1月18日 - フランス落書き帳

    【PARIS】【サンジェルマン界隈】2021年1月18日

    【PARIS】【サンジェルマン界隈】2021年1月18日▼PHOTO画像を【Google Photo】で見る▼PHOTO画像を【imgbox】でmore見る■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■【PARIS】【サンジェルマン、ノートルダム界隈】2021年1月17日■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■【MADE ...

  4. コロナ禍で新しい生活様式での告別式 - のんびりいこうやぁ 2

    コロナ禍で新しい生活様式での告別式

    ここ2,3日、バタバタしていて台風情報を見る間もなかったんですが、台風14号は何とか上陸は免れたようですね。亡父の姉である伯母が亡くなり母と通夜、告別式に参列してまいりました。伯母は父が亡くなる前に会って話すことができたのですが通夜の時は見ていられない程落ち込んで泣いていたのを覚えています。そして散骨の時も一緒に行きたいと言ってくれ、小さなサイズにした遺影も欲しいと言ってくれて、心優しい伯母...

  5. テニス仲間の告別式に参列 - 東金、折々の風景

    テニス仲間の告別式に参列

    午前10時半から東金儀式殿で執り行われた、シニアテニスクラブの元会員・Fさんの告別式に参列、永久の別れを告げてきました。Fさんは5ヶ月前にがんの告知(ステージ4)を受けてからも成田空港で働き続け、第一線を退いたのはコロナの感染が拡大してから。朝に紅顔、夕に白骨。ボクのよき友人であり、テニスでは好敵手でもあったFさんは土に帰り、もう居ない。人の命のはかなさを思います。葬儀のあといったん家で着替...

  6. ★ 喪服で運転は嫌だ - うちゅうのさいはて

    ★ 喪服で運転は嫌だ

    叔母の告別式に行った。通夜は行かず、告別式だけ・・・電車で行こうと思っていたけど、コロナコロナで何か少し不安になり、車運転していった。場所は叔父の時と同じなのでうっすらわかっていたけど、ナビつけていった。ナビは相変わらずどこに連れていこうとしてるのかわからないが、16号に乗せようとしてるので即回避。そしたら、住宅街の中のくせにやたら交通量の多い道に連れて行かれたさ・・・最終的に254号に乗せ...

  7. 告別式1月30日(木) - しんちゃんの七輪陶芸、12年の日常

    告別式1月30日(木)

    二日目は告別式。参列者は通夜に比べるとぐっと減りました。昼間お仕事ということなのでしょう。式終了後、初七日法要も執り行う。その後、こだま聖苑へ。待っているあいだに本膳が供される。アグリホールからは西へ出て児玉に向かったが、帰りは東から。往きと帰りを必ず違う道を使うのは何故なのだろう。未だかつてこれは、という答えを貰ったことはない。

  8. ケイ君との思い出 - 音作衛門道楽日記

    ケイ君との思い出

    古い友人が亡くなったあいつが死んでそして次は・・・・ケイ君かケイ君とは、高校生時代に知り合った当時桜塚高校で執行部だった時代、大阪全域の高校が一同に集まる、高校生集会というのがあってその時に知り合ったんだ。彼は音作の父親の出身校今宮高校だった。高専っていうのがこの高校の特徴で将来は電気関係の仕事をするのか?まだ分からないけれど、多分就職して、そうなると思うとケイ君は答えた。ケイ君はこれまた音...

  9. 告別式7月27日(土) - しんちゃんの七輪陶芸、12年の日常

    告別式7月27日(土)

    告別式、平安会館にて。この後お別れの儀と称して、故人を花で飾り棺の蓋を閉じる。こだま聖苑にて、荼毘。その間に本膳。選びようがないとは申せ、値段がわかるだけにショボい。帰宅、小さくなってしまいました。戒名は”しょうよきんえいがらくこじ”と読みます。酒という字は戒名には使えないんだそうな。

  10. 無事済みました(^^) - 自然の中でⅡ

    無事済みました(^^)

    一昨日と昨日八木沢先生の通夜式と告別式無事済みました!!昨日はホールから斎場に行き、収骨をして家に戻りましたが何もせずただボ~~ッとしていました。2日間特別何をしたわけでもないのですが疲れた・・・地元のホールなので生花等置き場所もないのではと思うほどとても賑やかな葬儀でした。今朝は喉が痛く鼻がつまりとても辛いです(ToT)乾燥していたホールの中に居、慣れない雰囲気の中に居たので疲れたのだと思...

  11. 最後のカメラ - 見る聞く歩く

    最後のカメラ

    かつて勤めていた会社の同僚が急逝しました。その告別式の会場に「ライカフレックス SL2 」が展示されていました。ズミクロン50mm F2 付きです。息子さんによると、除湿ケースに入れて大切に保管していたそうです。故人とは会社の食堂で毎日のように一緒に食事をし、公私にわたり情報交換をしていました。彼が多くのカメラやレンズを所有していることはよく知っていましたし、ともにイベントの撮影を楽しんだり...

