四季・彩のタグまとめ

四季・彩」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには四季・彩に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「四季・彩」タグの記事(76)

  1. フォト散歩紅葉の秩父・金昌寺 - kenのデジカメライフ

    フォト散歩紅葉の秩父・金昌寺

    秩父市の金昌寺に紅葉と石仏を撮りに行こうと、写真仲間に誘われて初めて訪れた。池袋から西武特急で西武秩父まで約1時間20分、さらに駅前からバスで約15分、それから歩いて5分を要した。都心からでは、ちょっとした小旅行だ。山のふもとにある古いお寺で、「埼玉県指定文化財秩父札所四番石仏群」の石柱が立っていた。また、秩父市の「市指定史跡」でもある。山門くぐり、山へ向かむ。宝永年間より信者による奉納され...

  2. フォト散歩~奥多摩湖 - kenのデジカメライフ

    フォト散歩~奥多摩湖

    紅葉を期待して奥多摩湖へ出かけた。新宿駅からJR青梅快速に乗り、青梅駅で奥多摩駅行に乗り換え、奥多摩駅からバスに揺られ漸く着いた。天気は良いが、やはり風が少し冷たい。ご覧のように、期待した紅葉は見られない。周りを見回すと、山のところどころが色づいていた。ちょうどこの日から冷え込んできた。近くにいた人が、1週間早かったかなと話す声が聞こえた。奥多摩湖の二つ手前のバス停「滝のり沢」から、ダムから...

  3. 技、つどう。 - 京・千本、朱雀 の 空・間 [紅椿 それいゆ]   ~ 創造する人 と 想像する人 のために ~

    技、つどう。

    秋。東福寺本日・11/8(金)より、11月の特別企画展 <技と手仕事 ● 伝統工芸展> 開催中でございます。是非とも、お運びください。ご案内⇒・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・京都 ギャラリー|スペース/サロン [紅椿 それいゆ]~“創造する人...

  4. 源氏物語(10/5より~長沼隆代先生~Japanesque Doll~作品展) - 京・千本、朱雀 の 空・間 [紅椿 それいゆ]   ~ 創造する人 と 想像する人 のために ~

    源氏物語(10/5より~長沼隆代先生~Japanesq...

    皆さま、たいへんお待たせしました!10/5(土)から、いよいよ開催。(*10/14までの開催です)もう一度出会いたかったあの作品も。新たに楽しみたいこの作品も。[紅椿 それいゆ]にて、一堂に。10/5(土) → → 14(月・祝)長沼隆代 作品展*ご案内はこちら⇒・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・...

  5. 技、つどう。 秋。 東福寺。 ~11月・特別開催「伝統工芸展」のご案内です。 - 京・千本、朱雀 の 空・間 [紅椿 それいゆ]   ~ 創造する人 と 想像する人 のために ~

    技、つどう。 秋。 東福寺。 ~11月・特別開催「伝統...

    全山を彩る錦秋。 秋深まる、東山・東福寺。秋の特別拝観期間中の「方丈」を舞台に、京都内外から、『伝統工芸』、そして関連分野の担い手・旗手たちが集結。ぜひ、お運びください。 11月8・9・10日の特別開催です。技と手仕事 ● 伝統工芸展伝統を受け継ぎ、技を磨き、今日と未来へ向けて発信し続ける。そんな作家・職人・工房が、秋深き東福寺に集います。おりしも、紅葉が全山を錦に染める看楓特別公開のさなか...

  6. 都内一早い深川朝顔市 - kenのデジカメライフ

    都内一早い深川朝顔市

    おそらく、都内で一番早い朝顔市だろう。江東区森下の深川神明宮境内でおこなわれる恒例の朝顔市が、昨日の6月30日(日)に開催された。朝8時30分開始で早い。例年だと、この時間に出かけているのだが、今年は所用を済ませていったので、着いたのが10時ころだった。昨日からの雨が朝まで残っていたが、ちょうど止んだ。狭い境内の通路の両側に鉢がずらりとなんでいる。皆さん真剣に鉢を選んでしました。既に1時間半...

