地理歴史・文化のタグまとめ

地理歴史・文化」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには地理歴史・文化に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「地理歴史・文化」タグの記事(620)

  1. 768美馬市脇町うだつの町並み②~時代屋&佐直吉田家8/24 - MIYOSHI発にし阿波活性化プロジェクト「学ぶ」・「伝える」・「つなぐ」~さらなる「深み」「高み」を目指して

    768美馬市脇町うだつの町並み②~時代屋&佐直吉田家8/24

    脇町のうだつの町並みは、藍商人で栄えた街です。お土産品店に入りました。やはり藍染めのグッズや衣類が多く売られています。最初に入った時代屋さんでは、爆買い状態でした。初めての訪問だったので、新鮮だったのでしょう。次に、佐直吉田家住宅に入りましたが、こちらは藍染めのやや高級品が売られているようです。若い子が喜んでくれたので、よかったです。案内した甲斐がありました。うだつの町並みの「うだつ」とは、...

  2. 762ふるさとの歴史遺産~歴史を物語る西庄池8/23 - MIYOSHI発にし阿波活性化プロジェクト「学ぶ」・「伝える」・「つなぐ」~さらなる「深み」「高み」を目指して

    762ふるさとの歴史遺産~歴史を物語る西庄池8/23

    東みよし町西庄にある西庄池です。長らく西庄と中庄が用水権をめぐって激しい対立が続いたことを受け、宝永(ほうえい)年間(1704~1710)に築造されたと伝えられています。(東みよし町ホームページ参考)東みよし町の文化財カルタにもうたわれています。東西南北各135m・水深4mの灌漑用池。池には、厳島神社があります。

  3. 752白人神社周辺8/22 - MIYOSHI発にし阿波活性化プロジェクト「学ぶ」・「伝える」・「つなぐ」~さらなる「深み」「高み」を目指して

    752白人神社周辺8/22

    神明神社下には、当地からシベリアに出兵し戦死した兵士の忠魂碑が建てられています。その右側に約100メートル西南の石段130段があり、それを上った丘陵上に神明神社があります。社地はシイ・マツ・カシなど密生していて”神明はん”とか”神明の森”と呼ばれています。石垣で囲まれた特異な形態の神社です。石垣は、幅1.5~2.0メートル、高さ1.2~1.8メートルで、東西約22メートル、南北約7メートルの...

  4. 751美馬市穴吹町調子野白人神社8/22 - MIYOSHI発にし阿波活性化プロジェクト「学ぶ」・「伝える」・「つなぐ」~さらなる「深み」「高み」を目指して

    751美馬市穴吹町調子野白人神社8/22

    美馬市穴吹町調子野の白人神社です。 白人神社は1596~1614年(慶長年間)の初め、稲田修理亮によって再興されたといわれ、阿波藩の家老であり脇城主(後に淡路城代となる)であった稲田家の信奉が厚かった神社です。稲田氏は代々鎧・刀・画などの寄進をたびたび行っていますが、当神社玄関にある「白人大明神」と刻まれた額も稲田主税助植春の奉納したもので、彗雲鉄啀の書になるものです。そのほか同神社に保存...

  5. 734宮脇慎太郎写真展「霧の子どもたち」~祖谷今昔8/20 - MIYOSHI発にし阿波活性化プロジェクト「学ぶ」・「伝える」・「つなぐ」~さらなる「深み」「高み」を目指して

    734宮脇慎太郎写真展「霧の子どもたち」~祖谷今昔8/20

    灸まん美術館に行った目的は、こちらの展示でした。宮脇慎太郎写真展「霧の子どもたち」です。宮脇慎太郎は1981年香川県高松市生まれ、大阪芸術大学写真学科卒業後、日本出版、六版義スタジオなどを経て独立。2008年高松に活動拠点を移し、辺境と聖性をテーマに生活と密着した風景やポートレートの撮影に取り組んでいます。2015年、日本三大秘境祖谷渓谷を撮りためた写真集『曙光The Light of Iy...

  6. 722つるぎ町貞光織本屋8/18 - MIYOSHI発にし阿波活性化プロジェクト「学ぶ」・「伝える」・「つなぐ」~さらなる「深み」「高み」を目指して

    722つるぎ町貞光織本屋8/18

    永井家屋敷のすぐ近くにある織本屋。暖簾をくぐるとピアノが置かれています。このピアノは、誰でも弾きことができます。定期的に音楽イベントを開催できればいいですね。その奥の部屋は囲炉裏部屋になっています。以前と変わりません。その奥の天井には、籠が吊されています。主人が外出するときなどに使われたものでしょう。永井家もそうですが、こちら織本屋では、昔の商家の様子をうかがうことができ、歴史探究にはうって...

