和風のタグまとめ

和風」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには和風に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「和風」タグの記事(165)

  1. 水兵リーベ僕の船 - Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖3冊目~

    水兵リーベ僕の船

    昨年の夏の牧草地のフリマで、手芸用品を安く扱うストールが毎回参加していました。ドール服に使えそうな綿100%のパッチワーク用のカット生地も販売していて、大きさは50cm角位あり、値段は一枚50ペンスとイギリスとしては破格に安かったので(更に毎回売っている柄が違う)、いつも何枚か購入していました。今年も買いたいと思っていたのに、出店していなくて残念です。そのストールで買ったカット生地の中に、青...

  2. 夜薔薇の宴 - Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖3冊目~

    夜薔薇の宴

    浴衣(注:人形用の)を縫わずして夏を終わらせるべからず、とは思ったものの、しばらく日本にも帰れていないから和柄生地を新たに入手出来る訳でもなく、浴衣に相応しい布地を最早余り持ち合わせおらず、どの布で浴衣を作ろうかとしばらく考えていました。そんな中、イギリスのビンテージ生地だけど、前々から和装にも合いそうと思っていた布で、浴衣を縫ってみる事にしました。袖を長めにして、単衣の着物として着る事も出...

  3. 焼きおにぎり万歳 - Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖3冊目~

    焼きおにぎり万歳

    昨日は「おにぎりの日」だったそうで、最近自分的に凄く気に入っている焼きおにぎりについて書きたいと思います。実は今、加齢に伴い御飯の一回の量を減らしていまして、残った御飯は一食分ずつタッパーに入れて冷凍保存しています。しかし、タッパーの大きさは変わらない為、常に冷凍庫の空きとタッパーの数が不足している状態でした。普段なら我が家の冷凍庫はそう満杯になる事はないのですが、昨年からのコロナ流行以来、...

  4. ナメタガレイ煮つけと、豚バラと夏野菜の生姜煮と、切り干し大根煮と、冷奴と、金山寺味噌胡瓜、それにお味噌汁 - かやうにさふらふ

    ナメタガレイ煮つけと、豚バラと夏野菜の生姜煮と、切り干...

    2021年6月3日(木)曇り時々晴れ。27.0℃ (13:29)/16.9℃ (04:21)、60%。ナメタガレイ煮つけ豚バラと夏野菜の生姜煮(豚バラ肉、茄子、ピーマン、インゲン、ズッキーニ、胡瓜、生姜)切り干し大根煮冷奴金山寺味噌胡瓜(胡瓜、金山寺味噌)お味噌汁(キャベツ、新玉葱、椎茸、ウドの若葉、煮干し)+味噌ごはんナメタガレイは魚勝グレース。上品でとてもおいしかった。そして野菜と豚肉の...

  5. #冷奴 #オクラ 乗せ。( #Hiyayakko topped with #okra . ) - ベーシスト高橋竜奮闘記!

    #冷奴 #オクラ 乗せ。( #Hiyayakko to...

    昨日は「オクラのカレー炒め」を副菜に作ったのだが、今日は残ったオクラと豆腐で「オクラ乗せ冷奴」なるものを作ってみた。こちら、塩少々を入れたお湯で30秒ぐらいざっとオクラを茹で、それを冷ましている間にしょうがをすり下ろす。その下ろした生姜とポン酢大さじ2を混ぜる。冷めたオクラをスライスして端の硬いところは捨てる、切ったオクラをポン酢と生姜と混ぜる。1/4にカットした豆腐の上にそれを乗せる。と行...

  6. ミス・チェリーパイ - Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖3冊目~

    ミス・チェリーパイ

    桜の季節に合わせて、初めに桜をテーマにして作ったドール用ドレスは、実はコレでした。実際に桜(と牡丹)柄なのですが、桜色がメインではない為、桜のイメージからは遠い仕上がりになってしまいました。それとキャミソール型なので、やはり桜の季節には寒過ぎると思い却下しました。とは言え、夏服としてなら特に可笑しくはないはずです。イギリスは未だノースリーブを着る程暑くはありませんが、東京なら十分暑いのではと...

  7. 親子とじ - 手相占い 本・水槽・その他

    親子とじ

    お醤油味が食べたくなったので作り置きの茹で鶏を使って親子とじを作りました。味醂、料理酒、お醤油、だし醤油、茹で鶏を作った時のスープで玉ねぎとネギをしばらく煮て、後から一口大の鶏肉を加え、最後にやや強火で溶き卵、すぐに火を止めてガラス蓋をし、卵のとろみ加減を見ながら蓋を外しました。いつも自分好みに作っているので、こんな感じですが、改めて考えると、何よりも蓋のタイミングが大切かな、、、と思いまし...

  8. 葵祭の豆人形 - Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖3冊目~

    葵祭の豆人形

    P太へのクリスマスや誕生日プレゼントとして、義兄は大抵アニメやスター・ウォーズ、スタートレック等のフィギュアやグッズを贈ってくれるのですが、今年の誕生日には、お猪口や猫ちゃん巾着の他に、何やら雅な桐の小箱が届きました。箱を開けてみると、こんなジオラマ風のミニチュアになっていました。京都の代表的な祭り、葵祭(賀茂祭)を表しています。水干姿の稚児や束帯姿の男性(勅使?)が、牛車を囲んで行進してい...

