喫茶道具のタグまとめ

喫茶道具」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには喫茶道具に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「喫茶道具」タグの記事(14)

  1. 白薩摩・油壺。 - あいろく

    白薩摩・油壺。

    6月以来、久々に仕入れに行ってきました。大変気に入っております、白薩摩の油壺(江戸期)。高さ9㎝。容量260cc(満水時)。白薩摩は以前大正期の煎茶器を持っていましたが、そして現在も明治期の抹茶碗は「あいろく」喫茶にて使用中ですが、それらと比べても特に肌の質感が、佇まいが大変気に入っております。内側から油が良い具合に沁みているためでしょうね。幸い臭いも無いので喫茶にて、ほうじ茶の二煎目を供す...

  2. 坂本牛乳の瓶で珈琲牛乳。 - あいろく

    坂本牛乳の瓶で珈琲牛乳。

    坂本牛乳の瓶。容量は180cc 。毎年8月に必ず来店してくださる、京都で「昭和レトロもの」を中心に取り扱う古道具店を営む(現在は建物の老朽化で店舗経営は中断しているそう)「Uさん」から頂きました。坂本牛乳は岡山にあった販売店で、昭和30年代に廃業したのだそう。その訳は後の画像を見ていただけたら一目瞭然です。無断でこの絵柄を使用していたようです。そういう訳もあり、この瓶はマニアの間では人気が高...

  3. プリンシェイク。もしくはプリンセーキ。 - あいろく

    プリンシェイク。もしくはプリンセーキ。

    「あいろく」開店当初は牛乳関連の喫茶メニューがありました。そして1~2年で除外しました。なぜなら、当店は圧倒的に客数が少なく、牛乳を廃棄してしまう事が殆んどであったからです。それはさておき、「プリンシェイクもしくはプリンセーキ」。冷凍したプリンを牛乳と攪拌しただけのものですが、昨日1個だけプリンが売れ残ったので作りました。とても有難いことに、最近はインスタギャルの影響もあってか、(この場合の...

  4. 怪傑アンパンマン+版画。 - あいろく

    怪傑アンパンマン+版画。

    大人向けのアンパンマン、「怪傑アンパンマン(2013年復刻版)」入荷しました。1977年当時に刊行されたものの完全復刻版です。僕が「怪傑アンパンマン」の存在を知ったのは今から12年前のことですが、それ以来ずっと読んで見たかったものです。現在のアンパンマンしか知らない方にとっては、アンパンマンが逮捕される等、少々衝撃的な場面もありますが、それには「わけ」もあります。商品ではありませんが、店内に...

  5. 本日は17時半まで。+衣笠。 - あいろく

    本日は17時半まで。+衣笠。

    本日7月13日(土)は17時半までの営業です。↓衣笠湯飲み。珈琲ミルの受け皿として大活躍中です。

  6. 16日は開店が遅れるかも。+おさる。 - あいろく

    16日は開店が遅れるかも。+おさる。

    16日の日曜は開店が少し遅れるかもしれません。↓おさるの指人形。「あいろく」では珈琲カップのコースターとして、極々たまーに出動しております。

  7. 三田焼猪口。 - あいろく

    三田焼猪口。

    兵庫県三田(さんだ)の志手原(しではら)焼の猪口。もしくは玉露用の湯呑みかもしれない。とのことです。幕末~明治初期くらいのものだそう。高さ2.8㎝。容量は満水で20cc 程で、これまたなんとも愛くるしいものです。素朴な呉須の絵付けが、さらに愛くるしい。先日から「愛くるしい」を連発して申し訳ありません。語彙力がないものでして。これだけ小ぶりだと用途がなさそうですが、「あいろく」では喫茶にてミル...

  8. 真鍮の獅子 - あいろく

    真鍮の獅子

    真鍮の獅子。尾先までの高さ3.8cm 。重さは28g。これは真鍮製香炉の折れた蓋の「つまみ」です。獅子といっても、その顔は勇ましいものではなく、惚けた愛らしい顔をしております。「あいろく」に来たからには当然、「菓子切り、スプーン置き」に見立てられ、活躍してもらうことになります。

  9. 昭和レトロ魔法瓶「茶娘」。 - あいろく

    昭和レトロ魔法瓶「茶娘」。

    ここ数年、魔法瓶が欲しくてなりませんでした。俗にいう昭和レトロでイカしたデザインのもの。この度念願かない、入荷できました。その名も「茶娘」。非売品ではありますが、あまりにも好みのものが手に入り、嬉しくてならないので今日紹介させて下さい。「紹介させて下さい」などと品よく書いてはみましたが、要は見せびらかしたいだけです。どうかお付き合いください。「あいろく」にて、永く愛用して行こうと思います。物...

  10. 思案のしどころ - あいろく

    思案のしどころ

    本日は今年の3月に紹介しました記事「思案のしどころ」を今一度。ここ最近、僕の中で珈琲熱が若干高まっている気がします。僕が手網焙煎を始めて早10年。11年だったか?まぁどちらでもよいのですが、その「熱」の原因には、今さらようやくの事、焙煎が安定してきたと感じているからかもしれません。そんな中、先週のある日の焙煎中に愛用の「手網」が壊れました。(持ち手が折れました)何処ででも購入できる安価な「手...

  11. 手縫いネルと豆洗い。 - あいろく

    手縫いネルと豆洗い。

    ネルの手縫いを始めて4年半・・・。ようやく自分なりの寸法と縫い方が定まってきたような気がしてます。ネル生地は小倉の生地屋さん「ナカノテツ」でコーヒー用ネル生地を購入してますが、この5月のゴールデンウィーク中に新たに購入したところ、昨年のものとは少し違っておりました。分厚さは変わりなかったのですが(願わくばもう少し厚手の生地を希望しておりますが)、昨年の真っ白い生地から生成りの生地に変わってお...

  12. 大正李朝徳利 - あいろく

    大正李朝徳利

    「大正李朝徳利」。大正期~昭和初期に朝鮮半島で作られた李朝風のやきものです。高14cm・容量250cc(満水時)。北野天満宮での仕入れものです。喫茶にて「ほうじ茶」の2煎目を供するのにこの「大正李朝徳利」を使っていこうと思っております。

  13. 24日(金)はモーニング営業お休み。+李朝の湯呑 - あいろく

    24日(金)はモーニング営業お休み。+李朝の湯呑

    ***24日(金)は仕入れのためモーニング営業はお休みします***尚、11時からは通常営業いたしますのでよろしくお願いいたします。お気に入りの白磁湯呑(李朝後期)。これでよく白湯や水を飲みます。少し幸せな気分になります。

  14. 李朝っぽい平佐 - あいろく

    李朝っぽい平佐

    ぱっと見は朝鮮の李朝っぽいのですが、薩摩の平佐焼です。幕末から明治くらいのものだそう。高8.5cm×径12cm。「あいろく」では主に「くずもち」を供する際に活躍してくれております。懐深いので使い勝手がよく、重宝します。8分目で100ccほど容量があるので、この前これで日本茶を飲んでみましたが、まあ使えました。厳しいと思いますが、抹茶も試してみようとおもいます。これを購入した際に汚れを落とすた...

総件数:14 件

似ているタグ