  7. 721つるぎ町貞光永井家住宅8/18 - MIYOSHI発にし阿波活性化プロジェクト「学ぶ」・「伝える」・「つなぐ」~さらなる「深み」「高み」を目指して

    721つるぎ町貞光永井家住宅8/18

    つるぎ町貞光の永井家屋敷に行ってきました。今日は、敷地内に植えられた草花を撮しました。

  8. 668東みよし町東山岸上集落8/7 - MIYOSHI発にし阿波活性化プロジェクト「学ぶ」・「伝える」・「つなぐ」~さらなる「深み」「高み」を目指して

    668東みよし町東山岸上集落8/7

    東みよし町東山岸上集落に足を伸ばしました。以前にも末内茂さん宅を訪問させていただいたことがありますが、高齢化に伴い、ほとんど農業は行われていません。一部の畑で、さつまいもを栽培しています。にし阿波の地域では、さつまいもや大根、柿などを干して、保存食として食べる文化があります。これも、後世に伝えたい貴重な食文化の一つです。

  9. 648法市フィールドワークby関西学院大学人間福祉学部人間福祉学科8/5 - MIYOSHI発にし阿波活性化プロジェクト「学ぶ」・「伝える」・「つなぐ」~さらなる「深み」「高み」を目指して

    648法市フィールドワークby関西学院大学人間福祉学部...

    関西学院大学人間福祉学部人間科学科山泰幸ゼミ3回生13名が、法市集落でフィールドワークを行いました。朝9時30分から、ハタ・法市集落で担当者や関係者から本日の日程やハタ・法市集落の概要説明、合同会社法市の干し芋の説明を聞き、フィールドワークに出発しました。まず、仮設船底型農村舞台のある船渡神社では、ハタ・法市集落活性化組織会長細川努さんから説明を聞きました。この船渡神社は、拝殿がありその後ろ...

  10. 640三好市山城町粟山集落に鉦踊りが戻ってきた - MIYOSHI発にし阿波活性化プロジェクト「学ぶ」・「伝える」・「つなぐ」~さらなる「深み」「高み」を目指して

    640三好市山城町粟山集落に鉦踊りが戻ってきた

    昨年の西日本豪雨により甚大な被害を受けていた三好市山城町粟山集落ではお盆の伝統行事鉦踊りが中断し、途絶える恐れが懸念されていました。しかし、集落住民の皆様や関係者の御努力によって、15日(木)13時頃から復活・挙行されることになりました。本当によかったです。鉦踊りは、鉦を主体として踊ることによって部落の無事安泰を祈り、仏の霊を慰め新仏の供養をするものです。盆行事の一つとして今も山城町の粟山・...

  11. 612法市農村舞台公演に向けて~次代を担う子どもたちの真剣な眼差し7/30 - MIYOSHI発にし阿波活性化プロジェクト「学ぶ」・「伝える」・「つなぐ」~さらなる「深み」「高み」を目指して

    612法市農村舞台公演に向けて~次代を担う子どもたちの...

    東みよし町昼間のふれアリーナみよしで、阿波木偶箱廻し伝承教室が開催されています。地元の小中学生がジュニアチームを編成し、法市農村舞台や人権イベント、阿波十郎兵衛屋敷での公演に挑戦します。練習に参加していたのは、全員で13名、うち昼間小学校の児童が2人、三加茂中学校の生徒が3名、他は三好中学校の生徒です。阿波木偶箱廻し保存会の辻本一英さん、中内正子さん、南公代さんが指導に来られ、池田高校生がO...

  12. 600徳島県立文学・書道館7/27 - MIYOSHI発にし阿波活性化プロジェクト「学ぶ」・「伝える」・「つなぐ」~さらなる「深み」「高み」を目指して

    600徳島県立文学・書道館7/27

    県立文学・書道館では様々な展示が行われています。書道特別展「小坂奇石の小品」、文学常設展示室では徳島ゆかりの文学者と作品が展示されています。このほか瀬戸内寂聴記念室には、寂聴さんの初稿本がずらりと展示されています。講演後、館長さんや係の方の御案内で米本さんと見学させていただきましたが、圧巻でした。寂聴さんの功績がつぶさに分かります。書道企画展では「中竹梧竹の篆書と隷書」、文学企画展では「東京...

  13. 599文学講演会「石牟礼道子の人と文学」7/27 - MIYOSHI発にし阿波活性化プロジェクト「学ぶ」・「伝える」・「つなぐ」~さらなる「深み」「高み」を目指して

    599文学講演会「石牟礼道子の人と文学」7/27

    徳島市中前川町の徳島県立文学書道館に来ました。毎日新聞西部本社学芸部記者米本浩二さんの講演「石牟礼道子の人と文学」に参加するためです。米本さんは東みよし町(旧三好町)の御出身で、2017年に『評伝石牟礼道子-渚に立つ人-』を出版、翌年第69回読売文学賞評論・伝記賞を受賞され、石牟礼道子資料保存会の発足とともに研究員として資料の収集・整理に参加しておられます。米本さんは、石牟礼道子さんという人...

  14. 595「コウケンテツの日本100年ごはん紀行~縦断!夏の四国編」放送&「おむすびころりん急傾斜そばの花咲く観光農園」のお知らせ - MIYOSHI発にし阿波活性化プロジェクト「学ぶ」・「伝える」・「つなぐ」~さらなる「深み」「高み」を目指して

    595「コウケンテツの日本100年ごはん紀行~縦断!夏...

