哲学のタグまとめ

哲学」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには哲学に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「哲学」タグの記事(158)

  1. 以下、童話、イラスト追加、カメの動画追加、数学、不思議q&a動画追加など、よかったら見てください - tic 徳産業センター

    以下、童話、イラスト追加、カメの動画追加、数学、不思議...

    以下、童話、イラスト追加、カメの動画追加、数学、不思議qa動画追加など、よかったら見てください漫画ひろぼうカメちゃん危うしのまき追加、よかったらどうぞhttps://youtu.be/9fjlz5ePNDUtシャツ短納期、花猫、景色、恐竜などの販売宜しくお願い致します。https://tictokushiro.blogspot.com/p/t.htmlカメ動画更新http://tictoku...

  2. 世界を考えるための心構え~安全や平和より大事な正義とは~ - Taste of celery

    世界を考えるための心構え~安全や平和より大事な正義とは~

    地球は危機に瀕しているだろうか?YES(環境問題。戦争が起きたときの規模。)結局、何が原因なのだろうか?経済、政治、法律・・・これらは表層的なものだ。「神は死んだ」からいけないのか。実は神が生きているか死んでいるかが問題なのではない。宗教が正しく、科学が間違っているのでもないし、その逆でもない。実はそんなことは些末なことなのだ。それよりも、われわれがおかしいのは、自分こそが正しいと信じている...

  3. 否定神学の終わり~世界の新しい秩序について~ - Taste of celery

    否定神学の終わり~世界の新しい秩序について~

    構造が機能を生むのではない。機能が構造を要求するのだ。世界は、機能、そしてそれを支える構造があるように思われる。例えば、精神と脳の関係。歴史解釈と事実の関係。知恵と経験の関係。法則と現象の関係。そして、機能と構造の結びつきについては偶然であると言わなければならない。機能がそれを発揮するのにその構造でなければならない必然性はない。機能、構造、偶然、という三位一体が世界なのだと思う。科学の因果法...

  4. 自然法と諸権利 - L'art de croire             竹下節子ブログ

    自然法と諸権利

    仕事が一段落したので、ようやくピエール・マナンという政治哲学者の『自然法と諸権利』という本をゆっくり読んでいる。彼がパリのカトリック大学で行った6講演を収録したものだ。今の民主主義国のスタンダードで当然のように思われている基本的人権やその中の表現の自由などが、実際はどういう問題をはらんでいるかという話で、非常に興味深い。あまりに「目から鱗」だったので、世界の見方が少し変わった。でも、そう簡単...

  5. 以下、童話、イラスト、数学よかったら見てください - tic 徳産業センター

    以下、童話、イラスト、数学よかったら見てください

    以下、童話、イラスト追加、カメの動画追加、数学、不思議qa動画追加など、よかったら見てください漫画ひろぼうカメちゃん危うしのまき追加、よかったらどうぞhttps://youtu.be/9fjlz5ePNDUtシャツ短納期、花猫、景色、恐竜などの販売宜しくお願い致します。https://tictokushiro.blogspot.com/p/t.htmlカメ動画更新http://tictoku...

  6. 日本国憲法について~覚え書き~ - Taste of celery

    日本国憲法について~覚え書き~

    日本国憲法前文にはこのような記述があります。日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠...

  7. エロスとタナトスで描く神話~愛と不安の太極~ - Taste of celery

    エロスとタナトスで描く神話~愛と不安の太極~

    世界のバランスはエロスとタナトスでなっている。エロスは神との合一を目指す在り方で、タナトスは分離である。エロスとタナトス、価値は等しく、本質に善悪はない。エロスは愛でありフィロソフィー(知を愛する)も司る。タナトスは力であり技術一般である。知恵を生むのがエロスなら、知恵を使うのがタナトスである。エロスは文化の担い手であり、タナトスは文明の担い手である。エロスによれば人間原理であり、タナトスに...

  8. 以下、童話、イラスト、数学よかったら見てください - tic 徳産業センター

    以下、童話、イラスト、数学よかったら見てください

    以下、童話、イラスト、アジサイ追加、カメの動画追加、数学、不思議qa動画追加など、よかったら見てくださいtシャツ短納期、花猫、景色、恐竜などの販売宜しくお願い致します。https://tictokushiro.blogspot.com/p/t.htmlカメ動画更新http://tictokushiro.blogspot.com/p/blog-page_90.htmlカーネーションとシクラメン...

  9. 論理を追求する際の思考の幅について - Taste of celery

    論理を追求する際の思考の幅について

    今、5人がいる方向へ爆走するトロッコを、分岐器をいじることで一人しかいない方に変えられる立場にあるとき、あなたはどうするか?という有名な思考実験があるが、あまり見たことがない究極の回答を言ってみよう。「死や苦痛は忌避するべきものではない、本質的には恵みだ。」ことは他人の死や苦痛なので、無条件でこんなことは言ってはいけないのだが、自分の死や苦痛に対しても同じように信じている場合は、最低条件は整...

  10. 感情について。 - 最果ての地

    感情について。

    感情について書く。人は生まれながらにして悪であり、そして悪とは自然の成り行き。したがって犯罪がこの世から消えるなんて事は無い。犯罪がもし消滅するという事になるなら、それは人類滅亡の日だという事だろう。先に述べた事柄を踏まえた上で今回は「感情」について思う事を書くとする。また自然界の弱肉強食の話になるが、草食動物をエサとしか認識しない肉食動物が、嘘か真か、その子供を守ろうとしたり、時には一緒に...

