命のタグまとめ

」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには命に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「命」タグの記事(180)

  1. 無償の愛について - フローリスト作家 「秋津はな」 の 子供のいない女性のお悩み・心情ブログ

    無償の愛について

    世の中で法を犯すようなことは勿論 悪 だが正解 不正解の判断が出来ないことが多々ある。でも、母親が分娩して身二つになった時、最初にその手に自分の子を抱くときそれは 正しく無償の愛 といってよいと思う。私は残念なことにその体験をしていないのだが そう推察する。それは 太古の昔から変わらない真実のような気がする。今 それが変わりつつあるのか~?毎日の虐待報道や「妊娠が分った時点で 産まれたら殺す...

  2. インフルエンザ - HCC コミュニティ ひろば

    インフルエンザ

    鬼の霍乱‼と、言いますが(^ω^)・・・。インフルエンザにかかってしまいました。慌ただしい4日間の東京出張を終え、帰郷したのもつかの間、カウンセリングやセミナーを行いながら、インフルエンザと肺炎を併発した母の介護をしているうちに、何とも言えない疲労感が襲ってきて、だるくて、だるくて、横にならずにいられなくなって、、、。関節痛、発熱、嘔吐、下痢、咳咳咳、、、、、。いくらでも眠れます。身体が、命...

  3. ★カミサマノイウトオリ★ - 月夜飛行船

    ★カミサマノイウトオリ★

    月曜日に救急車で運ばれたときの感覚を忘れないでおこう 独り暮らしで寝込んでいたのなら 無理に受診しようとはせずというかしたくてもできず そのまま成り行きに任せて 生命力が残っていればいつか自力で治るだろうし でなければあの混沌とした状態で命が果てるのだろうな どちらになってもいい カミサマノイウトオリ 家族の助けを一瞬ウザイヽ(`Д´#)ノと感じた私は 罰当たりな奴です ...

  4. 子供たちの笑顔 - まほろば日記

    子供たちの笑顔

    昨日、私は関東近県にある、とある児童養護施設で行われたクリスマス会に縁あって出かけました。ここは戦後、戦災孤児たちを預かる孤児院として始まった歴史ある施設で、伺うのは初めてでしたが、現在、2歳から18歳までの子供たちが数十人、共に生活をしている場所です。クリスマス会には数多くの方々が訪れ、子供たちの奏でるハンドベル演奏、合唱、降誕劇に目をそして耳を傾け、時にプロのミュージシャンの演奏、牧師様...

  5. 平成は平成じゃなかった - HCC コミュニティ ひろば

    平成は平成じゃなかった

    お久しぶりで~~す。長らく投稿を控えていましたが、皆様はお変わりなくお過ごしでいらっしゃいましたでしょうか?いつもとさして変わらない毎日なのに・・・、なんだろう???師走の所為かねぇ・・・?どことなく気ぜわしい。平成は、ちっとも平成(清・正・静)じゃなかった。今は亡き私の明治生まれの私のおじいちゃんが、昭和天皇が崩御され、年号が「平成」に改められた知らせを受けて、「荒れる時代が来そうじゃのう...

  6. 自分自身を責め立てていた - ヘカテウルペク

    自分自身を責め立てていた

    成長するってのは神様は見ておられる女で人の命の尊さを見ることができるようになっていくということこれがクリスチャンとしての成長であります。おそらく皆さんはこの開く霊に憑かれた人のいやしってのはこれ読んでねよかったなあこの人の命は価値があるんだっていうことは認識しておられると思うねでもそこまでだとごじゅってんなの100点じゃないの100点は何かというとこの開く霊に憑かれた人っての誰かと言うと私の...

  7. pecoraの本棚『スイッチョねこ』 - 海の古書店

    pecoraの本棚『スイッチョねこ』

    間違ってスイッチョ(ウマオイバッタ)を飲み込んでしまった子猫が、その体験を通して「命」を思う物語。お腹の中で鳴き続けるスイッチョ。子猫は周りの猫たちからうるさがられます。お医者さん猫から虫下しを飲まされても鳴き止まないスイッチョ。しかしやがてスイッチョの声がしなくなって。命が音として子猫をとらえ、その音が命の強さと儚さを謳い上げる。愛猫家として知られた大佛次郎さんの文章が情緒豊かに秋の風情を...

