堤真一のタグまとめ

堤真一」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには堤真一に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「堤真一」タグの記事(19)

  1. 一度死んでみた - はっちのブログ【快適版】

    一度死んでみた

    とにかく出演者が豪華です。ちょい役なのに妻夫木さん、佐藤健さん、でんでんさん、古田新太 さんなど錚々たる顔ぶれ。話はとってもわかりやすく、若返りの薬を開発していた過程でできた2日間死ねる薬を飲んで周囲の反応を俯瞰する変人社長・計(堤真一)に会社買収を画策するライバル会社のドタバタコメディ。93分と短いながらも十分笑えて楽しめました。コメディですが親子の絆や世の中の不条理を俯瞰するというテーマ...

  2. 決算!忠臣蔵 - 8th Round

    決算!忠臣蔵

    忠臣蔵の新解釈であり、さながら英雄として天の視点で描かれて来た物語に対して、人の視点、特に、軍資金という、お取り潰しを受けて、困窮する大石内蔵助らの苦闘を描く。されど、明るい物語であり、大石らが浅野内匠頭の生前は語られな。これは、主君の無念という死せる怨念を受けて、その厳粛な報復劇に向かうハードボイルドではなく、極めて、自由意志かつ臨機応変に渡世をしながら、報復の策を練るという、臥薪嘗胆なが...

  3. 決算忠臣蔵、討ち入りの場面がない忠臣蔵・・・ - 新丸子の不動産屋、 マンション管理士です

    決算忠臣蔵、討ち入りの場面がない忠臣蔵・・・

    決算忠臣蔵を見てきた忠臣蔵なのに討ち入りのシーンもないし吉良も登場しないお金の勘定をひたすらただ最初の方は残金があまりにも多いのでなかなか実感がわかないが討ち入りが近づくにつれて残高が少なくなり色々な出費や節約が見えてくるあの討ち入りの衣装も節約のなせる業とは私も知らなかったたかが主君の仇討といっても大名屋敷に潜入しての仇討ならそれ相応の人数がいるわけでこういう物語にもなるのも仕方ないだろう...

  4. 決算!忠臣蔵 - tuki-note / 月ノオト / tuki-no-oto

    決算!忠臣蔵

    初めてシニア料金で観る。堤さん主演映画を久々に観ると改めて自覚する。橦木町廓の花魁と入り乱れてキスする首筋の美しさに反応する。どの場面よりも反応する。家族の旅立ちを見送る時、愚図る理玖奥様に(僅かに嬉しさを)反応する其の匙加減(演技)に此方が嬉しくなる。凛々しさや凄味以外にも呆けさや情けなさや悔しさや嬉しさや色気とあらゆる漢・堤真一の演技が観られた映画でした。2019/11/30 13:50...

  5. 決算!忠臣蔵 - はっちのブログ【快適版】

    決算!忠臣蔵

    結構期待していただけに少し期待外れでした。面白くないわけではないけれど、よく知っている赤穂浪士の話とは大きく外れていることが原因かな。討ち入りの戦闘シーンひとつなく、旅費だの食費だの浪士の長屋の家賃だのを今の価格に換算して画面に表示していく手法が長いので飽きてくる。確かに当時のお金の価値やどんなものにいくらくらいかかるのかはよくわかりますが、それで何?って感想。吉本が製作しているのであちらこ...

  6. Aスタジオ - tuki-note / 月ノオト / tuki-no-oto

    Aスタジオ

    こんな堤さんをTVで見るなんて(^_^)vあの頃には考えられない。なんか無性に嬉しい。

  7. 「泣くな赤鬼」 - ここなつ映画レビュー

    「泣くな赤鬼」

    高校教師として教鞭をとりながら、部活動顧問として硬式野球部の指導を行っている小渕(堤真一)は、かつてのような情熱を失っていて、日々漫然と過ごしているような様であった。そんな時、偶然かつての教え子斎藤(愛称ゴルゴ)(柳楽優弥)と再会する。彼は赤鬼こと小渕が10年以上前に指導していた野球部の部員だったが、卒業を待たずに部活を途中退部し、遂には高校も辞めて行った生徒であった。久し振りに会った2人は...