  11. 善と悪。 - 最果ての地

    善と悪。

    人は生まれながらにして「悪」である。というのが自分の考えである。特に何か高尚な本を読んで悟ったわけではなく、20代の頃の活字中毒、もしくは思想中毒の時に見出した考え方であり、それは今も変ってない。ちなみに、なぜこれを書くに至ったのかは孟子の「性善説」についてちょっと調べたからである。とはいえ、俺のバカな頭ではイマイチ理解を得なかったが・・・。なぜ人が「悪」なのか?そしてそもそも「悪」とは一体...

  12. 科学データを用いた芸術はどのように許されるか<哲学> - しだ撮り歩き

    科学データを用いた芸術はどのように許されるか<哲学>

    小保方晴子のSTAP細胞騒動は、科学技術大国日本について誇りを持っていたであろう日本人の自尊心を崩壊させ、捏造は国際的に起こり得る事件なのだということを証明した。しかし、もし彼女が「間違えて芸術作品の原案と写真を取り違えた」と言ったら、我々に何をもたらしただろうか。まず大前提として、その芸術作品を科学論文に用いたのは研究不正とみなしてよいだろう。ただし、純粋に芸術作品として発表することは可能...

  13. 第二回満月の「死のワーク」 - imasiawasenimezameru ☆もんもく日記2

    第二回満月の「死のワーク」

    二回目の死のワーク開催しました!どんなことをやるのかというと1.死生学エリザベス・キューブラー=ロス死生学の日本における始祖アルフォンス・デーケン博士によるスタンダードな「死の準備」講座についてのガイダンス。2.死の哲学おもにイエール大学シェリー・ケリガン教授の「死とは何か」を題材に、哲学では死をどのように捉え、考察するのかについて。3.禅・仏教における「死」と死についてのワークという3時間...

  14. 以下、童話、イラスト、数学よかったら見てください - tic 徳産業センター

    以下、童話、イラスト、数学よかったら見てください

    以下、童話、イラスト、カメの動画追加、数学、不思議qa動画追加など、よかったら見てくださいカメ動画更新http://tictokushiro.blogspot.com/p/blog-page_90.htmlカーネーションとシクラメンなどのイラストです。よかったらダウンロードしてください無料ですhttps://www.ac-illust.com/main/search_result.php?p...

  15. 自己言及性の謎 - 『情報と宇宙』日記(旧「複雑系」徒然blog)

    自己言及性の謎

    ベストセラーになったダグラス・ホフスタッターの『ゲーデル、エッシャー、バッハ』のテーマは自己言及性の謎である。コンンピューターのプログラムでも自己言及的なプログラムが無限ループに陥ったり、『「すべてのクレタ人は嘘つきだ」とクレタ人が言った』と言う文章が論理的に矛盾を孕むとか、そういう内容を彼は「不思議な輪」と呼んでいる。その例としてゲーデルの不完全性定理やエッシャーの不思議な絵やバッハの旋律...

  16. 哲学のバカロレア - L'art de croire             竹下節子ブログ

    哲学のバカロレア

    6/17はフランスのバカロレアの哲学の試験だった。毎年毎年話題になり、もうすぐ実施されるバカロレア改革でもこのフランスの伝統「哲学」の試験だけは触らないで残すそうだ。アングロサクソン文化の影響である弁論術を取り入れるという改革もあるが、それではコミュニケーション障害のあるタイプの生徒に不利になるのではと考えてしまう。まあ、アングロサクソンでなくても、チベットの僧院にだって課せられているものだ...

  17. 世界の仕組み、その概観(形而上学から経験の意味の思想まで) - Taste of celery

    世界の仕組み、その概観(形而上学から経験の意味の思想まで)

    哲学(特に形而上学)とその他の学問の間には、一線がある。哲学が完全に抽象的な学問であること、そしてその他の学問は多かれ少なかれ具体的な内容を含むということだ。完全な抽象には経験が入り込む余地がない。逆に経験が入り込めばその分必ず具体的な要素が出てくる。アリストテレスの『形而上学』においても、実はそれ自体はすでに形而上学ではない。それが経験的理解のため書かれてしまったという点において。たとえば...

  18. とりいそぎ、生きる意味について - Taste of celery

    とりいそぎ、生きる意味について

    ネットの世界をうろついていると、死にたいなどという表記を時々目にします。そして、人生に何の意味があるの?なんて書かれてたりします。本当にそう思う理由よく分かります。私の理解は非常に抽象的ではありますけど。そう思ってしまう理由、本当にいろいろあるんだろうなと思います。でも、死にたい、というのは絶望ですよね。過去なのか現在なのか未来なのか、ともかくも絶望です。生きていればまた楽しいこともあるさな...

  19. 宇宙人からのごあいさつ - Taste of celery

    宇宙人からのごあいさつ

    はじめまして、せるせろりと申します。ツイッターなどやっておりましたが、まとまった文章も書いてみたいと思い登録しました。だれか読んでる人いるの?え?え?とか取り乱したふりもわざとらしいですが、だからと言って、私の書いたことすごいでしょ?読んで読んで?とか気持ちの悪いこと考えているわけでもないです。ともかく、人に理解されることがほとんどないので、逆にそれゆえに書くことが希少価値かなと、自覚しない...

  20. 以下、童話、イラスト、数学よかったら見てください - tic 徳産業センター

    以下、童話、イラスト、数学よかったら見てください

    以下、童話、イラスト、ガーベラ追加、数学、不思議qa動画追加など、よかったら見てくださいカメ動画更新http://tictokushiro.blogspot.com/p/blog-page_90.htmlカーネーションとバラなどのイラストです。よかったらダウンロードしてください無料ですhttps://www.ac-illust.com/main/search_result.php?page=...

総件数:158 件

似ているタグ