国境のタグまとめ

国境」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには国境に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「国境」タグの記事(30)

  1. 虎穴に入らずんば虎児を得ず - 私の心の宇宙

    虎穴に入らずんば虎児を得ず

    中国大陸に進出した企業というのはまさに「虎児」(企業利益)を得たいばっかりに「虎穴」に入ったのだ。「虎児」を得たかに見えても、最終的には親虎に食われてしまう。中国大陸というのはそういう所だ。中国という国はない。中共という支配者が大陸の人たちを支配しているだけだ。国としての体をなしていない。だから国境なんてない。手当たり次第支配領域を広げるだけだから国際社会の認識とは相入れない。国際法も何も彼...

  2. 山を越えて戻る - ポンポコ研究所

    山を越えて戻る

    そろそろチェックポイントポンこの先で手続きをするポンが、今回は車から降りることなく、「入国」の時にもらった証明書を渡すだけで終了ポンここから山を越えていくポン雲がかかっているポン正面に見えるのは、金鉱石のズリ(廃石)が積みあがってできたズリ山ポンこの時も、ズリを捨てていて、時々ズリが斜面を転がってきていたポン「うぇるかむ」と書いてあるで鹿が、向こうから出てきたところで鹿lah~~ここからは鉄...

  3. 入国審査で別室へ連行されたおはなし - かなりんたび

    入国審査で別室へ連行されたおはなし

    マレーシアからシンガポールへは来た道と同じくバスで戻りますこの黄色いバスに乗りますチケット購入復路3.4リンギ(約90円)もう21時を回っているのでまっすぐ帰っても宿戻るのが0時を過ぎる急げいそげぇぇぇぇぇはい、ピラスちゃんがシンガポール入国審査でひっかかりましたー指紋のなんか不具合らしい別室へ連行されましたーええええええええええええええええええええなんも後ろ暗いところはないが急いでるねんけ...

  4. 「まるで強制収容キャンプ」「施設の閉鎖を」国境の移民問題に声を上げる人々 - ニューヨーク直行便 since 2005 

    「まるで強制収容キャンプ」「施設の閉鎖を」国境の移民問...

    先月、ある1枚の衝撃的な写真が世界を揺らした。メキシコからアメリカに不法入国しようとした父子が、国境のリオ・グランデ川で、うつ伏せで体を寄せ合った状態で溺死している写真がメキシコの地元紙に掲載され、6月25日付け『ニューヨークタイムズ』紙の一面でも報じられた。お知らせ古くて新しいブルックリンの「今」。がわかる1冊「大切な友人に自信をもっと紹介できる」ブルックリンのスポット満載。ニューヨーク旅...

  5. 壁を壊したことで国内がおかしくなっている現実を無視しちゃいけないと思う - 見たこと聞いたこと 予備3

    壁を壊したことで国内がおかしくなっている現実を無視しち...

    Yahoo:「独メルケル首相がトランプ氏批判「壁」崩し国際協力を」ドイツのメルケル首相は30日、米東部ボストン郊外のハーバード大卒業式で講演し、「ベルリンの壁」の向こう側にある「自由」に憧れていた自身の経験を紹介しつつ、自由を阻害する保護主義や単独主義などの「壁」を壊して国際的な協力を進めるよう呼び掛けた。トランプ米大統領を間接的に批判した形で、卒業生らは熱狂的に拍手した。旧東ドイツで育った...

  6. 渡し舟乗り場@ミャンマー側 - ポンポコ研究所

    渡し舟乗り場@ミャンマー側

    ミャンマー側の渡し舟乗り場に来たで鹿lah~~ここは、単に船が置かれているだけポンが、お客さんが乗って行くポン全員乗ったポンおおっ!舟が流されてきたで鹿ら!!後ろ向きに流れてきた舟は、ここでエンジンをかけて上流に向けて走り出すポン行ってらっしゃいで鹿ら!!方向を転換して、タイ側に渡るポン数分後、タイ側からの乗客を乗せて、舟が戻ってきたポン~~タイ側にある建物の周りには、鶏でも入れそうなケース...

