図書館・書店のタグまとめ

図書館・書店」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには図書館・書店に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「図書館・書店」タグの記事(9)

  1. 京都「私設圖書館」というライフスタイル - TimeTurner

    京都「私設圖書館」というライフスタイル

    型にはまらない生き方をしたいと考えた著者は、大学卒業後、就職や大学院進学という道を選ばず、木造二階建て借家の一階で有料の私設図書館を始めた。椅子と机と本棚を用意し、客は好きなだけそこにいていい。本を読んでもいいし、勉強をしてもいい。まわりの人からは道楽だと言われながら、それから四十余年、営業は続いた・・・。京都にこんな図書館があるなんて初めて知りました。年に一度は京都に行っていた頃に知ってい...

  2. The Haunted Bookshop - TimeTurner

    The Haunted Bookshop

    ブルックリンにあるParnassus at Homeは、ロジャーとヘレンのミフリン夫妻が経営する小さな古書店。看板に「This Shop is Haunted」とあるように、ロジャーは本に憑りつかれた本の蟲だ。11月のある夕方、この店に若い広告マンが仕事をとりにやってきた。妻が旅行に出てしまい話相手に不自由していたロジャーはこの若者オーブリーを夕食に誘い、本へ関する薀蓄をとめどなく語る・・・...

  3. モノ・ジョーンズとからくり本屋 - TimeTurner

    モノ・ジョーンズとからくり本屋

    モノ・ジョーンズは小さな本屋〈白鹿亭〉で母ネティ、兄マイケルと暮らしている11歳の女の子。商売は低調で母親はやりくりに四苦八苦していたのだが、ある日、ロンドンにある大書店〈本の王国〉の店主モンゴメリー氏が引退を宣言し、抽選に当たった人にただで譲るという広告を出した。そしてなんと、ネティが当選した!喜びいさんでロンドンへと出ていった3人を待っていたのは驚くべき冒険だった・・・。『書店主フィクリ...

  4. ROM(Revisit Old Mysteries)s-002 - TimeTurner

    ROM(Revisit Old Mysteries)s...

    先日の文学フリマで入手した同人雑誌。s-002となっているのは以前からのROMが144号で終了し、そのあとに新生ROMとして再出発したからのようだが、残念ながら関係スタッフの高齢化問題(!)のため今号で廃刊、Re-ClaMに合流すると書いてあった。156頁ある中の3分の2くらいをひとりの執筆者(小林晋氏)が担当しているのを見ると、まあ、やむをえないのだろうなあと思う。本邦未訳の作品を読みたい...

  5. ネット時代の図書館戦略 - TimeTurner

    ネット時代の図書館戦略

    ネット検索で手軽に情報を入手できるこの時代に、公共図書館はどうあるべきか。すべての人が情報にアクセスし、知識を得る権利を守るための図書館の変革と未来像を、米国デジタル公共図書館設立委員長が提唱する。求めていたものとは少しずれてたかな。利用者としてネット時代に図書館をどう使えるのかを知りたかったんだけど、司書の立場で図書館をどう変えていくかが取り上げられている。とはいえ、図書館の将来を考えるこ...

  6. 公立図書館の経営 - TimeTurner

    公立図書館の経営

    公立図書館は、地域においていかなる役割を果たしてゆくべきか。公立図書館のしごとやサービス、資料の管理、行財政、施設管理と運営、図書館をはじめるにあたっての準備などを主に図書館長、図書館員向けに解説した本。図書館でリサイクル本になっていたのをもらってきました。日本図書館協会が出しているので、「図書館の自由に関する宣言」を軸に、まずは日本国憲法の「国民主権」から始めているあたりは好感が持てます。...

  7. 図書館の長期貸出 - TimeTurner

    図書館の長期貸出

    近所の図書館に所蔵されている児童書2冊が、ずっと貸出中になっていました。6月に訊いたら学校へ7月31日まで長期貸出中だと言われました。だったら8月に借りようと思っていたのに9月になってもまだ戻らない。区内の他図書館には在架があるので予約を入れればいつでも借りられるけど、予約枠を一杯まで使っている私としては、近所の図書館に蔵書があるものは予約枠を使わず棚から借りたい。そこでもう一度訊きました。...

  8. 「自由宣言」と図書館活動 - TimeTurner

    「自由宣言」と図書館活動

    図書館の役割の、理念と決意の表明としての「図書館の自由に関する宣言」。図書館の資料収集・資料提供の自由、利用者情報の守秘、すべての検閲への反対を謳った、改訂「自由宣言」が今日の情報化社会においてもつ意義を中心に多角的に考える論考集。4月30日は図書館記念日です。昭和25年4月30日に図書館法が公布され、日本の図書館活動は生まれ変わりました。サービスとしての公共図書館の機能が明らかにされ、無料...

  9. おさがしの本は - TimeTurner

    おさがしの本は

    和久山隆彦の職場は図書館のレファレンス・カウンター。利用者の依頼で本を探し出すのが仕事だ。だが、行政や利用者への不満から、無力感に苛まれる日々を送っていた。ある日、財政難による図書館廃止が噂される・・・。連作短編集。読んでいる間は、レファレンス担当を3年もやっていてこの程度の調べ方しかできないってことはないだろうとか、「馬鹿丁寧で役人めいた話し方」と登場人物に言わせているのに、ちっともそんな...

総件数:9 件

似ているタグ