垣谷美雨のタグまとめ

垣谷美雨」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには垣谷美雨に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「垣谷美雨」タグの記事(20)

  1. 読んだ本記録『七十歳死亡法案、可決』『うちの子が結婚しないので』垣谷美雨 - ♪アロマと暮らすたのしい毎日♪

    読んだ本記録『七十歳死亡法案、可決』『うちの子が結婚し...

    2020年読み終わった本49~50冊目。『七十歳死亡法案、可決』垣谷美雨『うちの子が結婚しないので』垣谷美雨少し前(10月頃)ですが、また続けて読んだ垣谷作品。いろいろと時代をとらえていておもしろいことはおもしろいのだけれど、今わたしはこの本を読んでいる場合なのかっ!?という気もちょっとするのであるよ。病院の待ち時間とか、電車の中とか(電車に乗ることはないのであるが)で読むのに適していると思...

  2. あなたの人生、片付けます - 新 LANILANIな日々

    あなたの人生、片付けます

    姑の遺品整理は迷惑ですという本が面白かった、とここで書いたらオススメされた本です。ってゆーか、老後の資金がありませんも以前読んでいたわ(汗部屋を片付けられない人間は心に問題があるとして、片付けられない人の家に行って部屋も片付けるけど(実際に片付けるのは、その部屋の住人)それまでモヤモヤしていた、そこの住人の人生も、すっきり片付ける、というもの。昔は素敵な部屋を目指していたのに気が付いたら汚部...

  3. 70歳死亡法案、可決 - ひな日記

    70歳死亡法案、可決

    とうとう12月に入ってしまいました。今日は、暖かくきれいな青空でした。多分母の部屋はお日様でいっぱい。暖かいだろうと思いながらウォーキング。昨日朝から実家に出かけていたので今日はやることがいっぱいです。もらってきたホウレンソウを茹でたり大根の葉を茹でてふりかけにしたりそして掃除・洗濯。主婦はやることがたくさんあります。夫は山登りです。車でも洗ったら?と言ったのですが・・・・。私は鶴沼を1周し...

  4. 姑の遺品整理は迷惑です - 新 LANILANIな日々

    姑の遺品整理は迷惑です

    どなたかがblogで紹介されていて知りました。はじめまして、の作家さんです。自宅のことも大変なのに、オットのお母さんが急死したためその家を片付けることになったお嫁さんの話。(業者さんに頼むと、料金がびっくりするほど高いから)まったく、どこでも男は役に立たない・・・そして、手伝いにくると、「懐かしい」とか言って、捨てられずに持ち帰る夫・・・押し入れや、天袋から出てくる引き出物の数々(いったい、...

  5. 読んだ本記録『子育てはもう卒業します』 - ♪アロマと暮らすたのしい毎日♪

    読んだ本記録『子育てはもう卒業します』

    2020年読み終わった本39冊目。『子育てはもう卒業します』垣谷美雨わたしより少し上の世代3名の女性の物語。それぞれ地方から出てきて同じ大学で出会った3人。子育て経験はないのですが、世代がそれほど遠くないせいか、そうそう、とうなづけるところ多数。時代背景や社会通念、その世代の価値観などがわかるだけに、いろいろ考えながら読みました。子育てされた方はもっといろいろと実感できるのかもしれません。こ...

  6. 垣谷美雨作「老後の資金がありません」を読みました。 - rodolfoの決戦=血栓な日々

    垣谷美雨作「老後の資金がありません」を読みました。

    今度天海祐希主演で映画化されるという話を聞きまして読みました。垣谷先生は、日常よく見る光景をテーマにして、いつも意外なトリックを披露してくれますが、今回は如何でしたか。後藤篤子は夫の章と、長女さやかの結婚式の費用負担で揉めていました。見栄張りな夫は後先考えずに金を使いたがりますが、老後資金となる金が1000万強しかない後藤家に、300万円の負担はしんどいものでした。しかし冴えない長女がやっと...

  7. 読書―老後の資金がありません等々 - アバウトな情報科学博士のアメリカ

    読書―老後の資金がありません等々

    いつもは日本語の本はブックオフで買いますが、出かけたくないのでネットで買ってみました。垣谷美雨さんの老後の資金がありませんと夫の墓には入りませんです。本のタイトルが面白そうだったので、初めてこの人の本を読みました。両方とも、今の日本の社会が抱えている問題をユーモアを入れて書かれていますね。結婚式、葬式、老後の世話など、古い世代の価値観と今の中年層の価値観の違いで、やはり、40代から60代辺り...

