回想のタグまとめ

回想」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには回想に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「回想」タグの記事(70)

  1. 小1の遠足からずっとこれ - アガパンサス日記(ダイアリー)

    小1の遠足からずっとこれ

    イチゴ?いきなり季節感なくてすみません。このチョコレート、わたしが小学校に入って初めての遠足の時おやつに持って行った思い出のチョコレートです。おやつは200円まで、まずはこのチョコレート、そして残りはその時の気分で何か、というのがわたしの遠足のおやつの定番でした。途中棒付きのチョコ(パンダが日本にやって来た時期で、可愛いパンダのイラストが描いてあったんですよね〜)が大人気だった時はそちらに浮...

  2. 親だって不登校初心者だから - アガパンサス日記(ダイアリー)

    親だって不登校初心者だから

    8月も後半に入りました。子どもが学校に行くか行かないか気にしなくていい夏休みも終わりに近づきました。この時期、親はどうしても焦りがちです。「2学期からは行くよね」オーラを身にまとってしまいます。そのことが子どもを苦しめることを知っておいてほしいのです。夏休み前に学校に行けなかった子どもは、子どもなりに考えています。「学校に行きたいけど身体が動かない」「行くのは嫌だ」「行きたい時だけ行ってもい...

  3. 歩いていた夜 - アガパンサス日記(ダイアリー)

    歩いていた夜

    一昨日のさなトラブログ「夜を歩く」を読んでいたら、自分が夜歩いていた頃を思い出しました。1人ではなく、似たもの同士の次男とです。不登校の例に漏れず昼夜逆転となっていた次男、話ができるのは夜だけでした。17,8歳の頃、彼は夜中に1人でふらりと出て行っていましたが、気が向いた時には私を誘ってくれるのでした。あたりの静まった10時とか11時とかですね。その頃私は昼間は外で働いていたし、自宅に持ち帰...

  4. 愛の花 - アガパンサス日記(ダイアリー)

    愛の花

    先日のしょこトラブログで、私たちのユニット名「咲くふぁ」のナゾについてご説明いたしました。私たちが不登校問題を考える活動を始めて早、丸3年。立ち上げ当初、お話しさせていただき、もうあらためて説明する必要もないだろうと思っていたユニット名。でも、もうその立ち上げ時期をご存知ない方々もたくさんいらっしゃるのだなあと、「咲くふぁ」のナゾが解けました、というご感想を読みながらしみじみ思う両トラです。...

  5. 空がいた日々❶ - 「脳‐身体‐心」の治療室

    空がいた日々❶

    空がいた日々❶19年間、共に暮らした空(くう、19歳)が天寿を全うしての大往生。我が家の愛犬や愛猫たちが眠るペット霊園に、空も入った。何時も花が絶えない合同墓地。葬儀の日にも、霧雨のなか次々と花を供えてお参りする人が続いていた。空のいた日々を回想して、写真をアップしておこう。「想い出」だもの......空にいたずらして、ネッカチーフを被せてみた。ちょっとお気に入り目線。先住犬の桐子と並んで、...

  6. あれから - 高山ケンタ「日々の珈琲」

    あれから

    あれからと、これからと・・・script data-ad-client="ca-pub-9128737881608869" async src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

  7. 私は子どもに寄り添えない親でした - アガパンサス日記(ダイアリー)

    私は子どもに寄り添えない親でした

    学校、とは何だろう?子どもたちの学びの場、楽しく過ごせる場。そうあってほしいと思わずにはいられません。次男が中学校に入った時、そこには小学校時代のゆるやかで楽しげな雰囲気は全くありませんでした。いわゆる「荒れた学校」になっており、先生方は常にピリピリしているのがわかりました。1つ上の学年で問題が多発したとのことで、次男の入学時から「この学年は初めから締めていきます」感がありました。不必要に大...

  8. 左利き - アガパンサス日記(ダイアリー)

    左利き

    冠婚葬祭や各種展示会、発表会などの芳名帳に記名するのが苦手です。字が上手くないというのはもちろんですが(威張れない)、筆記用具の持ち方を見られることに緊張します。鉛筆(万年筆やボールペンも)の持ち方が変なんです、私。こんな感じ↓。こういう握り方をすると手首が上手く使えなくて、伸びやかな字が書けません。力が入りすぎですぐ疲れるし。そこまでわかっていて、なぜ直さないの?と思われる方、いらっしゃい...

  9. だまされる梅 - アガパンサス日記(ダイアリー)

    だまされる梅

    立春過ぎて、そうだ、梅の花の咲く時期。桜の季節はSNS上に桜の写真が溢れるけれど、梅はそうでもないですね。地味だから?いや日本人にとって桜が特別だってことか。そんなことをつらつら考えていたら、昔々、子どもの頃遊んでいた歌を思い出しました。「梅と桜」2人の子どもが門を作っていて、その間を数人が歌いながらくぐります。門の2人がそれぞれ「梅」「桜」なのですが、くぐる子どもたちには知らされていません...

  10. 名前、音、ともだち - アガパンサス日記(ダイアリー)

    名前、音、ともだち

    子どもの名前は親からの最初のプレゼント。我が子にはたっぷりの愛情を込めて、響きが良くて、よそではあまり聞かないオリジナリティがあって、漢字の画数にもこだわって…考え抜いた名前を検索すると既にある名前だから、また初めから考え直すという方々もいるそうです。すごいなあ。今どきのお子さんの名前は、ふりがなを付けてもらわないと読めないものが多いですね。なぜこんな漢字を?という名前にも時々出くわしますが...

