国籍法のタグまとめ

国籍法」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには国籍法に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「国籍法」タグの記事(15)

  1. 国籍法18条 - 山のぼる行政書士のブログ

    国籍法18条

    【国籍法18条(法定代理人がする届出等)】国籍取得の届出、帰化の許可の申請、選択の宣言又は国籍離脱の届出は、国籍の取得、選択又は離脱をしようとする者が15歳未満であるときは、法定代理人が代わってする。ー解説ー書いてある通りです。申請人本人が15歳未満であるときは法定代理人が代わって帰化申請などをします。今日は簡単ですが・・・最後までお読みいただきありがとうございました。つばくろ国際行政書士事務所

  2. 国籍法17条(国籍の再取得) - 山のぼる行政書士のブログ

    国籍法17条(国籍の再取得)

    【国籍法17条】① 国籍法12条の規定により日本の国籍を失った者で20歳未満のものは、日本に住所を有するときは、法務大臣に届け出ることによって、日本の国籍を取得することができる。② 国籍法15条2項の規定による催告を受けて同条3項の規定により日本国籍を失った者は、国籍法5条1項5号に掲げる条件を備えるときは、日本国籍を失ったことを知った時から1年以内に法務大臣に届け出ることによって、日本国籍...

  3. 国籍法16条 - 山のぼる行政書士のブログ

    国籍法16条

    【国籍法16条】① 選択の宣言をした日本国民は、外国の国籍の離脱に努めなければならない。② 法務大臣は、選択の宣言をした日本国民で外国の国籍を失っていないものが自己の志望によりその外国の公務員の職に就任した場合において、その就任が日本の国籍を選択した趣旨に著しく反すると認めるときは、その者に対し日本の国籍の喪失を宣告することができる。③ 前項の宣告に係る聴聞の期日における審理は、公開により行...

  4. 国籍法15条 - 山のぼる行政書士のブログ

    国籍法15条

    【国籍法15条】① 法務大臣は、外国の国籍を有する日本国民で国籍法14条に定める期間内に日本の国籍の選択をしないものに対して、書面により、国籍の選択をすべきことを催告することができる。② 前項に規定する催告は、これを受けるべき者の所在を知ることができないときその他書面によってすることができないやむを得ない事情があるときは、催告すべき事項を官報に掲載してすることができる。この場合における催告は...

  5. 国籍法14条 - 山のぼる行政書士のブログ

    国籍法14条

    【国籍法14条(国籍の選択)】① 外国の国籍を有する日本国民は、外国および日本の国籍を有することとなった時が20歳に達する以前であるときは、22歳に達するまでに、その時が20歳に達した後であるときはその時から2年以内に、いずれかの国籍を選択しなければならない。② 日本の国籍の選択は、外国の国籍を離脱することによるほかは、戸籍法の定めるところにより、日本の国籍を選択し、かつ、外国の国籍を放棄す...

  6. 国籍法13条 - 山のぼる行政書士のブログ

    国籍法13条

    【国籍法13条】① 外国の国籍を有する日本国民は、法務大臣に届け出ることによって、日本の国籍を離脱することができる。② 前項の規定による届出をした者は、その届出の時に日本の国籍を失う。ー解説ー国籍離脱を希望する者は、外国籍も有する日本国民でなければなりませんと規定しています。日本国憲法22条2項では、「何人も、外国に移住し、又は国籍を離脱する自由を侵されない」と定められており、重国籍者とは限...

  7. 国籍法11条&12条 - 山のぼる行政書士のブログ

    国籍法11条&12条

    【国籍法11条(国籍の喪失)】① 日本国民は、自己の志望によって外国の国籍を取得したときは、日本の国籍を失う。② 外国の国籍を有する日本国民は、その外国の法令によりその国の国籍を選択したときは、日本の国籍を失う。ー解説ー日本は二重国籍を認めていません。外国の国籍を取得すれば同時に日本国籍を失います。「自己の志望によって」と定められているのがポイントであり、本人の申請が自由意思に基づき任意にさ...

  8. 国籍法10条 - 山のぼる行政書士のブログ

    国籍法10条

    【国籍法10条】① 法務大臣は、帰化を許可したときは、官報にその旨を告示しなければならない。② 帰化は、前項の告示の日から効力を生ずる。帰化申請が許可されると官報に公示されます。そして、この時点で日本人となります。今日も簡単に終わりました。最後までお読みいただきありがとうございました。外国人ビザ申請・帰化申請専門の行政書士つばくろ国際行政書士事務所〒370-0012 群馬県高崎市大沢町107...