  8. 泣くな赤鬼 - 8th Round

    泣くな赤鬼

    高校で野球部を教える熱血教師のストーリー。教鞭を振るうとは、教室の中だけではなく、グランドで生徒らに熱心にスポーツを教える教師の姿には、青春時代が終わり、大人になっても、生徒らと同じ時間と空間を共有する事が出来る、という事である。赤鬼先生こと、小渕隆は、そうした、若く溌溂とした生徒らに敗けないエネルギッシュな指導者であり、まるで自分の為に教鞭を振るっているように見えるが、そうした、雄姿を誇る...

  9. DESTINY 鎌倉ものがたり - amo il cinema

    DESTINY 鎌倉ものがたり

    私のお気に入り度 ★★★★☆ (80点)【あらすじ】幽霊や魔物や妖怪が日常的に姿を現し、さまざまな怪奇現象が起こる鎌倉。ここに暮らすミステリー作家・一色正和(堺雅人)のもとに嫁いできた亜紀子(高畑充希)は、妖怪や幽霊が人と仲良く暮らす鎌倉の街に最初は驚き戸惑うが、次第に溶け込んでいく。犯罪研究や心霊捜査にも通じている正和は、迷宮入りが予想される事件が起きると、鎌倉警察(要潤)から協力を求めら...

  10. 良い子はみんなご褒美がもらえる - tuki-note / 月ノオト / tuki-no-oto

    良い子はみんなご褒美がもらえる

    ラスト浮遊するバイオリンは魂である。命の源である。若者イワノフはバイオリンを受け取り、中年イワノフは受け取りを拒絶する。少年イワノフ(息子:サーシャ)の声がこだまする。「パァパァ~嘘をついぃて~」主人公が指揮台に立ち、棒を振るところで幕となる。イワノフは良い子になったのか?指揮する側になったのか?それとも・・・。当初からラスト直前まで指揮をするのは軍人だ。軍人が指揮する世界での物語として始ま...

  11. 民衆の敵 - 新 LANILANIな日々

    民衆の敵

    1幕2時間15分のお芝居古い話なの?と思ったら現代にも通じるお話でした。開発と、環境に関するお話環境に関して告発すると、それによって利益を得る人自然が破壊されて困る人段田さんが出ると、舞台が締まるなあ、とかいろいろ考えることもありました。渋谷の東急本店前今年はイルミネーションを見に行けてなくてやっとここで見られた、と思いました。2018日12月13日観劇

  12. 民衆の敵 - tuki-note / 月ノオト / tuki-no-oto

    民衆の敵

    兄弟の議論、ペテル(兄)vsトマス(弟)は、段田安則対堤真一の様相に見える。喜劇での露出が多い中、堤さんの勝ってはいないが負けていない姿に、久しぶりに堤舞台を観た感がする。『るつぼ』より好ましい。現実派vs理想派と云えば、民衆(大衆)に含まれる私自身を擁護していることになるのか。正義の旗手になって、後ろを振り向けば誰も居ない話は、人生と云う名の学校で学ぶことである。彼ら兄弟は同じ事を考えてい...

  13. お蘭、登場 - tuki-note / 月ノオト / tuki-no-oto

    お蘭、登場

    作者:北村想は、乱れて歩く、先行きを考えない「これは挑戦でござんす」とパンフレットに書いている。演出家:寺十吾は『今回のモチーフは乱歩。話としては非常に明快で、乱歩のよくあるパターンを集めたこの物語は、言ってみれば「大いなる茶番」です。』と書いている。乱れて歩く?茶番?ミステリーに予定調和はない、茶番狂言なのか。狂言と云うからには舞台は能舞台を模している。4本の柱は可動式、鴨居には雲形の書き...

