四天王寺のタグまとめ

四天王寺」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには四天王寺に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「四天王寺」タグの記事(41)

  1. 中止 - 金属造形工房のお仕事

    中止

    主催者より連絡来ました。4月4日わっか市は中止です・・・と。残念ですが時短要請や危機管理からして難しく中止です。和歌山のマダムの燻製機が完成引き取りの段取りでしたが、配達かな~、コロナのバカヤロー・・・どうもカラオケ店で移るようです。大きな声で歌う!危険ですね。私はカラオケにはいきませんが、はまる人は多いようですし新カイシャイン、新大学生が行くかもです。クラスターを防ぐ意味で行かないようにし...

  2. 四天王寺さん - おうちやさい

    四天王寺さん

    今朝は父の命日が近いのでお墓のある四天王寺さんへお参りに行ってきました。寒いし早朝だしコロナだし・・・で、人があまりいません。(^▽^;)今日は亀さんも見かけない・・・🐢家から電車で行くと1時間以上かかりますが車だと、すぐ着くから有難い。今日は屋台が出ていましたがお客さん、来るのかな?歴史的なお寺の向こうにハルカスが見えてます。背中にも足にもカイロを貼ってきましたがそ...

  3. 四天王寺と松の所縁に興味深々。 - ライブ インテリジェンス アカデミー(LIA)

    四天王寺と松の所縁に興味深々。

    数年前に煎茶会で訪れた四天王寺の本坊玄関の衝立には見事な松の画が描かれていた。そして待合いの大広間の中庭には黒松だろうか、あるいは五葉松だろうか、それは見事な松が広がっていた。煎茶席で使った茶室が「和松庵」という。松下幸之助氏が寄贈されたものと聞いた。さらに座談会が行われた「方丈」の床の間には、歴史を想像させる中国松の壁画が描かれていた。"松"づくしである。四天王寺はなぜ...

  4. お彼岸の四天王寺に行ってみた - ほんじつのおすすめ

    お彼岸の四天王寺に行ってみた

    一心寺のあと、四天王寺に行きました。お彼岸ですが、人まばら。コロナの影響感じます。ガラクタ市のお店もまばら。1枚100円の洋食屋さんもいつもなら行列できていますが、きょうはガラガラ。のんびり散策できました。

  5. 四天王寺と一心寺 - おうちやさい

    四天王寺と一心寺

    4連休が終わりましたねぇ。昨日は雨の止み間時間に四天王寺さんへ。こちらの共同墓地に父が眠っているんですが母の入院やらコロナなどで今年に入って、お墓参りに行けてなくて気になってました。やっとお参りに行けてホッとしました。広くて静か・・・(´▽`) ここの大木たちも好きです。そして、その足で次は一心寺さんへお参り。ここには母方の祖母と、昨年に亡くなったオットの友人も眠っています。母も来年辺りには...

  6. 四天王寺 4 (御詠歌) - ふらりと御朱印集め

    四天王寺 4 (御詠歌)

    四天王寺 和宗総本山山号:荒陵山本尊:救世観音菩薩創建:推古天皇元年(593年)開基:聖徳太子札所:新西国三十三箇所 第1番、西国三十三所 番外霊場、おおさか十三仏霊場 第4番 他所在地:大阪府大阪市天王寺区四天王寺1-11-18四天王寺HP: http://www.shitennoji.or.jp/ 四天王寺は書いていただける御詠歌にもいくつか種類があるが、こちらは(おそらく)霊場のもので...

  7. 四天王寺 3 - ふらりと御朱印集め

    四天王寺 3

    四天王寺 和宗総本山山号:荒陵山本尊:救世観音菩薩創建:推古天皇元年(593年)開基:聖徳太子札所:新西国三十三箇所 第1番、西国三十三所 番外霊場、おおさか十三仏霊場 第4番 他所在地:大阪府大阪市天王寺区四天王寺1-11-18四天王寺HP: http://www.shitennoji.or.jp/ 「圓光大師」とは、浄土宗の宗祖・法然の諡号である。この御朱印は法然上人二十五霊場 第6番札...

