地理歴史・文化のタグまとめ

地理歴史・文化」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには地理歴史・文化に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「地理歴史・文化」タグの記事(587)

  1. 6155男爵いもの祖・川田龍吉7/11 - MIYOSHI発にし阿波活性化プロジェクト「学ぶ」・「伝える」・「つなぐ」~さらなる「深み」「高み」を目指して

    6155男爵いもの祖・川田龍吉7/11

    川田龍吉のロマンス-高知市広報「あかるいまち」2007年5月号より-高知市旭地区出身の川田龍吉は、明治時代に三菱関連会社に勤める。明治三十年に横浜ドック会社社長、同三十九年に函館ドック会社専務取締役と、港湾建設事業で活躍している。また農場経営も始め、同四十一年アメリカから輸入した「アイリッシュ・コブラー」という名のジャガイモの栽培を始めた。これが「男爵いも」として普及することになる。なお、父...

  2. 6154ジャガイモの歴史7/9 - MIYOSHI発にし阿波活性化プロジェクト「学ぶ」・「伝える」・「つなぐ」~さらなる「深み」「高み」を目指して

    6154ジャガイモの歴史7/9

    R3.7.9付け『德島新聞』鳴潮欄に、じゃがいもの歴史についての記事が掲載されました。興味深い記事なので,皆様にも御紹介します。☆☆ジャガイモの栽培が始まったのは紀元500年ごろとされる。南米、ペルーからボリビアにかけてのアンデス山岳地帯、4千メートル級の高地を古里とする。欧州に伝わったのが16世紀後半。当初は観賞用だったが、荒地でもよく育ち、食用作物として定着した。日本へは江戸時代、インド...

  3. 6037丹田宏さん宅の藍@東みよし町丹田6/29 - MIYOSHI発にし阿波活性化プロジェクト「学ぶ」・「伝える」・「つなぐ」~さらなる「深み」「高み」を目指して

    6037丹田宏さん宅の藍@東みよし町丹田6/29

    東みよし町丹田の丹田古墳、東みよし町の名跡地です。丹田古墳の近くに、丹田宏さんの畑があり、少しですが、藍が栽培されています。この藍は染料用で、徳島市の吉田商店に出荷されています。藍も引き取り価格が低く、これだけではどれだけもお金になりません。農家が搾取されるというか、叩かれるシステムが問題です。藍栽培も、儲かる農業のシステムを構築したいものです。でないと、なかなか藍の増産はかないません。東京...

  4. 6024つるぎ町貞光野口「故武市恭信邸」6/28 - MIYOSHI発にし阿波活性化プロジェクト「学ぶ」・「伝える」・「つなぐ」~さらなる「深み」「高み」を目指して

    6024つるぎ町貞光野口「故武市恭信邸」6/28

    つるぎ町貞光野口の元德島県知事武市恭信邸では、現在改築工事が進められており、資料館になる予定だそうです。堂々とした佇まいで、正面の門は風格があり、立派なものです。 1947年より貞光町長を三期務めた後、1963年に衆議院議員に当選、1965年には徳島県知事に当選した。1965年10月9日から1981年10月4日の16年間、歴代の徳島県知事の中で最も長く知事を務めた。就任当時の県政は財政再建...

  5. 6022三好市総合支所@三好市三野町芝生6/28 - MIYOSHI発にし阿波活性化プロジェクト「学ぶ」・「伝える」・「つなぐ」~さらなる「深み」「高み」を目指して

    6022三好市総合支所@三好市三野町芝生6/28

    三好市三野町芝生にある三好市総合支所は、昭和8年築の登録文化財です。身近なところにこんな貴重な建築物があるんですね。このたび改装工事が完成し、入り口脇には説明の看板が立てられています。三好市三野町芝生昭和8(1933)築木造/モルタル2階建て<登録文化財>左右対称で中央と両翼が張り出した平面構成という、役所建築の典型。しかし、淡いピンク色の外壁や、中央部のマンサード屋根、2階窓や正面入り口の...

