墓のタグまとめ

」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには墓に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「墓」タグの記事(26)

  1. 雨の日と残念さんの墓(兵庫県) - 白狐のしっぽ

    雨の日と残念さんの墓(兵庫県)

    近畿地方も梅雨入り統計が開始されてから最も早い梅雨入りだそうです。雨の日は空がどんより暗い上に、カメラを濡らすのが心配で写真を撮りに出かける気持ちになりませんよね。でも雨の日だからこそ撮れる写真もあるかも?普段と違う被写体に出会えるかも?そんな安易な考えをもってバックに機材を詰めて出かけました。今回 雨の日の撮影に協力してくれた機材はフルサイズに移行後まったく使わなくなり防湿保管庫すみに眠っ...

  2. 葬式のレール(24)墓との距離(その1) - 鯵庵の京都事情

    葬式のレール(24)墓との距離(その1)

    田舎にある先祖の墓を何とか自分の近くに持って来たいところが墓を移転(※改葬)するということは結構大変なことである親がいて正月や盆あるいは彼岸に帰省するところがあればありがたいしかし、自分が田舎を捨てて親もいないとなれば田舎へ帰るのは墓参りと言えど辛いことである先祖の墓と自宅との距離が問題になるそれゆえか無縁仏が増えている、墓参りしなくとも墓の所有者がはっきりしていれば無縁仏ではない墓地の運営...

  3. 安珍の墓@福島県白河市 - 963-7837

    安珍の墓@福島県白河市

    石碑にあった500m離れた場所へ行くと経塚ではなく、安珍の墓の看板があります。そこからは細い道を歩いて直ぐです。民家の裏手なので本当に在るか疑心暗鬼になりそうな場所に在ります。なぜ、観光資源に使わないのかな?と疑問に思えますが、かなり分かり難い場所なので無理もないかもしれません。さて、実際のお墓ですが、これだけ墓石が並んでいるとどれだか分からないです。何の説明書もないです・・・。でも、一番高...

  4. 染の虚空蔵様@福島県 浅川町 - 963-7837

    染の虚空蔵様@福島県 浅川町

    染縁満虚空蔵尊と看板にありますが、説明書きには染の虚空蔵様とあります。おそらくは愛称なのでしょうね。地域の方々から愛されているんですね。さて、過去に古墳の上に神社が建てられている事例は何度か見ていますが、古墳の中に虚空蔵尊が祀られている事例は、オイラ的には初めてです。浅川町指定文化財 染の虚空蔵様社川沿岸に開けた耕地を一望できるここの山頂部に切石積の横穴古墳があり、その石室の中に處空蔵菩薩が...

  5. 大塚古墳@福島県須賀川市 - 963-7837

    大塚古墳@福島県須賀川市

    久々の古墳ネタです(たぶん)。人が立ったままで入れる大きな古墳が、こんな近くにあったなんて驚きです。しかも、ここ大塚古墳は阿武隈川の直ぐ近くにあるのですが、昨年の台風19号の影響は無かったことも驚きです。いにしえ人は、そこまで計算してこの場所にお墓を造ったのか?市指定史跡大塚古墳指定年月日昭和54年7月20日所在地須賀川市前田川字大塚所有者前田川区この古墳は、市内に数多く点在する古墳の中でも...

  6. 切られ与三郎の墓 - 腎臓病との共存

    切られ与三郎の墓

    歌舞伎や映画、戦後の歌謡曲などでおなじみの「切られ与三郎」。本名は江戸長唄の名家・芳村家の4代目伊三郎で、東金近在の生まれ。ボクも最近知ったのですが、その「切られ与三郎」のお墓が最福寺の境内にあります。墓は本堂のすぐ近くにひっそりと建っていました。切られ与三郎(4代目伊三郎)の墓(右)左は5代目伊三郎の墓※写真クリックで拡大します。

  7. 忘れ物をみつける江岸寺@東京都 - 963-7837

    忘れ物をみつける江岸寺@東京都

    このシリーズのラストです。今回の旅で最大の発見をしました。これも二宮金次郎のお陰です。感謝感謝。駒込富士神社を出て道路を横切ったところに江岸寺があるのですが、門柱の前の由緒書きを読んでみると何と鳥居元忠の名前が書いてあるではないですか!大発見です。但し、磐城平藩について触れられていないのは不満です。そして、鳥居家の墓もあるのですが、元忠の息子である鳥居忠政の供養塔があるので見学させて頂きまし...

