地蔵菩薩のタグまとめ

地蔵菩薩」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには地蔵菩薩に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「地蔵菩薩」タグの記事(44)

  1. #3293 - Photo by iPhone

    #3293

    「ブログ村iPhone写真ランキング」と「BLOG RANKING」に参加しています。下のバナーをクリックして応援して下さい。よろしくお願いします!!にほんブログ村iPhone写真ランキングTopページへ戻る

  2. #3278 - Photo by iPhone

    #3278

    「ブログ村iPhone写真ランキング」と「BLOG RANKING」に参加しています。下のバナーをクリックして応援して下さい。よろしくお願いします!!にほんブログ村iPhone写真ランキングTopページへ戻る

  3. 延命地蔵菩薩について... - Itumitennyo's Blog

    延命地蔵菩薩について...

    延命地蔵菩薩について延命地蔵菩薩様は、潜在的な可能性や成長・インナーチャイルド・繁栄・事業の発展・展望が開ける、栄光・純真無垢・生命力が高まる。喜びや自己を信頼する。知性的決断力・判断力・知識や知恵・恩恵・自立心・将来性の見通しがあります。運命を切り開く・明るい未来。才能を発揮できる。延命地蔵菩薩様は、基本自立心に力を入れています。特に鬱を患っている方にオススメです。

  4. 地蔵菩薩 - 後の祭り

    地蔵菩薩

    安産寺の地蔵菩薩のお尊顔お顔もお体も明らかに女人のように優しい仏の性別を言うのはおかしい元々・・女人高野、室生寺にあったという話を聞いたことがあるそのせいだろうか(鯵庵2.8.31)<閑話休題>8月30日は私の母の一周忌だった人の娘に生まれ人の妻となり人の親となって人生の半分を過ごしてきたが、残りの半分は一人で闇の淵を生きてきたしかも、最後の一年間は病院のベッドで一言も言わずに暮らした世俗に...

  5. 8月24日  「地蔵盆の日」 - 煎茶道方円流~東京東支部~

    8月24日 「地蔵盆の日」

    今日は、「地蔵盆」の日「地蔵盆」とは、特に関西地方で馴染みのある夏の風物詩の一つで、子供の健やかな成長を願って、お地蔵様に感謝の気持ちを込めて お供え物をし、供養する行事です発祥は京都であると言われています。古くから、京都では、各町内にお地蔵様が祀られて来ました。理由は、火除け地蔵として、また、木戸のそばにお地蔵様を置く事で、悪いものが入って来なくなると、信じられていたからです。そして、昔か...

  6. 地蔵菩薩立像(木食彫り) - ホオジロの道楽部屋

    地蔵菩薩立像(木食彫り)

    地蔵菩薩(市美術展入選)H75cm W27cm 20217年7月作

  7. 地蔵菩薩立像(木食彫り) - ホオジロの道楽部屋

    地蔵菩薩立像(木食彫り)

  8. 地蔵菩薩に着彩 - ライブ インテリジェンス アカデミー(LIA)

    地蔵菩薩に着彩

    先日の地蔵さんに色を添えてみた。少しメリハリが付いたかな。

  9. 夢かうつつか - 鯵庵の京都事情

    夢かうつつか

    小生の母親は片足を切ったもう一方も湾曲している動かないだから、寝たきりだ小生は面倒見ていない人に任せきりだったここからは夢の話であるその母親がひょっこりひょっこり歩いてくる姿が見える"おーい、おーい"と言っているいつの間にかエンジンのついた車椅子になりいつの間にかそれに縄がつけられ私の首に巻き付いている"親孝行出来なければ今が地獄だぞ"と言っている引っ...

  10. 49日の迷い - 鯵庵の京都事情

    49日の迷い

    あの世などあり得ないと言うことは簡単であるその通りかもしれないが、それでは皆、救われないあの世もあってほしいと思う人も多いだろうあの世を見て来た人が少ないのだから仕方がないが・・日常そんなことばかり考えているわけにはいかない今、生きているのを今生という死後生まれ変わるのを後生という人が死んで次の生を受けるまでの49日間を中陰というその間、ことである安心してはいけない・・生前の善悪はまだ定まっ...

  11. 地獄の仏か矢田地蔵 - 鯵庵の京都事情

    地獄の仏か矢田地蔵

    京都寺町の矢田地蔵で白い蝋燭に火をつけるこんなかすかな火で煩悩や罪が燃えるものではないだろう人間一生の間になす悪行はどれほどの数になるのだろうかそうでなくとも善を成したつもりが自分の意に反して地獄に堕ちる人も多い地獄の裁きは自分の意識したことない悪行をも裁くことであろうこの世と違って閻魔の裁きは公平であるということであるそれが本当の地獄の救いであるこの寺の縁起などによれば・・実母を殺す・・悪...

