喫煙のタグまとめ

喫煙」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには喫煙に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「喫煙」タグの記事(58)

  1. 葉巻の憂鬱 - 微睡む終の栖

    葉巻の憂鬱

    吸っていないわけではない。お薦めできるほどの名品に巡り合えない日々が続いているだけ。美味しくないのを紹介しても仕方ないでしょ。何より書くのが面倒(苦笑

  2. ダンヒル復活!? 謎の銘柄登場!! - 微睡む終の栖

    ダンヒル復活!? 謎の銘柄登場!!

    誰かがやると思っていたがついに!!パチモノ感全開でダン〇ル製品を復活させたぞ。見た人間全てが一瞬「え?これイケるの大阪だけやないか??」と関西弁になってしまうパチモノ臭。吉本新喜劇だってやりはしないネタの丸ぱくり。タブー中のタブーに触れやがったそのメーカーは!!!ロバート・マッコーネル社!!詳しくは自分で探して見てくれ。デザインのクオリティは昔懐かしのチャイナーコピー、いや、もはや昭和の著作...

  3. 喫煙するヤンキーと依存症 - 楽なログ

    喫煙するヤンキーと依存症

    公用車で出かけるようにして実は喫煙していた松井一郎の行為は、学校の便所や屋上で喫煙するヤンキーみたいでみっともないけど、彼は未成年者ではないので、問題は喫煙それ自体ではなく、そこの自治体では規律を厳しくして違反者は処分していたはずだから、なのにその頂点にいる知事がコソコソと規律違反したことだ。この知事をすでに「ヤンキー」だと指摘して先見性を示していた人がいて、前に役所の前でヤンキーは出て行け...

  4. ピーターソンスペシャルリザーブ2018 - 微睡む終の栖

    ピーターソンスペシャルリザーブ2018

    ノンフレーバーコインカット熟成した葉の香りヴァージニアとケンタッキー買わないわけがない。まさにこういう商品に飢えているわけだ。お味のほどは・・・。まさにヴァージニアとケンタッキー葉の二層の味わいなんだが、着香しているんじゃないかと思うほどヴァージニアの様々な、だけど単純な旨さが、ミディアムライトのボディで楽しめる。これはいつまでも吸ってていい出来だぞ。吸い終わっても吸い直したいと思うくらいに...

  5. タクシー運転手の喫煙は自由だけど、その車には乗りたくないね - 見たこと聞いたこと 予備3

    タクシー運転手の喫煙は自由だけど、その車には乗りたくないね

    yahoo:「a href="https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180823-00000011-kobenext-l28" target="_blank"タクシー運転手、喫煙所で一服は駅ロータリー“出禁”「行き過ぎ、生活できない」/a」strongblockquotespan style="color:...

  6. サミュエル・ガーウィズサムズ・フレーク - 微睡む終の栖

    サミュエル・ガーウィズサムズ・フレーク

    銘品は語りかけてくる。好き勝手に書くのがこのブログの醍醐味のようなものだが、実は2~3回は吸ってから書くようにしているものが多い。1回吸ってレビューしてるものは、間違いなく美味しかったものだけだ。今回は2回目の銘柄だ。サムズ・フレークは最初吸っていると、「味はいいんだが、本領を発揮できていないような。吸い方が悪いみたいだな」と、まさにタバコが「語りかけてきた」銘柄だった。余談だが、ウイスキー...

  7. 暇つぶし煙特集。 - 微睡む終の栖

    暇つぶし煙特集。

    いぶし銀部門編1.ピーターソンパーフェクトプラグ・華やかなタバコが多いパイプタバコの世界で、大方、当てはまらない「ベテラン」向きの売り文句が当てはまった珍しい商品。基本的に重みのあるボディである一方、味わいは単調で変化に乏しいが、「これが男のタバコ」と言わんばかりの頑固で自然、重厚な風味を持っている。2.ソラーニゴールド779・「ラタキアの主張は強くない」という謎の迷文が書かれたソラーニのイ...

