命のタグまとめ

」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには命に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「命」タグの記事(180)

  1. ありがとう新井!お疲れ様!大好きでした! - HCC コミュニティ ひろば

    ありがとう新井!お疲れ様!大好きでした!

    大好きだった新井が引退宣言をした。身体が震えるほど胸が熱くなる。前田が引退した時。黒田が戻って来た時。近年野球を知らないカープ女子とかが、チャラチャラしてるより、ずっとずっと昔から、弱体カープ、貧乏カープの時代からカープを応援して来た。市民球場のあの懐かしの球場時代から…。ずっとだ。中学生の時、女子ソフトボール部を立ち上げたのもその所為だったし。。。カープと共に喜びの涙、悔し涙を流して来た私...

  2. 夏の山場 - 人生は万華鏡

    夏の山場

    義父の新盆、なんとか無事に終わりました。いやー、今年は殊の外暑いお盆でしたね。初日の迎え盆の夕方にご近所の方が一気に訪問するので、日暮れから2時間ほどは戦場と化すのが恒例ですが・・・。なんでしょう?今年は午前中から来る方が多くてびっくりです。仏さま、迎えに行く暇もないです、よ。早い人でも午後3時過ぎだろうとタカをくくっていた夫は、それでもかなり急いでクリニックから帰ってきましたが、帰宅前に来...

  3. ビジネスパーソンは実行力が命です! - 「コンサルタントの視点」日記

    ビジネスパーソンは実行力が命です!

    「直ぐやる、必ずやる、できるまでやる」と口癖のように言い続けて、ことごとく実行してきたのがN電産のN会長だ。ダメな経営者は「先送りしてやらない、できない理由を見つけてやらない、できそうもないと見るや投げ出す」。 ==================================================【本文】■ ビジネスパーソンは実行力が命です! ■コメンテーターや評論家のおっし...

  4. 小さなイノチ・・・ - ショーオヤジのひとり言

    小さなイノチ・・・

    長男の第2回目の手術が昨日朝9時から午後3時半までに及ぶものになりました・・・幸いに、無事に成功に終わりました・・・ただ、骨の移植をしてるのでこれから半年は無理は出来ません・・・何はともあれ安心致しました・・・小さなイノチのトンボが可愛くて・・・術後の様子を見に行きましたが、まだ麻酔と痛みで見るに耐えられず病室を後にしました・・・自分自身が何もしてやれず、不憫な子供の寝顔を思い出すと涙しまし...

  5. 命のブログを書く理由 - フローリスト作家 「秋津はな」 の 子供のいない女性のお悩み・心情ブログ

    命のブログを書く理由

    最初に書き始めたのは2016年10月。どうして書こうと思ったか?実父が亡くなって49日が終わり納骨をしている時・・・ふと 約束を思いだした。30年前の約束だ。「同じような病気で苦しんでいる人の為に本を書けるくらいの人生を送ってみろ!」と涙で声を詰まらせて言った。真剣に「ハイ」と答えたわけでは無い。私は泣きじゃくっていたから。そしてその後、その話が話題に上がったことは無かった。なのに 何故?こ...

  6. 祥月命日 - 人生は万華鏡

    祥月命日

    またこの日がきました。1日たりと思い出さない日はないけれど、やっぱり特別な気持ちになります。細かいところは朧げになりつつあるけれど、表情や、息遣いや、滲んだ涙や、握った手や、さすった足や、撫でた頭や、もう一度、抱きしめたいと思います。

  7. 酷暑 - 人生は万華鏡

    酷暑

    酷暑お見舞い申し上げます高温と高湿度でまるでサウナの中で生活しているような日本列島ですね。夏バテなんて言いかたは生温いです。もはや生命の危機を感じる暑さです。と書いていたら、小学1年生の男児が熱射病で亡くなったそうです。連絡を受けた親御さんの気持ちを思うと、言葉がありません。校長の記者会見を見ましたが、連日、尋常じゃない暑さが報道されているのに子どもの命を守る預かっているという責任感や危機感...

  8. 数十年に一度の非常事態???が毎年ある現実 - HCC コミュニティ ひろば

    数十年に一度の非常事態???が毎年ある現実

    凄い雨でした。何時間も何時間も雨が降り続きました。不安と危険の妄想と、成り続けるスマホからの緊急事態通知で眠れませんでした。それでも、TVは、オウム事件の死刑執行とタイ洞窟の状況ばかりを流していました。西日本の国民は、軽んじられていると痛切に感じました。欲しい情報は、入って来ません。TVが流す少しばかりの被災状況は、まるで、何かの物語を語るかのようでした。そもそも政治、まつり事の始まりは、地...

  9. 今 思う「命」の大切さ - フローリスト作家 「秋津はな」 の 子供のいない女性のお悩み・心情ブログ

    今 思う「命」の大切さ

    今は思える。死ななければ、命があれば めっけもの。自然災害・事故・事件毎日 大切な命が失われている。理不尽なこともたくさん起こる。虐待・いじめ・自殺助けることができる命も傷ついている。どんなに生きていることが大切なことか!20代で病気をして、「もう恋愛も結婚もできない」と諦めた私だが・・・自然に恋愛をして結婚もした。9年間の結婚生活は自分から終止符を打った。「離婚してください」と言ったのは私...

  10. 「命」のブログ 100日連続実践中! - フローリスト作家 「秋津はな」 の 子供のいない女性のお悩み・心情ブログ

    「命」のブログ 100日連続実践中!

