地域の散策のタグまとめ

地域の散策」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには地域の散策に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「地域の散策」タグの記事(205)

  1. 撮り溜めた写真から③~弁財天堂(笹谷熊野神社境内) - 風の人:シンの独り言(大人の総合学習的な生活の試み)

    撮り溜めた写真から③~弁財天堂(笹谷熊野神社境内)

    「己需塔」からこの地区に巳待講が存在することは推測できるのだが、この石塔は道標であり、他から移動されてきたものということになる。そうすると、この弁財天堂と巳待講がかかわるのかどうかは曖昧になる。「野仏の見方(外山晴彦)」によれば、弁財天は巳待とは限らないという。水神の主尊であることもあり、見極める必要があるということだ。周辺の環境から水神かどうかはある程度推測できるとのことだ。ということで、...

  2. 撮り溜めた写真から②~弁天堂後方の石塔「己需塔」③ - 風の人:シンの独り言(大人の総合学習的な生活の試み)

    撮り溜めた写真から②~弁天堂後方の石塔「己需塔」③

    「己需塔」が道標だと分かると、気になるのはどこに建っていたかということだ。案内する道筋は、「飯坂路」と「福島路」だが、飯坂路の方は直ぐに確認できる。「飯坂路の今昔(二)佐藤静雄」が紹介する笹木野村を起点とする飯坂路が、この辺りを通っている。「飯坂古道」として赤線で示した道筋だ。確実性が薄いのが「福島路」の方だ。想像するのは、ここから福島を起点とする「飯坂路」を案内しているという事なのだと思う...

  3. 撮り溜めた写真から②~弁天堂後方の石塔「己需塔」② - 風の人:シンの独り言(大人の総合学習的な生活の試み)

    撮り溜めた写真から②~弁天堂後方の石塔「己需塔」②

    先に「己需塔」ということについて整理した。しかし、本当はこの石塔に出会った当初に興味を持ったのは、この「右ふくしま」が読めたことだ。周りの風景を見渡していたいた時に、この石塔が道標だったのかと気が付いたのが、久しぶりの発見の喜びの感覚だったのだ。それで、左側に「左〇〇」があるはずだと思って読み取ろうとしたのだが、この時点では左側に刻まれている文字が読み取れていなかった。とりあえず刻まれた文字...

  4. 撮り溜めた写真から②~弁天堂後方の石塔「己需塔」 - 風の人:シンの独り言(大人の総合学習的な生活の試み)

    撮り溜めた写真から②~弁天堂後方の石塔「己需塔」

    「己需塔」そのもの解説を見たことがない。ただ、周りの状況も含めて考えると、「野仏の見方(外山晴彦)【小学館】」の「巳待塔」についての以下の解説に近いのかなと思う。講を組織して己巳の日の晩に行う弁財天の祭りで、富・財・宝や福徳などを願う。この石塔の建つ位置は弁天堂の真後ろで、弁天堂を拝殿とみれば本殿に相当する位置だ。石碑の右側に刻まれている年代も、確かに「文化六年己巳天」と読める。ちなみに、「...

  5. 撮り溜めた写真から~弁天堂と桜(笹谷熊野神社境内) - 風の人:シンの独り言(大人の総合学習的な生活の試み)

    撮り溜めた写真から~弁天堂と桜(笹谷熊野神社境内)

    ご近所の桜の咲き具合から、ちょっと時期を外したなとは思いつつも、とりあえず出かけたのが4月21日のようだ。やはり2~3日遅かった感じだった。

総件数:205 件

似ているタグ