堀瑞輝のタグまとめ

堀瑞輝」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには堀瑞輝に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「堀瑞輝」タグの記事(9)

  1. 日本ハムは紅白戦、高梨銅メダル、A級順位戦最終局 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    日本ハムは紅白戦、高梨銅メダル、A級順位戦最終局

    日本ハムは予定を変更して紅白戦を行った。降雨のため、実戦形式での練習が不足してしまったたま、苦肉の策での紅白戦であったようだ。一軍入りを目指す若手にとってはアピールの場となった。白組の先発の長谷川は育成選手で支配下登録を狙っての登板であった。2回までは5奪三振を奪ってアピールしたが3回に渡邊諒に甘く入ったストレートを右中間スタンドに運ばれてしまい3点を失ってしまった。ただ3回を投げ切り6奪三...

  2. コントレイル異常なし、NFL第7週終了、日本ハム浦野引退 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    コントレイル異常なし、NFL第7週終了、日本ハム浦野引退

    コントレイルの新たな一面を見た菊花賞での激走、一夜明けてトレセンの厩舎で元気な姿を見せているそうだ。今後の予定では11月のジャパンカップに向かうようだが、菊花賞での激走の疲れ(あるかどうかは不明)を癒すため29日に大山ヒルズへ放牧にだされるという。無敗の三冠馬2頭はいずれも三冠馬となった直後のレースで敗れている(シンボリルドルフはジャパンカップ、ディープインパクトは有馬記念)、果たしてコント...

  3. 近藤打率猛追、堀完璧ホールド、秋華賞 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    近藤打率猛追、堀完璧ホールド、秋華賞

    プロ野球も終盤をむかえると、個人タイトルの行方が気になる。日本ハム打撃陣も個人タイトルを狙えるポジションに複数の選手がならんでいる。その筆頭は近藤健介であろう。昨年、最高出塁率者賞を取り今年も出塁率は2位の選手を離しており2年連続しての受賞目指して頑張っている。打率部門はトップを快走するオリックスの吉田に1分以上の差をつけられていたが、昨夜の試合でなんと5安打の固め打ちをして4厘差まで追い上...

  4. 日本ハム3連勝、羽生九段快勝、大坂もベスト8進出 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    日本ハム3連勝、羽生九段快勝、大坂もベスト8進出

    同一カード6連戦は終了したが、6連戦での日程消化は続くパリーグ、日本ハムは西武、楽天との3連戦である。火曜日の先発は上沢直之、このところの定番となっている。その上沢を援護すべく初回に1点を先制した後の2回、自打球を足に受け欠場していたビヤヌエバが復帰後の初打席で2塁打を放つと、一死3塁から中島卓がスクイズを決め2点目をあげた。ビデオをみると、投手が投球動作に入ると同時にスタートをきっているビ...

  5. 琢磨2度目のインディ制覇、日本ハム快勝、名古屋も勝利 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    琢磨2度目のインディ制覇、日本ハム快勝、名古屋も勝利

    同一カード6連戦の最終カードとなった楽天戦、カードの勝ち越しをかけて日本ハムはバーヘイゲンが先発した。一方の楽天は復位が先発、両先発ともに好調なピッチングで試合は投手戦となった。6回は両チームに明暗がでた。楽天は田中がヒットで出塁すると盗塁し無死2塁をチャンスをつくった。しかし二死となってしまったが、島内を申告敬遠、代打の銀次に四球をだしてしまい、二死満塁とピンチを拡大させてしまった。しかし...

  6. 藤井二冠誕生、まさかの引き分け日本ハム - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    藤井二冠誕生、まさかの引き分け日本ハム

    将棋の第61期王位戦七番勝負第4局が行われ、藤井聡太二冠が誕生した。藤井新二冠は封じ手で誰もが考えはしたものの指すことに躊躇した飛車銀交換の手を指すと、その後も間違いなく、木村一基王位を追い詰めていった。そして勝負手である5四香打ちから最善手を連発して木村王位の攻めをしのいでいき、80手で投了に追い込んだ。まさに藤井将棋が展開した一局であったようだ。史上最年少での二冠達成と八段昇段、藤井二冠...

  7. 名人戦第5局は異例ずくめ、楽勝が辛勝となった日本ハム - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    名人戦第5局は異例ずくめ、楽勝が辛勝となった日本ハム

    将棋の第78期名人戦七番勝負第5局がはじまった。豊島将之二冠、渡辺明二冠が対局する名人戦、これまで2勝2敗と五分の成績だけに第5局でどちらの棋士が王手をかけるか注目の一局であった。初日から今までの対局では考えられない指し手の応酬がありどちらがリードしているのか一手毎に優劣がことなる展開となっている。2日目も激しい戦いとなりそうだ。日本ハム・杉浦稔大が先発、西武・ニールの先発ではじまった試合は...

  8. 王位戦第3局はじまる、日本ハム4位浮上 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    王位戦第3局はじまる、日本ハム4位浮上

    将棋の第61期王位戦七番勝負第3局がはじまった。藤井聡太棋聖が勝って王手をかけるか、木村一基王位が勝って流れを止めるか注目の一局である。藤井棋聖先手ではじまった第3局は矢倉模様の戦型ですすみ、藤井棋聖が端攻めを意識したところで木村王位が封じ手を行い、初日が終了した。盤面を観る限りは互角の勝負、2日目の指し手で勝敗が決することになる。封じ手は2三歩、いよいよ勝負がはじまった。このところ投打の歯...

  9. 大谷1号もチームは逆転負け、日本ハムは3連勝 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    大谷1号もチームは逆転負け、日本ハムは3連勝

    開幕から調子があがらないエンゼルスの大谷翔平であるが、昨日のマリナーズ戦で今季第1号となる一発を放った。0-2と追い込まれてからの低めのボールを救い上げての一発であった。チームは5回を終了して4-1と勝ちパターンのゲーム展開であったがリリーフ陣がリードを守りきることができずに逆転を許してしまい7-10で敗れてしまった。やはり投手陣の整備がイマイチであったオフの補強のつけがでてきてしまったよう...

総件数:9 件

似ているタグ