  8. 今更ですが・・・ - 命の応援隊   ~Life of the support team~

    今更ですが・・・

    もうご存知な方ばかりだと思いますが命の応援隊は現在、保護猫シェルター兼猫カフェの設営をめざし資金を集めるためのインターネットを利用したクラウドファンディングに挑戦しています。12月21日までに400万円を集めようと頑張っております。このプロジェクトは12月21日までに400万円に達しない場合1円も貰うことができず、お金はすべて支援者様に返却されてしまう内容となっております。是が非でも達成させ...

  9. 8年前に友人の訃報を共通のネットの友人に伝える決断した理由 - 太陽伝~笑顔の光~

    8年前に友人の訃報を共通のネットの友人に伝える決断した理由

    8年前、友人がバイク事故で亡くなりました。夕方まで一緒にカラオケに行っていた友人が、その日の夜に永眠しました。とても、信じられる話ではありませんでした。今でも鮮明に覚えています。バイト行く準備をしていた時にかかってきた電話。電話から聞こえてる言葉の意味を理解するのに、時間がかかりました。文字通り頭が真っ白になりました。時間が止まったような、何かが崩れ落ちているような、心に大きな穴が開いたよう...

  10. 七つの申請宣言 - スイニュラ

    七つの申請宣言

    彼に言われた私が道であり真理であり命なのです。私を通してでなければ誰一人父の元に来ることはありません。あなたがたはもし私を知っていたなら父をも知っていたはずです。しかし今やあなた方は父を知っておりまたすでに父を見たのですね。とも言われました。私が道であり真理であり命なのです。心理って見たことある心理てみたことあるない真理真理は固まりで冬命見たことある命が塊でないよねでもねイエス様という方心理...

  11. バースデイ - 人生は万華鏡

    バースデイ

    ムスメの誕生日だった。車の修理とオイル交換の帰りにカットケーキを買って帰った。好きだったチーズスフレケーキを供える。死んだ子の年を数える、っていうけれど、8年経ってもやっぱり数えてしまう。今年で28。何やってただろうなぁ。ちゃんと働いているかな。院へ進学したいって言ってたけど、まさかまだ学生ってことはないよな。ひょっとして結婚、いやいや、それはない。いや、付き合ってたコはいたんだから、ひょっ...

  12. お祭りだった - 人生は万華鏡

    お祭りだった

    27日が月命日だと知って、お天気なら行ってみようと思っていた。なんの下調べもせずに駅に降りたら、なんだかすごい人出。駅からずっと商店街の中を通るのだが、歩行者天国状態の道路には、どの店も商品を並べて呼び込みに忙しい。なんだか仮装している人も大勢いて、でもハロウィン?でもなさそうだし。と思いながら歩いていたら、オジサンが新聞?を配っていて渡される。あらら。そうだったのね。おまけに神社に着いたら...

  13. ブッダの伝記に感動してアリをふまないようにそろーりそろーりと歩くみーちゃん - 今日のみーちゃん

    ブッダの伝記に感動してアリをふまないようにそろーりそろ...

    今日のみーちゃんはいつまで歩いてもおうちに着きません。 みーちゃんは学校の図書館からブッダの伝記を借りて読んでいます。手塚治虫のマンガ『ブッダ』を見て、ブッダについてもっと知りたくなったからです。 お昼休みにかりたので、まだとちゅうです。でも、みーちゃんはすべての生き物に命が宿っているというお話にすっかり感動しています。 ──そうか、どんな生き物にも命があるのか。小さな虫も大切にしなきゃいけ...