  6. 6007十六地蔵尊@つるぎ町貞光野口「真光寺」6/26 - MIYOSHI発にし阿波活性化プロジェクト「学ぶ」・「伝える」・「つなぐ」~さらなる「深み」「高み」を目指して

    6007十六地蔵尊@つるぎ町貞光野口「真光寺」6/26

    つるぎ町貞光野口の真光寺は、真言宗御室派の寺院ですから、うちの宗派と同じです。本尊は阿弥陀如来で、阿波西国三十三観音霊場第7番札所であるとともに、端四国八十八カ所霊場第6番札所ともなっています。 集団疎開していた大阪市の南恩加島小学校の児童16人が火災のため、焼死したのを機に、児童の慰霊碑が建てられています。毎年正月第3日曜日には、人形浄瑠璃・大般若経の転読とともに護摩供火渡りが行われます...

  7. 5881「旧北室医院」にも有瀬茶&磯貝さんのお茶お届け@つるぎ町半田松生6/13 - MIYOSHI発にし阿波活性化プロジェクト「学ぶ」・「伝える」・「つなぐ」~さらなる「深み」「高み」を目指して

    5881「旧北室医院」にも有瀬茶&磯貝さんのお茶お届け...

    つるぎ町半田松生の旧北室医院にお邪魔させていただき、北室眞人さんに有瀬茶(煎茶、山茶)と地元つるぎ町貞光三木栃の磯貝勝幸さん・ハマ子さん宅の岸茶(自生茶)、岸茶のくき茶を持参させていただきました。札幌にいらっしゃるお姉様にも、近々磯貝さんのお茶を送らせていただきます。お茶は藍と同様、体にいい食べ物です。しっかり摂取していただきたいと思います。旧北室医院からは『満州グラフ』や古い帳簿などが次々...

  8. 5589池田に大学を~「四國大学」設置構想に接して4/27 - MIYOSHI発にし阿波活性化プロジェクト「学ぶ」・「伝える」・「つなぐ」~さらなる「深み」「高み」を目指して

    5589池田に大学を~「四國大学」設置構想に接して4/27

    今から90年以上前の1927年(昭和2)に、三好市池田町に「四國大学」(現在の四国大学とは別)と呼ばれる四国初の大学を設立する構想があったことが、徳島県立文書館において確認されました。石尾和仁同館館長が徳島市内の元県立学校教諭三舟哲治さんから寄託された「県議会議事録」の1927年、28年分を調査した結果、明らかになったものです。議事録によれば、県議会議長が内務大臣に建議した意見書の内容が分か...

  9. 55732層構造のうだつ@つるぎ町貞光町4/26 - MIYOSHI発にし阿波活性化プロジェクト「学ぶ」・「伝える」・「つなぐ」~さらなる「深み」「高み」を目指して

    55732層構造のうだつ@つるぎ町貞光町4/26

    つるぎ町貞光町のうだつの町並みを見学しました。「うだつ」とは、商家の火災の延焼防止のために設けられた壁のことですが、商人が一人前になって店を構えることを「うだつが上がる」と言いました。このように、「うだつ」は商人が一人前になった証とされていました。貞光の「うだつ」は二重の構造になっており、前半分が一段低く創られているのが特徴です。この構造は、美馬市脇町や三好市池田の「うだつの町並み」では見ら...

  10. 5495石積みの技術@東みよし町中名近藤昭さん宅4/17 - MIYOSHI発にし阿波活性化プロジェクト「学ぶ」・「伝える」・「つなぐ」~さらなる「深み」「高み」を目指して

    5495石積みの技術@東みよし町中名近藤昭さん宅4/17

    東みよし町中名の近藤昭さんのお宅にお邪魔させていただきました。待ち合わせのためです。近藤さんは、三好市三野町のイチゴハウスからまだ帰って来られていませんでした。そこで、近藤さんのお宅の石垣を観察させていただきました。ここにも、石垣を積む技術があります。平たい石を多用して、石垣を積んでいるのが分かります。石垣の積み方にも、いろいろ方法があるみたいです。

  11. 5491密厳寺の牡丹園@三好市池田町西山4/17 - MIYOSHI発にし阿波活性化プロジェクト「学ぶ」・「伝える」・「つなぐ」~さらなる「深み」「高み」を目指して

