国・県委員会のタグまとめ

国・県委員会」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには国・県委員会に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「国・県委員会」タグの記事(14)

  1. 基礎医の話、家庭医療・総合診療医の話 - 神野正博のよもやま話

    基礎医の話、家庭医療・総合診療医の話

     今日も断続的に雪が降る七尾です。朝には新雪が積もります。子供たちは半ズボンで元気に走ります。能登の断水は、増えた空き家の水道管破裂という、これまでになかった展開で過疎問題を浮き彫りにしています。 今日の病院には、雪の中、東京都済生会中央病院から見学者がいらっしゃっています。コールセンターからPHRであるカルテコの実際を見学です。私からは、導入後の使い方についての情報交換の提案です。 私が構...

  2. 災害時における医療情報放送に関する協定書と社会保障審議会医療部会 - 神野正博のよもやま話

    災害時における医療情報放送に関する協定書と社会保障審議...

    23日に年初に報道されたラジオななおとの 災害時における医療情報放送に関する協定書の調印式でした。当院のBCPとして、そして地域貢献としての位置付けとなります。同社の森田社長と署名捺印した協定書を交換します。 そして、雪による影響を回避して同日夜遅くに東京入りです。今日は、前日までの大雪から一転、抜けるような青空、晴天の東京です。9:00より厚生労働省にて 第59回社会保障審議会医療部会に...

  3. まちづくりや地域医療構想 - 神野正博のよもやま話

    まちづくりや地域医療構想

     時折強い雨の降る18日は七尾看護専門学校の入試面接やお客様をお迎えします。そして、16時からは市内の番伊を会場に、七尾商工会議所正副会頭会議、それに続いて 七尾商工会議所・七尾青年会議所・青年部・女性部との懇談会に出席します。各団体の幹部が2018年度の事業構想を披露です。まちづくりを進める数多くの種が出ます。有機的にこれらがつながることが重要です。公にばかり頼らない民として気概と誇りを感...

  4. 「病院はどう生き残るか?」「よい病院はどうあるべきか」~地域医療を考える - 神野正博のよもやま話

    「病院はどう生き残るか?」「よい病院はどうあるべきか」...

     編集主幹を務める医学書院の月刊『病院』編集部では、あらたにプロモーション用のリフレットを作成です。時間をかけてしっかりと創る『病院』誌ならではの特集をラインアップします。大変革の時代に、「病院はどう生き残るか?」「よい病院はどうあるべきか」という視点で構成されています。 さて、冬至の今日も真っ暗な七尾を出発し、新幹線で東上します。富山から見る立山連峰にも雲がかかります。信州からは晴天となり...

  5. 医師需給 第2次中間取りまとめ - 神野正博のよもやま話

    医師需給 第2次中間取りまとめ

     今週も週の始まりは能登北部からです。七尾の雪は1〜2cmですが、鳩ケ丘周辺は20cmぐらいでしょうか?16日から降った雪、金沢と能登北部にどっさり降ったようです。道中の森はクリスマスツリーのようです。 鳩ケ丘から恵寿総合病院に帰院後、会議、そして急ぎ上京します。目的地、晴天の霞が関の厚生労働省につく頃は、もう日が落ちかけています。17時から 第5回 医療従事者の需給に関する検討会 第17回...

  6. PHRの新たな展開と医師需給、専門医 - 神野正博のよもやま話

    PHRの新たな展開と医師需給、専門医

     今日も曇り空の東京です。ベルサール八重洲を会場に、メディカル・データ・ビジョン株式会社とテクマトリックス株式会社とともに記者会見に臨みます。以下の内容です。 当院が9月4日に導入したPersonal Health Recordsである「カルテコ」上で DICOM 規格の医用画像を閲覧できるサービスを開始します。当該サービスは、テクマトリックスが提供する、画像等の医療情報を安全に保管・活用・...

  7. 来春に向けての議論~社会保障審議会医療部会 - 神野正博のよもやま話

    来春に向けての議論~社会保障審議会医療部会

     雪が深々と降る早朝の七尾を出発し、東京単純往復です。白と灰色の風景を見ながらうとうとして、目を覚ますと関東平野の青空です。 東京都内では、紅葉の盛りです。 10時より厚生労働省にて 第57回社会保障審議会医療部会に中医協と並列の会議のため、猪口委員の代理として参考人出席です。今回は、 ○ 介護保険法改正施行関係について(医師の宿直規定の見直し) ○ 特定機能病院の承認要件の見直しについて(...