  12. 般若心経は観音が語る - 鯵庵の京都事情

    般若心経は観音が語る

    観音とは〝観自在(かんじざい)菩薩″、観音(かんのん)菩薩、観世音(かんぜおん)菩薩など唐の国の玄奘三蔵(げんじょうさんぞう・三蔵法師のこと)の訳以降、観自在菩薩との訳が定着しているとのこと確かに「観自在」というのが観音さんがスーパーであるいわれであるこの仏様はその人の苦難に応じて様々な姿に変化(へんげ)を行うと、三十三の化身をして人を救うという真理は無色無形、観音は全て架空の姿でもあると言...

  13. #2612 - Photo by iPhone

    #2612

    「ブログ村iPhone写真ランキング」と「BLOG RANKING」に参加しています。下のバナーをクリックして応援して下さい。よろしくお願いします!!にほんブログ村iPhone写真ランキングTopページへ戻る

  14. 葬式のレール⒄看取り - 鯵庵の京都事情

    葬式のレール⒄看取り

    家族の一番の喜びは誕生である家族の一番の悲しみは死別であるしかし家族はいにしえより生と死を家族の歴史としていた孫の誕生を祝っていた祖父母の死を見て大人になっていく大切な人との別れは人生で最も相手に対してに感情や愛情を感じる場面であるそれが「死別」である"死別の場所”についての国の統計がある日本の場合、病院(老人保健施設を含む)が8割を超える残りの半分である1割が自宅である・・・が、...

  15. 葬式のレール⑻予感 - 鯵庵の京都事情

    葬式のレール⑻予感

    葬儀には費用がかかるあとの家族に大きな負担をかけないようにと互助会制度も盛んだ大きな葬式になるという根拠なき予感がある葬式は喪主がするものであるというのも本当だろうだから、ずっと昔から喪主という・・喪主とはこの葬儀の祭主(スポンサー)であるそう思えばわかる話だ喪主を務めるということは故人の跡をとるという習慣でもある参列者も喪主との関係で増減することもある小生の時の喪主は息子かはたまた家内かも...

  16. 葬式のレール⑺僧侶の役割 - 鯵庵の京都事情

    葬式のレール⑺僧侶の役割

    人は皆、数多くの葬式を見てきているひょっとしたら自分の時の参考になるかもしれないと思うだから、葬儀は進化してきた葬儀屋に言わせれば客の望みに近づけてきたその気持ちはお寺さんと言われた僧侶も同じだろう僧侶の数が故人の偉大さを代弁するとはだれも思っていないが、引導役の僧侶の位や衣装が葬式の演出をしてきた逆にその気持ちは葬儀屋も同じだろう大きな祭壇ほど熱が入るのは当然である火葬式や直葬で戒名や引導...

  17. 葬式のレール⑹葬式は誰のため - 鯵庵の京都事情

    葬式のレール⑹葬式は誰のため

    葬儀の自由度という言葉は本人(故人)の気持ちである例えば小生の父はそのことを言い残さなかった小生は自分の意思で父の葬儀をした葬儀屋の会場の都合もあった大きな葬儀ではあったが・・父の住まいから距離があった体の調子の悪い父の友人たちの参列が少なくなった親族の他は多く私の仕事の関係者であっただが、あらかじめ下あたりした地元の寺院は宗旨の違いで断られていた父も私も付き合いがなかったのだから仕方がない...

  18. 葬式のレール⑸終活 - 鯵庵の京都事情

    葬式のレール⑸終活

    告別式会場から霊柩車で火葬場(斎場とも言う)に炉の前に運ばれた遺体は火夫が故人の確認を行って棺の蓋を閉じる足元から耐火シャッターのうちに入れられ、炉の扉が閉じられる化粧扉が閉じられ、僧が読経を行うそれが点火の合図になる足元先端部のバーナーの火が棺と遺体全体に回る「火葬」を省略できないのが葬式であるだから、言い換えれば火葬を行うために付随したものが葬式ということになる人の死に対して火葬の儀式だ...

  19. 葬式のレール⑵孤独死 - 鯵庵の京都事情

    葬式のレール⑵孤独死

    同じ死でも辛いことの第一は"孤独死”だろう例えば、賃貸し住宅で独り暮らし、誰にも看取られることなく亡くなる例は年々増加している統計では65才が境目だ、65才以上の人はこのパターンに入る近親者や隣近所の人との付き合いが減っているのは都市だけもない何故、"賃貸し住宅"かと言うと、そういうことでしか統計値が得られていないのである我が国はそういう事態(独り暮らし)に至っ...

  20. 葬式のレール⑴火葬 - 鯵庵の京都事情

    葬式のレール⑴火葬

    葬式は辛いものだしかし、葬式を成し遂げることで自分の死という別の辛さを感じることができる、という今の葬式は火葬という極めて厳粛なしかも化学的な酸化によって肉体の処理をする現代では誰もが避けて通ることのできないことになっている魂は気化し、他人には捕えられない宇宙哲学の世界に入ってしまう地獄で裁かれるのは仕方がないとしても肉体がさいなまれることは実感がない火葬の一番の利点は地獄まで肉体を持って行...

総件数:44 件

似ているタグ