    ~~紫陽花~~このブログは以前から書いていたものですが、今回 100日連続実践に チャレンジしています。最初から お付き合いいただいている方には既に 読んでいただいた内容もあると思いますが、新しい気持ちで書いています。~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~生きていれば、幸せなことばかりなくてかといって 不幸ばかりが続くわけでもない。最初このブログを書き始めた時友人に言われたこと・・・自分...

  11. 一泊二日 - 人生は万華鏡

    一泊二日

    念願のお伊勢参りに行ってきました。強行軍のバスツアーです。格安ツアーなので、時間に追われる旅になるのは仕方ありません。それでも、外宮と内宮にお参りできたのは何よりでした。遷宮から5年になるのに、どこもすごい人、人、人・・・。まあ、自分もその中の1人なわけですが。どの写真も知らない人がたくさん写っているので、神宮の木々を写したものを、どうぞ。日本人のご先祖さま、大元の神さまに、やっとご挨拶に伺...

  12. 虫を殺してはいけないか? - 役員から降格して見えてきたもの

    虫を殺してはいけないか?

    命を大事にする。これは紛れもなく大事なことだ。一方で「死」という概念を知ることも大事だと思う。最近は苦手な子が多いが、子供たちは虫が好きだ。嫌いな子でも、アリやダンゴムシなんかは大丈夫だし虫取り網を持たせれば、何かを捕まえようと動き出す。捕まえた後、以下のような声をよく耳にする。「可愛そうだから、逃がしてあげなさい」というお母さんの声。確かにおっしゃる通りなのだが、生き物を扱うという大きな学...

  13. ふつうの暮らしへの感謝 - ハチドリのブラジル・サンパウロ(時々日本)日記

    ふつうの暮らしへの感謝

    相変わらずコンスタントに!?週2回孫守りに通っています。たくさんのおかずをせっせと作ってはお弁当箱に詰め、家族に食べさせるのを望外の喜びとし、飽きることなく毬ちゃんを抱っこ出来る幸せをしみじみ感じています。毬ちゃんは順調に成長し、最近は目が良く見えるようになったせいか人の動きを目で追うようになりました。泣く時もひとの目をしっかり見ながら泣く泣く。。。すると「誰かが必ず抱っこしてくれるのよね」...

  14. 薔薇★意思に反して螺旋は崩れ - 月夜飛行船

    薔薇★意思に反して螺旋は崩れ

    咲き始めた薔薇 厳かな微笑みに神宿る やがて意思に反して螺旋は崩れ 新しい螺旋が生まれる 命短し恋せよ乙女(゜∀゜)

  15. 新しい命の誕生 - 命の応援隊   ~Life of the support team~

    新しい命の誕生

    こんにちは。命の応援隊、たえぞうです。3月9日に、オスとメスのネコちゃんの不妊手術をするために動物病院へ連れて行きました。しかし、メスネコちゃんのお腹の中にはすでに新しい命が宿っており、私たちはメスネコさんの不妊手術をするのを一旦辞めて、出産させるという選択をしました。※オスネコさんは不妊手術後、我が家で一泊した後、保護主さんの元へお返ししました。今はその方のお家で元気に暮らしているようです...

  16. 予期しない訃報 - 人生は万華鏡

    予期しない訃報

    ちょっとショックなことが続いています。知り合いの訃報を聞きました。お悔やみに行ったのですが、信じられない思いです。きっと義父も、「どうしてこちらに来た。早過ぎるぞ。」と、向こうで叱っているはずです。亡くなられた方の父親と友だちだったそうですし、義父の葬儀の際はいろいろお世話になりましたから。わかっていたはずなのに、あっけない人の命の儚さをかみしめています。

  17. いつものお参り - 人生は万華鏡

    いつものお参り

    お彼岸の1週間も終わり、本日は月命日なのでお寺へお参りに行きました。お寺には杉の木が多いので、帽子やマスク、花粉の着きにくい服など、対策は万全です。午前中に行ったので、参道の桜はほころびかけている状態でしたが、こちらは満開でした。白い花はコブシかしら?一気に季節が進んでいきますね。

  18. 春のお彼岸 - 人生は万華鏡

    春のお彼岸

    お彼岸も半分過ぎました。しかし、昼間の気温が4度って!この辺りは冷たい雨で、雪こそ降りませんでしたが、今年のお天気はなかなか侮れないです、ね。今日までの4日間で、我が家は80人弱ほど来てくださいました。お互いに世代交代があったりして、お付き合いも見直して人数は減ってきています。「おもてなし」も、昔に比べれば、牡丹餅とお茶菓子とフルーツ程度で、かなーりテーブルの上も手抜きをしていますが、それで...

  19. お誕生日 - ようこそ、なごみキッチンへ

    お誕生日

    先日、なごみばあちゃんのお母さんの96歳の誕生日でした。我が家の長老で、一番偉い人。ライオンのように強く、優しく、何時も家族を守ってくれています。100歳まで、あと4年頑張りますとのこと。この逞しさにあやかりたいです。

  20. 娼婦たちに捧ぐ - 人間のクズより愛を込めて  穴田丘呼 覚書き集

    娼婦たちに捧ぐ

    娼婦は世界最古の職業だったといわれている。娼婦に必要なのは女性で有ることが基本で、その女性にしかできないことで成り立っている。ここには男性の性的欲望の強さをうかがわせるが、その前に女性の社会的弱さ、女性の肉体的な弱さが存在している。人間の存続原理は新たな生命を得て、年寄たちは死にゆきそこからまた新たな生命の存続が保証される。そんな流れがあるのかもしれない。死は最も忌むべきことで、そこから逃れ...

総件数:180 件

似ているタグ