  8. 睨みをきかせる赤青の仁王像。四天王寺 - ライブ インテリジェンス アカデミー(LIA)

    睨みをきかせる赤青の仁王像。四天王寺

    伽藍の配置は、南から北に向かい中門、五重塔、金堂、講堂と一直線に並ぶ。それを回廊が周りを取り囲む形式で、古い建築様式の伽藍である大阪 四天王寺さん。寺院は色彩鮮やかな独特な趣きが感じられるお寺である。聖徳太子が創建した和宗本山のお寺としても知られている。その四天王寺の中門で伽藍の守護神である仁王像が睨みをきかせている。向かって右側に赤色の「阿形像」那羅延(ならえん)金剛力士、そして左に青色の...

  9. 四天王寺 2 - ふらりと御朱印集め

    四天王寺 2

    四天王寺 和宗総本山山号:荒陵山本尊:救世観音菩薩創建:推古天皇元年(593年)開基:聖徳太子札所:新西国三十三箇所 第1番、西国三十三所 番外霊場、おおさか十三仏霊場 第4番 他所在地:大阪府大阪市天王寺区四天王寺1-11-18四天王寺HP: http://www.shitennoji.or.jp/ 『日本書紀』によると、物部守屋と蘇我馬子の合戦の折り、崇仏派の蘇我氏についた聖徳太子が形勢...

  10. 四天王寺 1 - ふらりと御朱印集め

    四天王寺 1

    四天王寺 和宗総本山山号:荒陵山本尊:救世観音菩薩創建:推古天皇元年(593年)開基:聖徳太子札所:新西国三十三箇所 第1番、西国三十三所 番外霊場、おおさか十三仏霊場 第4番 他所在地:大阪府大阪市天王寺区四天王寺1-11-18四天王寺HP: http://www.shitennoji.or.jp/ 奈良の法興寺(飛鳥寺)と並び、日本における本格的な仏教寺院としては最古のものであるらしい四...

  11. カラヴァッジョ展 - 旅と数学  それとdiy

    カラヴァッジョ展

    今日からu子は新年の集い仕事始め。お昼に終わるのであべのハルカスカラヴァッジョ展に見に行くとのこと。カラヴァッジョは去年のイタリア旅行で何枚か見たけどどれも強い印象がある。是非見てみたいなあ、、、。と言うことで朝9時の電車で天王寺まで。もちろんu子は三ノ宮下車。2時にハルカス美術館前で集合なので3時間くらい余裕がある。ブラブラ歩いていたら四天王寺に。日本最古の寺院としてたくさんの参拝客で賑わ...

  12. 『金剛の塔』 - 奈良・桜井の歴史と社会

    『金剛の塔』

    1400年前、百済から渡ってきた工人(大工)が、四天王寺の五重塔を作り上げたという。 『金剛の塔』。小説である。木下昌暉著。「技能時代小説」というらしい。「兵火雷火で七度も破壊されつつも、そのたびによみがえった宝塔のことよ。まあ、火や雷には弱かったが、自慢なのは地震では倒壊したことがないことじゃ。これはわが四天王寺だけでなく、日本の全ての木造五重塔がそうじゃ」というところから物語は始まる。 ...

  13. マルミヤ食堂の豚炒め定食(四天王寺) - 【BELLE TAKES A TRIP】すべれない次の一食

    マルミヤ食堂の豚炒め定食(四天王寺)

    四天王寺の交差点から西へ少しに佇む食堂を通りを挟んで見ておりました。おかずが陳列ケースに並んでる一膳飯屋のスタイルかと思いきや、店頭のPOPでは麺類や丼物か目立ちますが定食がある事を知りました。入る事にします。「豚炒め定食の味噌汁を豚汁にして下さい!」「100円追加やで。」冷たいお茶がペットボトルに入れて出されます。「旅行?」「カバン大きいからな。」何やねん、このフレンドリーさは!「よう前通...