  14. 夏の終わりのハーモニー - 花の写真手帳

    夏の終わりのハーモニー

    列島に野分が吹き抜ける前夜となりますが、お元気でお過ごしですか?うちの庭の朝顔が、夏の終わりのハーモニーを奏でていた。枯れた朝顔の下の土から、レッドのはつか大根が芽吹いていた。春からずっと続いて、茄子が実り、今朝の命の収穫だった。蜂に逃げられたアイちゃんが、しばらく遊んでいて、まだ生きている黄金虫に、蟻たちが群がっていた。生と死の命のせめぎあいの小さなドラマだった⁉️

  15. まぁ、あかん・・・ - 人生は万華鏡

    まぁ、あかん・・・

    あ・・。あかん。朝から泣かされた。脚本家の言動もあって、賛否両論の朝ドラ『半分、青い。』今日の回は、涙腺にくるよ。弥一さんの言葉が沁みた。遺された者は、悲しみと共に生きていくしかないんだ。ずっと忘れることなく。「ここにおる。」ホントにそう。ここにいるんだ。いつも、ここにいる。鈴愛がユーコのお骨を抱きしめたシーン。お通夜もお葬式もずっと人前では泣けなくて、四十九日の納骨の前日、家に一人でいた時...

  16. 「命よりも仕事が大事」はもはや通用しません! - 「コンサルタントの視点」日記

    「命よりも仕事が大事」はもはや通用しません!

    社員を死ぬまで働かせる会社に未来はない。東大出身の新入社員の女性が自殺に追い込まれた事件は大きな社会問題に発展した。電通には「鬼十則」と言うバイブルがあり、社員教育の根幹をなし、常に携帯させられていた。命よりも仕事が大事だなんて・・・。==================================================【本文】■ 「命よりも仕事が大事」はもはや通用しません! ...

  17. 100/100 命のブログ - フローリスト作家 「秋津はな」 の 子供のいない女性のお悩み・心情ブログ

    100/100 命のブログ

    100日連続 ブログの今日が100日目。それでも思いは溢れ出てくるもので尽きることは無いのだが、今回は 少しまとめてみる。養護施設には幼児と児童がいて18歳になる高校卒業で施設にいることはできなくなる。身体的には大人になっても18歳という年齢は色々な判断をするのにはまだまだ子どもではないかと思う。社会人として飛び立ったものの、一人での飛行にはいささか不安が残る。親がいれば、見ないようなふりを...

  18. 普遍なるもの・・・ - 彼方からの深音

    普遍なるもの・・・

    【宇宙☆源からのメッセージ】普遍なるもの 行うべきことを行うのみただ在るということこころ揺れる必要はなし*****************************人の欲、我(が)。。。この数ヶ月は特に、「闇」を見せつけられているかのようだった欲が悪いわけではない我を出すことも悪いわけではないでも、人道に外れた言動をあまりにも身近に目にして、悲しくなったただ、「個であること」を生きる(自分を表...

  19. 命の限りが見える時~浜尾朱美さん訃報 - フローリスト作家 「秋津はな」 の 子供のいない女性のお悩み・心情ブログ

    命の限りが見える時~浜尾朱美さん訃報

    浜尾朱美さん(57歳)の訃報にショックを受けた。乳がんでの闘病10年。浜尾さんは筑紫哲也氏のニュース23でのサブキャスターだった。毎日 見ていた「顔」でした。10年の闘病生活をどのように送っていらしたのか~利発な方だから、取り乱さず運命を受け入れて逝かれたのか~かなりのショック。人は・・・自分の死期が分っていたら生き方が変わるのかな?と思う。明日も会えるその後も ずっと会えると思うと人との関...

  20. いじめっ子 いじめられっ子 - フローリスト作家 「秋津はな」 の 子供のいない女性のお悩み・心情ブログ

    いじめっ子 いじめられっ子

    陰湿でねっとりしていて時に血が混じったような「いじめ」という言葉が使われる 遥か昔から、いじめっ子といじめられっ子はいた。小学生の頃着替えが遅い子の洋服を隠したり、休んでる子の机の中にパンとジャムを詰め込んだり、下駄箱の運動靴を隠した~とかは頻繁にあったような気がする。あの頃は、子ども同士の問題だった。いじめた子も「やーめた!」なんて直ぐに飽きたし、「やめろよー」と止める子もいた。子ども同士...

総件数:180 件

似ているタグ