地上最強の男のタグまとめ

地上最強の男」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには地上最強の男に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「地上最強の男」タグの記事(29)

  1. 「地上最強の男」 ボロボロの意味 - 憂き世忘れ

    「地上最強の男」 ボロボロの意味

    このボロボロが何を表しているか。「風化」だと思う。「地上最強の男」読了。

  2. 「地上最強の男」芸術家は預言者か (゚д゚;))) - 憂き世忘れ

    「地上最強の男」芸術家は預言者か (゚д゚;)))

    残っていた第二十三章。この絵。アップ。何と解釈したかってゆうと「め組の喧嘩」裸、フンドシ、「かつぎ」→力士波がうねる川→川並鳶川浪と裸の男たちが、せめぎあっている。め組の喧嘩https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%81%E7%B5%84%E3%81%AE%E5%96%A7%E5%98%A9寺社奉行と町奉行、勘定奉行が三つ巴で、メンドクサイことに。江戸中が、ど...

  3. 「地上最強の男」オッサン、金払えよ - 憂き世忘れ

    「地上最強の男」オッサン、金払えよ

    驚愕の二十三章へ行く前に、「終章」が残っていた。終章だけに、ご愁傷なネタ。この絵。アップ。笠がないので扇で代用。笠ねえ→累階段→怪談冒頭7行目の「NO!」だけで「貸さ(笠)ねえ」=累「奥の細道」に「かさね」という馬子の少女。ソラっちが、「八重山吹きの〜」と詠む。落語「道灌」です。「山吹の枝」は「お金いくらくれんの?」つう意味なのに、道灌には通じない。*小判の符丁が山吹色家来もヤボで、ワケワカ...

  4. 「地上最強の男」どう見てもタンチョウでしょ - 憂き世忘れ

    「地上最強の男」どう見てもタンチョウでしょ

    第十五章です。この絵。タンチョウなのに、頭が赤くない!前の解釈は、マヌケなことに「赤抜け」→「垢抜け」→粋大間違い!!「赤秘め」→「赤姫」が正解でしょう。お姫様です。赤い着物で登場するからだって。「金閣寺」の「雪姫」とか。鶴が七羽いる。七羽→質屋→金貸し→金画し=金閣寺なぜこの章かっていうと、すっごいテキトー。「まだわからない」→不明→バカ→赤「二流」=フール=バカ→赤こんな感じで「赤」が隠...

  5. 「地上最強の男」卑怯な日本を許すなーっ - 憂き世忘れ

    「地上最強の男」卑怯な日本を許すなーっ

    第十四章。解りやすかった。この絵。「仇討ちもの」「婀」=仇「打ち」=討ちルーズベルトの対外戦争の「大義名分」が「真珠湾攻撃」の「仇打ち」人種を超えて、共通の敵「日本」をやっつけろーっ。ワーッ!タイトル「無敵のチャンピオン」「無敵」=六じゃく=六尺=下帯=外題「チャンピオン」=無双、一番人気「外題の一番人気」=曽我物確実に集客できる出し物だったみたいね。

  6. 「地上最強の男」8の字の競馬コース - 憂き世忘れ

    「地上最強の男」8の字の競馬コース

    第八章。この絵。「三番叟」または「式三番」「三馬走」と「色三馬」のダジャレでしょ。第八章に「三色旗の誇り」って言葉。「三色騎」に掛かっていて、自信満々。昨夜、タイトル「マナッサ・モーラー」解読のために読み直したら、迷いが生じた。このままじゃ、成仏できない。クラウチング・スタイル、「∞」を描く「デンプシー・ロール」「∞」が「魚」の形かもなあ……「ほうぼう」って魚もいるし……魚屋宗五郎?「重たい...

  7. 「地上最強の男」アダ名がスッポン - 憂き世忘れ

    「地上最強の男」アダ名がスッポン

    前に取り上げた、第二章と五章。「地上最強の男」ぜったい「富嶽三十六景」\(*´∇`*)/https://tamegoro.exblog.jp/30119113/タイトルの解読です。第二章がこの絵。「ジェントルマン・ジム」このままでも十分、七三分けの礼儀正しい紳士のイメージ。では。「ジェント」=ジ・エンド=終り「ルマン」=のレマン=の湖=の水海=の三下五=の七「ジム」=人「ジェントルマン・ジム...

