垣谷美雨のタグまとめ

垣谷美雨」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには垣谷美雨に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「垣谷美雨」タグの記事(9)

  1. 自分の生き方を見つめなおすきっかけに「老後の資金がたりません」 - 初ブログですよー。

    自分の生き方を見つめなおすきっかけに「老後の資金がたり...

    名作求む!心に残った本・映画・音楽教えて!あなたは、子供のころ、「女に生まれて良かった」と思っていましたか?私は、何度「男だったらよかったのに」と思ったことか。その考えをひっくり返してくれたのは、3人産んだ子供たちでしたけれど。毎日、毎日、家族の食事を用意している「女」の皆さん。なぜ「女」がしないといけないの。毎日毎日、やって休みなんてないじゃない。そんな思いを我慢してこられた覚えは、ないで...

  2. 日本の未来は? - ゆるり

    日本の未来は?

    最近、寝るときに読んでる本。眠い中読んでいるので、まだ60ページくらい。読み始めたばかりですが。あまり本を読まなくなって、何かないかなと探していて、ネットで見つけました。最初、すごい題名だな(^-^;と思ったけれど、何だか今の世の中に通ずるというか・・・まさか70歳で死んでください!なんてことはないけれど、少子高齢化、介護問題や年金問題。今の日本に突きつけられたこと。そして、何より目線が自分...

  3. 本に影響されました~断捨離はじめました - しあわせオレンジ

    本に影響されました~断捨離はじめました

    こんにちは。飽くなき探究家、Hono_Sumireです。今、この本を読んでいます。本屋さんで、「これを読めば片付けたくなる」と本の帯に書いてあるのを見て即買いしました。まだ読み終わってないですが、これほんとに片付けたくなります。すでに40Lのごみ袋の3ついっぱいになりました。(お恥ずかしいですが・・・)この本は「部屋を片付けられない人間は、心に問題がある」と考えている片付け屋が原因を探りなが...

  4. 左胸痛 - いぬ猫フェレット&人間

    左胸痛

    今朝、寝起き時は問題なかったのだけれど、ペット達の世話で動いているうちに、左胸に刺すような痛みが出だした。「すぐ治るだろう」とそのまま動いていたら、刺す痛みは徐々に強くなっていく。救急車騒ぎになったら恥ずかしいから、横になって休むことにした。横になっていると、いくらか治るのだけれど、立ち上がると又刺し出す。テレビを見ている気分でもなく、audibleで朗読を聴きながらこたつで横になっていた。...

  5. 湯船に浸かって何する? - ふたり暮らしの生活向上委員会

    湯船に浸かって何する?

    寒くなると湯船にゆっくりと浸かるのが楽しみですがただただぼーっと湯に浸かるというのが出来ません。せっかちなのか堪え性がないのか貧乏性なのか10分程度何もせずにぼーっと湯に浸かるのが苦痛。なので風呂には本を持ち込むわけですが小難しい本は寝てしまいそうなのでサクッと読めるヤツでw風呂に持ち込むから濡らす恐れもあり図書館で借りるわけにいかず「本を買うならブックオフ」で(売るならだった?)安く買いた...

  6. 嫁をやめる日 - まあるい時間

    嫁をやめる日

    と…過激なブログタイトルですが…垣谷美雨さんの本のタイトルです。垣谷さんの本はこれが9冊目。思えば過激なタイトルが多い…『あなたの人生片付けます』『結婚相手は抽選で』『あなたのゼイ肉、落とします』『老後の資金がありません』『七十五歳死亡法案可決』等々この『嫁をやめる日』を耳鼻科の待合室で読みました。バンコクだからできたことかも。こんなタイトルの本を日本で読んでいたら…周りの人の反応は…???...

  7. 読んだ本記録垣谷美雨さん4冊 - ♪アロマと暮らすたのしい毎日♪

    読んだ本記録垣谷美雨さん4冊

    2018年読み終わった本45~48冊目。同じ著者を連続して読んでみました。どれも重くなく読みやすく、娯楽としてはナイス。『定年オヤジ改造計画』いやー痛快。いるよねーこういうオヤジ。女は生まれつき母性を持っているのだから子どものオムツ替えもできるが、男には母性がないからくさいオムツは替えられない、とか言うの。こういうののオンパレード。バカなのか!?妻が夫源病になるわけですよ。読んでいて腹が立っ...

  8. 読んだ本記録『老後の資金がありません』 - ♪アロマと暮らすたのしい毎日♪

    読んだ本記録『老後の資金がありません』

    2018年読み終わった本38冊目。『老後の資金がありません』垣谷美雨 この著者の作品読むのは3作目。どれも主婦目線というか庶民目線というか、共通する部分が多く読みやすい。力まず読める娯楽小説。老後資金として蓄えておいた1200万円が、娘の600万円の派手婚、舅の葬儀費用、姑の生活費でどんどん減って、あげくに夫婦そろってリストラ・・・姑の介護施設費用で月9万円を仕送りしているって、これ一般的...

  9. 垣谷美雨作「ニュータウンは黄昏れて」を読みました。 - rodolfoの決戦=血栓な日々

    垣谷美雨作「ニュータウンは黄昏れて」を読みました。

    いやいや。題名もパッとしませんし、作者も全く無名の方です。連れのおすすめに従って読んだのですが、これは驚きの名作でした。織部頼子は、バブル崩壊前に無理して買ったニュータウンの分譲マンションで暮らしています。多額のローンを抱え、節約生活に奮闘する彼女でしたが、折しもマンションは老朽化し、大規模補修か建て替えかで住民は紛糾しています。一方娘の琴里は27歳のフリーター。バイト暮らしをしながら専業主...

総件数:9 件

似ているタグ