命のタグまとめ

」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには命に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「命」タグの記事(77)

  1. 子供たちの笑顔 - まほろば日記

    子供たちの笑顔

    昨日、私は関東近県にある、とある児童養護施設で行われたクリスマス会に縁あって出かけました。ここは戦後、戦災孤児たちを預かる孤児院として始まった歴史ある施設で、伺うのは初めてでしたが、現在、2歳から18歳までの子供たちが数十人、共に生活をしている場所です。クリスマス会には数多くの方々が訪れ、子供たちの奏でるハンドベル演奏、合唱、降誕劇に目をそして耳を傾け、時にプロのミュージシャンの演奏、牧師様...

  2. 平成は平成じゃなかった - HCC コミュニティ ひろば

    平成は平成じゃなかった

    お久しぶりで~~す。長らく投稿を控えていましたが、皆様はお変わりなくお過ごしでいらっしゃいましたでしょうか?いつもとさして変わらない毎日なのに・・・、なんだろう???師走の所為かねぇ・・・?どことなく気ぜわしい。平成は、ちっとも平成(清・正・静)じゃなかった。今は亡き私の明治生まれの私のおじいちゃんが、昭和天皇が崩御され、年号が「平成」に改められた知らせを受けて、「荒れる時代が来そうじゃのう...

  3. 自分自身を責め立てていた - ヘカテウルペク

    自分自身を責め立てていた

    成長するってのは神様は見ておられる女で人の命の尊さを見ることができるようになっていくということこれがクリスチャンとしての成長であります。おそらく皆さんはこの開く霊に憑かれた人のいやしってのはこれ読んでねよかったなあこの人の命は価値があるんだっていうことは認識しておられると思うねでもそこまでだとごじゅってんなの100点じゃないの100点は何かというとこの開く霊に憑かれた人っての誰かと言うと私の...

  4. pecoraの本棚『スイッチョねこ』 - 海の古書店

    pecoraの本棚『スイッチョねこ』

    間違ってスイッチョ(ウマオイバッタ)を飲み込んでしまった子猫が、その体験を通して「命」を思う物語。お腹の中で鳴き続けるスイッチョ。子猫は周りの猫たちからうるさがられます。お医者さん猫から虫下しを飲まされても鳴き止まないスイッチョ。しかしやがてスイッチョの声がしなくなって。命が音として子猫をとらえ、その音が命の強さと儚さを謳い上げる。愛猫家として知られた大佛次郎さんの文章が情緒豊かに秋の風情を...

  5. 今更ですが・・・ - 命の応援隊   ~Life of the support team~

    今更ですが・・・

    もうご存知な方ばかりだと思いますが命の応援隊は現在、保護猫シェルター兼猫カフェの設営をめざし資金を集めるためのインターネットを利用したクラウドファンディングに挑戦しています。12月21日までに400万円を集めようと頑張っております。このプロジェクトは12月21日までに400万円に達しない場合1円も貰うことができず、お金はすべて支援者様に返却されてしまう内容となっております。是が非でも達成させ...

  6. 8年前に友人の訃報を共通のネットの友人に伝える決断した理由 - 太陽伝~笑顔の光~

    8年前に友人の訃報を共通のネットの友人に伝える決断した理由

    8年前、友人がバイク事故で亡くなりました。夕方まで一緒にカラオケに行っていた友人が、その日の夜に永眠しました。とても、信じられる話ではありませんでした。今でも鮮明に覚えています。バイト行く準備をしていた時にかかってきた電話。電話から聞こえてる言葉の意味を理解するのに、時間がかかりました。文字通り頭が真っ白になりました。時間が止まったような、何かが崩れ落ちているような、心に大きな穴が開いたよう...

  7. 七つの申請宣言 - スイニュラ

    七つの申請宣言

    彼に言われた私が道であり真理であり命なのです。私を通してでなければ誰一人父の元に来ることはありません。あなたがたはもし私を知っていたなら父をも知っていたはずです。しかし今やあなた方は父を知っておりまたすでに父を見たのですね。とも言われました。私が道であり真理であり命なのです。心理って見たことある心理てみたことあるない真理真理は固まりで冬命見たことある命が塊でないよねでもねイエス様という方心理...

