団体・臨時列車のタグまとめ

団体・臨時列車」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには団体・臨時列車に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「団体・臨時列車」タグの記事(25)

  1. 鮮魚団体、再び - ヒマたびブログ ~いつまでたっても出戻り~

    鮮魚団体、再び

    3月と全く同じスジでやってきたX82鮮魚団体。前回は名古屋寄りにある塩浜の渡り線を使いました。今回は?まぁ天気が前回と変わり映えがなかったもんですから、さんざん考えた結果がまた塩浜。むしろ動画向けが良かったのかもしれません。描くべきは右端の青信号。下り1番線に入った列車は逆向きになり、渡り線で上り線に進入。走行は何処へ行っても何度も撮れますが、私は1回しかない行程が命だと考えます。2019....

  2. あれから10年Ⅴ - ヒマたびブログ ~いつまでたっても出戻り~

    あれから10年Ⅴ

    国鉄型が生きていたあの頃。会社間なれど、国鉄型だからこそ走った修学旅行臨。その昔はキハ58・28が大手を振って走っていましたが、気付いた時にはキハ181系でした。シーズンともなれば、黒煙全開で加太越え。そんなキハ181系も全廃されるとそうなってしまうのです。2009.6.4.撮影

  3. あれから10年Ⅳ - ヒマたびブログ ~いつまでたっても出戻り~

    あれから10年Ⅳ

    あの時は思い付きで行ったんだろうか。10年前のあの頃、しなので思い入れのある381系。何時ものように走っていたやまとじライナー、朝の水鏡を描いてました。10年であっという間に国鉄形車両が去っていった現実。2009.6.2.撮影

  4. 雨の晴舞台 - ヒマたびブログ ~いつまでたっても出戻り~

    雨の晴舞台

    近鉄50000系SV01しまかぜ、お召列車として輝きました。この場合は走行よりもゆっくり走るサイドを狙わないとね。残念ながら天皇陛下は南側でしたが、皇后妃殿下は右から4つ目、北側の一人席にいらっしゃいましてね。南側はもちろん空き線の余裕がなく、北側は上り線と三岐鉄道線の2線の余裕があったのでそちら側で。もう少し描きたかったんですが、ゆっくり走る区間は限られますからねぇ・・・撮れただけありがた...

  5. 主役は渡り線 - ヒマたびブログ ~いつまでたっても出戻り~

    主役は渡り線

    近鉄鮮魚列車団体、主眼点はX82だけではない。普段使わない渡り線が主役だと感じましてね。合法的に撮影するのも大変でした。2019.3.17.撮影

  6. 丸みとインカーブ - ヒマたびブログ ~いつまでたっても出戻り~

    丸みとインカーブ

    下回り485系の残党、宴の隠れた魅力を何気なしにインカーブ攻め。当時は来るんなら撮っておこうかということでのノリ。ボディを生かすも殺すも撮影者次第だと今思いました。2012.6.2.撮影当時は左上にTG01とは書かれてなかったと見てますが。

  7. 前も書きましたが - ヒマたびブログ ~いつまでたっても出戻り~

    前も書きましたが

    OM3兄弟には色とりどりのヘッドマークが入ってました。その中に入っていた「修学旅行」。その界隈の学生さんが羨ましかったのも良き思い出。でも、一番の華はOMダブルの修学旅行12連でした。残念なことに車掌によっては素っ気ない「団体」を食らわされことが2回あって結局モノに出来なかったのは残念。まぁ名古屋からわざわざ撮りに来るヤツもそんなに居らんかっただろうに。それに一匹狼なのでほとんど事前情報なし...

  8. ドルフィンの群れが押し寄せた - ヒマたびブログ ~いつまでたっても出戻り~

    ドルフィンの群れが押し寄せた

    初夏のあの頃これももう終わりじゃないかと思って急いで撮影したものです。183系OM3兄弟の修学旅行幕もさることながら、K40+K60修学旅行10連も華でした。とは言え、昨今の劇パは全くなく平和な撮りでした。2012.6.3.撮影

  9. 幌に泣かされた薬王寺臨 - ヒマたびブログ ~いつまでたっても出戻り~

    幌に泣かされた薬王寺臨

    去年の2両運行だった薬王寺臨は高松から阿波池田迄送り込み回送がありました。そうなると編成が逆向きになり、徳島向きは幌のない、「幌影」のない画を撮る目論見がありました。しかし蓋を開けてみると、いつもの剣山、むろとの如く徳島・牟岐側に幌が付いた団体専用。そうなるとヘッドマークが右側の影で表せない手痛いミス。移動して返しは幌なしで撮りましたが・・・どうも今回は剣山の4両運用を2号から12号に差し替...

