地理歴史・文化のタグまとめ

地理歴史・文化」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには地理歴史・文化に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「地理歴史・文化」タグの記事(536)

  1. 4732つるぎ町半田の近代建築遺構を訪ねる~北室医院跡&逢坂医院跡1/17 - MIYOSHI発にし阿波活性化プロジェクト「学ぶ」・「伝える」・「つなぐ」~さらなる「深み」「高み」を目指して

    4732つるぎ町半田の近代建築遺構を訪ねる~北室医院跡...

    つるぎ町半田には、廃院となった医院跡が残っています。一つは、つるぎ町半田松生の北室医院跡です。こちらは医療資料館としてリニューアルされ、現在メールでの見学受付をされています。もう一つは、逢坂医院は、地域初の医院として大正期に開業、昭和24年まで使われていました。正確な記録はありませんが、大正10年頃の築とされています。2階建ての木造洋館で、玄関を中心にシンメトリーに棟を構えた寄棟造りです。張...

  2. 4727刻みたばこで栄えた町~三好市井川町辻町1/16 - MIYOSHI発にし阿波活性化プロジェクト「学ぶ」・「伝える」・「つなぐ」~さらなる「深み」「高み」を目指して

    4727刻みたばこで栄えた町~三好市井川町辻町1/16

    三好市井川町辻町の歴史的町並みを観察してみました。「辻まちニコニコ朝市」の舞台となっている旧山下家別邸(登録文化財)が、三好市の歴史的風致維持向上計画に基づき改修されることとなり、現在工事が進められています。工事を担っているのは,古民家のリノベーションが得意な丸浦工業です。旧山下家別邸も前には、立派な民家があり、うだつや屋根の瓦に特徴があります。商家だったと思われるこのお宅の繁栄ぶりが窺えま...

  3. 4706美馬和傘ライトアップスタートat17:00@美馬市脇町猪尻美馬市地域交流センター「ミライズ」1/13 - MIYOSHI発にし阿波活性化プロジェクト「学ぶ」・「伝える」・「つなぐ」~さらなる「深み」「高み」を目指して

    4706美馬和傘ライトアップスタートat17:00@美...

    美馬市地域交流センター「ミライズ」まで戻り、美馬和傘のライトアップを見てみました。午後5時過ぎでまだ十分暗くなっておらず、どうかなと思いましたが、つるぎ高校の生徒の作品を中心に御紹介します。あまり綺麗に撮せてません(_ _)高校生らしいメッセージがしたためられています。どうぞ御覧ください。

  4. 4705美馬市脇町南町の名家紹介1/13 - MIYOSHI発にし阿波活性化プロジェクト「学ぶ」・「伝える」・「つなぐ」~さらなる「深み」「高み」を目指して

    4705美馬市脇町南町の名家紹介1/13

    美馬市脇町南町のうだつの街並みを歩きました。もう何回目になるでしょう。今日は、歴史的由緒のある建物を御紹介します。説明の看板の写真を御紹介します。野崎家は呉服商で、明治時代には京都の丸紅本店とも取引するなど、高級品を取り扱っていました。田村家は、このあたりで二番目に古い建物で、棟札も残っています。藍商でした。森家は代々郵便局長、医師を務める名家でした。国見家は南町で最古の住宅です。

  5. 4698村田珠光から千利休へ~茶道の歴史1/13 - MIYOSHI発にし阿波活性化プロジェクト「学ぶ」・「伝える」・「つなぐ」~さらなる「深み」「高み」を目指して

    4698村田珠光から千利休へ~茶道の歴史1/13

    茶道は今や、日本文化の代表格として国民全体に受け入れられています。広島大学のハルミート・シング氏は、「茶道は単にお茶を飲むことではなく、ある種の礼に基づく喫茶行為である。「さどう」、「茶の湯」などいろいろな名前で呼ばれる。茶の湯は建築、造園、書、歴史、宗教を学び、それらを生かすと共に、食事を用意し、客をもてなす。そこでは、芸術的創造性、自然への感受性、宗教的思想、生きていく目的や考え方、社交...

