地学のタグまとめ

地学」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには地学に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「地学」タグの記事(25)

  1. 藁科川 - sakamichi

    藁科川

    地学話。藁科川 / 静岡。カゴ撮影のために降り立った河原。中州の岩は黒く、ほぼ垂直に立ち上がっている。地球のエネルギーのすごさを実感。藁科川上流はたぶん四万十帯。泥岩・砂岩を中心に、頁岩・粘板岩もたくさんあった。この黒くて小さな欠片は、一見するとバーベキューの墨。でもこれは石。頁岩が砕けたもの。頁岩は、薄くはがれたように割れる。そして鋭利な断面もできるので石器に使われるほど。ゆえにここらの河...

  2. 藁科川方面 - sakamichi

    藁科川方面

    車を点検に出したら、代車でSUVがきた。せっかくなのでそのままドライブ。川根本町方面へ。道中立ち寄ったお茶屋さんで、あけびのカゴ発見。このサイズで持ち手つき、しかもあけびなのに驚きの安さ。大人買い。自分用にするか迷ったが、まずはお店に出すことに。宣伝用の写真を撮るために河原へ。背景に緑と川面を入れたかったので、低いアングルで撮影。河原に寝っ転がる怪しい撮影風景。怪しいスタイルで撮った写真は、...

  3. 台風前に - sakamichi

    台風前に

    ムスコの新人戦二日目に向かう道中。朝 9 時に富士山方向をながめる。いつもなら富士山の東側にかかる「つるし雲」が、この日は西南にかかっている。つるし雲とは、山の頂をこえた風と、山をまわりこんだ風がぶつかって、再び上昇することによってできる雲。パンケーキみたいに薄い雲が重なるのも特徴です。通常は西から風が吹くので(偏西風)、つるし雲は富士山の東側にできる。こんなかんじに富士山の東側にできます。...

  4. 一年以上たったのに - sakamichi

    一年以上たったのに

    こちらは一年以上たったのに、という話。地学カバンを持ち始めて一年以上たったのに、地学の先生だった少年団バレーの監督以外、誰もつっこんでくれなかった。マニアすぎましたかね。たはは。一年以上たったけど、型崩れもまったくなし。頑丈さはさすがです。買って損なし。使ってよかった逸品。 布製野外調査鞄CottonField Bag タテ型N価格:14040円(税込、送料無料) (2018/5/23時点)

  5. Earthquake Globe - ちょこっとした理科の小道具

    Earthquake Globe

    京都大学防災研究所のHPにあったペーパークラフト地球儀手の平にちょこんと乗るサイズ過去の震央が表現されている菱形が連なった帯を編んで形にしていくのが面白い

  6. 宿題が終わらない - sakamichi

    宿題が終わらない

    宿題が終わらない~。バレーの監督=石ころの先生が貸してくれた本。もちろん地学モノ。地球進化 46億年の物語 (ブルーバックス)ロバート・ヘイゼン,円城寺 守/講談社undefined地球の歴史について最新情報が一冊にまとめられた良書。しかも、地球の進化は生物と鉱物の共進化によって成り立っているという。この本のおかげで、今まで避けてきた宇宙のところが少し理解できました。「コズミックフロント」と...

  7. 秋谷立石海岸、三浦大根 - sakamichi

    秋谷立石海岸、三浦大根

    横浜中華街の後は、三浦半島。三浦半島の植生、照葉樹が多いような気がしました。地形は谷・尾根の繰り返しで起伏に富む。---お目当ては秋谷立石海岸。まずは駐車場で、崖の石ころチェック。軽い。非常にもろい。ヒビに沿って角ばって割れる。薄い灰色の凝灰岩。いざ立石。海側の岩場も もろい。ヒビに沿って簡単に割れる。しかしこちらは駐車場の石と違って、フレッシュな断面が黒い。凝灰岩には間違いないが、駐車場と...

  8. ジップロックに入っているのは - sakamichi

    ジップロックに入っているのは

    お肉…ではなく石ころ。.黄金崎で拾った黄鉄鋼入りの石ころを酸で洗浄中なり。.クエン酸を買いそびれ、塩酸買うのは面倒で、身近な酸=お酢を用いる。.ジップロックに入れた姿は、豚かたまり肉のごとし。

  9. 図らずも - sakamichi

    図らずも

    ムスメたちのバレーの試合の帰路、立ち寄る先で石ころ観察。バレーの監督=石ころの先生(地学の先生)ゆえに、専門科の解説つき。黄金崎で黄鉄鋼。黄鉄鋼とは、鉄と硫黄の化合物。キラキラ金色に輝くけど金ではない。しかし、素人は間違う。ゆえに「愚か者の金」との別称あり。黄鉄鋼がキラキラと反射し、かつ西日が照りつく様から、その地を黄金崎という。納得。その他、堂ヶ島のクロスラミナ、道中の工事現場の露頭でみら...

  10. 堂ヶ島 - sakamichi

    堂ヶ島

    今日はムスメたちのバレーの試合。凍結が怖くて時間に余裕をもっていったら、1時間も早く到着。車の移動もあったので、ムスメたちをチームメイトに託して堂ヶ島へ。初めての堂ヶ島。ひゃー、あははー。天窓洞。すっぽり穴があいて、下を海が流れてる!ひゃー、あははー。安山岩質の凝灰岩。時おり玄武岩。ひゃー、あははー。もう朝からテンションMAX。試合2時間前なのに、もう目的を達した気分。

  11. 授業参観、おそらく最後の - sakamichi

    授業参観、おそらく最後の

    小 6 ムスメたちの小学校最後の授業参観。最初の授業は、SNSとの付き合い方についての座学。面白くなさそうだったので、最後に行って「来てますよ」ということだけしっかりアピール。次の授業、一人は家庭科で粉ふきイモ作り。ジャガイモをむくところから。ドSなくせに内弁慶で思春期なムスメ 1 は「お母さん見なくていい」とな。そうですか。追い出されるような形で、もう一人のほうへ……。その前に、博物館の出...

