周術期のタグまとめ

周術期」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには周術期に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「周術期」タグの記事(13)

  1. SARS-CoV-2感染症と術後静脈血栓塞栓症:国際前向きコホート研究 - 麻酔科医の日々

    SARS-CoV-2感染症と術後静脈血栓塞栓症:国際前...

    ・SARS-CoV-2は重症患者での静脈血栓塞栓症の発症率増加と関連している。手術患者はすでに一般人口よりも静脈血栓塞栓症リスクがより高く、この研究の目的として、周術期か術前にSARS-CoV-2に感染した患者が静脈血栓塞栓症リスクが更に増加するかどうか、を検証しようとした。我々がおこなった予定していたサブ研究と解析は、2020年10月に手術を待機的か緊急でうけた患者の国際多施設前向きコホー...

  2. 周術期のブプレノルフィン管理:多学会の専門家パネルからの教育レビューと推奨 - 麻酔科医の日々

    周術期のブプレノルフィン管理:多学会の専門家パネルから...

    ・この二十年間にわたり米国ではオピオイド使用障害(OUD)が蔓延して、オピオイド過剰投与による破滅的な人命の喪失となっている。オピオイド使用障害の薬物治療(MOUD)は効果的であるが、治療継続への障壁があるため未治療の患者が大部分を占める。最適な鎮痛をMOUD患者でも周術期にえることができる。麻酔科医やペインクリニシャンは臨床現場でOUD疑い患者のMOUD開始を推奨し考慮することができる;こ...

  3. 周術期デクスメデトミジンが心臓と非心臓手術患者の術後せん妄頻度におよぼす影響:無作為化二重盲検プラシーボ比較試験 - 麻酔科医の日々

    周術期デクスメデトミジンが心臓と非心臓手術患者の術後せ...

    ・せん妄は大きな非心臓と心臓手術後によくおこり、以下と関連している:術後死亡;術後神経認知機能障害;入院期間延長;大きな術後合併症罹患。この研究の目的として、周術期のデクスメデトミジン投与が非心臓と心臓手術患者での術後せん妄頻度におよぼす影響を検証しようとした。この無作為化二重盲検プラシーボ比較試験で対象とした63人の患者は、60歳以上で大きな開腹手術か人工心肺をともなった冠動脈バイパスグラ...

  4. 神経筋ブロック薬投与量の補助薬による減量:系統的レビューとメタ分析 - 麻酔科医の日々

    神経筋ブロック薬投与量の補助薬による減量:系統的レビュ...

    ・神経筋ブロック薬(NMBA)の急激な世界中の不足により、周術期医療や集中治療医療に悪影響がおよぶおそれがある。薬物的補助薬の使用により、NMBA投与量を減量させる可能性がある。しかしながら、推定される効果の程度は不明なままである。・我々は系統的レビューとRCTsのメタ分析をおこなった。検索したのは、Medline・Embase・Web of Science・Cochrane Databas...

  5. 副腎不全患者の周術期期間中におけるグルココルチコイド管理ガイドライン:英国麻酔科医協会・王立医師協会・内分泌学会からのガイドライン - 麻酔科医の日々

    副腎不全患者の周術期期間中におけるグルココルチコイド管...

    ・このガイドラインの目的として、副腎不全患者を同定して周術期期間中に十分にグルココルチコイドで補充することを保証することとした。副腎不全には大きく2つのカテゴリーがある。原発性副腎不全は副腎の疾患(ホルモン産生腺機能不全)によるものであり、続発性副腎不全は下垂体による副腎皮質刺激ホルモン分泌不全か視床下部による副腎皮質刺激ホルモン放出ホルモン分泌不全(調節センター機能不全)によるものである。...

  6. 慢性乳房切除後疼痛症候群の頻度におよぼす周術期プレガバリンの影響:前向き無作為化プラシーボ比較パイロット研究 - 麻酔科医の日々

    慢性乳房切除後疼痛症候群の頻度におよぼす周術期プレガバ...

    ・乳癌は女性で最もよくおこる悪性腫瘍である。乳房手術後の慢性疼痛はよく知られた存在で、主に疼痛の性質として神経障害性疼痛である。この研究の主要な目的として、予防的鎮痛薬として投与されたプレガバリンが慢性乳房切除後疼痛の頻度におよぼす影響を評価しようとした。・無作為化比較試験(RCT)を80人の患者を対象におこなった。患者は2群に割りあてられた。グループ1ではプレガバリン(リリカ、ファイザー)...

  7. 手術中の赤血球輸血:米国における2011年から2016年までの輸血傾向の観察研究 - 麻酔科医の日々

    手術中の赤血球輸血:米国における2011年から2016...