  6. 4690悲しい十六地蔵の物語@つるぎ町貞光野口真言宗御室派「無量山真光寺」1/12 - MIYOSHI発にし阿波活性化プロジェクト「学ぶ」・「伝える」・「つなぐ」~さらなる「深み」「高み」を目指して

    4690悲しい十六地蔵の物語@つるぎ町貞光野口真言宗御...

    つるぎ町貞光野口に所在する無料山真光寺は、真言宗御室派の寺院であるとともに、端四国八十八カ所霊場第六番・第八番札所でもあります。本尊は、阿弥陀如来です。この真光寺に、悲しい歴史が伝えられています。 境内東北に自動の慰霊と世界平和を祈念して祀られている。1945年(昭和20年)1月29日に発生した火災によって本堂が焼失した。本堂にいた南恩加島小学校3、4年生の児童29人中16人が死亡したた...

  7. 4676たばこ農家の思いを聴く1/10 - MIYOSHI発にし阿波活性化プロジェクト「学ぶ」・「伝える」・「つなぐ」~さらなる「深み」「高み」を目指して

    4676たばこ農家の思いを聴く1/10

    たばこの話題が続きますが、今回はたばこ農家さんがどのような思いで今もたばこを栽培されているか、イラストレーターの中村一般さんがインタビューされた内容をまとめられています。マンガと文章でまとめられています。一部要点を御紹介します。要は、たばこは世間で悪者扱いされることが多いですが、実は繊細な作物であり、たばこ農家の方は多くの手間暇をかけ、誇りを持ってつくられているということです。(「イーアイデ...

  8. 4675茶を究める~闘茶1/15 - MIYOSHI発にし阿波活性化プロジェクト「学ぶ」・「伝える」・「つなぐ」~さらなる「深み」「高み」を目指して

    4675茶を究める~闘茶1/15

    (「Tea School PureRose」ホームページより)(「いまトピ」ホームページより)茶道の広がりの歴史を見ていく上で、闘茶は欠くことのできない要素です。闘茶は、「茶の点て方や、茶を飲んで香りや味から産地を推測するなどして、勝敗を競う遊び」で、日本では「回茶、飲茶勝負、茶寄合、茶湯勝負、貢茶」などとも呼ばれます。現代では、茶の産地を鑑定する「茶歌舞伎」が行われています。(「wikip...

  9. 4673貞光町における葉たばこ栽培をふりかえる1/10 - MIYOSHI発にし阿波活性化プロジェクト「学ぶ」・「伝える」・「つなぐ」~さらなる「深み」「高み」を目指して

    4673貞光町における葉たばこ栽培をふりかえる1/10

    つるぎ町貞光三木栃の磯貝勝幸さん・ハマ子さん宅でも、以前主要な換金作物であった葉たばこの栽培が行われていました。貞光町全体で盛んであった昭和50年代後期の葉たばこ栽培について、『郷土研究発表会紀要』第28号に阿波学会地理班の総合調査結果がまとめられていますので、紹介させていただきます。磯貝さんらが今の農業を確立させられる以前の当地のタバコ栽培を中心とした農業の実態について概観します。同報告は...

  10. 4652藍住町勝瑞「勝瑞城館跡」は中世阿波の政治、経済、文化の一大中心地1/7 - MIYOSHI発にし阿波活性化プロジェクト「学ぶ」・「伝える」・「つなぐ」~さらなる「深み」「高み」を目指して

    4652藍住町勝瑞「勝瑞城館跡」は中世阿波の政治、経済...

    藍住町勝瑞の「勝瑞城館跡」に来てみました。雪が降り、とても寒かったです。藍染めと勝瑞城館跡は直接の関連はありませんが、中世における阿波の政治・経済・文化の中心地として、藍の流通に大きく貢献していたことは言わずもがなです。平成16年から発掘調査が進められていますが、展示室には発掘された遺物や説明パネル、藍関連の資料などが展示されており、見学することができます。また、1995年から毎年、勝瑞城シ...