  12. ⑥激動の3週間・・。 - 自由空間の間取り

    ⑥激動の3週間・・。

    病院に戻ってからしばらく親父のことばかり考えておりました。自分がこのような状態で、思うように体が動かなくて、正直言って、委ねっぱなしで・・・。情けない己の姿に怒りが込み上げてきても、どうにもならない現実に。何度も何度も地団太を踏み続け・・・。唯々、焦るばかりの自分です。それでも、親父が自分に言ってくれた言葉を思い出しました。「なってしまったものは仕方がない。じっくりと時間が掛かっても治せ。」...

  13. 昨日と今日 - 空色のココロ~小さな幸せを探して~

    昨日と今日

    昨日は友達と華やかな楽しい日を送った。東京ドームで開催中の「テーブルウエアフェスティバル2018」に行ってきた。会場は沢山の人人・・・綺麗にセッティングされたテーブルはため息ばかり。とっても素敵!こんなところで食事したいなぁ~~夢のような世界だった。友達と久し振りにあったのでお喋りにも花が咲く。息子の同級生のママたちなのだが子供たちの小学校時代からずっと仲良くしてもらっている。子供の話題から...

  14. 【フランス】【Paul Bocuse】【告別式】Obseques de Paul Bocuse - フランス美食村

    【フランス】【Paul Bocuse】【告別式】Obs...

    【PARIS】【Paul Bocuse】【告別式】Obseques de Paul Bocuse■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ 【PARIS】【サンジェルマン、芸術橋、ノートルダム界隈】2018年1月26日【PARIS】【セーヌ増水la crue de la Seine】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■...

  15. 告別式 - ~ワンパク男子子育て中~

    告別式

    K太、初めての告別式に参加です。長男の息子。一人孫ですから大切な子供です。親戚の皆さんからたくさん声をかけていただき昨日のお通夜の態度を褒めていただきました。朝、あまりぐずることのないK太ですが目が開いたと同時にシクシク泣いて今日、行かなきゃだめ?行きたくない。。。と言い出した。どうして?おじいちゃん待ってるよ?と聞くと、おじいちゃん焼いて骨だけになっちゃうんでしょ。焼いて欲しくないんだよ。...

  16. 故人は、細胞分裂する - ぶっちの幸せ

    故人は、細胞分裂する

    中へ入れば、ソバ屋だ朝一番で、町の《防災無線》が、鳴り響くんだ。まだ、外は暗いとゆうににわとりだって、鳴かないのに《無線》の、一番のお知らせは、《訃報で告別式案内》で、始まるどーして一番が《訃報》なんだよ。悲しいお知らせは、最後に回してくれぃ朝一番は、一日が、暗く重くなる。ちゅーワケにも、イカンだろーがね。おいらが、そんなコトを思っていたら松ちゃん家の、やよいさんが、数珠持ってやって来た。双...

  17. 2017/10/09 告別式 - 太鼓持の「続・呑めばのむほど日記」

    2017/10/09 告別式

    午後、家人とともに焼津へ赴き、告別式iに参列。公私ともに、大変お世話になった方であった。本日記にも、故人と一緒に酒食を楽しんだ記事が何度も登場する。享年六十二歳。あっという間に亡くなってしまった。まこと、太く短い人生であった。まさしく極太だった。ワタクシなど、故人の生きた密度に比べれば、その半分にも及ばないと感じる。とすると「象とねずみ」ではないが、人生の正味の総量って、人によってそう変わら...

  18. 寂しい雨と白いバラ - 空色のココロ~小さな幸せを探して~

    寂しい雨と白いバラ

    今日は7時半に家を出て雨の中出掛けた。2日前に妹の旦那の弟が亡くなったので告別式に参列した。まだ48歳。お父さんやお母さんの気持ちを考えたら辛すぎた。親よりも子供が先に逝ってしまうなんて・・・帰りに1輪の白いバラを買って帰った。帰ってからバラを見ながらとても静かな気持ちになった。人生って先の事が分からない。だからこそ1日1日を大切に丁寧に生きよう。当たり前に過ぎている日々に感謝しよう。そう改...

  19. 葬儀から同窓会 - わたしの好きな物

    葬儀から同窓会

    今日は仕事は休みにしてありました。午前中は仕事仲間のお母様の葬儀へ。お父様は3ヶ月前に逝かれています。お母様のご実家は日蓮宗のお寺なのでそこで行われました。お花がたくさんのお葬儀でした。そこから中学の同窓会に。着替えを持って出かけました。卒業生全体の会ですが幹事の期が多く集まります。礼拝、その期の卒業生の公演。それと公演。私たちの時は軽音楽部のOBの演奏でした。今回は邦楽と洋楽のコラボでした...

総件数:19 件

似ているタグ