  8. パイプタバコ入門パイプ編 - 微睡む終の栖

    パイプタバコ入門パイプ編

    パイプタバコ入門あれこれパイプ編1.どんなパイプを買えばいいのか?⇒自分の気に入ったものを買えば良い。が、大きく肉厚なパイプがお薦め。普通、小ぶりだと持っていると熱いぞ。慣れない最初は特に。2.最初の値段帯は?⇒予算次第だが1万円くらいが良いと思う。あまり安いと扱いも雑で吸い方も悪い癖がついてしまうのでは。大事に扱えば吸い方も丁寧になる。逆に高いと壊したときが怖いぞ。慣れるまでは安くなく、高...

  9. ソラーニ・ゴールド779 - 微睡む終の栖

    ソラーニ・ゴールド779

    イングリッシュミックスチャー!!イングリッシュミックスチャーは実は一番の好物。好物だが好きな銘柄が出てこないあたりが楽しみを遠回しにしていると自覚する。ピーターソンのワイルドアトランティックがそうだった。なるほど、確かに好きだ。で。お味のほどは。。。ん????某サイトの売り文句に「ラタキア入りであるが、ラタキアの主張は強くない」とあるが。ん??ラタキアの主張も糞も、ラタキアが主役そのものの味...

  10. ソラーニ・ブルー369 - 微睡む終の栖

    ソラーニ・ブルー369

    最近、自分の中では評価が伸び台頭しているソラーニ。今回は面白な味らしいが・・・らしいが・・・。うん????うーん。実に普通(?)のキャンベンディッシュとヴァージニアの配合だ。ソラーニ特有の上品さは見事だが・・・うん??うーん・・・うん???なんというんだろうか。すごい普通の味。悪くは無い。味が悪いとかそんな点はない。ただ、物凄く普通。味の変化があるというが、ぶっちゃけさほど。ペリグもそんなに...

  11. サミュエル・ガーウィズ パーフェクション - 微睡む終の栖

    サミュエル・ガーウィズ パーフェクション

    サミュエル・ガーウィズのパーフェクション。「完璧だ!!!」という客の感想からついたとなんとか。この銘柄大好き!!最高!!という感想のものは結構ある。自分はラットレーのオールドゴーリー、サミュエルのゴールデングロウとケンダルクリームだったり。他にもあるが。ただ、完璧という評価になると実はソラーニのヴァージニアフレークのみだったりする。好みの銘柄にも欠点はあるし、そもそも名品は欠点をポジティブな...

  12. ソラーニ・スイートミステリー113 - 微睡む終の栖

    ソラーニ・スイートミステリー113

    すごい楽しみにしていたソラーニの第二弾。スイートミステリー。いい名前だ。どういう着香なのか、本気で当てたくなる。微かなチョコラム酒でケーシングした甘さキャンベンディッシュのベリー感シナモンバージニア非常に優雅な龍角散的なハーブ(おそらくはベルガモット)素晴らしい。ルドガー・ウィルはタバコを知り尽くしていて、その上で妥協をしない。まず、キャンベンディッシュの弱点は強く吸うと独特な苦味と酸味が出...

  13. 喫茶店 - doppler

    喫茶店

    合理的なシステムは不要趣のある剥げた木目のテーブル喫煙者と喫茶店には厳しい時代がくるのか

  14. ソラーニバージニアフレーク633 - 微睡む終の栖

    ソラーニバージニアフレーク633

    伝説の男ルドガー・ウィルが作ったパイプタバコ。フレークを包む紙には小粋な絵と葉のシール。微かだが繊細な心配りは、細部までにこだわるというメッセージとも言えるだろう。非常に大きなフレークが入っている。一枚が簡単に入る大きなパイプで吸えと言わんばかりだ。パイプ作家でもある彼からのメッセージと思って良いだろう(笑)さて、早速吸ってみる。ほう。ドライフルーツのパイナップルの粉砂糖みたいな風味が出る。...