  7. 国境を渡る(メーソーッ→ミャワディ) - ポンポコ研究所

    国境を渡る(メーソーッ→ミャワディ)

    ソンテオに乗って、国境に向かうで鹿ら!快適で鹿lah~~♪国境に近づくと、やっぱり渋滞になっているポンでもソンテオは国境の手前までしか行かないポンで、この列に並ぶ必要はないポンソンテオ乗り場の近くには、プーケット行きの乗り合いワゴン車の広告が出ているポン観光地に行くのは、出稼ぎなのか、レジャーなのかはっきりしないポンが、なんとなく前者のような気がするポントラックが、パラパラと通過していくポン...

  8. ターク特別経済開発区 - ポンポコ研究所

    ターク特別経済開発区

    ホテルのような建物ポンが...ターク特別経済開発区の事務所が入っているポン(一村一品:OTOPの展示場も入っているポン)国境ということで、お隣の労働力を搾取して、うまく儲けようというのがタイの戦略ポン~街中には、政府機関だけでなく...タイ・ミャンマー文化・経済協会なる怪しい団体もあったりするポンアヒルの卵を売っている家ポン電話は2つとも携帯電話ポンで、タイ語ができる人とビルマ語ができる人と...

  9. 買い出しのミャンマー人 - ポンポコ研究所

    買い出しのミャンマー人

    国境から4.5kmのところにある、「テスコロータス」ポンここの駐車場に停まっている車を見てみると...ミャンマーの車が滅茶苦茶多いポンそれも、同じ会社が運行している乗り合いバスポンミャンマー人が集まり始めたポンこのワゴン車に乗って、ミャンマーからメーソーッに買い出しに来ているみたいポン(笑)商売か何かでお金を儲けている人だとは思うポンが、こういう人たちには国境は関係ないポン~

  10. 東西回廊の新しい橋 - ポンポコ研究所

    東西回廊の新しい橋

    おしかちゃん、タイとミャンマーを結ぶ新しい橋に来たで鹿ら!!メーイ川は、大した川幅ではないポンが、橋は長くて立派ポンまだ開通していないポンが、検問のための小屋が立っているポン川(橋)の方から、国境を離れてタイ内部に向かうポンこの辺りが、出入国検査の場所っぽいポンブースが見えるポン上に出ている表示は、路線バスと自家用車のレーン分けの表示ポン通路なのか駐車スペース(待機場)なのかわからないポンが...

  11. タイからコメの輸出 - ポンポコ研究所

    タイからコメの輸出

    さっきのカジノから、少しだけ下流に行ったところポンここも舟がつけられるようになっているポンが...カレン州にようこそ!の表示ポンでもって、こっちにはコメと思しき袋が積んであるポン下流を見ると、作業をしているポンで行ってみるポンちょうどトラックが横付けされているポンしばらく様子を見ていたポンが、この米俵、タイからミャンマーに運ばれているポンミャンマーのコメの方が安いと思っていたポンが、どうもこ...

  12. 交易地点 - ポンポコ研究所

    交易地点

    日本商品の店の脇を進んでいくと...タンクローリーが何台も駐車している空き地に出るポンここには人が住んでいるみたいポン川沿いにも家があるポン川の向こうはミャンマーで鹿ら場所は変わって...これは交易地点ポン川を渡って荷物がやり取りされるポンここから先は撮影禁止ということポンで、写真はここまでポン別の場所では、ほこりをかぶった中古車が大量に置かれていたポンこちらはコンテナから乗用車が出てくると...

  13. 中古日本商品の店 - ポンポコ研究所

    中古日本商品の店

    この辺りは、ミャンマーみたいな雰囲気で鹿らコーン屋(噛み煙草の一種)さんで鹿?ミャンマーと一緒で鹿ら休憩している人、みんなミャンマー人で鹿らさっきのコーン屋さんで水を買うにも、ビルマ語で話した方が意思疎通しやすかったポンで、この辺に日本商品の店が並んでいるで鹿?このシャッターは怪しいで鹿ら!!みんな、日本から来たで鹿?売られているものは、日本の中古品で鹿ら食器類もあるポンこのドンブリは、鹿沼...