    5491密厳寺の牡丹園@三好市池田町西山4/17

    三好市池田町西山佐古の四国三十六不動霊場第五番札所「密厳寺」は四国の真中(四国のへそ)に位置する三好市池田町にあり、眼下に清流吉野川や町内を一望に見下ろす大変風光明媚な西山の高台にあります。(「密厳寺」オフィシャルホームページより) 境内にはボタン園700株が満開に咲き誇り、今が見頃です。色とりどりの牡丹の大ぶりの鼻が目を奪います。今日は雨が降っていましたが、傘を差しながら撮影しました。「...

  12. 5485ダム探訪~明谷取水ダム@つるぎ町一宇明谷4/16 - MIYOSHI発にし阿波活性化プロジェクト「学ぶ」・「伝える」・「つなぐ」~さらなる「深み」「高み」を目指して

    5485ダム探訪~明谷取水ダム@つるぎ町一宇明谷4/16

    漆日浦、出羽から下りてきたところ、場所は明谷になりますが、ここに「明谷取水ダム」があります。明谷川の水が流れ落ちていますが、勢いはありません。重力式コンクリートダムで、堤高14.7m、堤頂長35.8m、ゲートは自動調節(ゲートレス)です。池田ダムに見られるような、ゲートはありません。

  13. 5440「モラエスの宿」標柱立つ@三好市池田町サラダ「COCO-CROSS」4/12 - MIYOSHI発にし阿波活性化プロジェクト「学ぶ」・「伝える」・「つなぐ」~さらなる「深み」「高み」を目指して

    5440「モラエスの宿」標柱立つ@三好市池田町サラダ「...

    三好市池田町サラダの「旧松又旅館」にある宿泊施設「COCO-CROSS」敷地内にポルトガルの文人モラエスにちなむ標柱が立てられています。旧松又旅館は、モラエスが立ち寄ったとされています。標柱は高さ約1.5m、幅、奥行きが各約10cmで、「モラエスの宿」「旧松又旅館跡」などと記されています。これは德島日本ポルトガル協会が協会の創立50周年記念事業の一環として設けられたものです。三好にモラエスゆ...

  14. 5436「芝桜祭り」@美馬市脇町広棚「広棚花の里」4/11 - MIYOSHI発にし阿波活性化プロジェクト「学ぶ」・「伝える」・「つなぐ」~さらなる「深み」「高み」を目指して

    5436「芝桜祭り」@美馬市脇町広棚「広棚花の里」4/11

    美馬市脇町広棚の「広棚花の里」では、今日、芝桜祭りが開催され、大勢のお客様が訪れていました。花の里の花畑一面に咲く綺麗な芝桜を御覧ください。赤やピンク、紫、白の芝桜がとても綺麗ですね。美馬市もこのイベントに協力し、下からここまでシャトルバスを運行し、来場者の便宜を図られていました。広棚では、獅子舞も演じられました。広棚の獅子舞は有名です。今日、初めて見させていただきました。旧美馬郡脇町には獅...

  15. 5411原点に立ち返る~アインシュタイン博士に面会@美馬市穴吹町三島4/8 - MIYOSHI発にし阿波活性化プロジェクト「学ぶ」・「伝える」・「つなぐ」~さらなる「深み」「高み」を目指して

    5411原点に立ち返る~アインシュタイン博士に面会@美...

    美馬市穴吹町三島の真言宗光泉寺横に、アインシュタインの碑があります。有瀬「協働」プロジェクト2021を進めるにあたり、そしてアグリCAFE(第1回)での報告を前に原点に立ち返りたいと思い、偉大なアインシュタイン博士にお会いすることにしました。ここは世界を代表する外科医であった三宅速博士の墓所です。アインシュタイン博士が三宅博士の死に対して、哀悼文を寄せられています。光泉寺境内には、三宅束博士...

  16. 5243驚き!「三好長慶ベンダー」登場@三好市三野町太刀野道の駅「三野」3/22 - MIYOSHI発にし阿波活性化プロジェクト「学ぶ」・「伝える」・「つなぐ」~さらなる「深み」「高み」を目指して

    5243驚き!「三好長慶ベンダー」登場@三好市三野町太...