  11. 成人式と二分の一成人式 - アガパンサス日記(ダイアリー)

    成人式と二分の一成人式

    昨日は成人の日でしたね。福岡市では二部制で式典が行われた模様。北九州市では一昨日に例年通りド派手ないでたちの新成人が繰り出していた模様。当日に中止になって、早朝から振袖の着付けをしてしていたのに泣いた人のいるところもあるとか…いろいろニュースで出ていますが、「成人式」って果たして必要なんだろうか?と私は思っています。理由はここに書くまでもないので書きませんが。もっと「?」なのは小学校で恒例と...

  12. 半開きのドア - アガパンサス日記(ダイアリー)

    半開きのドア

    今私が書斎として使っているのはトラ子が自室として使っていた部屋。リビングとはドア一枚で繋がっています。元々トラ子はあまり籠るタイプではなく、自室のドアは常に半開き。私がリビングにいる時は一緒に過ごし、勉強もダイニングテーブルでするし、自室でする時もドアは開けたままでした。猫と暮らすようになってからはますますそう。お猫さま、お出入り自由です。そんなトラ子の自室ドアが、ある時期ぴっちり閉じられて...

  13. クリスマス、BGM、困り感。 - アガパンサス日記(ダイアリー)

    クリスマス、BGM、困り感。

    日曜日、「抱樸」の奥田牧師のお話を聴いた後、さな、しょこトラは会場で出会った美果ちゃんと3人でお話しすべく市役所前広場へ。そこでは、寒い屋外で三密回避、会場に入るには検温、手の消毒が必要という、これまでにない形の天神クリスマスマーケットが開かれていたのでした。ステージでは、素晴らしい歌声が響き、クリスマス気分を盛り上げます。マスクして、大きな音のBGMの中でのおしゃべり。この時は、話自体が楽...

  14. 心はそう簡単には折れない - アガパンサス日記(ダイアリー)

    心はそう簡単には折れない

    風になびく柳の枝。8年前、台風が通過した翌日、私は大濠公園のベンチにぼんやり座っていました。次男が高校で不登校になり、中退して、私は親としてようやく彼を理解し始めた頃でした。職場がすぐ近くだったので、帰宅前に公園に行くことがよくありました。ひとりで心を鎮めてから、帰宅する。お濠を渡る風や、鳥たち、空に力をもらっていたのでした。この日は、強力な台風一過で公園の松の木が何本か折れたあとでした。ベ...

  15. マリアの懊悩 - アガパンサス日記(ダイアリー)

    マリアの懊悩

    わが家のリビングの壁には大天使ガブリエルとマリアの絵があります。モチーフはもちろん、受胎告知。シエナ派の画家、シモーネマルティーニの作品のガブリエルとマリアの部分だけを切り取ったポスターそれぞれを90度の角度の壁にかけ、膝まづくガブリエルがマリアに受胎を告げる場面を再現しているつもり。こんな角度にしたのは二人が向き合って話している雰囲気にしたかったから。『受胎告知』を観たのは24年前。新婚旅...

  16. カブトとクワガタとセミブローチ - アガパンサス日記(ダイアリー)

    カブトとクワガタとセミブローチ

    お盆ですね。今年の夏はいつもと違う夏、とはいえカレンダーの日付は着々と進んでいきます。心なしかセミの鳴き声もパワーダウン。ツクツクホーシの鳴き声に変わるのももうすぐかな。先日、宮崎の義弟がカブトムシとクワガタムシを千葉に住む私のマゴたちに送ってくれました。夜の散歩をしていると、カブトやクワガタが次々に現れるので我慢できずに捕獲したとのこと。マゴたちもだけれど、その父(私の長男)が大喜びしてい...

  17. (私にとっての)名馬サンのこと - アガパンサス日記(ダイアリー)

    (私にとっての)名馬サンのこと

    昨日、馬について書いていたら、色々思い出すことがありました。28歳の頃、当時住んでいたS市に乗馬クラブができました。偶然通りかかり、試乗できますと言われた私、躊躇なく乗りました。元々馬が好きでしたし、ちょうど何かを始めてみたいと思っていたのです。結果、即入会。それ以降、結婚するまで6年間、馬中心の暮らしをしていたのです。週末は必ず乗りに行きました。乗るためにはまず、馬装します。事前の手入れで...

  18. ことばのちから - アガパンサス日記(ダイアリー)

    ことばのちから

    ずーっと前のこと、とある高校に見学に行き、「どうしてこの学校に来たいと思うんですか?」と聞かれて「…えーっと、消去法で…」と答えた人がいました。言われた相手はまさに、「苦笑」を浮かべていました。横でやりとりを聞いていた私は「正直なのはいいんだけどさ〜消去法はないよな〜」とガックリ。たぶん「今の自分には他の学校は無理だから」残ったということで「消去法」と言ったのでしょう。でも、「今の自分に合う...

  19. そら豆、免疫力、子どもたち - アガパンサス日記(ダイアリー)

    そら豆、免疫力、子どもたち

    免疫力アップがいつにも増して必要なこの頃。旬の食材からパワーをもらいます。八百屋の店先で、空豆がカゴに山盛りで150円で売っていたのでもちろん買い。空豆、そら豆、ソラマメ。まず、名前がいいよね。楽しい。そしてこの形。大きなサヤの中に2つか3つ。出てきた豆の形は、おくるみに包まれた赤ちゃんを思わせます。(誰だったか、幼児の頭みたいとも言ってたけど…)昨夜、サヤから豆を出しながら、我が家に生まれ...

  20. まゝに/回想13years ago - Maruの/ まゝに

    まゝに/回想13years ago

    5月の雑記HDDを引っ張り出してバイクに乗って、もう40年になってしまった2007~2010

総件数:70 件

似ているタグ