國學院大學のタグまとめ

國學院大學」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには國學院大學に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「國學院大學」タグの記事(17)

  1. 駒大劇的大逆転優勝、バドミントン遠征中止 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    駒大劇的大逆転優勝、バドミントン遠征中止

    箱根駅伝の復路は劇的な幕切れとなってしまった。2日の往路で初優勝した創価大学は往路での勢いを継続して復路でもトップを快走していった。第9区では区間賞の好走で2位を走る駒澤大学に3分の差をつけて総合優勝目指して盤石と思える状況であった。しかしスポーツ競技は何が起こるかわからない。3分あったリードが徐々になくなり始め、田町駅を過ぎるころには1分を切る差となり、2位の選手から1位の選手を視界にとら...

  2. 創価大が往路初優勝、早稲田、天理が決勝進出 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    創価大が往路初優勝、早稲田、天理が決勝進出

    箱根駅伝初日は東京→箱根の往路が行われ、創価大が初優勝を果たした。優勝争いをすると思われていた強豪校は実力を発揮できない選手がいたための結果であると思われる。その点、創価大学は5選手がいずれも区間一桁順位で走破して実力を発揮したことが初優勝に結びついたと思われる。期待していた國學院大學であるが、1区藤木宏太が区間13位、追い上げを期待した2区中西大翔も区間15位と下位に沈んでしまい、2区を終...

  3. 富士通がニューイヤー駅伝優勝、箱根駅伝スタート - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    富士通がニューイヤー駅伝優勝、箱根駅伝スタート

    スティホームでお正月を実践してニューイヤー駅伝をTVで観戦した。國學院大學を箱根駅伝などでトップチームに導いた浦野雄平が所属する富士通に注目した。その浦野は第7区アンカー区間でのエントリーであった。富士通は強豪チームながら昨年は予選落ちしており、ニューイヤー駅伝は2年ぶりの出場だそうで、チームも気合いが入っていた。まず第1区で区間賞の力走でトップにたつと、2区こそ順位を落としてしまったが、3...

  4. ペイトリオッツ負越し決定、箱根駅伝エントリー - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    ペイトリオッツ負越し決定、箱根駅伝エントリー

    NFL第16週MNFが行われた。例年であればポストシーズンに向けての調整試合となるはずであったペイトリオッツであるが、今季はポストシーズン進出がなくなり、また勝越しもなくなっての試合である。この試合に負けてしまうと負越し決定となるだけに、ビルズ相手に勝って来季につなげたい一戦であった。第1Qは両チームともFGを奪って3-3の同点で第2Q、先制したのはビルズであった。しかしペイトリオッツも反撃...

  5. コントレイル大山ヒルズ到着、宮西50試合登板、明日は天皇賞秋と大学駅伝 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    コントレイル大山ヒルズ到着、宮西50試合登板、明日は天...

    無敗の三冠馬コントレイルが放牧先の大山ヒルズに到着した。この地で英気を養って次の競馬に備えることになる。無敗の牝馬三冠馬のデアリングタクトがジャパンカップ参戦を発表しただけにコントレイルはどうするのだろう。11月5日に矢作調教師などが現地入りして次の一戦をきめるそうだがどおレースを選択するのか楽しみである。一方、競馬の世界は3週連続して大記録達成の予感がある。先々週、先週と無敗三冠馬が登場し...

  6. エンゼルス捕手を補強、NFLもプレイオフ - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    エンゼルス捕手を補強、NFLもプレイオフ

    エンゼルスが捕手を補強した。ツインズからFAとなっていたカストロ捕手を1年契約で獲得したそうだ。一応先発投手陣はコマが揃ったエンゼルス、弱体化している捕手陣の強化のためにカストロと契約したようだ。ただ実績を観ると、果たして捕手強化といえるのかは?である。リード面は記録には表れないがその他の面は年棒相当の活躍をしているとは思えない。実績面からの評価が年棒に現れているのなら数値以外の部分に価値が...

  7. ラグビー決勝は早明対決、青学優勝、國學院は総合3位 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    ラグビー決勝は早明対決、青学優勝、國學院は総合3位

    ラグビー大学選手権の準決勝が行われ、関東大学対抗戦の1、2位の明治大学と早稲田大学が勝利して新国立競技場で行われる決勝に進んだ。天理大学と対戦した早稲田大学は前半開始早々から天理大学の攻撃に防戦一方であったが失点することはなかった。天理大学がミスでボールを失うと早稲田大学は自陣からボールを回して天理大学のディフェンスラインを翻弄し、ワンチャンスをものにして最後はWTB古賀が飛び込みトライ(&...

  8. 箱根駅伝区間エントリー発表 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    箱根駅伝区間エントリー発表

    お正月の風物詩となった箱根駅伝の区間エントリーが発表された。往路5区間、復路5区間と補欠の6選手、あわせて16人の選手である。登録メンバーはスタート(午前8時)の1時間10分前に当日変更が可能。ただ、変更は区間登録選手と補欠登録選手の交代だけで区間登録選手同士の変更はできない。また変更は往路、復路合わせて4人までとなっている。各校での戦略が垣間見える区間エントリーである。注目の二区には各大学...