  8. 「地上最強の男」春は曙ヾ(・Д・`o)фノコッタノコッタ~ - 憂き世忘れ

    「地上最強の男」春は曙ヾ(・Д・`o)фノコッタノコッタ~

    第六章「ザ・グレイト・ホワイト・ホープ」「古い船はゆっくりと沈んでいった」これだけから「曙vsボブサップ」の、あの試合をイメージ。おとろしくテキトーなヨミです。曙太郎さんは、日系人ではなく純粋な白人。東洋のリングで、白人と黒人が戦った。この絵。出立の準備をして「日の出」を待っている。「出待ち」です。芝居と相撲、共通の用語。ピッタシでしょ「曙」「ザ・グレイト・ホワイト・ホープ」ってタイトルにも...

  9. 「地上最強の男」興行を仕切る親分衆 - 憂き世忘れ

    「地上最強の男」興行を仕切る親分衆

    第十章「動くアルプス」この絵。よく見えないのでアップ。肩に鳥がいます。石段の途中に「鳥」で「段取り」と読みました。演出ということです。「地上最強の男」の方ですが、この章はとくに「八百長」ってワードがインパクトある。「八百長」=「段取り」タイトル「動くアルプス」「アルプス」=山脈=三三やく=九役=く役=下お役=顔役「動くアルプス」=動く顔役さらっと行きすぎ。もっと裏があるかも。

  10. 「地上最強の男」盗人の種はつきまじ - 憂き世忘れ

    「地上最強の男」盗人の種はつきまじ

    第四章「ボイラーメーカー」「ボイラー」=釜だけで、この絵。アップ。前にも書きました。五右衛門さんです。歌舞伎では「金門五三桐」タイトルに悩んだ!「ボイラー」は「釜」「メーカー」が、いろんな風に読める。先入観で、いくらでもコジツケられる。でも「釜」で始まるから、シンプルに「釜ゆで」「釜炒り」とかでしょう。買物の行き帰りも「カマ…カマ…」はい、これにします。「メー」=ヒツジ=筆ジ=うでジ=茹で死...

  11. 「地上最強の男」ひゅ〜どろどろ へ(-_- へ)~ - 憂き世忘れ

    「地上最強の男」ひゅ〜どろどろ へ(-_- へ)~

    第三章「ルビー」「鳩尾(みぞおち)」→水落ちだけで、この絵。水車は「東海道四谷怪談」の「仏壇返し」の場面に使われる。タイトルの「ルビー」はボクサーの愛称。では、コジツケの術、ドロドロ〜「ルビー」=紅玉=リンゴ=アップル=喉仏=亢仏=たか仏=田力仏=男仏=仏男返し=仏壇返し!!★ 亢=のど、たか(い)信じるか信じないかはあなた次第

  12. 「地上最強の男」誰が桶やねーん! - 憂き世忘れ

    「地上最強の男」誰が桶やねーん!

    第十三章「世紀の一戦」この絵です。〈太ったガレントが転がるようにダウンする様子にスタジアムに笑いが起こった〉この文だけで決めちゃいました。北斎の特徴として「誰も思いつかないような構図」「和藤内」どう表現しよっかなあ。わとうない、わとうない……ピカッ。輪(吾)桶内!タイトル「世紀の一戦」もノリで、「背乗りの始めせん」国性爺合戦https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%...

  13. 「地上最強の男」序章は「海辺のカフカ」 - 憂き世忘れ

    「地上最強の男」序章は「海辺のカフカ」

    序章はこの絵だと思う。「海辺カフカ」=海辺の後架(高架)すみっこに注目。「陰郎」です。陰間ともいう。当時の役者の世界では当たり前だったみたい。うーん、「当時の」と付けましたが、この絵をトップに持って来た作者の意図。これが「地上最強の男」のテーマだと確信した。クラクラする。吐きそう!この「腐食感」マイクタイソンが自伝を出して、キャッチフレーズが「史上最凶の男」「凶」は「悪」と一緒。「地上最強の...

  14. 「地上最強の男」まちがい探し (ーー゛)?? - 憂き世忘れ

    「地上最強の男」まちがい探し (ーー゛)??

    今日も、どんよりマニアックに。第二十章「ホラ吹きクレイ」クレイ=モハメド・アリさん、詩集を出版したり、自ら試合の宣伝に回ったり。この絵です。前に解読したときは、単純に「化粧塗り」テキトーすぎだろ!と自分でも呆れ返っちゃう。右上のでっかい物は「鬼瓦」です。「鬼瓦塗り」と読む。ググってみたら、芝居の宣伝を「瓦版」でする。「瓦版」を持って、宣伝する人を「読売」という。瓦版https://ja.wi...

