国宝のタグまとめ

国宝」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには国宝に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「国宝」タグの記事(14)

  1. 【国宝】 大善寺 本堂 (山梨県 甲州市) フォトギャラリー - 近代文化遺産見学案内所

    【国宝】 大善寺 本堂 (山梨県 甲州市) フォトギャラリー

    to page lastサイトマップ > 山梨県 江戸時代以前の文化財 > 大善寺本堂 > フォトギャラリー123456    7    8    9    10    11    12    13    14    15    16    17    18    19    20    21    22    23    24    25    26    27    28    29 ...

  2. 【国宝】 大善寺 本堂 (山梨県 甲州市) 参拝のしかた - 近代文化遺産見学案内所

    【国宝】 大善寺 本堂 (山梨県 甲州市) 参拝のしかた

    to page lastサイトマップ > 山梨県 江戸時代以前の文化財 > 大善寺本堂奈良時代の始め、718年。甲斐の国、勝沼の地に僧の行基がやって来て、渓谷の石の上で修行したところ、夢にブドウを手にした薬師如来が現れました。それを喜んだ行基がその姿を刻んで安置したのが、大善寺の始まりと伝えられています。その後行基は薬としてブドウを栽培し、薬園を作って村人たちを救いました。これが元で、甲州...

  3. 銅鐸 - Taro's Photo

    銅鐸

    銅鐸です。出雲大社のお隣に島根県立古代出雲歴史博物館というのがあります。古代出雲文化に関わるいろいろなものが展示されています。これ、国宝なんですよ。写真OKです。← 隠れて撮ったわけではありません。

  4. 京都初めての一人旅・二条城 - 月の旅人~美月ココの徒然日記~

    京都初めての一人旅・二条城

    清明神社からバス1本ですぐ近くです。世界遺産の二条城へやって参りました。入場が16:00までだったので、こちらを選択したんです。所要時間60分とありましたが、まあ、ささ~~と見ればいいかなと思ったのが間違いでした。見学コースって二の丸御殿だけじゃないんですね。そのあとに続く庭園をグル~~~っと歩くんです。広かった……。(≧д≦)さて、入口はこちら。お濠を超えて東大手門から入場。すぐに唐門があ...

  5. 東寺国宝展 - Art Museum Flyer Collection

    東寺国宝展

    創建1200年記念 東寺国宝展世田谷美術館 公式サイト開催期間:1995年7月22日-8月27日主催:世田谷美術館・真言宗総本山東寺・朝日新聞社・テレビ朝日サイズ:A4表:国宝兜跋毘沙門天立像 唐時代 東寺蔵

  6. Other 石上神宮,・布都御魂大神 - Sweetpotaro Island

    Other 石上神宮,・布都御魂大神

    例のごとく、料金が発生しないところに出向くのがマイブームになっています今回は、国宝もある石神神宮へ行ってきました!

  7. 国宝妻沼聖天山本殿透掘(玉垣)内 - デジカメ写真集

    国宝妻沼聖天山本殿透掘(玉垣)内

    昨日紫陽花の能護寺の後に近くにある妻沼聖天山本殿に行ってみました。そこには絢爛豪華な国宝の彫刻があるというのでどんなものか?と思い行ってみました。現地に着いて入場料を払って本殿の中へ入ったとたんに度肝を抜かれました!建物の周囲が極彩色の素晴らしい彫刻で囲まれていた。もう吸い込まれるようでした。しばしカメラを構えるのを忘れるほどでした。この建物の建てられたのは江戸中期で、特徴的なのは、当時の庶...