    ・ガイドラインによれば、制限赤血球輸血戦略を推奨している。我々のおこなった観察研究では、米国における周術期赤血球輸血の頻度が2011年1月1日から2016年12月31日という期間中に減少しているかどうかを検証した。すべての外科系手術から、4,273,168人の患者を対象とした。以下にあげるものの頻度も並行して検証した:術前の輸血;易出血疾患や凝固障害の有病率;最小侵襲手術。集団や手術での変化...

  8. 股関節骨折術後のせん妄頻度におよぼす集学的専門職医療の効果:質向上研究 - 麻酔科医の日々

    股関節骨折術後のせん妄頻度におよぼす集学的専門職医療の...

    ・せん妄は、股関節骨折術後のよくある合併症である。我々は周術期に集学的医療を導入して、救急部・手術室・病棟での管理を標準化した。これには以下が取り入れられた:腸骨筋膜下ブロックの使用;鎮痛の体系化;せん妄を引きおこす薬剤の回避;スタッフに対する定期的な教育プログラム;持続的なコンプライアンス監査。この研究は2017年6月から2018年12月におこなわれた。集学的医療の導入前に150人の患者(...

  9. 周術期の即時型アレルギー反応疑いの管理:国際的な概要とコンセンサスの推奨 - 麻酔科医の日々

    周術期の即時型アレルギー反応疑いの管理:国際的な概要と...

    ・周術期のアレルギー反応疑いはまれだが、生命を脅かす可能性がある。その診断を周術期という状況でつけるのは困難であるが、迅速に認識して適格に治療することが良好な転帰を確保するのに必要である。周術期アレルギーの26人の国際的なエキスパート(麻酔科医・アレルギー医・免疫学者)からなるグループが修正デルファイ法によるコンセンサスの過程を経て、鑑別診断・アナフィラキシー中と後の管理方法・アレルギー診断...

  10. 周術期口腔ケアについて・・・がん治療と歯科 - おおはし歯科医院(院長@恵比寿)

    周術期口腔ケアについて・・・がん治療と歯科

    <がん治療と歯科>今日はがん治療と歯科のお話です。日本において、生涯でがんに罹患する確率は、男性62%、女性47%。 つまり、現在わが国では、男女共に2名に1名ががんになる計算です。がん治療に携わる医療関係者の献身的な努力により、がん治療に関する医療技術は日々進歩しており、治療成績は向上しています。それでも、患者様にとって実際のがん治療は、相変わらず大変な苦労が伴います。その大きなもののひと...

  11. 通常の麻酔臨床におけるエスモロール・痛覚抑制・潜在的なオピオイド回避の役割 - 麻酔科医の日々

    通常の麻酔臨床におけるエスモロール・痛覚抑制・潜在的な...

    ・βアドレナリン性阻害薬には高血圧や心不全の患者における合併症や死亡を減少させるのに重要な機序がある。エスモロールは変時的効果と降圧効果に対して広く用いられている。しかしながら、周術期のエスモロール投与や侵害調節に関して最近は疑問が呈されている。これまでの術後疼痛治療は主にオピオイドに依存しており、オピオイド自体の有害影響や薬剤疫学的な悪影響がおきている。エスモロールはこれまで直接的な鎮痛作...

  12. 周術期の急性腎障害アップデート - 麻酔科医の日々

    周術期の急性腎障害アップデート

    ・周術期における急性腎障害(AKI)はよくおこる合併症で、合併症罹患率や死亡率の増加と関連する。AKIに対する標準的な定義と重症度分類を確立して、尿量の減少と血清クレアチニンの増加を組み入れた。新しいバイオマーカーにより腎機能に変化がみられなくても腎障害を感知できる可能性があり、AKI発症を予測できる可能性もある。AKIリスクに関して特別に考慮すべきことがいくつかあり、外科患者には重要である...

  13. 肥満患者における周術期の血圧モニタリング - 麻酔科医の日々

    肥満患者における周術期の血圧モニタリング

    ・血圧モニタリングは、全ての患者の術前・術中・術後ケアにおいて重要な役割をはたす。肥満患者では、高血圧により代謝機能や手術リスクが高いことを示しており、閉塞性睡眠時無呼吸を含めた重要な内科的合併症が存在している可能性を示唆する。術後の高血圧を避けるためには、術後出血リスクを最小限にする必要がある。術後の低血圧は重要な合併症の初期サインであり、緊急に対応する必要となる可能性がある。過体重や肥満...

総件数:13 件

似ているタグ