  8. 忘れ物をみつける諏訪山吉祥寺@東京都 - 963-7837

    忘れ物をみつける諏訪山吉祥寺@東京都

    今回の目的地は、ここ吉祥寺です。山門の先に桜が咲いていて”吉”を感じました。さて、ここに、二宮金次郎(二宮尊徳)のお墓があります。なぜ、ここにお墓があるかと言うと遺骨がここで預かっていたからです。詳細はhttps://tokyo-trip.org/spot/visiting/tk0457/をご確認下さい。また、ここは八百屋お七が大火事の際に避難していた場所でもあるので、お七・吉三郎の比翼塚が...

  9. 意外な埼玉玄奘三蔵霊骨塔@埼玉県 - 963-7837

    意外な埼玉玄奘三蔵霊骨塔@埼玉県

    今回の目的地の一つ玄奘三蔵霊骨塔です。あの西遊記の三蔵法師の分骨された塔です(見た目も塔ですが、お墓ですね)。なぜ日本に分骨?って疑問が残りますが、事実として埼玉県に在りますので、興味のある方はGoogleMAPで場所を確認して行って見て下さい。玄奘三蔵霊骨塔西遊記(孫悟空物語)で知られる三蔵法師(玄奘)は、西暦602年中国に生れ 、経典を求めて、天竺(インド)を志し幾多の辛苦を克服して17...

  10. 納骨とドラッカー11月4日(月)6732 - from our Diary. MASH  「写真は楽しく!」

    納骨とドラッカー11月4日(月)6732

    人気ブログランキング参加中です。プライベートな事ですが、本日母の納骨でした。亡くなったのは、2017年11月ですが、死後献体をし、骨となって戻ってきたのが今年の9月末。お寺の都合で、本日納骨となりました。ご覧のように、お墓は立体の機械式の納骨堂です。トヨタフォークリフトが、車の部品倉庫の技術を転用して開発したそうです。お墓に関しては、時々地方での「墓じまい」がTV等で話題になりますが、都会で...

  11. 夏休み5日目常楽寺@香川県 - 963-7837

    夏休み5日目常楽寺@香川県

    まずは、平賀源内のお墓の在る常楽寺です。ただ、不思議なことに門をくぐって直ぐの場所にお墓が在ります。まるで、誰からでも直ぐに見つけてもらえるように・・・。

  12. 墓との距離が問題だ - 鯵庵の京都事情

    墓との距離が問題だ

    田舎にある先祖の墓を何とか自分の近くに持って来たいところが墓を移転(※改葬)するということは結構大変なことである親がいて正月や盆あるいは彼岸に帰省するところがあればありがたいしかし、自分が田舎を捨てて親もいないとなれば田舎へ帰るのは墓参りと言えど辛いことである先祖の墓と自宅との距離が問題になるそれゆえか無縁仏が増えている、墓参りしなくとも墓の所有者がはっきりしていれば無縁仏ではない墓地の運営...

  13. お参り        「墓」 - 筆文字・商業書道・今日の一文字・書画作品<札幌描き屋工山>

    お参り 「墓」

    ちょっと早起き、軸先外し。古い掛軸の軸先を外して掛軸仕立てる時に使っています。良い材を使っていて、なかなか手に入らない。二幅外してみる。表装の裂地も使えるものは保存。古い軸は汚れやシミが多いのですが部分的に使えるところも。(^O^)今までの ストックと合わせて、どれにするか検討、今回は木地で仕立てたいと。「生えて墓場の咲いてうつくしや」山頭火の句。「生」と「墓」が並ぶのが面白い。お昼から1妹...

  14. 終活の一環として、お墓。 - 残り20年間の日々

    終活の一環として、お墓。

    両親のお墓の引越しを考えています。(因みに母はまだ生きています)今の場所は不便な上に墓じまいをするような時にはまた、訪れないといけないところです。見学してきた墓地はある程度の年月がたったら、向こうで墓じまいをしてくれるところ。私たち子世代が生存中は親のお墓がありその後はとじてくださいます。見学をしていると「両親と自分たち夫婦」の名前が刻まれたものが多かったです。あとは、シニア世代の夫婦のみと...