  8. 社保審医療部会、中医協の議論と全日本病院協会新執行部披露会 - 神野正博のよもやま話

    社保審医療部会、中医協の議論と全日本病院協会新執行部披露会

     荒れた天候の早朝の七尾を出て、晴天の東京です。10時から厚生労働省で開催の  第56回社会保障審議会医療部会に参考人として出席です。今回は、○ 介護保険法改正施行関係について(療養病床における看護配置の経過措置)○ 臨床研究法の施行に伴う「臨床研究中核病院の承認要件」の見直しについて○ 医師偏在対策について(医師需給分科会における議論の経過)○ 診療報酬改定の基本方針(骨子案)を議論します...

  9. 日本の医療はよくなっているか~医師需給分科会 - 神野正博のよもやま話

    日本の医療はよくなっているか~医師需給分科会

     最近、訪問回数が増えた国会議事堂周辺の永田町です。今日も、医療政策について非公式な勉強会です。 その後、厚生労働省にて 医療従事者の需給に関する検討会 第15回 医師需給分科会に出席します。議論も取りまとめに向けて、大詰めです。今回は 1.医師少数区域に勤務した経験を有する医師への評価について 2.地域における外来医療提供体制について 3.制度改正に向けたこれまでの医師偏在対策の議論のまと...

  10. 医療提供体制に関する現状と課題と全日本病院協会総合医育成事業 - 神野正博のよもやま話

    医療提供体制に関する現状と課題と全日本病院協会総合医育成事業

     今日は三田共用会議所です。ここで、厚生労働省の 第55回社会保障審議会医療部会厚生労働省資料のページに全日病代表として代理出席します。医療提供体制に関する現状と課題ということで、総論、医師偏在対策、医師の働き方改革、有床診療所、療養病床について議論します。特に、偏在対策に関して、地域枠学生を設置主体に関わらず地域の役割機能によって配置すべきであることを確認します。また、医療部会らしく、産業...

  11. 経営環境が悪化する中で、、、GPO、医師偏在対策 - 神野正博のよもやま話

    経営環境が悪化する中で、、、GPO、医師偏在対策

     来年度の診療報酬の改定率検討の基礎資料となる今年度実施された 第21回医療経済実態調査 (医療機関等調査) 報告(リンク)が、本日の中央社会保険医療協議会 調査実施小委員会(第46回)で公開されました。平成28年度改定によって、病院の収益は伸び悩む一方で、人件費の伸びで、前年よりも赤字病院が大きく増えている状況です。一般病院全体でマイナス4.2%の赤字となっており、過去と比較しても3番目に...

  12. 重症度、医療・看護必要度のDPCデータによる置き換え議論~第11回入院医療等の調査・評価分科会 - 神野正博のよもやま話

    重症度、医療・看護必要度のDPCデータによる置き換え議...

     ようやく色づき始めた日比谷公園の木々です。今日も、その奥で打ち合わせの後、 青山の国際医療福祉大学大学院東京青山キャンパスサテライトにて 「プラットフォーム研究会」設立総会なる会にオブザーバーです。記念講演会に、鈴木厚生労働省医務技監、江崎経済産業省政策調整官、そして発起人の高橋国際医療福祉大学院教授のお話が続きます。 主にベンダー企業の皆さんが集まり、医療介護の情報をつなげる意義と問題点...

  13. 医師偏在対策と医師臨床研修必須科目の追加の方向へ - 神野正博のよもやま話

    医師偏在対策と医師臨床研修必須科目の追加の方向へ

     少し色づた街路樹越しに、この1か月で大きな波が起こった国会議事堂を眺めます。そして、参議院議員会館に伺い、仲間が集まります。そして、私にとってちょうど1か月前に自民党本部の玄関で衆議院議員選挙への出馬をお聞きした安藤たかお先生も晴れて自由民主党東京比例区で当選です。 万歳とケーキでお祝いです。 その後、雨の中、厚生労働省に移動します。まずは、14時から 医療従事者の需給に関する検討会 医師...

  14. 時代が変わる、地域が変わる、そして価値観が変わる - 神野正博のよもやま話

    時代が変わる、地域が変わる、そして価値観が変わる

     台風一過、秋の青空が広がります。澄んだ青空の中に、出勤時の同じ時間に同じ航路をとる北米発中国に向かうFEDEX便の白い機体が、今日は近く見られます。 午後には、街路樹の紅葉が美しくなった石川県庁です。ここで、某事業に対しての指定管理者の公募にかかる選定委員会からのヒアリングに理事長として参加です。時代が変わる、地域が変わる、そして価値観が変わる中での思いを語ります。 空気が澄んだ夜の恵寿です。

1 - 14 / 総件数:14 件

似ているタグ