  9. 国籍法9条 - 山のぼる行政書士のブログ

    国籍法9条

    【国籍法9条】日本に特別の功労のある外国人については、法務大臣は、国籍法5条1項の規定にかかわらず、国会の承認を得て、その帰化を許可することができる。国籍法9条では、いわゆる「大帰化」と呼ばれるものです。法文を読んでのとおり、日本に大きな功労をした外国人は、国籍法5条1項の要件を満たさなくても、国会の承認があれば帰化が許可されます。しかし・・・国籍法9条を使って帰化を許可されたケースは一度も...

  10. 国籍法8条 - 山のぼる行政書士のブログ

    国籍法8条

    【国籍法8条】次の各号の一に該当する外国人については、法務大臣は、その者が国籍法5条1項1号、2号及び4号の条件を備えないときでも、帰化を許可することができる。一日本国民の子で日本に住所を有するもの※養子を除く二日本国民の養子で引き続き1年以上日本に住所を有し、かつ、縁組の時本国法により未成年であったもの三日本の国籍を失った者で日本に住所を有する者四日本で生まれ、かつ、出生の時から国籍を有し...

  11. 国籍法7条 - 山のぼる行政書士のブログ

    国籍法7条

    【国籍法7条】日本国民の配偶者たる外国人で引き続き3年以上日本に住所又は居所を有し、かつ、現に日本に住所を有するものについては、法務大臣は、その者が国籍法5条1項1号(住所要件)および2号(能力要件)を備えないときでも、帰化を許可することができる。日本国民の配偶者たる外国人で婚姻の日から3年を経過し、かつ、引き続き1年以上日本に住所を有するものについても、同様とする。日本人の配偶者たる外国人...

  12. 国籍法6条 - 山のぼる行政書士のブログ

    国籍法6条

    通常、帰化をするときは、国籍法5条1項が定める要件をすべて満たす必要があります。しかし、その要件を緩和する規定が国籍法6条~8条に規定されています。その要件が緩和された帰化を簡易帰化といいます。この頁では、その簡易帰化の1つである国籍法6条について書きます。【国籍法6条】次の各号に該当する外国人で現に日本に住所を有するものについては、法務大臣は、その者が国籍法5条1項1号(住所要件)を備えな...

  13. 国籍法4条&5条 - 山のぼる行政書士のブログ

    国籍法4条&5条

    【国籍法4条(帰化)】① 日本国民でない者(外国人)は、帰化によって日本国籍を取得することができる。② 帰化をするには、法務大臣の許可を得なければならない。【国籍法5条(帰化の要件)】① 法務大臣は、次の条件を備える外国人でなければ、その帰化を許可することができない。一引き続き5年以上日本に住所を有すること二20歳以上で本国法によって行為能力を有すること三素行が善良であること四自己又は生計を...

  14. 国籍法3条|認知された子の国籍取得 - 山のぼる行政書士のブログ

    国籍法3条|認知された子の国籍取得

    【国籍法3条(認知された子の国籍の取得)】① 父または母が認知した子で20歳未満のものは、認知をした父また母が子の出生時の時に日本国民であった場合において、その父または母が現に日本国民であるとき、又はその死亡の時に日本国民であったときは、法務大臣に届け出ることによって、日本の国籍を取得することができる。② 前項の規定による届出をした者は、その届出の時に日本の国籍を取得することができる。この頁...

  15. 国民を守るために国籍法は厳守されるべきでしょう - 見たこと聞いたこと 予備3

    国民を守るために国籍法は厳守されるべきでしょう

    Yahoo:「誤解だらけの「二重国籍」問題──外国人労働者受入れ拡大で国籍法を見直すべき」今年はテニスの大坂なおみ選手の活躍が大きな話題となり、彼女の「二重国籍」にも注目が集まった。しかし、「日本では二重国籍に関して、誤解だらけ」と言うのは、日本・ドイツのハーフでコラムニストのサンドラ・へフェリンさんだ。どういうことか?「週プレ外国人記者クラブ」第134回は、外国人労働者受け入れ拡大とも無縁...

総件数:15 件

似ているタグ