  11. 4651北島町新喜来北島町立図書館内「まちかどミニミュージアム」にて藍を探究する1/7 - MIYOSHI発にし阿波活性化プロジェクト「学ぶ」・「伝える」・「つなぐ」~さらなる「深み」「高み」を目指して

    4651北島町新喜来北島町立図書館内「まちかどミニミュ...

    北島町新喜来の北島町立図書館(創生ホール)の一角に「まちかどミニミュージアム」が設置されており、ここには古い農具や藍関連の文書などが展示されています。北島町も藍のふるさとの一部をなしており、その構成文化財の一つに「藤田家住宅」「北島町所蔵藍関連文書」があります。 藤田家住宅国登録有形文化財「藤田家住宅」種別:建造物員数:5棟所在地・所有者:新喜来・個人県指定年月日:平成28年11月29日時...

  12. 4634地名は地域の歴史や文化を伝える文化遺産1~三好市山城町「西宇」1/5 - MIYOSHI発にし阿波活性化プロジェクト「学ぶ」・「伝える」・「つなぐ」~さらなる「深み」「高み」を目指して

    4634地名は地域の歴史や文化を伝える文化遺産1~三好...

    『德島新聞』で德島地理学会会員羽山久夫氏による「德島地名の由来」という連載記事がスタートしました。德島県内の山村には三好市山城町の「西宇」、三好市西祖谷山村の「一宇」、つるぎ町の「一宇」など「宇」のつく地名が多く、「宇」は「軒、屋根」の意味だということです。中世においては、「宇」は家屋、宅地、田畑などを合わせた家の集団である「在家」または「名」を指し、領主は「宇」を年貢徴収の単位としてました...

  13. 4615日本遺産「藍のふるさと阿波」探訪1/1 - MIYOSHI発にし阿波活性化プロジェクト「学ぶ」・「伝える」・「つなぐ」~さらなる「深み」「高み」を目指して

    4615日本遺産「藍のふるさと阿波」探訪1/1

    12月16日、テレビトクシマの「テレビミュージアム『藍のふるさと阿波探訪』」で日本一になった阿波藍が特集・放送されました。藍住町教育委員会社会教育課重見高博氏をはじめ板野町、北島町の担当者をナビゲータとして、各町の藍関連施設をめぐり残っている資料を紹介されています。徳島県内の吉野川流域9市町が申請した「藍のふるさと 阿波~日本中を染め上げた至高の青を訪ねて~」は令和元年5月20日、文化庁から...

  14. 4611深遠なる「青」~藍の歴史を理解する1/1 - MIYOSHI発にし阿波活性化プロジェクト「学ぶ」・「伝える」・「つなぐ」~さらなる「深み」「高み」を目指して

    4611深遠なる「青」~藍の歴史を理解する1/1

    三好市西祖谷山村有瀬に藍を広め用途を開発しPRすることも、活動のもう一つの重要な柱となります。藍について正しく理解することは、取り組みの重要な礎となります。まず、藍の歴史について御紹介します。阿波藍の歴史については、昨年中、講演会や講座の紹介を通じて報告させていただいていますので、過去の投稿を御覧ください。藍の歴史時代はなんと、紀元前3000年まで遡ります。インダス文明の遺跡から藍染めの染織...

  15. 4610有瀬茶の奥深い懐に飛び込むために~茶の歴史を理解する1/1 - MIYOSHI発にし阿波活性化プロジェクト「学ぶ」・「伝える」・「つなぐ」~さらなる「深み」「高み」を目指して

    4610有瀬茶の奥深い懐に飛び込むために~茶の歴史を理...

    (「お茶のみ女子大学」ホームページより)茶は私の取り組みの重要な柱です。私たちの生活にとって欠かせないお茶について正しく理解していただくため、年頭に当たり茶の歴史について説明させていただきます。こうした知識を踏まえて、茶匠平松翁が生み出される有瀬茶の奥深い懐に飛び込んでいくことにしましょう。☆★茶書の最古のものは、中国唐代末の文人陸羽(りくう)があらわした「茶経(ちゃきょう)」(760)で全...

