囲碁のタグまとめ

囲碁」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには囲碁に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「囲碁」タグの記事(7)

  1. 地元の星 六浦七段 - 緑区周辺そぞろ歩き

    地元の星 六浦七段

    六浦(ムツウラ)雄太七段(18才)は地元緑区の出身のプロ囲碁棋士です。将棋界では、藤井聡太四段の活躍が何かと話題ですが、囲碁界でも愛知旋風を巻き起こしているのがこの六浦七段です。プロ公式戦「阿含桐山杯 全日本早碁オープン戦」で先月みごと優勝し、三段から一気に七段まで駆け上がりました。全棋士参加の棋戦での優勝は、史上3番目の年少記録だそうです。囲碁一家(両親とお姉さんも有段者とのこと)に育った...

  2. 新聞社・囲碁タイトルは破産 -   時代に合った新規ビジネスを思案

    新聞社・囲碁タイトルは破産

     新聞・囲碁タイトル破産 下手な人間同士が勝負した記録などに1億円出す余裕などない。新聞社は趣味で経営はできない。いかにして囲碁将棋欄をなくし、別の利益になることをするか・とりあえずタイトル賞金は半額の半額にし、人員整理。囲碁革命・・弱い相手に人間が7冠などと騒いでるが。囲碁のライターは、書くことがないから井山七大タイトルと騒いでるが、相手がよわすぎるからです。井山という人が、ぼろ負けしたA...

  3. 囲碁名人戦第5局封じ手までを碁酪で判定 - わたらせ

    囲碁名人戦第5局封じ手までを碁酪で判定

    まずは封じ手までのポテンシャル分布図1.ポテンシャル図勢力判定2種ポテンシャルを移動閾値による地判定*1黒は20手頃から一手づつの攻防があり、徐々に良くなっており、上辺の黒が生きれば勝ちである。白は黒を補足すればもちろん逆転である。朝日新聞のAI棋神は黒56%、白44%と読んでいるが白が上辺の黒を補足する確率が若干低いということか、その差が大きいとみるか小さいとみるかどうであろうか。いずれに...

  4. こちらも年内には最高値を抜きたい。 - ホンマ!気楽おっさんの蓼科偶感

    こちらも年内には最高値を抜きたい。

    2017年10月14日(土)先週の日本株式市場は9連騰でアベノミクス高値を更新し、ついに1996年以来、21年ぶりの日経平均株価2万1000円台乗せを実現。「ここからは日経平均のフシらしいフシが見当たらない。次はアベノミクス高値から遡ることおよそ20年、1996年6月につけた戻り高値2万2666円というはるか高峰を“業績相場”の名のもとに目指すことになる」。とはやし立てているが、こちらのグラ...

  5. 対戦形式は面白い! - 居空間RoCoCo

    対戦形式は面白い!

    初心者のための囲碁教室、今日も最初から先生と対戦です。4人が並んで、先生が順番に指していってくださいます。指し手が進むと次どこに指せばいいのか考えているうちに先生が回って来られます。次どうすればいいのか聞きながら指します…。この手はいい手ですと褒められるとうれしくなりますが、どこがいいのかがわかりません(;^_^Aこの手はよくないですと言われると、じゃあどこに指せばいいのかより良い手を考えま...

  6. 納涼 囲碁まつり ホテル阪急インターナショナル - noriさんのひまつぶ誌

    納涼 囲碁まつり ホテル阪急インターナショナル

     8月13日(日)、14日(月)と阪急電鉄納涼囲碁まつりに行った。かって、近鉄囲碁祭りとして、阿倍野の近鉄百貨店で行われていた催しが、新阪急ホテルで行われるようになり、2年前からは、ホテル阪急インターナショナルで開催されるようになった。 13日は大阪スカイビルのシネ・リーブルで「パリ・オペラ座」を見てから、会場に入った。公開早碁の山田規三生九段と坂井秀至八段の終盤のところを見た。会場でホテル...

  7. DeepZenGo対『GodMoves』の記事で分析 -(4) - わたらせ

    DeepZenGo対『GodMoves』の記事で分析 ...

    (3)に続き白が負けを認めるまでを記す。下に棋譜とその解説を参考にした。 これまで通り最終盤面と碁楽によるポテンシャル分析とポテンシャルに基づいた形勢判断を示す。図1.221手目この後 白DeepZenGoが負けを認める図2.ポテンシャル盤面はほとんど確定され手の余地が無いことを示している。図3.形勢判断緑線:地合の差(今回取り入れた形勢判断)青線:形成の差(碁酪で使っていた従来の判断)図4...

1 - 7 / 総件数:7 件

似ているタグ