和合亮一のタグまとめ

和合亮一」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには和合亮一に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「和合亮一」タグの記事(5)

  1. 「言葉で橋をかけたい 」/ 詩が生まれるとき⑫福島事故10年東京新聞 - 瀬戸の風

    「言葉で橋をかけたい 」/ 詩が生まれるとき⑫福島事故...

    【要約】浜通りに通い、死者への思いをつづりながら、和合亮一さんは教え子や親しかった人に会いに行った。東京新聞20年2月10日■言葉で橋をかけたい 被災した人に今、話を聞いて記録しなくてはと感じた。インタビューは初心者。お互いに泣きながら話を聞いた。相手の言葉が輝いて見えた。それを帰ってすぐ詩にした。「言葉には橋『言葉の橋』がある。よい架け橋をつくれば人と人をつなぐんだよ」自分の住む福島から言...

  2. 「午前零時よ、来るな 」/ 詩が生まれるとき⑪福島事故10年東京新聞 - 瀬戸の風

    「午前零時よ、来るな 」/ 詩が生まれるとき⑪福島事故...

    【要約】震災後の1ヶ月で、和合亮一さんが福島市の教職員住宅の窓を開けたのは一度だけ。少し開けてすぐ閉めた。東京新聞20年2月9日■和合亮一さん「窓を開けてはいけない」「雪や雨に触れないように」「何たる声をたてたい吸い込む空」という草野心平さんの詩の一片が浮かぶ。「外で、空気を『吸い込む』ことなぞ、できやしないのです。放射能」2011年4月22日、20キロ圏が警戒区域に指定された。故郷に許可な...

  3. 「怒り言葉の連打に」「放射能が降っています。静かな夜です」詩が生まれるとき③ / ふくしまの10年東京新聞 - 瀬戸の風

    「怒り言葉の連打に」「放射能が降っています。静かな夜で...

    【要約】2011年3月16日の午後9時過ぎから始まった和合亮一さんのツイッターは、最初は自身の無事を伝えるものだったが、次第に東日本大震災や原発事故への怒りに変わり、連打となっていく。東京新聞20年1月28日■ツイッターフォロアーは7人。インターネット上でも言葉を残したいと思った。「放射能が降っています。静かな夜です」「ここまで私たちを痛めつける意味はあるのでしょうか」「この震災は何を私たち...

  4. 「被災後、妻と子と離れ」詩が生まれるとき①/ ふくしまの10年東京新聞 - 瀬戸の風

    「被災後、妻と子と離れ」詩が生まれるとき①/ ふくしま...

    【要約】2011年3月11日、国語教諭で詩人の和合亮一さんは、最初の衝撃が襲ってきて、ぐわんと地面が波立つ。続いて経験のない横殴りの衝撃。必死で机の下に潜るが、揺れは止まらない。「外に出ましょう」と言う野球部顧問の声を合図に一階窓から中庭に出た。ガラスが壊れ、校舎が壊れる音、地鳴り…。これでもかこれでもかと揺れは続く。授業で生徒のいる日だったらと思いぞっとした。東京新聞20年1月26日翌日、...

  5. 和合亮一詩の礫「Ladder」前橋文学館 広瀬川沿いの欄干に展示 - しゅんこう日記

    和合亮一詩の礫「Ladder」前橋文学館 広瀬川沿いの...

    前橋文学館詩の礫「Ladder」【歩きながら言葉に触れる―前橋文学館からのお知らせ】新型コロナウイルス感染拡大防止に伴い、5月31日まで休館延長となった前橋文学館。館内にはお入りいただけませんが、館の前を流れる広瀬川沿いの欄干に一時中断中の特別企画展「わたしたちはまだ林檎の中で眠ったことがない―第27回萩原朔太郎賞受賞者和合亮一」に関連し、和合さんがTwitter上で発表した作品『詩の礫「L...

総件数:5 件

似ているタグ