因果応報のタグまとめ

因果応報」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには因果応報に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「因果応報」タグの記事(29)

  1. 天網恢恢 - 金曜日のゲーテ

    天網恢恢

    天網恢恢疎にして漏らさず(てんもうかいかいそにしてもらさず)悪人を捕らえる天の網は、目が粗くて、悪人は網の目からこぼれ落ち、天罰から逃れられているように一見、見えるかも知れないが、悪人は天の網からは逃れられないものだよという言葉です。類似語では、因果応報がありますね。先日、海外の動画で、生まれて間もない子牛を、殴ったり、踏みつけたりして、ストレス解消をしている酪農従事者を見ました。もう、胸が...

  2. 運がいい人、悪い人 - 仏教フリーク

    運がいい人、悪い人

    パナソニックの創業者の松下幸之助のエピソードをご存知ですか。松下幸之助は、入社の面接で、あなたは運がいいですか、と質問し、自分が運が悪いですと答えた人は不採用にしたそう。私たちも、普段、自分は運が悪いですとか、私は今日は運がいいです、という会話を耳にしたことがあると思う。運がいいとか、運が悪いとはどういうことか?イギリスの心理学者リチャード・ワイズマン博士がした実験を紹介したい。自分が運がい...

  3. 上司の指示があいまいです - 仏教フリーク

    上司の指示があいまいです

    今の上司の人は、優しい性格なのですが、そのせいか指示が曖昧で、計画にも具体性がありません。どう接したらいいでしょうか。俗に言う、いい人、ですね。波風立てず、表面的には部下とも人間関係は良好ですね。最近は、こういう上司増えています。厳しい先輩は嫌われる傾向にあります。確かに自分に厳しくいう人よりも優しくしてくれる人がいい。厳しければいいとか優しいからいいということでもありません。一見、部下のこ...

  4. 運命は誰が決めたのか、3つの教え - 仏教フリーク

    運命は誰が決めたのか、3つの教え

    私たちは、誰しも、自分の運命がどうなるか知りたいと思います。また、どうして今こんな運命を受けなければならないのかどうしてこんな運命になったのか知りたいと思います。運命は誰が決めたのでしょうか。これは科学では今のところ分からないので、みんな宗教を頼るしかありません。誰が決めたのかというと神が決めた、私たちの幸せや不幸は神の力によるものだというのは神道ですし、神が運命を作ったというのはキリスト教...

  5. 生まれてから死ぬまでひとりぼっち。死んだらどうなる? - 仏教フリーク

    生まれてから死ぬまでひとりぼっち。死んだらどうなる?

    ブッダは、お経に人世間愛欲の中にありて独り生まれ独り死し独り去り独り来たると教えられています。自業自得の因果の道理は、独り独りです。生まれてから死ぬまでひとりぼっちで、死ねば、一人一人まいた種に応じた世界にゆきます。愚痴もうまいにして、というのは、心がくらい、真実を知らないのです。どう生きるかは知っています。でも死んだらどうなるかは分かりません。智慧がないのです。慈愛の心もありません。愚痴の...

  6. 「桜に罪は」ありません・・・2019年12月10日 - かるさんの日々

    「桜に罪は」ありません・・・2019年12月10日

    9日の月曜日、野党の抵抗もむなしく臨時国会が閉幕しました。与党は提出したほとんどの法案が通り、これ以上の会期延長は必要無しと言い張っていました。ですが、この臨時国会中、どんな法律が成立したのか?国民にはあまり分かりません。今国会の開会中の主題は「桜を見る会」に終始しました。数々の疑惑にまともに応えることもなく、首相が逃げ切りを図ったのは、森友・加計学園など政権基盤が揺らいだ問題でも野党の追及...

  7. 煩悩しかない人間の姿 - 仏教フリーク

    煩悩しかない人間の姿

    私たちの心の病を、仏教では、「無明業障の恐ろしき病」といわれます。「無明」というのは、ここでは煩悩のことです。煩悩で悪ばかり作って死ねば一大事、そういう悪ばかり作っている病人です。それで私たちは、煩悩はコントロールせねばならないと思っています。コントロールせよといったら、コントロール出来る心があるということです。逆に、煩悩はコントロールできないといったら、どうでもいいと思ってしまいます。麻薬...