  9. 東海大2度目のV、全勝優勝ならず - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    東海大2度目のV、全勝優勝ならず

    第51回全日本大学駅伝が行われた。5強(青山学院大学、東海大学、東洋大学、駒澤大学、國學院大學)といわれる今年の大学駅伝界、國學院大學に注目してTV観戦した。1区で12位と出遅れてしまった國學院大學、2区でエースの浦野が8人抜きの好走を魅せてくれたもののさらに早く走った東京国際大学の伊藤達彦に抜かれてしまい、区間2位、総合4位で3区へタスキをつないだ。2区でトップにたつという当初のシナリオは...

  10. ドルフィンズ5連敗、國學院は駅伝初優勝 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    ドルフィンズ5連敗、國學院は駅伝初優勝

    NFL第6週が行われ、ドルフィンズはレッドスキンズと対戦した。両チームとも今季は再建途上とあって、いまだに白星はなくどちらのチームが初白星をあげるか注目の一戦であった。ドルフィンズは地元ながらこの試合もいいところなく、第3Q終了時点で3-17と敗戦ムード濃厚であった。ここでQBをローゼンからフィッツパトリックにチェンジしたドルフィンズは攻撃が見違えるようによくなり、まずランでTDを奪った。チ...

  11. 豊島名人先勝、大学駅伝シリーズはじまる - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    豊島名人先勝、大学駅伝シリーズはじまる

    将棋の第32期竜王戦七番勝負第1局が台風直撃の中で行われた。台風直撃といっても対局会場は東京渋谷のセルリアンタワー内能楽堂なので対局者にとっては快適な環境での一局であった。広瀬章人竜王に豊島将之名人が挑戦するとあって注目は高かったようだ。初日、豊島名人が放った桂打ちを広瀬竜王がいなして、広瀬竜王がリードしたように思えた。2日目にはいり、豊島名人も粘り腰をみせ、夕方には五分の形勢となったようだ...

  12. 東海大初優勝、國學院大學もシード権、錦織4強 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    東海大初優勝、國學院大學もシード権、錦織4強

    箱根駅伝は東海大学の初優勝で終了した。往路優勝の東洋大学と1分14秒差の2位につけた東海大学が復路で東洋大学に追いつき逆転、青山学院大学の追撃を振り切って見事に初優勝を飾った。往路優勝は東洋大学、復路優勝は青山学院大学、総合優勝は東海大学と駅伝強豪大学と言われた3大学がそれぞれ強さを出した今年の箱根駅伝であったといえる。その中、往路3位と健闘した國學院大學は復路で順位を落としながら総合7位で...

  13. 東洋往路優勝、國學院3位、藤井七段初勝利 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    東洋往路優勝、國學院3位、藤井七段初勝利

    将棋の新人王戦優勝記念対局の模様が放映された。藤井聡太七段が豊島将之二冠と対局したのであるが、昨年末に対局は終了していたが特番として元旦に放送された。藤井七段は豊島二冠と過去2度対局し、2連敗している苦手といえる対局相手であった。3連敗は避けたいとして先手番となった本局も得意としている角換わりで挑んだ。途中、難しい局面もあったが描いた構想通りに進んで徐々にリードを拡げていき89手で豊島二冠に...

  14. 國學院大學で「偲ぶ会」 - 代々木上原花屋日記  にしむらフローリスト

    國學院大學で「偲ぶ会」

    「國學院大學の教室で偲ぶ会を行います。その会場を飾る花を届けてくれますか?」先日、Kさんから、問い合わせの電話を頂戴しました。家内が対応をし、承ることで詳細を伺っていくと、「お宅のブログの中で青学会館で行われた偲ぶ会の記事を読みました」Kさんの話を伺っていくと、故人は同僚でその研究分野では卓越した実績を築き、優秀で将来を嘱望された、50代での早すぎる死に多くの方たちが大きなショックを受け、深...

  15. 東京五輪の聖火台、鏡開きなどなど - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    東京五輪の聖火台、鏡開きなどなど

    関東地方は1月11日が鏡開きの日である。なんで鏡開きというのは、その意味と由来を調べてみると意外なことがわかった。もともとは鏡が語源というのは想像がつくが、神様が宿るものとされていたそうだ。そして三種の神器の鏡をモデルにして鏡餅ができたといわれる。そして松の内(関東では7日)があけると鏡餅も処分されることとなり、割って食するようになった。ただ割るという言葉は切腹などを連想させ縁起が悪いとされ...

  16. 青山学院4連覇、國學院14位、夜は将棋バラエティー - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    青山学院4連覇、國學院14位、夜は将棋バラエティー

    箱根駅伝復路が行われた。往路優勝は東洋大学、復路はどの大学が優勝するのか見ものであったが、6区で首位にたった青山学院大学が一度もその座を奪われることなく独走して復路優勝+総合優勝を飾った。6区、7区、8区と3区間連続しての区間賞獲得は見事であった。往路は14位であった國學院大學であったがシード権の10位とは約3分、各区で40秒早く走ればシード権獲得はなるのではと思い応援したがその夢は6区で絶...

  17. 箱根は東洋が4年ぶり往路制覇、ラグビーは帝京VS明治 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    箱根は東洋が4年ぶり往路制覇、ラグビーは帝京VS明治

    お正月の風物詩となった箱根駅伝が開催された。今回は1区で東大生が走ることで注目していたが、エントリーをみると、名前がないのでビックリであった。なんとインフルエンザにかかってしまい欠場だそうだ。4年生となる来年こそ予選会で好成績をあげて箱根に戻ってきてほしいものだ。注目選手がいなくなってしまったので、國學院大學に注目することにした。1区は浦野選手、なかなか積極的な走りでトップ集団の前目に陣取っ...

総件数:17 件

似ているタグ