  7. 五島美術館の森のあじさい - kenのデジカメライフ

    五島美術館の森のあじさい

    【キャンペーン】美しいあじさい&初夏のイメージショットを撮ってみた!東急大井町線上野毛駅の近くに五島美術館がある。ここの庭園は「森」と呼ばれている。入り口の本館は高台に位置しており、ここら下に降りるようになっている。下に降りる小径に入ると、山の斜面にあじさいが咲いていた。周りの高い木々の間からの木漏れ日が、あじさい畑に落ちていた。斜面を降りると、大日如来像がなどがあった。木々の間にそびえる、...

  8. 梅雨の合間に晴れたある日 - kenのデジカメライフ

    梅雨の合間に晴れたある日

    【キャンペーン】美しいあじさい&初夏のイメージショットを撮ってみた!梅雨の合間に晴れたある日の猿江恩賜公園(江東区)。白い雲が覆っているが、時折雲が切れ青空が見える。広場では家族連れが、テントを張り遊んでいた。前日までの雨でできた水たまりには、緑の木の葉と青空が映りこんでいる。子供たちがボール遊びで汗を流している。池ではカモが浮き輪に乗って気持ちよさそう。広場のステージから緑の公園を一望。つ...

  9. 水元公園の花菖蒲 - kenのデジカメライフ

    水元公園の花菖蒲

    葛飾区の水元公園で菖蒲祭りが、今月16日までおこなわれている。都内で最大規模と言われている花菖蒲園では、約100周14,000株の花菖蒲が植えられているという。今や見ごろと思い、初めて水元公園へ出かけた。平日にもかかわらず、金町駅のバス停には大勢の人が並んでいた。菖蒲の田には、編み笠を被った人が花の手入れをしている。三人とも、かなり年配のようでした。雨の心配はないようだが、空は一面厚い雲がが...

  10. 神代植物公園のバラ - kenのデジカメライフ

    神代植物公園のバラ

    バラが見ごろの先週、神代植物公園に行ってきた。調布駅に降り立ち、バスに乗り込むと、中年女性の一団と乗り合わせ。目的は同じ、降りるまで賑やかでした。平日にもかかわらず、園内はバラを鑑賞する人たち、カメラを手にした人たちが大勢いた。空には雲が多く陽がさしたり日陰になったりの天気だった。前日の雨で、花弁には水滴が残っていた。本格派のカメラや、手持ちのスマホなどで、きれいな花を撮りそれぞれ楽しんでる...

  11. 都電とバラ~大塚駅前 - kenのデジカメライフ

    都電とバラ~大塚駅前

    この時期、「都電とバラ」は良い被写体として出かけるのが楽しみだ。これまで、見ごろのバラを撮った記憶がない。いつも遅かったり、早かったりで・・・今日は、大塚駅前広場でバラをメインに都電絡めて狙ってみた。広場では、花壇のバラに囲まれて、ひとときを楽しんでいる。広場の横をバラ電車が通り過ぎていく。線路のフェンス沿いにもバラが咲いている。バラの花壇を回り込むようにして、電車が通り過ぎていく。すっかり...

  12. 亀戸天神社の藤まつりで、初撮り! - kenのデジカメライフ

    亀戸天神社の藤まつりで、初撮り!

    毎年この時期に、訪れている亀戸天神社。お目当ては、藤祭り。今年は、ちょっと遅い訪問。早朝にもかかわらず、カメラを抱えた諸兄を至る所で見かけた。「早咲きは藤は萎んでいたが、遅咲きの藤がまだ見ごろ」という開花状況だった。この木は、遅咲きなのかボリュームたっぷりだ。天神社の藤には、赤い欄干が映える。藤の新緑も綺麗。昨日の雨で、木や花の埃を洗い流して、色鮮やかだった。逆光に映える梅の木。葉っぱと梅の...

  13. 今年のさくら写真(2019) - kenのデジカメライフ

    今年のさくら写真(2019)

    8日(月)の雨から寒さがぶり返した。昨日は一段と厳し寒さになり、都内で雪が降っるという4月には珍しい光景だった。桜は散り、今年のさくらも終わった。昨年、今年と桜の名所を訪ねことは少なくなった。年のせいか。今年行ったところで印象に残ったのが、初めて訪れた小金井公園。広い公園に満開の桜の下では、花見の宴があちこちで見られた。それと、江東区の大横川でおこなわれる「お江戸深川さくらまつり」。7日の日...