  16. 4587地名を考える~「大歩危」「小歩危」@三好市山城町12/28 - MIYOSHI発にし阿波活性化プロジェクト「学ぶ」・「伝える」・「つなぐ」~さらなる「深み」「高み」を目指して

    4587地名を考える~「大歩危」「小歩危」@三好市山城...

    国道32号線を三好市池田町から高知の方に向かって車を走らせていると、山城町に入り、「小歩危」「大歩危」という地名案内を目にするようになります。今日は、「大歩危」「小歩危」の地名の由来について考えたいと思います。「大歩危小歩危(おおぼけこぼけ)」は、2億年の時を経て四国山地を横切る吉野川の激流によって創られた約8kmにわたる渓谷で、大理石の彫刻がそそりたっているかのような美しい景観を誇ります。...

  17. 4565「おいのこ」の行事に関する私の立場1/2 - MIYOSHI発にし阿波活性化プロジェクト「学ぶ」・「伝える」・「つなぐ」~さらなる「深み」「高み」を目指して

    4565「おいのこ」の行事に関する私の立場1/2

    (「いのこ調査隊」ホームページ)今日は、五穀豊穣を祈る伝統行事である「おいのこさん」について、述べさせていただきます。現在、德島県内では、つるぎ町猿飼の西岡田治豈さんが復活させ、毎年11月上旬に猿飼集落において貞光小学校の児童が公演しています。しかし、この「おいのこさん」の儀式について、「丸太で地面を搗く行為はおいのこではなく,家を建てるときの地鎮祭のものだ」という指摘があちこちで出てきてい...

  18. 4551探究・吉野川市山川町岩戸「岩戸神社」補遺12/24 - MIYOSHI発にし阿波活性化プロジェクト「学ぶ」・「伝える」・「つなぐ」~さらなる「深み」「高み」を目指して

    4551探究・吉野川市山川町岩戸「岩戸神社」補遺12/24

    吉野川市山川町岩戸の「岩戸神社」についても、補充説明させていただきます。4544の説明の「社殿の西側に,天底立尊・建御名方命を祭る建美神社がある。また,境内の大きい岩の上に「おごけさん」と呼ばれる小さい祠がある。」にかかる部分ですが、写真を御紹介します。建美神社の写真です。小さな祠です。「おごけさん」の本体と思われる巨石には、しめ縄がかけられています。 岩戸神社に向けて架かる橋は、昔は屋根...

  19. 4549藍の歴史を物語る「五社神社」@石井町高原12/24 - MIYOSHI発にし阿波活性化プロジェクト「学ぶ」・「伝える」・「つなぐ」~さらなる「深み」「高み」を目指して

    4549藍の歴史を物語る「五社神社」@石井町高原12/24

    名西郡石井町高原の「五社神社」は、藍作人の一揆の首謀者として犠牲になった5人を祀る神社です。以下、「石井町ホームページ」「awaotokoブログ」の説明を転載させていただきます。徳島藩は藍作を奨励しましたが、多くの利益を生む藍の統制を次第に強めていきました。藍作税の強化によって困窮した藍作人は、藩への反感から一揆を計画します。けれども、直前に一揆の計画は藩の知るところとなり、首謀者とされた石...

  20. 4548頑張る高校生:美馬和傘展byつるぎ高校生12/24 - MIYOSHI発にし阿波活性化プロジェクト「学ぶ」・「伝える」・「つなぐ」~さらなる「深み」「高み」を目指して

    4548頑張る高校生:美馬和傘展byつるぎ高校生12/24

    「ミライズ」1Fの前庭側のウインドウでは、美馬和傘の展示をしています。美馬市美馬町東宗重の伝統工芸士中岡清氏の昭和40年代の映像「和傘の里」が流れています。この動画は、you-tubeでも御覧いただけます。特に、つるぎ町馬出のつるぎ高校の生徒さんたちが製作してきた素晴らしい和傘の作品を御紹介しましょう。写真は、3枚目と4枚目がつるぎ高校の生徒さんのものです。「負けない」「夢」「みまから」「つ...

総件数:536 件

似ているタグ