  15. 「地上最強の男」凝ってる (ーー゛)?? - 憂き世忘れ

    「地上最強の男」凝ってる (ーー゛)??

    第十七章「ブロックトンの高性能爆弾」前に解釈しています。「棒しばり」と一致。「地上最強の男」北斎のダジャレにダウン!m(_ _)mhttps://tamegoro.exblog.jp/30121834/タイトルの解読をしてみた。超スゴいよ。「ブロック」=煉瓦(レンガ)「トン」=t=てい=亭煉瓦亭は老舗のレストランで、名物が「元祖オムライス」*ウィキでご確認を。「高性能爆弾」=原子ボム=元祖オ...

  16. 「地上最強の男」これも麻薬ですか (^_^)y-~ - 憂き世忘れ

    「地上最強の男」これも麻薬ですか (^_^)y-~

    第十二章。この絵。アップ。先生、コレは何ですか。「土蜘蛛」と解釈。「地上最強の男」の内容とも、バッチリ!人種、民族間の対立。土蜘蛛は、大和朝廷に従わなかった先住民のこと。で、タイトル。「褐色の爆撃機」「機」に着目。「機」=来=クルッ「爆撃」クルッ=撃爆=劇はく=劇薬「褐色の劇薬」?正露丸のクレオソート?悩みました。「ハシシ」と結論。ペースト状の大麻。となると、自信がグラグラ〜「大麻」=「当麻...

  17. 「地上最強の男」コレもヤバそう (¯―¯٥ ) - 憂き世忘れ

    「地上最強の男」コレもヤバそう (¯―¯٥ )

    第十一章「シンデレラマン」〈赤ちゃんが泣いているぞ!ミルクが欲しかったら、立て!〉「吾子や」→「阿古屋」この絵でしょ。「壇浦兜戦記」で「阿古屋」はヒロインの名前。二本の木がクワガタで兜の形。海(あ)小屋=阿古屋と解釈した。「阿古屋」とボクシングの組み合わせ、前にもあったなあ。「ああ、荒野」のダジャレ。コレでした。「海辺のカフカ」の「あゝ荒野」https://tamegoro.exblog.j...

  18. 「地上最強の男」章のタイトルにも意味が! - 憂き世忘れ

    「地上最強の男」章のタイトルにも意味が!

    読了。とりあえず終章まで読んだ。けどまた、最初に戻ります。というのは、章のタイトルにも「意味」があるって気づいたから、途中で。たとえば第一章。この絵。「山下白雨」右下の線は、どうみても稲妻。単純に「鳴神」と解釈してた。第一章「ボストン・ストロング・ボーイ」内容も、ばっちり「荒事」「金メッキ」というワードが出て来る。自信ないけど、雷のピカッっていうイメージで「とりあえず」この絵にしておいた。さ...

  19. 「地上最強の男」アリ、海老反る! - 憂き世忘れ

    「地上最強の男」アリ、海老反る!

    第二十五章。ウケる!「キンシャサの奇跡」です。この絵。赤と白がある。理由はわかりません。アリ=白いガウン。フォアマン=赤いガウン。アップ!「海老反り」でーす。「鷺娘」とか。役者さん、ブリッジの練習するの?〈アリがフォアマンのパンチを避けるために体をのけぞらせることができた〉「キンシャサの奇跡」をコジツケてみます。「キン」=金「シャサ」=砂砂=砂二=しゃぢ=鯱キンシャサ=金鯱ね、反ってるでしょ。

  20. 「地上最強の男」アリは口弁慶 - 憂き世忘れ

    「地上最強の男」アリは口弁慶

    第二十四章「ビッグ・ジョージ」この絵です。なんか変でしょ。向こう側に「横板」ないし。で、これを「一枚看板」と解釈していた。私バカよね〜♪きっちり調べました。「横板」は「甲板」ではない。当たり前ですが。「垣立」だそうです。この船は「弁才船」「船変形」→「船弁慶」これが正解でしょ。章のラスト。フォアマンの試合のテレビ解説をしていたアリ。ビッグマウス炸裂!「俺はアフリカでフォアマンを叩きのめす」「...

総件数:29 件

似ているタグ