  14. さくら咲く!~大島小松川公園 - kenのデジカメライフ

    さくら咲く!~大島小松川公園

    江東区と江戸川区にまたがる大島小松川公園に行った。ここは、荒川の土手沿いにある千本桜で知られている。21日に東京の開花宣言が発表された。この辺りはどうかと足を運んだのである。空は青空が広がって天気は良いが、風が少し冷たい。つぼみだけの樹木あるが、ところどころ開花していた。明日から気温は上がりそうなので、つぼみが開くのが多くなりそうだ。見ごろは30日と予想されている。楽しみだ。桜が咲くころにな...

  15. 浜離宮の菜の花 - kenのデジカメライフ

    浜離宮の菜の花

    菜の花が見ごろを終えようとする今週はじめに行ってきた。天気は上々。平日にもかかわらず、菜の花の鑑賞客で多かった。若いお母さんの子供連れもよく見かけた。結構、蜂が蜜を求めて飛び回っていた。よく見ると、花が見ごろを過ぎて萎れているのが目立ってきた。見ごろは、今週までだろうか?

  16. 亀戸天神社で満開の梅を鑑賞!2019 - kenのデジカメライフ

    亀戸天神社で満開の梅を鑑賞!2019

    気がつけば、カレンダーは3月に入っている。亀戸天神社の梅まつりは今月10日までで、終盤に差し掛かっている。開花状況を調べるとほぼ満開状態で見ごろと書かれていた。重い腰をあげて、亀戸へ向かった。境内入口の梅の木の花は少ない。かなり散っているようだ。本殿右側には紅梅。本殿左側には白梅が植えられいる。太鼓橋(女橋)から男橋へ向かう参道の景色。両側は梅の並木になっている。境内西側の梅。満開で綺麗なピ...

  17. 2019年初詣亀戸天神 - kenのデジカメライフ

    2019年初詣亀戸天神

    年末の厳しい寒さは、年明けとともに少し緩んだ。今日も空は真っ青で、寒さを感じない。好天気に誘われ、初詣を思い立ち出掛けた。バスに揺られ、亀戸天神を目指した。バスを降りてビックリ。天神社前の道路「蔵前橋通り」まで参拝客の列ができている。本殿にたどり着くまでどれくらい要するのか?諦めて、出直すことにした。錦糸町のショッピングセンターに目的地を変更した。買い物客への催し物がおこなわれていた。正月ら...

  18. 2019年初日の出 - kenのデジカメライフ

    2019年初日の出

    元旦撮影の初日の出。東京都内は6時30分頃が日の出と予報されていた。しかし、わが家から見える初日の出は30分遅れだった。ビルの間から見せた日の出は7時02分だった。雲が多く心配されたが東の空は程よく雲が切れた。街はまだ寝静まっているようだ。残念ながら西の空は雲に覆われ、富士山を拝むことはできなかった。今年一年、良い写真が撮れますように。

  19. 秋の行方・世の行方 - 京・千本、朱雀 の 空・間 [紅椿 それいゆ]   ~ 創造する人 と 想像する人 のために ~

    秋の行方・世の行方

    時が往き、時代が移っても、その時々に「ものがたり」が生まれ出る~人の営みこそが源となる~ことに、きっと、変わりはございません。時代の節目、2018年。「明治150年」であり、今また「平成最後の夏」を見送っています。迎えたこの秋、紅椿それいゆでは長沼隆代先生による、<恒例>創作和紙人形の企画展を催します。それぞれの時代のものがたり~Roman~を託したジャパネスクドール展。ぜひ、ご高覧ください...

  20. 今年の花火~江戸川花火大会&亀戸花火大会 - kenのデジカメライフ

    今年の花火~江戸川花火大会&亀戸花火大会

    お気に入りの夏ショット私の花火写真! 【PR】初めて、江戸川花火大会(8/4開催)を見た。会場傍の篠崎公園から、ビール片手に腰を据えて間近で花火を見上げた。例年は荒川の花火大会を、始まってから、人垣の間から立って見るか、ベランダからビル越しに見ていた。座った場所の前に公園の大きな樹木が立ちふさがっている。その間から、見事な花火が。缶ビールを飲みながら、手持ちの撮影だったので、出来の良い写真が...

総件数:76 件

似ているタグ