塩田千春のタグまとめ

塩田千春」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには塩田千春に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「塩田千春」タグの記事(11)

  1. 不要不急じゃない - 人生楽しんだもの勝ち!

    不要不急じゃない

    わが市出身の芸術家の塩田千春さん赤い作品が多い方ですちょこっと前に展覧会があって近くのホールまで見に行ったことがありましたこの画像はNHKの番組からいただきました希望・・・・芸術は人の誰かの希望になることが多いので不急不要だとは思はないです!!少なくても私にとっては

  2. 2日目の珠洲 - ひびののひび

    2日目の珠洲

    10月9日(金)今朝は8時出発。昨夜は10時に就寝したので朝はバッチリ!波の音が心地良い。母親の胎内と同じ響きだと言うけどそのせいなのか。天気は曇り。洲巻の棚田に向かう。長閑な田園に黒い丸の衣装を着た港平さんが踊る。次は塩田千春さんの真っ赤な糸の作品の中に立つ。こんな素敵なアーティストの空間でコラボが出来るなんて幸せ。ただ心配事は低気圧で港平さんの持病の偏頭痛が始まり気分が悪そう。街へ戻らな...

  3. うたと、塩田千春展へ。 - MISS INDEPENDENT

    うたと、塩田千春展へ。

    おはようございます。本日も暇です。(笑)新しいお仕事の案件に応募しました。(笑)ここまでくると、ノルマ達成できなくても私は悪くないと思う…wwwさて、暇なのでブログでも更新しようと思います。さて、9月のお話です(笑)うたひんと芸術の秋ということで塩田千春展に行ってきました。✊そのために、前日にうたんち入り。(笑)まずは池袋で食事。とっても可愛いお店で、店内はトムとジェリーがやっていた(笑)こ...

  4. 『塩田千春魂がふるえる』観てきました。 - 中村正オフィシャルブログ

    『塩田千春魂がふるえる』観てきました。

    もう10月のことになりますが、バタバタしていてアップ出来てませんでした。これはどうしてもこの目で見てみたかったので、八ヶ岳山麓から1300mの山を下り、日帰りで観てきましたよ。『塩田千春展魂がふるえる』at 六本木森美術館いやぁ〜東京と山梨の日帰り往復は、正直キツイなぁ。。頭がクラクラしちゃいます。時間にすると3時間弱なので、一回どこかで休憩を挟めば距離的には何とかなるレベルです。じゃぁ何で...

  5. パワーを注入! - ひまづくり日記(50歳からの暮らしのヒント)

    パワーを注入!

    片付けで暮らしと頭をスッキリと🐏ひつじplanningのブログへご訪問いただき、ありがとうございます😊今日はお片づけネタではありません!(先に断っておきまーす😊)ただ、私にとっては思考のお片付けでした。自分と向き合う時間午前中の打ち合わせが終わって、そのあとの予定の間に少し時間があったので、六本木の森美術館へ。前から気に...

  6. 塩田千春典「魂が震える」 - Atelier Charmant のボタニカル・水彩画ライフ

    塩田千春典「魂が震える」

    もはや日本には避暑地は無いのだそうですそれくらい狂ったように熱い中塩田千春の「魂が震える」展覧会→★を見に行きましたポスト草間彌生なんて言ったら大変失礼極まりないのですがそれほどのインパクト入口エスカレーターの上部の船ある意味狂気じみているので皆さん心の準備をしてくださいねでもそうでなければとてもこのような仕事はできないのですから当然です赤い糸が人間関係を示すもつれ絡まり切れ解ける運命のよう...

  7. 塩田千春展:魂がふるえる@森美術館 - La Dolce Vita 1/2

    塩田千春展:魂がふるえる@森美術館

    日曜、森美術館で、家族3人、「塩田千春展:魂がふるえる」に魂を震わせた。電子書籍写真集 『光の象の島 スリランカ』(Amazon楽天kobo)電子書籍写真集『イタリアの光・イベリアの炎~La Luce Italiana,El Fuego Iberico~』(Kindle・Amazon)映画『水の馬、火の兎、風の獅子』(YouTube)「しあわせの岸」(YouTube)『のら暦*ねこ休みネコ遊...

  8. 塩田千春展をみてきた - 加藤哲也建築設計事務所

    塩田千春展をみてきた

    展覧会をみてきました。圧倒されました。新聞記事の紹介の写真をみたとき、まるでカイコ、繭玉をつくるような感じでつくっているのかな、この中に入ってみたいと思い気になっていました、この展覧会。これはほんとに、なんと表現したらよいのか、なにかの内側にいるような感じ、そのなにかがわからない。そして色の反転、炎のような赤から焼けた炭の色の世界へこの空間は匂いも加わっている、ほかの展示では感じない匂い。焼...

  9. ボルタンスキー展 - 追分日乗

    ボルタンスキー展

    ボルタンスキー展国立新美術館塩田千春展森美術館現在、東京の六本木で開催されているモダンアートの展覧会二本です。両会場は徒歩十分ほどで往来できます。まず「ボルタンスキー展」国立新美術館一般1600円「ボタ山」というタイトルですが、積まれているのは黒い洋服です。周囲にジャケットを着た人型がいて、亡くなった瞬間のことを語っています。アウシュビッツを想起するのが自然です。他の作品も新聞に載せられた写...

  10. 塩田千春 - 行く当てのない言葉

    塩田千春

    京都文化博物館で展示していた、塩田千春さんの作品、胡蝶の夢です。現代美術って、意味は、わからないけど、面白いです。下に病院のベットがあって、上には、白い毛糸がいっぱい張り巡らされています。どうやって、取り付けたのだろう、、、、たくさんの人で、一週間くらいかけて、張り巡らしたのかな、、、

  11. 京都文化博物館 - Gallery I

    京都文化博物館

    京都文化博物館へ 別館ホールで展示中の作品を見に。2018年1月20日(土)~2月4日(日) 塩田千春「胡蝶の夢」 Photo : Gallery I

総件数:11 件

似ているタグ