  14. 【近松心中物語】 - 酒とシネマと不登校児な日々

    【近松心中物語】

    【近松心中物語】作:秋元松代演出:いのうえひでのり美術:松井るみ出演:堤真一、宮沢りえ、池田成志、小池栄子、市川猿弥、立石涼子、小野武彦、銀粉蝶蜷川幸雄舞台で名高い不朽の名作を、劇団☆新感線のいのうえひでのりが新演出で挑む!これ以上ないって程のキャスティングに、去年からドキドキワクワクしてました(^.^)終演後の感想披露呑み会では、誰もが興奮していた。ツッコミどころがない訳ではなく、細かい事...

  15. 近松心中物語 - tuki-note / 月ノオト / tuki-no-oto

    近松心中物語

    2組の道行きは理想と現実である。理想は美しく心中を遂げる。思いを遂げた二人は幸せの極みである。現実は思うようには上手くはいかない。一人取り残された与兵衛をラストに登場させるのは、本当は彼が主役なのかもしれない。その思いから我が舅と父が脳裏に浮かぶ。姑は急な発作で舅の腕の中で亡くなった。母は最初から人工呼吸器を拒絶したため、父は医師にその旨を伝え延命処置をしなかった。父二人は自ら手をかけたわけ...

  16. DESTINY 鎌倉ものがたり - はっちのブログ【快適版】

    DESTINY 鎌倉ものがたり

    山崎貴監督らしい作品でした。少し現在よりも昔の設定なんでしょうが、時代設定はゆる~い感じ。撮影は現在なので違和感がかなりあります。すべてのシーンをVFXで変えられるわけもなく仕方がないかもしれませんが、現実に戻されてしまうのが残念。話自体はファンタジーなヒューマン恋愛ドラマってとこかな。観賞するには肩の凝らない佳作ってとこです。亜紀子(高畑充希)が微妙にカホコに見えてしまうのは仕方がないのか...

  17. 地獄でなぜ悪い - amo il cinema

    地獄でなぜ悪い

    突き抜け度 ★★★★☆ (92点)【あらすじ】ヤクザの武藤組組長・武藤大三(國村隼)は、服役中の妻・しずえ(右近)の夢を実現させるため、娘のミツコ(二階堂ふみ)を主演にして、娘に惚れた若者(星野源)を巻き込みながら、映画狂の平田(長谷川博己)とスタッフを迎えて、抗争中の池上組への殴り込みを舞台にした映画を撮ることに決めた。が、ミツコに恋心を抱く池上組の組長・池上純(堤真一)が絡んできたことで...

  18. 映画の話「本能寺ホテル」観ました。 - ワイン好きの料理おたく 雑記帳

    映画の話「本能寺ホテル」観ました。

    織田信長をはじめ豊臣秀吉、徳川家康等など魅力的な人物が登場し、活躍する戦国時代って面白いですね。有名な「本能寺の変」の時代に、タイムスリップした現代の女性が織田信長と遭遇するファンタジーコメディーです。タイムスリップするには、信長が好きだった金平糖とその時代から伝わっているオルゴール、ホテルのフロントのベル、そしてエレベーターが必要なんです。エレベーターが過去とつながっているんです。でも、主...

  19. 本能寺ホテル - はっちのブログ【快適版】

    本能寺ホテル

    予想していた展開とは違っていましたが、タイムスリップものには珍しく辻褄が合わないような話の展開にはなりませんでした。堤真一の暑苦しい演技と綾瀬はるかのワンパターンお惚け天然キャラは健在。特に綾瀬さんの演技?下手はすでに鉄板です。作品が変わってもキャラがぶれない女優さんもここまでくると王道。歴史上のミステリーがミステリーのまま終わらないという展開にはならなかったのが残念ですが、この作品自体はほ...

総件数:19 件

似ているタグ