  8. 命を司る命 - 孤独と私

    命を司る命

    自転車を走らせながら自然を眺めているとき、ふと「命そのものには死がない」という言葉が頭に浮かんだ。命というものは死ぬことがない。命を生かすもの、命そのものを生かしているものは、死ぬことがない。物質としての命ではなく、物質としての命を支えている命には死がない。生も死も司っているものには死がない。生を行い、死をも行うものには死がない。“死を起こすもの”には死がない。“死を作り出しているもの”には...

  9. ブッダの伝記に感動してアリをふまないようにそろーりそろーりと歩くみーちゃん - 今日のみーちゃん

    ブッダの伝記に感動してアリをふまないようにそろーりそろ...

    今日のみーちゃんはいつまで歩いてもおうちに着きません。 みーちゃんは学校の図書館からブッダの伝記を借りて読んでいます。手塚治虫のマンガ『ブッダ』を見て、ブッダについてもっと知りたくなったからです。 お昼休みにかりたので、まだとちゅうです。でも、みーちゃんはすべての生き物に命が宿っているというお話にすっかり感動しています。 ──そうか、どんな生き物にも命があるのか。小さな虫も大切にしなきゃいけ...

  10. 夏の終わりのハーモニー - 花の写真手帳

    夏の終わりのハーモニー

    列島に野分が吹き抜ける前夜となりますが、お元気でお過ごしですか?うちの庭の朝顔が、夏の終わりのハーモニーを奏でていた。枯れた朝顔の下の土から、レッドのはつか大根が芽吹いていた。春からずっと続いて、茄子が実り、今朝の命の収穫だった。蜂に逃げられたアイちゃんが、しばらく遊んでいて、まだ生きている黄金虫に、蟻たちが群がっていた。生と死の命のせめぎあいの小さなドラマだった⁉️

  11. 「命よりも仕事が大事」はもはや通用しません! - 「コンサルタントの視点」日記

    「命よりも仕事が大事」はもはや通用しません!

    社員を死ぬまで働かせる会社に未来はない。東大出身の新入社員の女性が自殺に追い込まれた事件は大きな社会問題に発展した。電通には「鬼十則」と言うバイブルがあり、社員教育の根幹をなし、常に携帯させられていた。命よりも仕事が大事だなんて・・・。==================================================【本文】■ 「命よりも仕事が大事」はもはや通用しません! ...

  12. 100/100 命のブログ - フローリスト作家 「秋津はな」 の 子供のいない女性のお悩み・心情ブログ

    100/100 命のブログ

    100日連続 ブログの今日が100日目。それでも思いは溢れ出てくるもので尽きることは無いのだが、今回は 少しまとめてみる。養護施設には幼児と児童がいて18歳になる高校卒業で施設にいることはできなくなる。身体的には大人になっても18歳という年齢は色々な判断をするのにはまだまだ子どもではないかと思う。社会人として飛び立ったものの、一人での飛行にはいささか不安が残る。親がいれば、見ないようなふりを...

  13. 普遍なるもの・・・ - 彼方からの深音

    普遍なるもの・・・

    【宇宙☆源からのメッセージ】普遍なるもの 行うべきことを行うのみただ在るということこころ揺れる必要はなし*****************************人の欲、我(が)。。。この数ヶ月は特に、「闇」を見せつけられているかのようだった欲が悪いわけではない我を出すことが悪いわけではないでも、人道に外れた言動をあまりにも身近に目にして、悲しくなったただ、「個であること」を生きる(自分を...

  14. 命の限りが見える時~浜尾朱美さん訃報 - フローリスト作家 「秋津はな」 の 子供のいない女性のお悩み・心情ブログ

    命の限りが見える時~浜尾朱美さん訃報

    浜尾朱美さん(57歳)の訃報にショックを受けた。乳がんでの闘病10年。浜尾さんは筑紫哲也氏のニュース23でのサブキャスターだった。毎日 見ていた「顔」でした。10年の闘病生活をどのように送っていらしたのか~利発な方だから、取り乱さず運命を受け入れて逝かれたのか~かなりのショック。人は・・・自分の死期が分っていたら生き方が変わるのかな?と思う。明日も会えるその後も ずっと会えると思うと人との関...

