地域おこし協力隊のタグまとめ

地域おこし協力隊」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには地域おこし協力隊に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「地域おこし協力隊」タグの記事(9)

  1. 口永良部噴火3年 地域おこし隊で島に活気 移住、地域の人の協力が不可欠! - タウン情報東京都

    口永良部噴火3年 地域おこし隊で島に活気 移住、地域の...

    アメブロを更新しました。 『口永良部噴火3年 地域おこし隊で島に活気 移住、地域の人の協力が不可欠!』 #噂のチャンネル #口永良部島https://t.co/dL1BOsnnHm 噂のチャンネル (@uwasabbs) 2018年5月29日

  2. 餌やりスタート - その男、養殖に就き

    餌やりスタート

    真鯛の餌やりが仕事になって数日。だんだん梅雨の足音が近づいてきた感じのお天気。これからは雨でもほぼ毎日お仕事です。海水温は水面付近でだいたい20℃ちょっと。下は18℃くらい。病気が発生しにくく、真鯛がよく餌を食べる時期。餌をジャーっと流すと集まってきて渦を作ってよく食べます。海水温、餌の量、餌の時間帯、時間の長さなどなど工夫が必要な感じ。まだ始まったばかりで何とも言えないですが少しずつやって...

  3. あらすじ? - その男、養殖に就き

    あらすじ?

    画像のアップロードとか編集の練習がてら昔話。養殖を始めようと思ったきっかけは本当に偶然の連続。大学時代は生物を研究してたびたび海に潜る生活。当時は生き物が扱える仕事に就ければいいなという程度。まあ、海は好きだった。ある日、調査に出かけた先で地域おこし協力隊の人に出会ったのが最初のきっかけ。そのあと地域おこし協力隊の求人を探してみたら、たまたま漁業で募集をかけていたいのが1件だけあって、それが...

  4. 空白の一日 - その男、養殖に就き

    空白の一日

    大学を卒業して地域おこし協力隊として高知に移住したのが3年前の今日。今日は地域おこし協力隊任期の最終日。でも土曜日なのでお休み。昨日退職のあれこれを済まして今日は何もない日。明日から真鯛の養殖の仕事に本格的に着手する。その前に、個人ではSNSもブログやっていなかったので急きょブログ開設。そうしないと知り合いの方々に忘れられてしまいそうだからww協力隊は終わったけど。高知の漁業の発信を続けてい...

  5. 気づけばもうすぐ☆星空シネマ - もし都会で育った若者が北海道の田舎で暮らしたら。

    気づけばもうすぐ☆星空シネマ

    7月に入ったと思ったら、もう2週間を切ってる…!そんな感じで私は、自身が企画したイベント準備に走り回っています。「食べるあなたの星空シネマ」https://tsukamm.wixsite.com/hoshizoracinemaこれまで、関係先と調整したり、チラシやポスターを持って宣伝に行くばかりでしたが、昨日の作業で初めてその形が見えました。会場となるまあぶ公園に、スクリーンを設置するための...

  6. 地域おこし協力隊募集中だよ~! - 手作り生活~道草日記~

    地域おこし協力隊募集中だよ~!

    道草屋が住んでいる、和歌山の美浜町。 地域おこし協力隊募集中だよ~!! 無償の住居と、車とパソコン等は町が準備してくれるそうです。 田舎暮らししてみたいけど、迷ってる方ぜひぜひ☆ https://www.iju-join.jp/chiikiokoshi/search/detail/12865

  7. 判断基準は明確に - 地域おこし協力隊として働くということ、地方で生活をするということ

    判断基準は明確に

    今日は、朝から救急救命の講習のために市内の消防施設へ。消防団に入っていると、こうした講習への誘いがかかることがある。消防団員だから、と考えてしまったらつまらないものになってしまうが、いざという時のために知識を持っているということに越したことはない。そんなことで講習を受けることになった。内容の主なところは、心拍停止のような緊急時に施す救命活動がいかに大切であるか、ということとその具体的な方法の...

  8. プログラムキット(教材)づくり研修 - つくらし=つくる×くらし

    プログラムキット(教材)づくり研修

    寒波と共に沖縄に訪れたUさんは、某町で地域おこし協力隊として活動しています。彼女が協力隊の活動の一環として、地域で培われた知恵を次世代に伝えるプログラムや教材をつくって地域で活用していくために、つくらしで3日間連続の研修をおこないました。まずはプログラムの主旨や内容をじっくり考え、次に学びのプロセスを検討し、プログラムで使うツールやマニュアルなどをつくっていきます。他県から、ということもあり...

  9. 奈良新聞*農村生活泣き笑い⑯(2017年1月10日付生活面) - 心身健美!~奈良・奥大和の山里、曽爾村(そにむら)に移住した家族のblog

    奈良新聞*農村生活泣き笑い⑯(2017年1月10日付生活面)

    2017年1月10日付奈良新聞生活面「どこにある?空き農地/「協力隊」のマッチング開始」 “赤くなると医者が青くなる”といわれるトマト。鉄分やβカロテン、ビタミンなど豊富に含むほうれん草。野菜の中でも栄養価の高い2つの品目が、曽爾村の特産品だ。トマトはシーズン最終盤の10月に、ほうれん草は寒さで甘みが引き出される真冬に口にすると、ほんとに美味しいと感じる。ただこの2品目とも、農家の高齢化や後...

総件数:9 件

似ているタグ