  14. 四天王寺の睨みをきかせる赤青の仁王像 - ライブ インテリジェンス アカデミー(LIA)

    四天王寺の睨みをきかせる赤青の仁王像

    伽藍の配置は、南から北に向かい中門、五重塔、金堂、講堂と一直線に並ぶ。それを回廊が周りを取り囲む形式で、古い建築様式の伽藍である大阪 四天王寺さん。寺院は色彩鮮やかな独特な趣きが感じられるお寺である。聖徳太子が創建した和宗本山のお寺としても知られている。その四天王寺の中門で伽藍の守護神である仁王像が睨みをきかせている。向かって右側に赤色の「阿像」那羅延金剛力士、そして左に青色の「吽像」蜜迹金...

  15. 四天王寺【すばる さん】 - あしずり城 本丸

    四天王寺【すばる さん】

    【写真提供:すばる さん】投稿日:2017/07/25

  16. 3/30、4/2【名古屋発着】憧れの帝国ホテル大阪ランチバイキングとフェルメール展鑑賞&厳選桜名所3景めぐりバスツアー - 日帰りツアー・社会見学・東京観光・体験イベン

    3/30、4/2【名古屋発着】憧れの帝国ホテル大阪ラン...

    3/30、4/2【名古屋発着】憧れの帝国ホテル大阪ランチバイキングとフェルメール展鑑賞&厳選桜名所3景めぐりバスツアー●憧れの一流ホテル「帝国ホテル 大阪」でご昼食●大阪市立美術館「フェルメール展」へ●厳選桜名所3景をバスで楽々巡ります※毛馬桜之宮公園、大阪城公園、四天王寺手紙を書く女(ワシントン)

  17. なにわ食い倒れウォーク1日目その1 - 風路のこぶちさわ日記

    なにわ食い倒れウォーク1日目その1

    夜行バス組とあべの橋駅で無事合流。元「歩こう会会員」で今は地元大阪に戻っているMさんが今回のガイド役です。もう一人、やはり元会員で大阪在住のHさんも駆けつけてくれて、賑やかになりました。日本で1番高いビルというあべのハルカスを見上げながら、食い倒れウォークにいざ出発!最初は「四天王寺」そこで集合写真。はるかかなたにあべのハルカス。四天王寺の石舞台は日本の三大舞台の一つだそうです。熊野権現礼拝...

  18. 大阪その2 - わたしの好きな物

    大阪その2

    大阪、宝塚、神戸で戸惑ったことはエスカレータの乗り方。知ってはいましたが、つい左たってしまいます。お〜いけない!でした。御堂筋と言うようになになに「通り」ではなく「筋」と言いますね。四天王寺は聖徳太子が祀られているそうです。中学高校、大学に病院も経営しているとか!鎌倉の建長寺は鎌倉学園という男子校を経営していますが規模が違いますね。門前町?には昔ながらのお店が残っていてなんかいいですよね。食...

  19. 四天王寺盂蘭盆会(うらぼんえ)万灯供養法要@2018-08-13 - (新)トラちゃん&ちー・明日葉 観察日記

    四天王寺盂蘭盆会(うらぼんえ)万灯供養法要@2018-...

    12日に続き、13日にも四天王寺の盂蘭盆会(うらぼんえ)へ行って来ました。お盆とあって、まずは、お母さんのお寺へお参りに行って、それから帰りに四天王寺へ寄って来ました。この日は、四天王寺に着いたのは、5時半過ぎで、まだまだまわりは明るかったです。 ロウソクに火が灯りはじめた頃です。お母さんのロウソク。今回も、早めに火をつけていただきました。日が暮れるとともに、壮言な雰囲気が伽藍の中に...

  20. 四天王寺盂蘭盆会(うらぼんえ)万灯供養法要@2018-08-12 - (新)トラちゃん&ちー・明日葉 観察日記

    四天王寺盂蘭盆会(うらぼんえ)万灯供養法要@2018-...

    8月9日から始まっている、四天王寺の盂蘭盆会(うらぼんえ)万灯供養法要、12日に行って来ました。この日は、日曜日ではあったのですが、比較的に空いていて、ゆっくりと万灯供養法要を楽しむ事が出来ました。四天王寺に着いたのは、午後の7時過ぎでした。まだ少し明るい空にたくさんの釣灯籠が綺麗です。 伽藍内には、もうロウソクが灯されていて、いつもの万灯供養法要の景色が広がっていました。1万本も...

総件数:41 件

似ているタグ