    7月24日(水)、つるぎ町猿飼集落の西岡田治豈さん宅に、NHKBS1の取材が来られ、サラエを使っての土あげを経験されました。一行は、各地の急傾斜地を回られるそうです。この様子は、9月22日(日)22時から、NHKBS1にて、「コウケンテツの日本100年ごはん紀行~縦断!夏の四国編」として放送されるそうです。この番組の趣旨は、「100年後に残したいニッポンの食」です。そば米雑炊や祖谷そばなど、...

  15. 569知識の宝庫~県立文化の森7/24 - MIYOSHI発にし阿波活性化プロジェクト「学ぶ」・「伝える」・「つなぐ」~さらなる「深み」「高み」を目指して

    569知識の宝庫~県立文化の森7/24

    徳島市八万町向寺山の文化の森に行ってきました。こちらには、県立文書館をはじめ、県立図書館、県立博物館、鳥居竜蔵記念館、県立21世紀館、県立近代美術館、すだちくん野外シアターなどが集約されています。28日まで、にし阿波農具展が開催されています。期待してわざわざ行ったのですが、期待外れでした。恐竜展の狭い一角に、野鍛冶大森豊春さんがつくったと思われる農具が数点と展示解説が3枚くらい掲示されている...

  16. 553歴史の息吹~東みよし町足代東原遺跡7/21 - MIYOSHI発にし阿波活性化プロジェクト「学ぶ」・「伝える」・「つなぐ」~さらなる「深み」「高み」を目指して

    553歴史の息吹~東みよし町足代東原遺跡7/21

    東みよし町足代東原の東原遺跡です。遺跡自体は、町によってきちんと整備されています。弥生時代後期の遺跡ということです。墳丘墓から古墳への過渡期の形態と考えられます。葬送儀礼に関連すると推定される遺構も発見されています。詳しくは、下の設置看板の説明および『三好町史』をお読みください。『三好町史』の記述は、20年以上前ですが、私が書かせていただきました。

  17. 551真言宗蓮華山本楽寺7/20 - MIYOSHI発にし阿波活性化プロジェクト「学ぶ」・「伝える」・「つなぐ」~さらなる「深み」「高み」を目指して

    551真言宗蓮華山本楽寺7/20

    美馬市穴吹町小島にある真言宗本楽寺さんです。本楽寺さんは、映画「虹をつかむ男」のロケが行われた場所でもあります。枯山水の庭園が有名で、とても綺麗です。夕暮れ時が一番綺麗かな。条件に恵まれれば、雲海を見下ろすこともできるそうです。回遊式の庭園をある記憶に歩を進めると、滝が涼しげな音を立てて流れ落ちています。秋の紅葉もとても綺麗です。茶室も完成し、お抹茶をいただくこともできます。予約制ですが、松...

  18. 550町が生んだ世界的外科医 三宅速(はやり)~美馬市穴吹町三島 - MIYOSHI発にし阿波活性化プロジェクト「学ぶ」・「伝える」・「つなぐ」~さらなる「深み」「高み」を目指して

    550町が生んだ世界的外科医 三宅速(はやり)~美馬市...

    1866年3月18日~1945年6月29日(享年80歳)1866(慶応2)年徳島県穴吹町舞中島の医家に生まれる。12才の時上京、25才で東京帝国大学医科大学(現東大)卒業後、徳島市で三宅病院創立。33才でドイツに留学、ミクリッツ教授に師事。胆石症の研究により一躍世界的な医学者となる。 帰国後、35才で大阪府立医学校(現阪大)の付属医院外科医長、続いて福岡医科大学(現九州大学)に赴任、ドイツ留...

  19. 488つるぎ町貞光木屋集落木屋堂7/12 - MIYOSHI発にし阿波活性化プロジェクト「学ぶ」・「伝える」・「つなぐ」~さらなる「深み」「高み」を目指して

    488つるぎ町貞光木屋集落木屋堂7/12

    つるぎ町貞光木屋集落に来ました。木屋集落は、小さな集落です。畑らしい畑は見られません。車道開通の大きな記念碑が建てられています。木屋のお堂(木屋堂)は、踊り念仏で有名です。踊り念仏の創始者は、一遍上人ですね。こちらの踊り念仏は、集落内で新仏が出た場合、お盆に踊られます。後ずさりしながら踊られるのは珍しいことです。

  20. 487真言宗御室派東福寺7/12 - MIYOSHI発にし阿波活性化プロジェクト「学ぶ」・「伝える」・「つなぐ」~さらなる「深み」「高み」を目指して

    487真言宗御室派東福寺7/12

    つるぎ町貞光木屋にある東福寺です。真言宗御室派総本山仁和寺の末寺で、新四国曼荼羅霊場第70番札所、端山四国八十八ヶ所霊場第29番札所になっており、本尊は不動明王を祀っています。また、絵画の寺として美術館、俳諧の寺として句碑も多くあり、精進料理の寺としても有名です。毎年夏休みには、小学生の三日坊主修行を実施しています。県内の皆様の中には、子どもの頃、こちらのお寺で修行された経験の持ち主がいらっ...

総件数:620 件

似ているタグ