  9. インスタント糟糠の妻 - Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖3冊目~

    インスタント糟糠の妻

    昨年末、お友達のイラストレーターのたかしまなおこさん(Iちゃん)から小包を受け取りました。内容を示す関税ラベルには、「米糠」と英語で書いてありました。んん?もしかして私のブログを読んで糠を送ってくれたって事?Iちゃんに連絡すると、その通りで感激しました。小包から出て来た米糠は、私が想像していた物とは全く違っていました。この歯磨き粉のようなチューブに、調味済みの米糠ペーストが入っていて、野菜に...

  10. 身近な花で・・・ - 佐野利文・ZOU  PLAN

    身近な花で・・・

    竹藪の脇に生えてたイチハツの花と我が家のアヤメとアマドコロを組み合わせてイチハツが萎んでしまったので咲き始めたキショウブと交換

  11. 桃の精 - Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖3冊目~

    桃の精

    今年の雛祭りは、ピンク髪のリカちゃんをモデルに、桃の妖精をイメージしたピンク尽くしの着物にしてみました。桃の節句は当然毎年やって来る訳ですが、ここイギリスでは雛祭りらしい材料や小物が手に入るはずもなく、背景小道具は毎年ポップアップ・カードの雛壇飾りだけだし、モデルや着物で「らしさ」に変化を付けるしかありません。毎年同じようでも祝えさえすれば十分なのかも知れませんが、多少は変化がないと、作成や...

  12. お初びっくりドンキーハンバーグ - 志津香Blog『Easy proud』

    お初びっくりドンキーハンバーグ

    お初びっくりドンキーハンバーグこんなに和風だったんだ🍱

  13. 男前マスク - Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖3冊目~

    男前マスク

    昨年義兄からP太へ贈られたクリスマス・プレゼントの中に、二枚の手拭いが入っていました。西洋では中々見ない独特な風合いの綿生地に、割と細かい柄が精密にプリントされてあり、P太は一目でその生地を気に入りました。が、イギリス人に手拭いを使う習慣はありません。何度もしつこく言いますが、最早ハンカチを持ち歩く習慣すらイギリスには無いのです。日本の暑い夏であれば、給水性に優れた手拭いは、面積が広いのでハ...

  14. 和ロリのruruko - Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖3冊目~

    和ロリのruruko

    今年もruruko DOLLにも何か着物を…と考えて、一度着せてみたかった和風ロリィタ・スタイルに挑戦する事にしました。今まで和ロリ仕様のるることしては、淡いピンクが基調のアウトフィットの「鴇色姫」と、和ロリに黒ロリを加えたような「鳥羽姫」が市販されているので、それとは被らない色にしたいと思いました。自分自身でも、今までるるこには赤とピンクの着物を縫ったから、今回は青系を選びました。子供なら...

  15. 若菜摘み - Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖3冊目~

    若菜摘み

    結構前に、フリマかチャリティショップで、黄緑×黄色系のチェックの綿の端布を手に入れました。中々可愛いチェックですが、1/6サイズのドール服を作るのには生地が厚過ぎ、また柄も大き過ぎます。面積は十分ある上、厚手の布地は皺になりにくいので、返って撮影の背景布としては便利そうでしたが、チェックやストライプ等の柄の整列した布は、背景としては使い辛いのです。しかし、そんな厚手&大ぶりな柄の布こそ、ドー...

  16. 着物いばら姫 - Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖3冊目~

    着物いばら姫

    今年の元旦の御挨拶記事の着物のモデルは、当初このキャッスル製「2013年シンボル・リカちゃん」を起用しようと考えていました。しかし、お正月はやはり純和風な振袖で…と考えて、同じ金髪ふわふわ頭でも、眼力の鋭いパレットFちゃんのほうがしっくり来るように思いました。では、このシンボル・リカちゃんにはどんな着物なら似合うのか?と考えた時、もしかしたら余り和風に拘らないデザインのほうが、と思い付いたの...

  17. フィーリン・グルーヴィ - Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖3冊目~

    フィーリン・グルーヴィ

    以前ビンテージ屋風チャリティショップで、紺地にオレンジ系の模様の、ビンテージらしい薄手のコットン生地を手に入れました。イギリスの場合「こんな人形にこんな服を作りたい」と思っても、希望通りの材料は滅多に手に入らない為、まず布を手に入れてから、どの人形にどんなデザインの服すれば合うか、すなわち布の魅力を発揮するかを考えます。一期一会の限りある面積の材料だったら、尚更最も効果的なデザインにしたい物...

  18. Japan - エンジェルアイズ

    Japan

    和物に心惹かれる

  19. momoko DOLL、初詣に行く - Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖3冊目~

    momoko DOLL、初詣に行く

    右の着物は、昨年momoko DOLLの桃の節句用に縫った物です。姉が気に入ったと言うので、送る事にしました。でもどうせなら、やっぱりペアの方が設定を考え易いだろうと、左の着物も一緒に送る事にしました。昨年のお正月に、レイア姫人形用に縫った着物です。雛祭りの着物には、当初カジュアル・ダウンさせる為に千鳥格子の帯を合わせていましたが、今回は左の着物とバランスを取る為に、サテン地の帯を新たに作っ...

  20. 食糧難の正月 - Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖3冊目~

    食糧難の正月

    我が家では、それまで週一だった食料の買い出しを、イギリスの三月の第一次都市封鎖開始以来、少しでも感染のリスクを減らす為、二週に一度に変更しています。感染率の低かった夏の間も、ずっと続けて来ました。これが中々大変で、二週間の内に切れないようにと多めに買い込む為、毎回出費が一週間分×2より多く嵩みます。店のストック状況は今だ余り良くない為、行った時に欲しい商品が必ずあるとは限らないし、重くて運ぶ...

総件数:165 件

似ているタグ