和歌のタグまとめ

和歌」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには和歌に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「和歌」タグの記事(4)

  1. 『ざんねんないきもの事典』(監修=今泉忠明、高橋書店) - 晴読雨読ときどき韓国語

    『ざんねんないきもの事典』(監修=今泉忠明、高橋書店)

    「進化の結果、なぜかちょっとざんねんな感じになってしまった生き物たち」を、イラスト(下間文恵・徳永明子・かわむらふゆみ)と文で紹介した本。第1章「ちょっぴり進化のお話」に続いて、第2章「ざんねんな体」に45種、第3章「ざんねんな生き方」に45種、第4章「ざんねんな能力」に32種のいきものが取り上げられ、その「ざんねんぶり」が解説されるとともに、ざんねんマークのコイン1個~3個で「ざんねん度」...

  2. 今週の和歌「冬ながら空より花の散りくるは雲のあなたは春にやあるらむ」 - やまとまほろばダイアリー

    今週の和歌「冬ながら空より花の散りくるは雲のあなたは春...

     こんにちは、個別進学塾教匠講師の平木です。今週は非常に寒い日々が続いており、「早く春になってほしい」と1月ながらすでに感じています。防寒具や暖房器具の発達した現代においてもそうなのですから、平安時代だとなおさらその思いが強かったことと想像できます。今回は、その思いを歌った和歌を紹介します。冬ながら 空より花の 散りくるは 雲のあなたは 春にやあるらむ(古今集・巻6・冬歌) 平安時代の歌人、...

  3. 塩竈神社 - 名勝和歌の浦 玉津島保存会

    塩竈神社

    明治40年頃。塩釜神社。正月です。遠くに紀三井寺が見えます。元気な和歌の女性は、明治、大正、昭和と時代と共に生きました。

  4. 男はなぜさすらうのか - 憂き世忘れ

    男はなぜさすらうのか

    「山頭火」についての本の表紙です。 男はなぜさすらうのかウイスキーのCMみたいな、キザなフレーズでございます。こうゆうの、流行ったなあ。男は黙って……とかね。答えは、 誰も解ってくれないから山頭火は研究者やファンがたくさんいるようで。本が何冊も出ているのね。それで、芭蕉の句と比較されたりしています。 荒海や佐渡に横たふ天の河 芭蕉 荒海や脚投げ出して旅のあとさき 山頭火研究者の、芭蕉の解釈が...

1 - 4 / 総件数:4 件

似ているタグ