  14. 消防車の組立 - ポンポコ研究所

    消防車の組立

    面白いものを見つけたポン!消防車をトラックから降ろしているポンフォークリフトで持ち上げたら、トレーラーを抜いて行くポン抜けたら急いで作業ポン!車輪をはめていくポン~~だいたい付けたら(笑)、前の方のフォークリフトを抜いて前輪を付けるポンということで車輪の取り付け完了ポン~~!すごく手際がいいポン

  15. 貿易港に向かう - ポンポコ研究所

    貿易港に向かう

    交易拠点は、橋からは離れたところにあるみたいポンで、自転車で向かうポンミャンマー側にあるカジノの案内ポン(笑)これは日本商品(中古品)を扱っている店の広告ポン日本商品が取引されている場所があるみたいポン途中検問所があったポン国境付近では普通のことポンが、国境線に沿っての道にある検問所というのはあまり経験がないポン集落入り口のゲートポンこの辺り道は細いポンが、コンテナを積んだトレーラーが行きか...

  16. 他の渡し舟 - ポンポコ研究所

    他の渡し舟

    メーイ川のいちばん西端に来たで鹿らここは橋のすぐ北側に位置するポン堤防には、露店が並んでいるポン酒や乾物類が売られているポン川の方には、こんな感じで人が住んでいるポン水量が多くなったら、当然流されるポン堤防には椅子が作られているポンが、山羊が座っているポン~(笑)その先に...第5船着き場(ドーンディー船着き場)の看板ポン真ん中にはビルマ語での表示「タウンディーケイッ」と書かれているポンこん...

  17. 実は、合法的な入国 - ポンポコ研究所

    実は、合法的な入国

    橋の脇の小道を通って、川の方に向かうポン舗装されていない道を進むと...例の「密入国」地点発見ポン~~舟が出ているだけあって、料金徴収をしているポンこちら現場のおしかちゃんで鹿ら今、ミャンマー側から舟が到着したで鹿ら!!自転車を持ってきた人もいるポン(笑)おっと!何となく荷物を調べているポン取り締まりの様子を、スマホで撮影しているポン(笑)荷物を調べていた人、奥でスマホで撮影していた人は、タ...

  18. 国境は大渋滞 - ポンポコ研究所

    国境は大渋滞

    宿から国境に向かうポン距離は4kmちょっとあるポンしばらく進むと、アジアハイウェイ1号線(AH1)の看板がある大通りに出るポンこの案内板、タイ語、英語、ビルマ語で書かれているポン国際的ポン~国境周辺住民が使う、ボーダーパス発行の事務所ポンこちらは野生動物検査所ポンご禁制の動物を密輸しようという人が多いポン国境まで2km地点を越えたあたりで、トラックやトレーラーの渋滞にぶつかったポン全く動かな...

  19. 国境 - 頭半分右半身ー俳句と短歌とー

    国境

    3-21-6国境を青い海映え躑躅咲く俊克

  20. 大統領が国を国民を守るって言っているのに何で反対する人がいるんだろう? - 見たこと聞いたこと 予備3

    大統領が国を国民を守るって言っているのに何で反対する人...

    Yahoo:「一般教書一定の融和姿勢も壁では譲らず」トランプ米大統領が5日上下両院合同会議で行った一般教書演説は、昨年11月の中間選挙で下院を民主党が奪還し予算案の承認権限を握ったのを受け、超党派による政策懸案の実現を訴えるなど、一定の融和姿勢を打ち出した。しかし、35日間におよぶ連邦政府機関の一部閉鎖を引き起こしたメキシコ国境での壁建設問題をめぐっては、トランプ氏は決して譲らない態度を堅持...

総件数:30 件

似ているタグ