  8. 読んだ本記録『姑の遺品整理は、迷惑です』 - ♪アロマと暮らすたのしい毎日♪

    読んだ本記録『姑の遺品整理は、迷惑です』

    2020年読み終わった本29冊目。『姑の遺品整理は、迷惑です』垣谷美雨この著者の本は、いつも一気に読める。重くなく深すぎず、疲れたときの気分転換にぴったり。タイトルの通り、姑の遺品整理の物語。先に亡くなった自分の母と比較しながら、遺品整理を通して姑の人生を知る2ヶ月半。実母は、自分を律し整理し、指輪ひとつ残して旅立ち、姑は大量の家具・モノ(わけのわからないもの含む。うさぎまでいる)を残して急...

  9. 読んだ本記録『嫁をやめる日』 - ♪アロマと暮らすたのしい毎日♪

    読んだ本記録『嫁をやめる日』

    2020年読み終わった本25冊目。『嫁をやめる日』垣谷美雨この方の小説は、本当に今ここで起こっていることを描写しているようにリアリティがあって、あっという間に読めてしまう。最初から最後まで「あるあるー」と思いながら読む感じ。実際にはなさそうなことも「あるあるー」と思わせる。お話の中では、40代で夫が急死し未亡人(死語?)になった主人公が右往左往する。こんなにうまくはいかないけどねーと斜めに見...

  10. 垣谷美雨作「うちの父が運転をやめません」を読みました。 - rodolfoの決戦=血栓な日々

    垣谷美雨作「うちの父が運転をやめません」を読みました。

    垣谷美雨作「うちの父が運転をやめません」を読みました。会社勤めの雅志は、デザイン会社部長の妻歩美、高校生の一人息子息吹と東京で暮らしていました。高齢者ドライバーの事故のニュースを見て、自分の父親の事が心配になりました。雅志は仕事に倦んでおり、息子は高校生活を楽しんでいないふしがありました。未だに運転を続けている父親の事が心配になり、雅志は息吹を連れて様子を見に行く事にしました。最寄りの駅に着...

  11. 姑の遺産整理は、迷惑です - ふだん着日和

    姑の遺産整理は、迷惑です

    垣谷美雨さんの著書のタイトルです!嫁をやめる日老後の資金がありません七十歳死亡法案、可決あなたの人生、片付けますあなたのゼイ肉、落とします結婚相手は抽選でインパクトのあるタイトル。これまでに読んだ垣谷さんの本の一部です。ちょっと過激すぎるタイトルもあり、カバーなしでは外では読めないものも…その内容は、ちょっと怖い現実を突き詰められつつも、納得することが多くて。私の好きな作家さんの一人。【姑の...

  12. 【夫の墓には入りません】垣谷美雨 - お散歩アルバム・・静かな睦月

    【夫の墓には入りません】垣谷美雨

    何か面白そうな小説はないかと手に取った垣谷さんの人気作です。夫のお墓あるいは夫の家のお墓には入りたくない問題は随分前から耳にしましたので、今更感もありましたが、この作品は姻族関係終了届を話題にしているのが21世紀風かなと思いました。古いところですと昭和のNHKの「となりの芝生」というテレビドラマの続編で、こき使われた未亡人のお嫁さんは山本陽子で憎らしいお姑さんは沢村貞子だったわね、と、たいし...

  13. 自分の生き方を見つめなおすきっかけに「老後の資金がたりません」 - 初ブログですよー。

    自分の生き方を見つめなおすきっかけに「老後の資金がたり...

    名作求む!心に残った本・映画・音楽教えて!あなたは、子供のころ、「女に生まれて良かった」と思っていましたか?私は、何度「男だったらよかったのに」と思ったことか。その考えをひっくり返してくれたのは、3人産んだ子供たちでしたけれど。毎日、毎日、家族の食事を用意している「女」の皆さん。なぜ「女」がしないといけないの。毎日毎日、やって休みなんてないじゃない。そんな思いを我慢してこられた覚えは、ないで...