  15. 今頃、あじさいまつり格さんの墓@茨城県 - 963-7837

    今頃、あじさいまつり格さんの墓@茨城県

    このシリーズのラストです。保和苑の近くには水戸黄門に随行していた格さんの墓が在ると言う事で行って見ました。観光地化されているので直ぐに見つかりました。ちなみに、GoogleMAPでも検索できます。安積澹泊大日本史の編纂に顕著な功績のあった安積覚は号を澹泊と称した。若い頃から学問を好み 父の願いで朱舜水の弟子となり儒学を学んだ。その後義公光圀から認められ彰考館の編修となり、やがて佐々介三郎など...

  16. 会津のサクラ興徳寺@福島県会津若松市 - 963-7837

    会津のサクラ興徳寺@福島県会津若松市

    高速バスを神明通で降りて興徳寺に向かいました。ここには蒲生氏郷のお墓があって、更には桜が咲いています。武将の墓に桜って、散り際の美しさという共通点がありますね。蒲生氏郷公(1556~1595)蒲生氏郷は江洲(滋賀県)日野城主蒲生賢秀の子、織田信長に仕えその婿となった。後、豊臣秀吉に属し、天正18年(1590)会津人封、天下人秀吉の奥羽仕置を任地に代表奥羽の都督を以て目され、治府若松は東北の都...

  17. 珍しく雨のお墓参り - Lucky★Dip666-Ⅳ

    珍しく雨のお墓参り

    こんにゃちは!2019年03月23日 土曜日お墓参りに行く日は晴れの日が多いのに今日は珍しく雨 ☔️濡れちゃうからお供えは少なめね 😅ところが霊園に着いたら雨が止んだ。じゃあ帰るねぇて挨拶したらまた雨が降り出した 🤔iPhoneから投稿

  18. 二宮金次郎を参る報徳二宮神社@栃木県 - 963-7837

    二宮金次郎を参る報徳二宮神社@栃木県

    日光市にも報徳二宮神社が在ります。この神社の一番奥に二宮金次郎の墓が在ります。そして、ここ報徳二宮神社の御祭神が二宮尊徳命。配神が二宮尊行命、富田高慶命です(二宮尊行は二宮金次郎の次男、富田高慶は二宮金次郎の一番弟子で娘婿)。小田原市の報徳二宮神社の配神も同じだったのかな?敬意をこめてお参り致しましょう。二宮尊徳翁遺訓人生れて学ばざれば生れざると同じ学んで道と知らざれば学ばざると同じ知って行...

  19. 二宮金次郎を知る善栄寺@神奈川県 - 963-7837

    二宮金次郎を知る善栄寺@神奈川県

    この地にも二宮金次郎の墓が在りました。場所は善栄寺さんです。このお寺さんには二宮金次郎「少年勤勉の像」が建っており、歩き読書ではない姿ですが、やはりお勉強中でした。二宮尊徳先生の墓二宮尊徳先生は、天明7年(1787)7月23日栢山の中流農家に生まれたが、幼少の頃、酒匂川の洪水で家は貧困に陥り、14才で父を、16才で母を失った。以後、刻苦勉励して家を再興、また抜群の才幹と卓越した人格によって、...

  20. 真岡を走る二宮金次郎墓域@栃木県 - 963-7837

    真岡を走る二宮金次郎墓域@栃木県

    以前、JR今市駅から東武鉄道の下今市駅に移動した際に、乗り換えに時間があったので付近をウロウロしていると二宮金次郎の墓を見つけたことがありました。今回は二宮尊徳資料館でスタッフの方に、二宮尊徳資料館の目の前に在る蓮城院に二宮金次郎の墓が在ると教えて頂いたので行ってみると情報のとおりお墓が在りその近くには若くして亡くなった二宮金次郎の娘さんのお墓も在りました。あの世で二宮金次郎は娘さんと仲良く...

総件数:26 件

似ているタグ