  8. すべての人は心の闇をかかえる病人 - 仏教フリーク

    すべての人は心の闇をかかえる病人

    仏教では、すべての人は病人だと教えられています。ブッダは、「難化の三機、難治の三病」といわれています。親鸞聖人もその通りに同じように言われています。蓮如上人はこれを、無明業障の恐ろしい病といわれています。恐ろしいというのは、かかっているのに自覚がないということです。癌も早期発見できれば治るのですが、自覚がないから、恐ろしい病なのです。では、無明業障とはどんな意味かといいますと、無明とは心の闇...

  9. すべての人は心の闇をかかえる病人 - 仏教フリーク

    すべての人は心の闇をかかえる病人

    仏教では、すべての人は病人だと教えられています。ブッダは、「難化の三機、難治の三病」といわれています。親鸞聖人もその通りに同じように言われています。蓮如上人はこれを、無明業障の恐ろしい病といわれています。恐ろしいというのは、かかっているのに自覚がないということです。癌も早期発見できれば治るのですが、自覚がないから、恐ろしい病なのです。では、無明業障とはどんな意味かといいますと、無明とは心の闇...

  10. 天台宗・法相宗の受けた因果応報 - 仏教フリーク

    天台宗・法相宗の受けた因果応報

    法然上人・親鸞聖人は、当時の仏教界をみられて「今の仏教は狂っている。仏教になっていないじゃないか」ということで大変な憤りをもたれました。そこでそれを改革しようとされ、実際に改革されました。人々はそれに魅力を感じてそちらへ多くの人がだーっと流れました。だけど天台宗や法相宗の彼らにとって都合が悪かったのです。こんなことはいつの時代でも起きるんですね。実は親鸞聖人の時代から250年下った室町時代に...

  11. 偽太夫の正体を知る 三 - 令和氣淑

    偽太夫の正体を知る 三

    先日、関ヶ原の合戦を題材とした映画が地上波テレビで初放送され、自称太夫の一人が出演したと自分のSNSで掲載してましたがそもそも「太夫」、「芸舞妓」が「エキストラ」として出演することはあり得ません。太夫・芸舞妓の外部出演・出張は必ず花街組合、または置屋を通してから許されます。映画・テレビドラマにおいて端役で出ていると言うことは大した「実績」が無いという事でしょう。もう一人の「偽太夫」、かつて嶋...

  12. 情けは人のためならず - 私の心の宇宙

    情けは人のためならず

    これ、どう言う意味?人に対する情けは自分のためか?人に情けをかけるのはその人のためにならない?情けにもいろいろあって、深情けが誤解を生むこともある。まあ、それはさておき、文化庁の説明は「情を人にかけておけば,巡り巡って自分によい報いが来るということ」とある。意味はその通りだが、その表現には違和感がある。打算的な響きがある。露骨ではない、もう少し深い意味を含んでいるのではないか。自分のことしか...

  13. すべての結果には必ず原因があるのが宇宙の真理 - 仏教フリーク

    すべての結果には必ず原因があるのが宇宙の真理

    因果の道理、良い種蒔いたら良い結果。悪い種には悪い結果、自分の蒔いたものは全部自分の返ってくる。自業自得です。蒔いた種は必ず生えると言うことですよ。しかも、蒔いた種に応じた結果が現れるってことです。これを因果応報といいます。これは宇宙の真理ですから、いつでもどこでもかわらないことです。すべての結果には必ず原因があります。これ曲げられますか?これが曲がったら、私たちが学んでる学問、全部崩壊する...