  15. いじめっ子 いじめられっ子 - フローリスト作家 「秋津はな」 の 子供のいない女性のお悩み・心情ブログ

    いじめっ子 いじめられっ子

    陰湿でねっとりしていて時に血が混じったような「いじめ」という言葉が使われる 遥か昔からいじめっ子といじめられっ子はいた。小学生の頃着替えが遅い子の洋服を隠したり、休んでる子の机の中にパンとジャムを詰め込んだり、下駄箱の運動靴を隠した~とかは頻繁にあったような気がする。あの頃は、子ども同士の問題だった。いじめた子も「やーめた!」なんて直ぐに飽きたし、「やめろよー」と止める子もいた。そんな小競り...

  16. ありがとう新井!お疲れ様!大好きでした! - HCC コミュニティ ひろば

    ありがとう新井!お疲れ様!大好きでした!

    大好きだった新井が引退宣言をした。身体が震えるほど胸が熱くなる。前田が引退した時。黒田が戻って来た時。近年野球を知らないカープ女子とかが、チャラチャラしてるより、ずっとずっと昔から、弱体カープ、貧乏カープの時代からカープを応援して来た。市民球場のあの懐かしの球場時代から…。ずっとだ。中学生の時、女子ソフトボール部を立ち上げたのもその所為だったし。。。カープと共に喜びの涙、悔し涙を流して来た私...

  17. 毎日会いに行く。 - 絵日記ファン。

    毎日会いに行く。

    長く生きていくということは、何かを少しずつ失っていくことなのかもしれない。祖母が人生の最期を迎えようとしている。両親共働きだったため、学校から帰ると祖母が家にいてくれることで安心できた。仏間の前のボンボン時計の音が子供の私にかこわく、祖母が出かけていなければ不安で家の外で待っていたものだ。七輪で煮豆をたいたり、野菜や孫の好きなスイカ・プリンスメロン・トウモロコシたくさん食べさせてくれた。おば...

  18. ビジネスパーソンは実行力が命です! - 「コンサルタントの視点」日記

    ビジネスパーソンは実行力が命です!

    「直ぐやる、必ずやる、できるまでやる」と口癖のように言い続けて、ことごとく実行してきたのがN電産のN会長だ。ダメな経営者は「先送りしてやらない、できない理由を見つけてやらない、できそうもないと見るや投げ出す」。 ==================================================【本文】■ ビジネスパーソンは実行力が命です! ■コメンテーターや評論家のおっし...

  19. 小さなイノチ・・・ - ショーオヤジのひとり言

    小さなイノチ・・・

    長男の第2回目の手術が昨日朝9時から午後3時半までに及ぶものになりました・・・幸いに、無事に成功に終わりました・・・ただ、骨の移植をしてるのでこれから半年は無理は出来ません・・・何はともあれ安心致しました・・・小さなイノチのトンボが可愛くて・・・術後の様子を見に行きましたが、まだ麻酔と痛みで見るに耐えられず病室を後にしました・・・自分自身が何もしてやれず、不憫な子供の寝顔を思い出すと涙しまし...

  20. 命のブログを書く理由 - フローリスト作家 「秋津はな」 の 子供のいない女性のお悩み・心情ブログ

    命のブログを書く理由

    最初に書き始めたのは2016年10月。どうして書こうと思ったか?実父が亡くなって49日が終わり納骨をしている時・・・ふと 約束を思いだした。30年前の約束だ。「同じような病気で苦しんでいる人の為に本を書けるくらいの人生を送ってみろ!」真剣に「ハイ」と答えたわけでは無いしその後、その話が話題に上がったことは無かった。なのに 何故?このままでいいのかな?私・・・ずっと心のどこかで考えていた。私と...

総件数:77 件

似ているタグ