  8. 国宝雪松図と花鳥 - Art Museum Flyer Collection

    国宝雪松図と花鳥

    国宝雪松図と花鳥三井記念美術館開催期間:2017年12月9日-2018年2月4日主催:三井記念美術館サイズ:A4

  9. 新聞小説を読む「国宝」第二十章「国宝」  25 最終話 - 羊と猫と私

    新聞小説を読む「国宝」第二十章「国宝」  25 最終話

     さて、待っていたような、ついに来てしまったような、「国宝」の最終話。 振り返って思い出してみると、あの(ヤクザか?!)なお話の幕開けの第1話からはやはり長い月日が流れました。 これまで500話、500日余り、共に「国宝」を、牛が草をはむように、ゆっくりとゆっくりと読み合ってきた、読者のみなさまにはまずは、お疲れさまでした!! とやはり言いたいです。 お疲れ~~~~!! でも読み切ったよね~...

  10. 新聞小説を読む「国宝」第二十章「国宝」  23 - 羊と猫と私

    新聞小説を読む「国宝」第二十章「国宝」  23

    498【羊の要約】  奏する胡弓に、この世の無常を体現してみせる三代目花井半二郎に、拍手が沸き起こる。 阿古屋の喜びと、拍手を浴びる喜久雄自身の喜びが重なった時に、大向こうがかかる。 そのとき喜久雄の顔に浮かんだ微笑みに、綾乃は何かを感じてハッとする。喜久雄は他の誰にも見えてないものを見ている…。 芝居が最終盤にさしかかったときには、喜久雄の動きは素人目にも不自然になっている。 そして、まさ...

  11. 新聞小説を読む「国宝」第二十章「国宝」  22 - 羊と猫と私

    新聞小説を読む「国宝」第二十章「国宝」  22

    497【羊の要約】 喜久雄の「阿古屋の舞台」はいよいよ琴、三味線から胡弓を奏でる場面となる。 悠久の流れが醸すその音色。 愛する男の安否を案じ、会えぬ辛さに涙も涸らした一人の遊女が、この世の無常の中で最期を迎えても、その思い出だけは誰にも奪えないのだと悟ることで、縄からも、また、その思いからも放免されていく…というのがこの物語の神髄。 胡弓の調べに陶酔していた客席に、無罪放免の声が響く。【羊...

  12. 新聞小説を読む「国宝」第二十章「国宝」  21 - 羊と猫と私

    新聞小説を読む「国宝」第二十章「国宝」  21

    496【羊の要約】 喜久雄が演じる阿古屋の舞台を最後列で見ていた春江は、いくら呼んでもいくら待っても、戻ってはくれない、という歌詞に誰かへの思いを重ねて涙する。誰を重ねていたのか、と考えて、慌てて俊介を思い描き、俊介に語りかける。 あんたの愛した喜久雄がこんなに立派な役者になっている。長崎から出てきた自分たちを一番大切にしてくれた、あんた。 会いたとうてたまらん…と。  【羊のひとこと】  ...

  13. 新聞小説を読む「国宝」第二十章「国宝」  20 - 羊と猫と私

    新聞小説を読む「国宝」第二十章「国宝」  20

    495【羊の要約】 徳次が全財産をつぎ込んで上海で作った「白河公司」。 苦難の連続だったものの、徳次は日本のヤクザから送り込まれて資金潤沢、という噂や、共に公司を作った出稼ぎ青年の結婚相手が党幹部の一人娘、という運の良さで時代の波に乗っていったのだ。 そろそろ銀座の出口、というあたりで、秘書が徳次に聞いた。日本にいた当時は何をしていたのか、その、日本の宝になるというのはどんな役者か…。 徳...

  14. 新聞小説を読む「国宝」第二十章「国宝」  19 - 羊と猫と私

    新聞小説を読む「国宝」第二十章「国宝」  19

    494【羊の要約】 二十年ぶりに日本に帰国した白河集団公司の社長と秘その書は羽田空港から都心へ続く渋滞の道にいた。 社長が秘書に、歌舞伎の「国姓爺合戦」の中の、川に白粉を流す場面の話をする。河を白く…それは「白河集団公司」の社名でもあったが、この社長が万難を排して来日した理由は、ある贔屓の歌舞伎役者が国の宝になることを知ったからだ、という。 【羊のひとこと】  おお。ここは素直~な読みどおり...

1 - 14 / 総件数:14 件

似ているタグ