四天王寺のタグまとめ

四天王寺」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには四天王寺に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「四天王寺」タグの記事(6)

  1. 極楽浄土の庭 - ライブ インテリジェンス アカデミー(LIA)

    極楽浄土の庭

    大阪 四天王寺の日本庭園にある和松庵から極楽池を臨む風景は方丈の中でもっとも美しい。東には西洋建築様式の「八角亭」が見え、中央には湯屋方丈の家屋があり、庭園全体を「極楽浄土の庭」と称されている。その「極楽浄土の庭」が、「厭離穢土 (おんりえど )の庭」に見えてくる。写真中央に、ハルカス彼方にノッポビルが霞んで見えているではないか。これを借景とするなら極楽浄土の世界と厭離穢土の世界が混在しアン...

  2. 四天王寺と松。 - ライブ インテリジェンス アカデミー(LIA)

    四天王寺と松。

    先日、煎茶会で訪れた四天王寺の本坊玄関の衝立には見事な松の画が描かれていた。そして待合いの大広間の中庭には黒松だろうか、あるいは五葉松だろうか、それはそれは見事な松があった。煎茶席で使った茶室が「和松庵」という。松下幸之助氏が寄贈されたものと聞いた。"松"づくしである。さらに座談会が行われた「方丈」の床の間には、歴史を想像させる中国松の壁画が描かれていた。四天王寺はなぜこんなに松との関わりが...

  3. 一茶庵の四天王寺茶会。 - ライブ インテリジェンス アカデミー(LIA)

    一茶庵の四天王寺茶会。

    文人茶一茶庵の第二回四天王寺煎茶会が昨日開催された。会場は、四天王寺の本坊内にある茶室、和松庵と臨池亭の二箇所。和松庵では、"小西亭席"と称し玉露を愉しみ、臨池亭では、而懶社席として雁が音を淹れお客様をもてなした。そして、午前と午後の間に、本坊では一茶庵佃一輝宗匠と、明尾圭造氏(大阪商業大学)並びに橋爪節也氏(大阪大学)が"上方を愛した文人"等についてトークショーが行われた。

  4. 六甲山と瀬織津姫 133 聖徳太子〈その3〉 - 追跡アマミキヨ

    六甲山と瀬織津姫 133 聖徳太子〈その3〉

    『日本書紀』に記されず、『随書』倭国伝に「倭王」とある阿毎多利思比孤(アメノタリシヒコ)とは誰? について諸説紛々とするなか、断然に多いのが、用明天皇、その皇子・聖徳太子、蘇我馬子、の三説。私も推古天皇の摂政だった聖徳太子だろうと考える。語り部も「聖徳太子の名は、阿毎多利思比孤から四文字頂いた」(天降りした皇子の意味)と言うので同意見か。私がそう思う理由は、改めて読んだ「十七条憲法」だ。冒頭...

  5. 四天王寺に行ってきた - Kangaroo English Club

    四天王寺に行ってきた

    今年のお盆はいい時間だった。特別なことは何もしなかったけど、テツの母に会い、姉に会い、私の父に会い、母にも。きのうは、お昼前から夜まで父と。四天王寺にいっしょに行った。ここで結婚式を挙げた、と聞いてびっくり。知らなかったなぁ。両親が結婚式の写真を撮ってもらった写真館もまだあった。父の父(私の祖父)はビアク島で昭和19年に戦死。きのうは戦時中の話をたくさん聞いた。戦争放棄。これに尽きる、と父は言う。

  6. 始まります!うじゃのお盆さん - ハローハロー、こちら 即興楽団UDje( ) ブログです。

    始まります!うじゃのお盆さん

    本日、夜からの釜ヶ崎散歩に変更が出ましたので、お知らせです。予定していました釜ヶ崎から一遍上人ゆかりの四天王寺へ行きます。うじゃとも深いつながりがありそうです。「釜ヶ崎散歩〜今年もよろしく!親睦会」http://urx.blue/FfHXまずは、14時〜の「さようならcpについて語る」です。みまさまよろしくお願いいたします。「さようならcpについて語る」http://urx.blue/FfH...

1 - 6 / 総件数:6 件

似ているタグ