  15. サミュエル・ガーウィズベストブラウン・フレーク - 微睡む終の栖

    サミュエル・ガーウィズベストブラウン・フレーク

    あまりにもゴールデングロウの出来栄えが良かったためこちらも購入。いや、本当に。ラタキア系を除いてここまで出来栄えが良いのは本当に驚愕する。もうサミュエルはラタキア系以外ならゴールデングロウだけすってりゃいいよと言えちゃうくらい。個人的にはケンダルクリームも大好きだが。さて。本題のベストブラウン・フレーク。「イギリスの一昔前のシガレットの味が忘れられない方に」拓製作所の売り文句では、これまた購...

  16. サミュエル・ガーウィズゴールデン・グロウ - 微睡む終の栖

    サミュエル・ガーウィズゴールデン・グロウ

    不思議と魅力を放っていたのと、SJフレークを紛失したので、素朴なバージニアを楽しめるだろうと今日の午後に購入。ゴールデングロウ。拓製作所のサイトでは「往年の「富士」を思い起こさせる香喫味がある」とのこと。往年の富士・・・??昔日本で売っていた高級バージニア葉のタバコらしい。なんか、心惹かれる売り文句なんだよな・・・。というか、昔のタバコの味を楽しめるってロマンを感じるよね。で、吸ってみると。...

  17. サミュエル・ガーウィズフルバージニアフレーク - 微睡む終の栖

    サミュエル・ガーウィズフルバージニアフレーク

    うーん・・・。これほど低レベルなパイプタバコも相当に珍しい。サミュエル・ガーウィズの粗悪品、ここに極まりといったところか。まず、火持ちがもともと悪い商品群の中にあって、ダントツで最低レベル。どれくらいかというとターボライターで着火して相当丁寧に火を維持する工夫をしても喫味を落ち着かせる一息を置けば消える。せわしない喫煙を超えて火を維持するだけの空気入れレベル。自転車のタイヤのそれだ。落ち着い...

  18. ゴールデンウィークな休日 - 微睡む終の栖

    ゴールデンウィークな休日

    久々にのんびりとした連休。ちょっと貰いすぎな休日はやはり退屈だ。とりあえず公園の散歩でも行ってみるか。はい、散歩終わり。歳を取ると散歩も早く終わる。そもそも家で夜にエクササイズをしているのでさほど疲れても困る。こないだ買ったマクレーランドは・・・。いや、勿体ないから吸いたくない。悲しい貧乏性である。ということで、またタバコ屋へ行くのだ。吸っても勿体なくない銘柄を買いに。そして見つけた銘柄は・...

  19. サミュエル・ガーウィズケンダルクリーム・デラックス・フレイク - 微睡む終の栖

    サミュエル・ガーウィズケンダルクリーム・デラックス・フレイク

    前から吸ってみたいと思っていた銘柄。重いベテラン向きと書いてるが、全然重くなく、むしろ丁度良いミディアムフルくらい。優しく癒されるウッディな風味に微かな桜の葉のような風味がある。ヴァージニアやバーレーはほどほどの主張で、結構な変り種。味わいはやや単調だが非常に柔らかく癖のない風味は癒しそのもの。春先や秋の始まりに、晴れた休日の昼下がり。プカーとしたいような。お薦め。

  20. ダンヒルマイミックスチャー965 - 微睡む終の栖

    ダンヒルマイミックスチャー965

    ダンヒルでもっとも名高い銘柄であろう、965。ラタキアというのが今まで購入が遠のく理由の一つ。(※持っているラタキア銘柄に満足しているため)楽しみにとっておいたのもある。お味のほどは・・・・。ヴァージニアのまろやかさをラタキアが最大限に引き出し役として混ざり合っていて、葉巻の香りに近い上品な風味を持っている。ヴァージニアの雰囲気が本当に嫌味が無くて素敵。スパイシーさも雑味が無くて、これまた葉...

総件数:58 件

似ているタグ