  12. ダブル眼鏡 - sakamichi

    ダブル眼鏡

    高校の社会は日本史を選択。中学のときの社会の授業は記憶にない。ということで、世界地理と世界史がめっぽう苦手なまま四十代半ばに至る。しかし、『体感グレートジャーニー』を見始めて、世界地理が楽しくなってきた。地学から攻めれば地理も覚えられそう。世界地理が楽しくなってきたので、調子にのって世界史の勉強を始めることにした。歴史は地理をベースとしてそのうえに時間軸がのっかるから、三次元的な理解が必要に...

  13. 自己との関連付け - sakamichi

    自己との関連付け

    地学系の番組を好んでよく見る。地球の営みの理屈を知るのが好きだから。しかし、地学系番組で奇跡が連呼されるのは好まない。なぜ好まないのか考えてみた。すると、奇跡という言葉に過度の自己との関連付けを感じるからだとわかる。その絶景がそこに存在するのに人間は関与しない。ただ偶然が重なってそこにあるだけ。それなのに、この絶景は自分のために用意されたかのようなニュアンスが、奇跡という言葉を使うときには含...

  14. 地学ファンの悩み - sakamichi

    地学ファンの悩み

    『体感!グレートネイチャー』はBS-プレミアムで放送されている自然系番組。絶景の由来を、地学的に説明してくれるところが好きポイント。その絶景が今ここにあるのは、偶然の重なりの産物で、その偶然の重なりを奇跡と呼ぶのならば呼んでくれてかまわないが、そんなことはどうでもよい。ただ今あるこの景色を楽しもう……ぐらいの熱量で番組が構成されているところがいい。面白い話をするのに自分が面白がっている人の話...

  15. 久しぶりの遠出 - sakamichi

    久しぶりの遠出

    中 3 ムスコ、受験の年。進路決定にかかわる大きな試験が終わったので、塾もしばらくお休み。ムスメたちのバレーも休みだったので、久しぶりに家族でお出かけ。出かけた先は、神奈川県立生命の星・地球博物館。わたしの好み優先(笑)博物館レポートはまた後日。今回は子どもの話で。この博物館に行きたかったのは、地学の展示が豊富だったから。地球誕生のくだりをじっくり観るつもりで、家人とは別行動を申し出る。なん...

  16. 二人で がっつり - sakamichi

    二人で がっつり

    東京に出張に行ったときのこと。お昼に入ったカフェに、なんと砂岩の照明。本物の砂岩がぶら下がっていた。一緒に行った彼女も石好き。特に砂岩が好きゆえに、がっつり くいつきましたわー。---職場には、いろんな本が置いてあります。石好きが二人もいるゆえ、石の本 多め(笑)。コーヒーもセルフで 100 円。本を読みながらゆったりしてください。そして、フリースペースとしてgalleryをお貸ししています...

  17. 冷凍トマトから - sakamichi

    冷凍トマトから

    ムスコの試合で数日家をあけることになったので、直前に収穫したトマトを冷凍保存。トマトソースでも作ろうと思ってたら、ムスメたちがおやつ代わりに食べるという。冷凍庫から出してきたら、ほとんどのトマトは割れていた。冷凍して割れたトマトを見て思い出したのは、岩石の風化(笑)。「地表の岩石がこわれていくことを『風化』といいます。雨の多い地方では雨が少しづつ岩石をとかし、寒い地方では、岩石中の水分がこお...

  18. 赤い土 - sakamichi

    赤い土

    春から夏にかけてスーパーにならぶジャガイモには、赤い土がついている。---ジャガイモといえば北海道が圧倒的シェアをほこっているが、それは秋作。春作のジャガイモは長崎もしくは鹿児島産。長崎と鹿児島のジャガイモ産地の土が赤いゆえに、春から夏にかけてスーパーに並ぶジャガイモについている土は赤い。赤い土は火山灰層の土。長崎のジャガイモの主要な産地は、島原半島。島原半島は普賢岳を中心とした雲仙山系があ...

  19. 分けること - sakamichi

    分けること

    また韓国ドラマがらみです。イ・ミンホ主演の『青い海の伝説』。クールな役が多かった彼が、このドラマではめちゃくちゃキュート。特に一人にやけるシーンは最高。たまらん。ストーリーというか、この人のこの表情がカワイイので、このドラマはお気に入り度が高いのでした。というような個人的趣味の話が今回の本題ではなく(笑)、このドラマで鍵となるヒスイの腕輪。これが本題。韓国ドラマの歴史ものではヒスイがよく出て...

  20. 花こう岩 - sakamichi

    花こう岩

    前記事に続いて地学ネタ。西日本には花こう岩が多いから砂はベージュ色、というのが前記事の話。正確にいうと、花こう岩が多いのは「西南日本内帯」です(* 1)。ここでいう「西南日本」は地学用語ですよー。糸魚川・静岡構造線よりも西側を指します。そして、中央構造線より上を「内帯」といいます。よって「西南日本内帯」とは糸魚川・静岡構造線よりも西で、中央構造線よりも上の地域。詳しくはコチラ↓。花こう岩は深...

総件数:25 件

似ているタグ