    三好市三野町太刀野の道の駅「三野」に、三好長慶の自販機が誕生しました。これは、戦国時代、織田信長に先駆けて天下人となった、徳島出身の三好長慶の事蹟を顕彰するために、(一財)徳島県観光協会とダイドードリンコ(株)が協働で「三好長慶ベンダー」を制作し、その第一号機を三好長慶生誕の地である三野町(道の駅「三野」)に設置されたものです。これを記念して、講演会も開催されました。自動販売機にラッピングす...

  17. 5230五郷ダムもあるよ@香川県観音寺市大野原町五郷3/19 - MIYOSHI発にし阿波活性化プロジェクト「学ぶ」・「伝える」・「つなぐ」~さらなる「深み」「高み」を目指して

    5230五郷ダムもあるよ@香川県観音寺市大野原町五郷3/19

    帰りにもう一つダムがあるのを確認し、立ち寄りました。香川県観音寺市大野原町五郷です。豊稔池ダムに比べるとみるべき点はなく、ダム湖の水も濁っていました。五郷ダム前田川は阿讃山脈の雲辺寺山(標高916.2m)に源を発し、落合地区で本流柞田川に合流する流域面積11.4平方キロメートル、流路延長3.4キロメートルの二級河川です。五郷ダムは、下流域の洪水調節および水不足の解消などのために、昭和36年に...

  18. 5229石積み式マルチプルアーチダム「豊稔池ダム」@香川県観音寺市大野原町3/19 - MIYOSHI発にし阿波活性化プロジェクト「学ぶ」・「伝える」・「つなぐ」~さらなる「深み」「高み」を目指して

    5229石積み式マルチプルアーチダム「豊稔池ダム」@香...

    香川県観音寺市大野原の「豊稔池ダム」に初めて行ってみました。「豊稔池ダム」は現存する日本最古の石積式マルチプルアーチダムで、重要文化財にも指定されています。なかなかの名所のようで、何組かのカップルや夫婦連れ、家族連れの方が来ておられ、それぞれに写真を撮られていました。ダムの上には、記念碑が建てられています。詳しくは、下の説明を御覧ください。ダムで地域活性化というのも、面白いアイデアですね。 ...

  19. 5227池田のたばこが北前船を通じて北海道とつながった@三好市池田町マチ「阿波池田たばこ資料館3/19」 - MIYOSHI発にし阿波活性化プロジェクト「学ぶ」・「伝える」・「つなぐ」~さらなる「深み」「高み」を目指して

    5227池田のたばこが北前船を通じて北海道とつながった...

    池田や辻に集積されたたばこは、平田舟で德島や大阪に運ばれ、北前船に買い取られて日本海沿岸や北海道に売られました。平田舟(ひらたぶね)とは、和船の一種であり、内水面を航行する船の一種です。高瀬舟より大きく五大力船より小さいです。艜船・平田船・平駄船・比良太舟等とも表記されます。日本全国の河川等で荷物・旅客を輸送し、江戸時代から大正時代にかけての水運で多く用いられました。『和名類聚抄』では「艜比...

  20. 5226史料発掘~池田のたばこ産業@三好市池田町マチ「阿波池田たばこ資料館」3/19 - MIYOSHI発にし阿波活性化プロジェクト「学ぶ」・「伝える」・「つなぐ」~さらなる「深み」「高み」を目指して

    5226史料発掘~池田のたばこ産業@三好市池田町マチ「...

    久しぶりに三好市池田町マチの「うだつの町並み」の一角にある「阿波池田たばこ資料館」を訪問しました。というのも、先日見学させていただいたつるぎ町半田松生の「旧北室医院」(現旧北室医院医療資料館)の御子息であり医師の北室眞人さんからメールをいただき、北海道でフリーライターをされているお姉様が阿波の葉たばこ栽培から北前船、北海道をストーリーとして描きたいと考えておられるとのことで、私自身はタバコ栽...

総件数:587 件

似ているタグ