  14. 死んだらどうなるか生きてるときに知る方法 - 仏教フリーク

    死んだらどうなるか生きてるときに知る方法

    今がわかれば過去世に戻らなくても今の姿が判れば過去世のことがわかります。因果応報だからです。過去世に戻らなくても、タイムマシンがなくても、そんなものないけど、今の姿がわかれば過去世のことがわかります。自分の過去のたねまきが、自分の現在の運命を生みだしたからです。死んだらどうなるか、今の姿がハッキリすればハッキリします。だから仏教の出発点は自己自身を知ることです。短い言葉ですが大変な御心が込め...

  15. 因果応報は過去、現在、未来を貫く - 仏教フリーク

    因果応報は過去、現在、未来を貫く

    過去も未来も現在に収まっているいるという『三世因果』を説かれたブッダのお言葉と根拠は何か。汝ら、過去の因を知らんと欲すれば現在の果を見よ。未来の果を知らんと欲すれば現在の因を見よ。(因果経)因果経というお経が一切経にありますが、こういうお言葉があります。「汝ら」のとは、あなたに対してということです。お前達よ、過去の因を知りたければ、欲するとは求めると言うことですから、知ろうと欲する。過去の原...

  16. 泥棒の報いと呪い - 仏教フリーク

    泥棒の報いと呪い

    あるところに、泥棒が入りました。ところが、その泥棒が入ったところには空手5段の主人がいました。返り討ちにあって、骨を折られました。ところが盗んだのは1000円。泥棒は「金は返すよ。でも骨折った慰謝料を払え」という言い分をいっても、成り立ちません。正当防衛ですし、仏教では因果応報といって、泥棒した報いです。現代では引き寄せの法則で、楽して儲けようという愚かな思いが、骨折を引き寄せたのです。そう...

  17. 3/31   明日の自分に丸投げすると。。。 - ヒーラー岸田天道の ”心が10倍ラクになるコツ”

    3/31 明日の自分に丸投げすると。。。

    たいていの心のモヤモヤはそれが何なのか自分でも分かっているはずです。提出物、仕事でしないといけないこと、決定事項、約束事の返事、引き受けた用事、友人への連絡、不調部位の受診、、、もしこれらのことで今日もモヤモヤしているなら先延ばしはいけないとわかっていながらも昨日の自分が今日の自分へ丸投げした結果です。それを”怠け心”といいます。結果があるということは原因があるということですから、それらのモ...

  18. 因果応報なのに起きてくる愚痴の心 - 仏教フリーク

    因果応報なのに起きてくる愚痴の心

    電車に乗っていて急ブレーキがかかり、子供が窓に頭をぶつけて泣き出しました。普通は、窓を悪者にするところ、あるお母さんが「この柱も痛かったのよ、一緒になでてあげましょう」と教えてやっていた。普通は自分を苦しめた相手を憎みますが、それが恥ずかしくなるような母親のせりふです。あなたなら、どう思いますか?たぶん、窓を叩いてしまうんじゃないでしょうか。人のせいにする心があるということですね。人のせいに...

  19. 真如の月が見てござる - 仏教フリーク

    真如の月が見てござる

    「あざむくな真如の月が見てござる」という歌があります。仏様は見聞知といわれます。見ておるぞ、聞いておるぞ、知っておるぞ、と私たちの種まきすべてお見通しであるということです。とかく私たちは、人のみている前では、うわべをとりつくろいがちです。私自身もそうですから、よく分かります。しかし、どれだけ人前でそのように取り繕ったとしても、仏様の目はごまかせないのです。家で一人いるとき、どうしているでしょ...

  20. 口から出ることは... - Miwaの優しく楽しく☆

    口から出ることは...

    春を感じるお花。なるべく今は絶やさないように。季節を感じる植物は旬の食材と同じように今一番必要な力を与えてくれます。三寒四温。くるくると変わる気候。体調を崩す人も多いですねぇ。この変化がストレスになってしまうこともあります。どうぞご注意くださいね。先日、久しぶりに実家に帰ったという友達の話を聴きました。その時に、お世話になった叔父さんの家に行ってお土産を渡しに行ったそうです。その時に、いろい...

総件数:29 件

似ているタグ