  14. 本に影響されました~断捨離はじめました - しあわせオレンジ

    本に影響されました~断捨離はじめました

    こんにちは。飽くなき探究家、Hono_Sumireです。今、この本を読んでいます。本屋さんで、「これを読めば片付けたくなる」と本の帯に書いてあるのを見て即買いしました。まだ読み終わってないですが、これほんとに片付けたくなります。すでに40Lのごみ袋の3ついっぱいになりました。(お恥ずかしいですが・・・)この本は「部屋を片付けられない人間は、心に問題がある」と考えている片付け屋が原因を探りなが...

  15. 左胸痛 - いぬ猫フェレット&人間

    左胸痛

    今朝、寝起き時は問題なかったのだけれど、ペット達の世話で動いているうちに、左胸に刺すような痛みが出だした。「すぐ治るだろう」とそのまま動いていたら、刺す痛みは徐々に強くなっていく。救急車騒ぎになったら恥ずかしいから、横になって休むことにした。横になっていると、いくらか治るのだけれど、立ち上がると又刺し出す。テレビを見ている気分でもなく、audibleで朗読を聴きながらこたつで横になっていた。...

  16. 湯船に浸かって何する? - ふたり暮らしの生活向上委員会

    湯船に浸かって何する?

    寒くなると湯船にゆっくりと浸かるのが楽しみだがただただぼーっと湯に浸かるというのが出来ない。せっかちなのか堪え性がないのか貧乏性なのか10分程度何もせずにぼーっと湯に浸かるのが苦痛。なので風呂には本を持ち込むわけで小難しい本は寝てしまいそうなのでサクッと読めるヤツを。風呂に持ち込むから濡らす恐れもあり図書館で借りるわけにいかず「本を買うならブックオフ」で(売るならだった?)安く買いたいけれど...

  17. 嫁をやめる日 - まあるい時間

    嫁をやめる日

    と…過激なブログタイトルですが…垣谷美雨さんの本のタイトルです。垣谷さんの本はこれが9冊目。思えば過激なタイトルが多い…『あなたの人生片付けます』『結婚相手は抽選で』『あなたのゼイ肉、落とします』『老後の資金がありません』『七十五歳死亡法案可決』等々この『嫁をやめる日』を耳鼻科の待合室で読みました。バンコクだからできたことかも。こんなタイトルの本を日本で読んでいたら…周りの人の反応は…???...

  18. 読んだ本記録垣谷美雨さん4冊 - ♪アロマと暮らすたのしい毎日♪

    読んだ本記録垣谷美雨さん4冊

    2018年読み終わった本45~48冊目。同じ著者を連続して読んでみました。どれも重くなく読みやすく、娯楽としてはナイス。『定年オヤジ改造計画』いやー痛快。いるよねーこういうオヤジ。女は生まれつき母性を持っているのだから子どものオムツ替えもできるが、男には母性がないからくさいオムツは替えられない、とか言うの。こういうののオンパレード。バカなのか!?妻が夫源病になるわけですよ。読んでいて腹が立っ...

  19. 読んだ本記録『老後の資金がありません』 - ♪アロマと暮らすたのしい毎日♪

    読んだ本記録『老後の資金がありません』

    2018年読み終わった本38冊目。『老後の資金がありません』垣谷美雨 この著者の作品読むのは3作目。どれも主婦目線というか庶民目線というか、共通する部分が多く読みやすい。力まず読める娯楽小説。老後資金として蓄えておいた1200万円が、娘の600万円の派手婚、舅の葬儀費用、姑の生活費でどんどん減って、あげくに夫婦そろってリストラ・・・姑の介護施設費用で月9万円を仕送りしているって、これ一般的...

  20. 垣谷美雨作「ニュータウンは黄昏れて」を読みました。 - rodolfoの決戦=血栓な日々

    垣谷美雨作「ニュータウンは黄昏れて」を読みました。

    いやいや。題名もパッとしませんし、作者も全く無名の方です。連れのおすすめに従って読んだのですが、これは驚きの名作でした。織部頼子は、バブル崩壊前に無理して買ったニュータウンの分譲マンションで暮らしています。多額のローンを抱え、節約生活に奮闘する彼女でしたが、折しもマンションは老朽化し、大規模補修か建て替えかで住民は紛糾しています。一方娘の琴里は27歳のフリーター。バイト暮らしをしながら専業主...

総件数:20 件

似ているタグ