  10. 主眼点が回送になってしまった団体臨時列車 - ヒマたびブログ ~いつまでたっても出戻り~

    主眼点が回送になってしまった団体臨時列車

    撮影者もそう多くない「未来クリエイター家康」ですが、掻い摘んで調べると光線がいいのは3つの区間しかないわけでして。それが「分かるよう」にするには見下ろししかなくて。でもね、そういう現場が本当に少ないのと天気が良くなければ映えないんですよね、ラッピングって。妥協線で過去のデータを引っぱり出して検討すると、光線量はまずまず。ですが、いざ現場に行ってみると1ヵ月早かったほうがサイドも表現できたんじ...

  11. 先行き不安なる - ヒマたびブログ ~いつまでたっても出戻り~

    先行き不安なる

    中山道トレインの乗車率・・・2018.11.11.撮影

  12. 南予よいとこ - ヒマたびブログ ~いつまでたっても出戻り~

    南予よいとこ

    一度はおいで2018.11.3.撮影

  13. 黄色は順光線下でⅡ - ヒマたびブログ ~いつまでたっても出戻り~

    黄色は順光線下でⅡ

    オレンジレンジ看板車を撮った後、相棒は1日入院。適度に過ごして、相棒も戻って夜。知り合いさんがそう言ってたので、せっかくこういうお題が出たのならば足を運ぶことに。毎度のごとく270キロ離れたこの地へと。久しぶりの展開でございました。この立ち位置で撮った記憶はあっても天気が宜しくなかったんでねぇ。2018.10.28.撮影

  14. 地元でグダグダになるな - ヒマたびブログ ~いつまでたっても出戻り~

    地元でグダグダになるな

    最初、久々に和歌山線界隈に行こうと意気込んでいた割に、途中の亀山手前で「亀山配給」があるとの報最近非常に多い「途中からグダグダになる症候群」が猛威を振るいました。とは言え、やるべきことは徹底的に調べ上げ、結論としてはこうなりました。103系の団体、えらい人出だったようで。でも、そういう喧噪な空気がもう嫌なんですよね。同業者も数えるほどしかいないこののどかさがちょうどいい。のんびりと過ごしてお...

  15. NS白子特急、雨の目論見再び - ヒマたびブログ ~いつまでたっても出戻り~

    NS白子特急、雨の目論見再び

    4年ぶりにお目にかかれたNS白子特急。雨の目論見、今回はトンネル抜きで攻める。アーバンライナーだったり、ACEだったりでなかなかNSに入ってくれなかった白子特急。4連目にはちょうどいい頃合いでした。2018.10.6.撮影

  16. トリプルブッキングが呼びこんだ「全く知りません」 - ヒマたびブログ ~いつまでたっても出戻り~

    トリプルブッキングが呼びこんだ「全く知りません」

    7月27日のトランポトリプルブッキングが来る想定から1ヶ月以上前。そうなっては困るので、わざわざ大阪に行軍。目標はオリックス劇場のMrs.GREENAPPLE看板車。実はその翌日、事前にトワイライト瑞風が4連で上がってくる情報を仕入れていました。折角なんでそれを撮ってゆっくり帰ろうと思い、現場で車中泊。朝起きて現場に行くと、異様なほどの同業者の数。まさかねぇ・・・情報を見ると白浜工臨の返空が...

  17. 二日前くらいに知った - ヒマたびブログ ~いつまでたっても出戻り~

    二日前くらいに知った

    「臨時EL急行」そもそも、下りを順光線下で撮ること自体厳しいから曇り加減を狙っているわけで。だから、追っかけをする意味がほとんどないと思うんですよね。気を張って運転するより、クルマの中でゴロゴロしながら撮るのも幸せなのよ。2018.7.8.撮影

  18. 4年ぶりのビール列車 - ヒマたびブログ ~いつまでたっても出戻り~

    4年ぶりのビール列車

    午後6時を過ぎてから走る大井川鐡道ビール列車。毎度のことながら、SLは射程圏外。E34、E32が復活したので、毎年の風物詩もきちんと記憶にとどめておく。まだまだ現役バリバリの様子。2018.7.7.撮影

  19. コンパクトな - ヒマたびブログ ~いつまでたっても出戻り~

    コンパクトな

    瑞風さんがお越しになりました。よくよく考えたら、黒編成も短編成で撮ってるものの、フル編成は未だ撮ってません。2018.6.16.撮影

  20. 輝きと霞みと - ヒマたびブログ ~いつまでたっても出戻り~

    輝きと霞みと

    四季島と2018.4.28.撮影

総件数:25 件

似ているタグ